福島に学ぶ、地域特性を活かしたコミュニティ作りとは -ふくしま復興塾【3回:コミュニティ編】

5週連続、福島から生放送!福島の今、そして未来に向き合おう。

schooで、復興への志と覚悟を持つ若もの向けリーダー育成プログラム「ふくしま復興塾」が、3.11震災3周年祈念として、震災・福島をテーマにした連続5回の授業を実施いたします。

 

子ども」「コミュニティ」「」の3つの観点で、現状と今後の課題・解決法を考える放送を実施します。
参加型で「今、日本に暮らす人々が改めて考えなければならないこと」を今一度見つめなおす機会を福島から全国世界に発信します。

 

 

第三回目のテーマは「コミュニティ」。
ふくしま復興塾の一期生たちが立案した「福島県高齢者の健康づくりと地域コミュニティの再生」をケーススタディにディスカッションを繰り広げます。
震災後、高齢者は外出が減り筋力低下や閉じこもり傾向が顕著になり、要支援、要介護者が増加しています。今後、認知症や精神疾患などが増加すると予想されています。
その中で、「同居していた息子家族が避難し1人暮らしになった」「郡山へ避難してきたが知り合いがいない」など、それまでとは一変した生活を送る高齢者を目にしてきた次世代リーダーたち。
地域の人同士が有機的につながり、いきいきと生活ができる地域を目指していくためには、どのようなことが考えられるかみなさんの意見を聞かせてください。

 

 

この授業で学べること

 

・被災地、福島の子ども、コミュニティ、食の現状
・福島で生まれつつある新しい社会の仕組み
・復興を担う若手リーダーのアクション
・復興にむけたふくしま復興塾のいままでの取り組み

 

 

 

この授業は全5回で開講します!

第一回目:3/6 放送【みんなで福島の今、そして未来に向き合おう
第二回目:3/14放送【次世代リーダーが伝える福島の現状:子ども編
第三回目:3/21放送【 次世代リーダーが伝える福島の現状:コミュニティ編
第四回目:3/28放送【 次世代リーダーが伝える福島の現状:食(前編)
第五回目:4/4 放送【 次世代リーダーが伝える福島の現状:食(後編)

 

※ 授業タイトルや放送内容は、一部変更する可能性もございます。

詳細を開く
福島に学ぶ、地域特性を活かしたコミュニティ作りとは -ふくしま復興塾【3回:コミュニティ編】
2014年3月21日公開
01:00:00