スクーでは、11月17日(金)21:00〜より「私たちは自分の頭の中だけでは生きてゆけない。 -取材で、コピーや仕事はどう変わるのか-」を開講いたします。

 

TCC最高新人賞を受賞した事例をもとに学ぶ


私たちは自分に強く関わる範囲にない何かを表現する際、想像しながらかたちにしていきます。
ターゲットとなる人を想像して表現することは、もちろんとても大切で良いことです。
しかし、どこか物足りなさや、説得力に欠けると感じたことはないでしょうか。

この授業では、そのような気持ちを払拭すべく、コピーライティングを通じて「取材のおもしろさ・ヒアリングの大切さ」について学びます。

取材は情報収集のためだけではありません。
クライアントに対する気持ちをより高めることが出来たり、現場を憑依させたコピーを書くことが出来たり、企画を自分自身で選ぶ基準ができるようになります。

また、プレゼンを通す材料になったり、人間としての広がりを持ったりできるなど、様々な側面があるため、コピーライター以外の職種にも「取材・ヒアリングをする力」は非常に重要といえます。

各回の題材として、渡邉先生がTCC最高新人賞を受賞した「長崎バス」を扱います。
実際の取材記録や、実体験をもとに取材がどのような力を発揮し、自分自身にどのような力がついたのか。
ワークショップを交えながら、渡邊先生と一緒に学んでいきましょう。

 

取材の大切さ・コツ・魅力を教えてくださる先生


渡邊 千佳 先生 株式会社電通 コピーライター

2010年電通入社、現2CRP所属。入社以来ずっとCR局でぬくぬくしていましたら、4年目から3年間の電通九州出向で冷や水をぶっかけられて発芽。TCC最高新人賞、TCC賞、毎日広告デザイン賞優秀賞、日本民間放送連盟賞ラジオCM部門最優秀賞、FCC賞、CCN賞、CCN最高賞、OCC賞、FCC最高賞、広告電通賞OOH部門最優秀賞など。山梨県出身。

 

毎月第3金曜日 21時放送


11月17日(金)21:00〜
私たちは自分の頭の中だけでは生きてゆけない。 -取材で、コピーや仕事はどう変わるのか- #1

12月15日(金)21:00〜
私たちは自分の頭の中だけでは生きてゆけない。 -取材で、コピーや仕事はどう変わるのか- #2

1月19日(金)21:00〜
私たちは自分の頭の中だけでは生きてゆけない。 -取材で、コピーや仕事はどう変わるのか- #3

 

興味を持っていただけたらぜひ「受けたいボタン」を押して授業に参加してみてくださいね。
生放送授業でお会いしましょう。

スクー 教務課

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×