3/26(Tue)

今日の生放送

にしうち ゆうすけ

西内 祐介

近畿大学法学部 准教授

九州大学大学院法学府博士課程単位取得満期退学。九州大学大学院法学研究院助教を経て、2011年より近畿大学法学部専任講師、2014年より現職。専門は民法。特に、他人のためにする行為である「代理」に関するルールを中心に、表見代理、顕名、授権、成年後見制度、復代理といったテーマの研究を行っている。

西内 祐介

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

「リカレント教育元年」とも呼ばれた2018年。 もともとは学習と就労と繰り返す生涯教育思想を指していますが、 現在では働きながらの自主的な学びとしても、この考え方が求められています。   政府もリカレント教育を推進していますが、 実際に何を学び、どのように仕事や日々の生活に活かしたら良いでしょうか。   何をどこでどのように学ぶべきなのか、選ぶ力が必要な今。 まずは、Schooで大人になった今だからこそ役に立つ分野から始めてみましょう。   この授業では、民法を中心に法律について講義とワークショップで学びます。 日々のニュースがより面白くなる、判例をもとにした法律の解釈については 先生と生放送で理解を深めていきますので、色々な意見を一緒に出していきましょう。   この授業で学べること ・大人になって法律を学ぶと良い理由 ・法律解釈の重要性 ・民法という法律の役割   こんな方にオススメ ・法律に興味がある方 ・ニュースをより深く見れるようになりたい方 ・個人で多様な知識や経験を持ち、自分のキャリアに活かしたい方   講師プロフィール 西内祐介 先生 / 近畿大学法学部 准教授 九州大学大学院法学府博士課程単位取得満期退学。九州大学大学院法学研究院助教を経て、2011年より近畿大学法学部専任講師、2014年より現職。専門は民法。特に、他人のためにする行為である「代理」に関するルールを中心に、表見代理、顕名、授権、成年後見制度、復代理といったテーマの研究を行っている。   ※この授業は、近畿大学通信教育部とのタイアップ授業です

担当の授業一覧 全1授業