この度、Schooでは8月24日21:00〜3週連続で「パターン・ランゲージ:慶応義塾大学SFCの1年生が教わる、生き方・学び方の技法」を開講いたします。

Schooで日々学んでいただいているみなさんは、特に「学ぶこと」に対して積極的に取り組まれていると思います。しかし、その中で学ぶ内容を選定することはあっても、“どのような方法で学び・身につけるのか”、“どのようにして自分らしく生きるのか”を、深く考えたことは実はあまりないのではないでしょうか。

そこで今、上手な人の持っているコツをうまく使いながら、自分らしく成長していく 「パターン・ランゲージ」という方法が、注目され始めています。

この授業では、パターン・ランゲージの研究・実践における日本の第一人者であり、 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授の井庭 崇先生をお招きし、パターン・ランゲージの考え方と、 「自分らしい生き方」「学び方」を考えるヒントを実演形式で学びます。何かの分野でもっと成長したいと考えている、向上心を持つすべての人に役立つ新たな知の共有方法を学び、自分らしい生き方や学び方について一緒に考えていきます。学ぶ内容・手段があふれる今だからこそ、 改めて「どのようにして自分らしく生き」「どのように学んでいくのか」に立ち戻ってみませんか。

 

そもそも「パターン・ランゲージ」とは


パターン・ランゲージは経験則を言語化したものです。状況に応じた判断のなかで、成功している事例に繰り返し見られる「パターン」が抽出され、抽象化を経て言語(ランゲージ)化されていきます。

そういった成功の“秘訣”ともいうべきものは、「実践知」「センス」「コツ」などといわれていますが、なかなか他者には共有しにくいものです。パターン・ランゲージは、それを言葉として表現することによって、秘訣を持つ個人が、どのような視点で、どんなことを考えて、何をしているのかを、他の人と共有可能にします。

(CreativeShift  ラーニング・パターン より一部抜粋)

 

上手な人の持っている“コツ”を教えてくれる先生


井庭 崇 先生 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授

慶應義塾大学総合政策学部 准教授。博士(政策・メディア)。専門は、パターン・ランゲージ、システム理論、創造技法。マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院 Center for Collective Intelligence 客員研究員等を経て、現職。株式会社クリエイティブシフト代表取締役社長、および、The HillsideGroup 理事も兼務。

 

全3回の授業の流れ


■8月24日(木)21:00〜 パターン・ランゲージとは何か

第1回は「パターン・ランゲージ」とは何か、について学びます。パターン・ランゲージは、新しい知の共有方法として、先駆者的な企業・学校等が取り入れ始めている方法です。

■8月31日(木)21:00〜 未来の自分を作る「ミラパタ」で生き方について考える

第2回は、パターン・ランゲージを使って、自分らしい生き方を実現するための進路の考え方を書いた「未来の自分をつくる場所:進路を考えるためのパターン・ランゲージ」(通称ミラパタ)を題材に、自分らしい生き方の実現方法について学び、身につけていきます。

■9月7日(木)21:00〜 創造的な学びのコツ「ラーニング・パターン」で学び方について考える

第3回は、「ラーニング・パターン」(通称ラーパタ)を題材に、創造的な学びのコツを習得していきます。ラーパタは、教材や教室の中からだけではなく、日々の中で学び続けるためのヒントが書かれたパターン・ランゲージです。
慶應義塾大学SFCでは、高校までの学び方から脱却し、大学での自分らしい学びのスタイルをつくっていくために、入学後すぐに全1年生がラーパタを学んでいます。

 

書籍や講演が大人気のパターン・ランゲージ。
Schooの生放送授業では、講義と実演を交えながら授業を進めていく予定です。生放送ならではのインタラクションを活用しながら、井庭先生と一緒に自身の生き方や学び方について学んでいきましょう。

興味を持っていただけたらぜひこちらから受けたいボタンを押しておいてくださいね。
生放送授業でお会いしましょう。

スクー 教務課

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×