人事評価研修とは?評価者を育成する目的とコツを紹介
人事評価制度を設けている企業の多くが、評価者研修を実施しています。では、評価者研修とはどのような意味をもつのでしょうか。本記事では、評価研修の必要性や目的、効果的な実施方法まで詳しく解説します。これから人事評価研修を導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
ダイバーシティ研修とは?企業に求められる理由や主な内容について解説
ダイバーシティとは、直訳すると多様性という意味があります。この意味が転じ、幅広い人材を採用する考え方を指すようになりました。本記事ではダイバーシティの考え方やメリット、研修方法などについて紹介します。これからダイバーシティを導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
グランドルールとは?作成する上でのポイントや活用事例を解説する
グランドルールとは、会議やワーク等をより効果的に実施するために定めるルールのことを指します。多くの企業でグランドルールを策定し運用をしていますが、その定義やメリットとはどのような内容なのでしょうか。本記事では、グランドルールの定義やその実例、活用方法について解説します。
ハインリッヒの法則とは?その実例や活用方法について解説する
企業においてミスやトラブルを未然に防ぐ活動は、絶えず行い続けるテーマです。本記事では重大なトラブルを未然に防ぐハインリッヒの法則について、その定義や活用方法について解説しています。ハインリッヒの法則は、ビジネス用語として利用されることも多いため正しい意味を理解し活用していくことで、ミスやトラブルが重大になる前に防ぐ方法を確立していきましょう。
アサインとは?その意味やビジネスシーンごとの利用例について解説する
ビジネスシーンで利用する「アサイン」とは、”任命する”などの意味を持つ用語です。では、どのような場面で利用することが正しいのでしょうか。 本記事では、アサインについての定義や利用例を含め解説しています。正しい意味や利用例を参考に相手に正しく伝わるように活用していきましょう。
ヒューマンエラーとは?その実例や防止方法について解説する
日常の業務を行っているとミスを侵してしまうことがあります。このミスを起こすことは、誰にでも起こりえることです。こうしたミスについては、ヒューマンエラーと呼ばれています。では、ヒューマンエラーとは何故おきるのでしょうか。本記事では、ヒューマンエラーの定義や注意点について解説しています。ヒューマンエラーの概念を理解し、できるだけ発生させない仕組み作りを行っていきましょう。
人事部門における内示の意味とは?類似用語の違いと注意点について解説する
人事部門が人材の配置などに利用する用語に「内示」があります。この内示とは、正しくはどのような意味で利用されているのでしょうか。本記事では、人事部門における内示の意味やその目的、類似用語の違いなどを解説しています。人事部門が内示を発令する際に注意するべき点なども正しく理解し実際の内示を行っていきましょう。
コンセンサスゲームとは?ビジネスマンに必要な力を楽しんで学べる研修の特徴を解説
コンセンサスゲームは、研修などでよく用いられる合意を得るプロセスを重視するゲームの一種です。 コンセンサスゲームに取り組むことで、ビジネスマンに必要とされている関係者との合意を得る力、コミュニケーションスキルやチームビルディング力などが身につくと言われています。 当記事ではコンセンサスゲームについて、概要から注意点、また実際に実施されているコンセンサスゲームの実例などを踏まえて紹介していきます。
米空軍発祥のOODAループとは?構成する要素や導入するメリットを解説
OODAは近年注目されている意思決定のフレームワークの一つです。 不確実性の高いVUCAの時代とも言われるような、将来を予測することが困難な変化の激しい昨今において注目されています。 OODAは意思決定の速度を上げるという点で、より実践的な現場に即していると言えます。 当記事ではOODAについて、どのようなフレームワークなのか。 また、どんな時に用いるべきなどを踏まえて紹介していきます。
情意評価とは?特徴・メリットと導入時の注意点について解説
情意評価は人事評価(人事考課)において、「情意=思い・気持ち」を評価基準とすることを言います。 適切に活用すると組織力の強化も期待できるため、ひとつの選択肢として知っておきたい手法です。 本記事では情意評価の特徴、メリットや導入時に注意すべき点などについてご紹介していきます。
企業風土とは?会社にもたらす影響や改革する際のポイントを解説
企業風土とは、会社で働く人の気質や文化に影響を及ぼす、その企業特有の環境を指し、目には見えないながらも、会社へ大きな影響をもたらす重要な概念です。本記事では、企業風土について具体例や混同されがちな言葉との違いを挙げながら解説するとともに、その改革を目指す際のポイントについてご紹介します。
ラポールとは?信頼関係がビジネスにもたらすメリットについて解説
ビジネスにおいては、円滑な人間関係とコミュニケーションが欠かせません。 顧客や上司・部下など、他者との信頼関係を築くことは重要な意味をもちます。 当記事では、信頼関係の構築に役立つ「ラポール」の考え方と、ラポール形成がビジネスにもたらすメリットについて解説します。
当事者意識とは?組織強化に不可欠な従業員の当事者意識について解説
「自社の従業員は自分の仕事に対して、どこか他人事だ」と感じている経営者や管理職は多いのかもしれません。 当事者意識は、事業の発展や組織強化に不可欠なものです。 当記事では、従業員の当事者意識が低下する理由や危険な兆候、当事者意識を高める方法について解説します。
組織風土とは?理想的な組織風土と変革へのアプローチについて解説
組織風土という言葉を耳にする機会は多いのではないでしょうか。 風土とは抽象的・概念的で曖昧に捉えられ、説明しにくい言葉でもあります。 組織風土は、その組織の有り様を形成する重要なものです。良い風土をもつ組織においては、従業員は活き活きと働けるのではないでしょうか。 当記事では理想的な組織風土とはどのようなものか、また組織風土を変革するためのアプローチについて解説します。
行動変容をもたらす研修とは?行動変容ステージ理論をもとに解説
人材育成に力を入れ、定期的な研修を実施する企業は多いのではないでしょうか。社員研修を外部に委託する場合もあるでしょうし、社内講師を育成し内製化することもあるでしょう。 いずれにせよ、研修を企画する際に意識しなくてはならないのが、「その研修を実施したことで、受講者にどのような行動変容が起きるのか?」ということです。 当記事では、受講者に行動変容をもたらす効果的な研修の組み立て方を、行動変容ステージ理論をもとに解説します。
交流分析とは?交流分析をわかりやすく解説
職場の人間関係が円滑であることは、仕事をスムーズに進めていく上で必要なことです。 そのためには円滑なコミュニケーションが不可欠です。従業員の対人スキル向上は、生産性と密接に関わる重要な要素であるといえます。 そのため、社内の人間関係の改善やコミュニケーションスキル向上のために、交流分析を社内研修に取り入れる企業が増えてきているようです。 当記事では交流分析について、わかりやすく解説します。
モラールとは?職場のモラール向上に対する人事の役割を解説
モラールとは職場全体の「士気」を指す言葉です。モラールの高い職場は活気に満ちあふれ、目覚ましい成果を出しつづけるでしょう。 職場のモラールを向上させるのは、リーダーの重要な役割であるといえます。しかし、職場のモラール向上を現場のリーダーだけに任せきりで良いのでしょうか。当然、組織としての取り組みも必要となります。 当記事はモラールの概要から、モラール向上に向けた組織としての取り組みについて解説します。
x理論/y理論 どっち? マクレガーの理論をわかりやすく解説
人のモチベーション向上にかかわる理論のひとつである「X理論/Y理論」をご存知でしょうか。組織の発展には「従業員のモチベーション向上」は重要な要素として認識されています。 一方、何が従業員のモチベーションにつながるのかよく分からないという声もお聞きします。従業員のモチベーション向上には、どのようなマネジメントが有効なのか理解しておくことが必要です。 当記事では、従業員のモチベーションマネジメントに役立つ理論のひとつである「X理論/Y理論」について解説します。
ロールモデルとは?人材育成を促進するお手本の重要性について解説
ロールモデルとは「お手本となる人物」のことです。人材育成の分野では、ロールモデルを設定することで従業員の成長を促進し、早期の戦力化を図ることが期待されています。当記事ではロールモデルの概要と、人材育成を促進する「お手本となる人物」の重要性について解説します。
コーピングとは?ストレスから従業員を守る企業の取り組みについて解説
コーピングとはメンタルヘルスに関する用語です。人がストレスを感じたときに、そのストレスに対し上手く対処しようとすることをストレスコーピングといいます。当記事ではコーピングの概要と、さまざまなストレスにさらされる従業員のメンタルを守る企業の取り組みについて解説します。
勤務間インターバルとは?重要視される背景やメリット・導入にあたって検討することなどを詳しく解説
勤務間インターバルとは、働き方改革に基づいて2019年4月に施行された比較的新しい制度です。厚生労働省は、勤務間インターバルの導入を2025年までに15%以上とすることを目標として掲げています。当記事では、勤務間インターバルのメリットや導入にあたっての検討事項や助成金について詳しく解説します。
ピーターの法則とは?ピーターの法則の概要と対策をわかりやすく解説
「優秀な人材が管理職に昇進したら、以前のように活躍できなくなってしまった」といった現象を目にしたことはないでしょうか。これは「ピーターの法則」といわれるもので、あらゆる組織において起こりうる普遍的な現象です。当記事では「ピーターの法則」の概要と、組織における人材の「無能化」を防ぐ対策について解説します。
セルフキャリアドックとは?導入するメリットや手順、効果的に導入している具体例をご紹介
近年働き方の多様化により、従業員対するキャリア形成が重要視されるようになっています。そういった中で「セルフキャリアドック」という制度が注目を集めています。セルフキャリアドック制度とはどういった制度なのか、導入するメリットや効果的な導入事例をご紹介します。
ホールパート法とは?活用シーンや活用する上でのポイントをご紹介
ビジネスの場にで話をわかりやすく伝えることが苦手だ、という方は多いのではないでしょうか。そのような方には「ホールパート法」と呼ばれる話し方がおすすめです。本記事ではホールパート法とはどういった特徴があるのか、メリットや活用していく上でのポイントをご紹介します。
ドイツ発祥のマイスター制度とは?日本で広がっている背景や導入事例をご紹介
日本の多くの企業は後継者不足の問題を抱えています。そんな中でドイツ発祥の概念である「マイスター制度」というものが日本においても注目を集めるようになっています。マイスター制度とはどういった制度なのか、メリットや導入事例をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。
チャンクダウンとは?意味からビジネスコミュニケーションでの活かし方まで詳しく解説
コーチングやカウンセリングなどで用いられる、心理学を使ったコミュニケーション手法の1つにチャンクダウンがあります。ビジネスではマネジメントで良く使用される手法ですが、課題解決や目標達成に役立つため、この記事では意味から活用方法まで詳しく解説します。
クロスファンクショナルチーム(CFT)とは?導入事例やうまく機能させる方法もご紹介
近年、組織の抜本的な改革や体制刷新を目的として、クロスファンクショナルチームが形成されることが多いようです。クロスファンクショナルチームとはどういったチームのことを指すのでしょうか、そのメリットや導入するための手順、国内の代表的な事例についてご紹介します。
タスク・イニシエーションとは?定義から人員配置に活かす方法まで詳しく解説
日本では終身雇用制度が崩壊し、転職市場も年齢に関係なく活発化してきており、企業では今後の人事制度のあり方について見直しを進める必要性が出てきています。このような背景の中、人事マネジメントにおいて重要視されるタスク・イニシエーションについて詳しく解説します。
グループ・イニシエーションとは?定義から人員配置に活かす方法まで詳しく解説
環境の変化は年齢や性別に関係なく誰にとっても大きなストレスを伴う体験ですが、新入社員や転職者が新たな企業へ入社する時もそれは同じです。この記事では環境変化に配慮した適切な人事マネジメントを行うために重要な、グループ・イニシエーションについて詳しく解説します。
プロアクティブ行動とは?3つのプロセスと従業員の主体性を高めるポイントをご紹介
変動性が高く複雑化している現代社会において、自ら主体的になって行動を起こすという意味の「プロアクティブ行動」ができる人物が求められています。プロアクティブ行動がどのようなものなのか、3つのプロセスと従業員の主体性を高めるためのポイントをご紹介します。
LXP(ラーニング・エクスペリエンス・プラットフォーム)とは?LMSとの違いやメリットやデメリット、導入の手順をご紹介
複雑化し変化の激しい現代社会において、従業員のスキルアップに課題を抱える企業が増えています。そのような中で、LXPという新しい学習ツールが注目を集めています。LXPとはどのようなツールなのか、メリットやデメリット、効果的に活用するポイントをご紹介します。
LMSとは?メリットやデメリット、導入事例をご紹介
企業の人材育成の手法は多様化しており、学習を管理することの重要性が高まっています。その中で「LMS」という学習管理ツールが注目を集めています。LMSとは、どのようなツールなのか、メリットやデメリット、効果的に導入している企業事例をご紹介します。
認知的徒弟制とは?企業が実践する4つのステップと導入の際の注意点をわかりやすく解説
企業の人材育成で注目されている「認知的徒弟制」。元々は、職人の世界における親方と弟子の関係をモデルとする教育法として、学校教育に活用されていました。本記事では、この教育法を企業の人事育成で実践する4つのステップと、導入の際の注意点について解説します。
サクセッションプランとは?取り組むメリットと作り方を企業事例とともに解説
経営者や経営幹部の後継者を育成するサクッセッションプランは、企業が長期的に存続するために重要な課題であると言えます。本記事では、サクセッションプランと人材育成の違いや取り組み状況と必要性について、また取り組むメリットと作り方を企業事例とともに解説します。
経路依存症とは?脱却が叫ばれている背景や企業としてできることを解説
企業経営の成功において「経路依存症」からの脱退が必要であることが叫ばれています。歴史から学べることは多いとはいえ、過去の事例に縛られることが停滞に繋がるケースもあります。本記事では、経路依存症からの脱却が叫ばれている背景や企業としてできることを解説します。
タウンホールミーティングとは?メリットや効果を上げるコツを企業事例とともに解説
経営陣と従業員で対話を行う「タウンホールミーティング」を導入する企業が増加しています。そのメリットともに「質問が出ない」などの課題点も指摘されていますが、本記事では、タウンミーティングの概要やメリット、効果を上げるコツを企業事例とともに解説します。
アシミレーションとは?部下の本音を引き出す効果的なやり方を解説
アシミレーションとは、上司と部下の相互関係を促進するのに効果的な組織開発の手法です。上司と部下の円滑なコミュニケーションは、チームの生産性にも影響する需要なポイントです。本記事では、アシミレーションのメリットや部下の本音を引き出す効果的なやり方を解説します。
ラーニングオーガニゼーションの5つのディシプリンと構築するメリットやポイントを解説
企業を取り巻く環境の急激な変化はさまざまな問題を生じさせますが、それらに対応するための新しい組織の概念として「ラーニングオーガニゼーション」が提唱されました。本記事では、ラーニングオーガニゼーションの5つのディシプリンや構築する際のポイントを解説します。
ディープラーニング検定とは?試験概要や難易度、資格取得のメリットまで解説
ディープラーニングはAI技術には欠かせません。しかし、専門用語や専門知識が豊富で活用するためには覚えなければいけない知識が多くあります。ディープラーニングの技術者は非常に希少で求められているなか、一定以上のスキルと知識を保証するディープラーニング検定が注目されています。当記事ではディープラーニング検定について解説をします。
画像処理エンジニア検定とは?難易度や重要性、将来性について解説
画像処理エンジニアは近年ますます注目を集めています。エンジニアのスキル証明はポートフォリオもしくは資格取得が有効ですが、画像処理エンジニアについてはポートフォリオの作成が難しいでしょう。そのため画像処理エンジニア検定を取得してスキルを証明することは非常に有効です。当記事では画像処理エンジニア検定について解説します。
ナラティブアプローチとは|職場における対立を解消する方法を解説
職場ではさまざまな個性をもつ人が、それぞれの役割を果たすために仕事をしています。各人の役割を果たす上で、同じ社内であっても、部署間・従業員間に利害の対立が生まれることもあるでしょう。多様性・複雑性を増す現代のビジネス環境において、その傾向は強くなる一方です。当記事は、こうした職場での対立を解消する可能性を秘めた新しい手法「ナラティブアプローチ」について解説していきます。
職位の正しい意味とは?職位を理解して組織の活性化につなげる
普段当たり前のように使っている「職位」という言葉ですが、正しく理解して使えているでしょうか。各職位には対外的な意味も含まれています。職位を正しく理解することは自社の組織を正しく理解することにもつながり、目標設定にも役立つでしょう。当記事では職位について詳しく解説します。
ウェルビーイングがビジネスに必要な理由とは?構成要素や高めるメリット・高める方法を解説
ウェルビーイングとは、精神的・社会的・身体的といったすべての条件が満たされている状態のことです。ウェルビーイングは個人の幸福度を向上させるだけでなく、企業全体に大きなメリットをもたらします。当記事では、ウェルビーイングがビジネスに必要とされる理由・高めるメリットや方法などを解説します。
アグリゲーターとは?今注目されている新しい働き方を解説
近年注目されているアグリゲータについて解説します。VUCAと言われる時代において社内の閉ざされた環境から生まれるアイディアだけでは限界が来ています。その時代のなかで注目されているのがアグリゲーターという働き方です。アグリゲーターとはどんな働き方なのか、どんな役割を果たすのかを解説します。
ニューロダイバーシティとは?世界で議論される多様性と雇用問題について解説
ダイバーシティという言葉を昨今よく耳にします。IT技術の進歩により今では世界中の人とコミュニケーションが容易になり、多様な人材活用が当たり前の時代になりました。そんななかにあって、ニューロダイバーシティは多様性を受け入れる考え方の一つです。しかし、ニューロダイバーシティを後押しする考えは決して差別を無くすためだけではありません。企業の成長において必要だからニューロダイバーシティの思想を取り入れているというケースも多いのです。当記事ではニューロダイバーシティについて解説します。
KKDとは?日本の製造業で培われてきたKKDを解説
昨今、AIが人間の仕事を奪うという話題が上がるようになりました。AIが分析して判断をして業務を行うことが可能になれば、確かに人間の仕事は減るかもしれません。ですが、AIに取って代わられないであろう領域もあります。それこそが人間が今まで培ってきた経験と勘と度胸です。当記事ではKKD(経験・勘・度胸)について解説します。
シックリーブとは?働きやすい会社づくりのための休暇制度をご紹介
シックリーブはもはやグローバルスタンダードになりつつある休暇制度です。日本ではあまり聞かない制度ですが、今後多くの企業で導入が検討されるでしょう。働き方改革により日本の働き方は大きく変わりましたが、いまだグローバルスタンダードには届いていません。シックリーブについて、日本と海外との違いについて解説します。
エレベータートークとは? 相手の時間を奪わないコミュニケーションのコツを解説
エレベータートークとは、同じエレベーターに乗り合わせたくらいの短時間の会話で相手の印象に残り、伝えたいことを伝えるためのトークスキルのことです。ビジネスにおけるコミュニケーションは相手の時間に配慮することも重要です。当記事ではエレベータートークの紹介と、相手に伝わりやすいコミュニケーションのコツを解説します。
ダブルメジャーとは?複数の専門知識をもつ人材の重要性を解説
ダブルメジャーは名門大学が多く存在しているアメリカで一般的な制度です。複数の専攻を学び、より優秀な学生を育てる制度です。複雑化している現代のビジネスにおいて、複数の専門分野の掛け合わせによるイノベーションが求められています。当記事ではダブルメジャーについて解説をします。
アサーションとは?アサーショントレーニングが職場にもたらすメリットを紹介
コミュニケーションが円滑な職場はストレスとは無縁で、良好な人間関係が構築されているのではないでしょうか。「アサーション」は、周囲とのコミュニケーションを円滑にする手法として、近年注目を集めています。当記事ではアサーションの考え方や、アサーショントレーニングが職場にもたらすメリットについて紹介します。
ラテラルシンキングとは?概要と鍛え方について解説
ラテラルシンキングとは、既存の常識にとらわれない自由な発想法として注目を集めています。先を見通すことが難しい現代において、環境変化に柔軟に対応する革新的なアイデアを生み出す思考法として、必要性を感じている企業は多いようです。当記事ではラテラルシンキングの概要と鍛える方法について紹介します。
タイムマシン経営とは?現代においての経営活路の見出し方について解説
日常生活において身の回りにあふれるサービスや商品はどこからきたのでしょうか。いま生き残って利用されているサービスの多くが、もともとは海外から輸入してきたアイディアであったり、日本が発明して海外でも普及しているアイディアです。タイムマシン経営とは海外のビジネスモデルを先取りして日本で取り入れることです。日本企業の発展に欠かせない経営手法であるタイムマシン経営ついて解説します。
アシミレーションとは?組織開発に欠かせない手法のやり方や注意点を解説
アシミレーションはチームの全員が団結して成果を上げることを可能にします。変化が早く、予測が困難な現代のビジネスにおいてトップダウン型のマネジメントでは変化についていけません。一つひとつのチームが主体的に動き、迅速に意思決定をしていくことが求められています。一つのチーム単位の生産性を高め企業全体の行動スピードを上げるアシミレーションについて解説します。
データリテラシーとは?社会人として必要な新たな常識を解説
我々の日常にはデータがあふれかえっています。ビジネスにおいても日常生活においても情報が飛び交い、その情報の真偽は定かではありません。特にビジネスにおいてはデータ分析の繰り返しです。分析して改善して行動して再度分析してを繰り返し効率的に成長を続けていく必要があります。そんな、日常にあふれる「データ」を正しく理解する能力であるデータリテラシーについて解説します。
ピアラーニングとは?仲間とともに主体的な学びを実現する方法を考察
ピアラーニングとは、学習者どうしが対話を通じて主体的に学び合う学習方法です。従来の講師と受講者という学習形態では得られない効果が期待できる学習方法として、企業の人材育成に導入する企業も出始めています。当記事ではピアラーニングの概要と、オンラインによるピアラーニングの可能性について考察します。
モラール・サーベイとは?従業員の本音を知るメリットについて解説
士気が高く意欲にあふれる組織は常に高い業績を出し、著しい発展を遂げるでしょう。従業員の定着率は高く人材の層も厚みを増し、強固な組織基盤を形成していきます。当記事では従業員の士気や労働意欲を計測するモラール・サーベイと、従業員の本音を知るメリットについて解説します。
デジタルレイバーとは?導入のメリットや活用方法・RPAとの違いについて解説
デジタルレイバーとはテクノロジーが人間に代わって業務を担う考え方のことです。テクノロジーの進歩により、デジタルレイバーは人の代わりに多くの業務を担えるようになりました。当記事では、デジタルレイバーの意味・重要視される理由・得意とする業務・導入のメリットなどを詳しく解説します。
ヒューマンスキルとは?マネージャーに求められるスキルについて解説
仕事をスムーズに進められるか否かは、周囲との人間関係が大きく影響します。ヒューマンスキルは、良好な人間関係を構築・維持するために必須の普遍的スキルです。当記事では、特に部下を通して成果を求められるマネージャー層に不可欠なヒューマンスキルについて解説します。
トータルリワードとは?若手人材が望む報酬の要素について考察
従業員が意欲的に仕事に取り組むためには動機づけが不可欠であり、その動機づけの大部分を占めるのが「報酬」であるといえます。しかし近年、この「報酬」対する価値観が多様化し、かつてのように金銭的な報酬だけで意欲をもって働く人材は、少数派となっているようです。当記事では、特に若手人材が望む「金銭以外の報酬」について考察し、報酬を総合的な動機づけの仕組みと捉える「トータルリワード」について解説します。
フレキシキュリティとは?意味や効果、デンマークやオランダの事例を詳しく解説
フレキシキュリティとは、労働者の生活を安定させるため、雇用の柔軟性を図る政策のことです。労働人口の減少や終身雇用制度の崩壊により、一人ひとりが自分らしく働き生産性を高める手段として注目されています。当記事ではフレキシキュリティの意味や効果、デンマークやオランダの事例、人事ができることなどを詳しく解説します。
コンセプチュアルスキルとは?若手人材を鍛えるメリットについて解説
コンセプチュアルスキルとは、経営層や高い職位の管理職に必要とされるスキルです。物事の本質を見抜き、組織の可能性を高める能力であり、トップマネジメントに携わる人材には不可欠なものです。しかし、若い世代の従業員のなかにも、コンセプチュアルスキルを発揮し成果を上げる人材もいます。当記事では、トップマネジメントの素質がある若手人材を鍛えるメリットについて解説します。
サーバントリーダーとは?組織を強くする新しいリーダーシップ
サーバントリーダーという言葉をご存じでしょうか。強い力で組織を牽引するかつてのリーダーとは違う、比較的新しいリーダーシップの形です。現代にマッチし、組織を強くするリーダーシップとして近年注目を集めています。当記事では、サーバントリーダーの特徴と、なぜ「組織を強くするリーダーシップ」といわれているのかについて検証します。
ジョブクラフティングとは?従業員のやりがいがもたらすメリットについて解説
毎日の仕事に「やりがい」を感じ、活き活きと働けることは幸せなことです。しかし現実は上司の指示の下、与えられた仕事を黙々とこなしていくというように、「やりがい」を感じにくいことのほうが多いのではないでしょうか。ジョブクラフティングとは、仕事に向き合う心構えを変えることにより、単純な日常業務に「やりがい」を見い出していく手法です。当記事ではジョブクラフティングの概要と、従業員の「やりがい」が企業にもたらすメリットについて解説します。
コンフリクトマネジメントとは?対立を成長に変える方法について解説
企業が事業活動を営む過程において、社内・社外を問わずさまざまな意見や利害の対立(コンフリクト)が生じます。コンフリクトマネジメントとは、こうした対立をネガティブなものと捉えず、前向きな成長機会につなげていこうとする手法です。当記事ではコンフリクトマネジメントの概要と、対立をポジティブな成長機会に転化させる方法について解説します。
パレートの法則とは?人事領域におけるパレートの法則を分かりやすく解説
「パレートの法則」とは別名「2:8の法則」とも呼ばれ、マーケティング分野における購買行動分析や、人事領域では組織開発の分野で良く聞かれます。「成果の8割は上位2割によりもたらされる」という法則です。当記事では、人事領域におけるパレートの法則について分かりやすく解説します。
チーミングとは?不確実な時代を生き抜くチームのあり方を詳しく解説
チーミングとは、絶え間なくチームワークの構築と最適化を模索し実践しつづけることです。予測不能な時代でありチームの形も変化しているため、新たなチームの概念として注目されています。当記事では、チーミングの意味・チームをつくるステップ・組織が学習するべき領域などについて解説します。
ネゴシエーションとは?信頼関係を構築するネゴシエーションスキルについて解説
ビジネスの現場では、日々さまざまなネゴシエーション(交渉)が行われています。ネゴシエーションという言葉からは、競争的な駆け引きといったシビアなイメージを連想する方も多いのではないでしょうか。本来のネゴシエーションとは、勝ち負けをつける議論ではなく、双方にとって最善の状態を導く建設的な話し合いのことです。当記事では、信頼関係の構築を目的としたネゴシエーションスキルについて解説します。
次世代リーダー育成とは?身に付くスキルや課題点を解説
マーケットの急激な変化やグローバル化が進む昨今のビジネスにおいては、変化や新たな価値観に柔軟に対応できる次世代リーダーの育成が重要な課題といえます。本記事では、次世代リーダー育成の定義を明らかにしつつ、次世代リーダー育成で身に付くスキルや留意点を紹介します。
エフィカシーとは?注目される背景と企業への影響を紹介
エフィカシーとは、日本語では「自己効力感」と訳されたり、近い言葉では「自尊心」ということがあります。本記事ではエフィカシーとはなにか、また、注目される背景と企業への影響について紹介します。エフィカシーが高い人材を確保したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
ケースメソッドとは?研修に取り入れるメリットや効果的なポイントについて解説する
企業における研修での学びを充実化させるため、疑似体験を通して学ぶ「ケースメソッド」が採用されることがあります。ケースメソッドは元々学問が発祥となりますが、ビジネスシーンでは具体的にどのように用いられているのでしょうか。本記事では、研修にケースメソッドを入れるメリットや、そのポイントについて解説しています。
人時生産性とは?注目される背景や向上させる方法を解説
今後、労働力人口が減少していくことが予想されるなか、企業の人時性に注目が集まっています。また、実際に企業の経営状況を分析する際、その生産性に着目するケースが増加傾向にあります。本記事では、人時生産性の内容や算出計算方法、人時生産性を向上させるための具体的な方法について解説します。
リチーミングとは?導入のメリットや企業事例を紹介
リチーミングは、組織やチームのパフォーマンスを高める点が評価されて、最近ではその重要性が注目されています。本記事では、リチーミングにおける考え方や導入のメリットを確認するとともに、リチーミングを実践するステップと実際の企業事例を紹介していきます。
デリバラブルとは?人事部の役割と目指す方向性について解説
「デリバラブル」という言葉をご存知でしょうか。デリバラブルとは、人材マネジメント分野において、個人や組織が誰かの役に立つこととして、近年新たに生まれた言葉です。一体どのような事柄なのか、人材マネジメントにおけるデリバラブルの捉え方や育成のポイントについて解説します。
デザイン思考とは?ビジネスで必要とされる理由とスキルアップ方法について解説する
デザイン業務で広く使われていたデザイン思考の概念は、ビジネスにおける課題解決に役立つ思考法です。本記事では、デザイン思考をテーマにビジネスで利用される理由やスキルアップ方法について解説していきます。デザイン思考の概念をビジネスに取り入れ課題解決力をアップしていきましょう。
強い組織とは?強い組織に共通するポイントや施策を紹介
「強い組織」と聞き、どのような組織を思い浮かべるでしょうか。企業の更なる成長、発展には強い組織であるか否かが非常に重要となってきます。今回は、強い組織に共通する特徴やポイント、組織力向上のための具体的な施策について紹介します。自社の組織の弱さを感じている企業は、ぜひ参考にしてください。
幹部候補とは?求められるスキルや育成方法を解説
近年、後継者不在により、廃業する企業が増えています。このような事態を防ぐためにも、早い段階で会社の次世代を担う人材、幹部候補を育てることは経営者の責務だといえるでしょう。本記事では、幹部候補に求められるスキルや具体的な育成方法について解説いたします。
高度プロフェッショナル制度とは|メリットとデメリットを併せて紹介
高度プロフェッショナル制度とは、高度な専門知識や技能が必要な特定業務を対象に、労働基準法で定める規定の適用を除外する制度です。本記事では高度プロフェッショナル制度のメリット・デメリットなどについて紹介します。これから高度プロフェッショナル制度の導入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。
キャリア教育とは?ビジネスにおけるキャリアコンサルタントの役割や取り組みについて解説する
キャリア教育とはどのような教育なのでしょうか?もともとは、学校教育の中で利用されていた単語ですが、現在ではビジネスシーンでも利用されています。本記事では、キャリア教育がビジネスではどのように扱われているか、キャリア教育で重要な役割を担うキャリアコンサルタントが持つ役割について解説します。
評価者研修とは?主なプログラム事例やエラーを防止するためのポイントを解説
人事評価制度を設けている企業の多くが、評価者研修を実施しています。では、評価者研修とはどのような意味をもつのでしょうか。本記事では、人事評価制度に伴う評価者研修に関してプログラム事例や実施のポイントについて解説しています。評価者研修の目的を理解し実施していきましょう。
グローカル人材とは?求められる背景や育成方法を解説
グローカル人材とは、国際社会で通用する能力やグローバルな視点、経験を持っており、地域社会や地域経済の活性化や持続的発展に貢献する人材です。本記事では、グローカル人材の背景や求められるもの、育成方法について紹介します。グローカル人材の育成導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。
留職とは?留職プログラムを導入するメリット・デメリットや事例を紹介
近年、一定期間職場を離れ、海外で働いてもらう「留職」に注目が集まっています。さまざまなメリットがある一方、あまり浸透されてない制度でもあるため、躊躇している担当者も少なくないでしょう。本記事では、留職について詳しく紹介します。実施検討時にぜひご活用ください。
インナーブランディングとは?実施する目的や効果について解説する
自社のブランディングを行う上で重要となインナーブランディングとは、どのようなブランディング方法なのでしょうか。本記事では、インナーブランでキングを行う目的や効果について解説していきます。自社のブランディングを行う上で有効なインナーブランディングを実施していきましょう。
タレントプールとは?活用するメリットや方法を解説
タレントプールとは、会社にとって必要な人材の情報を、中期的に管理していくためのデータベースのことをさします。本記事ではタレントプールについてのメリットやデメリット、ステップの方法や導入事例について紹介します。タレントプール導入を検討している企業はぜひ内容を参考にしてください。
ビジネスシーンでpythonにできることとは?pythonの特徴と活用シーンを解説する
「python」とは、どのようなプログラミング言語なのでしょうか。企業が着目しているpythonの特徴や活用シーンについて解説していきます。本記事では、大規模な開発となる活用シーンから日常の事務処理業務でも活用できるpythonについて解説していますので、今後の活用を検討していきましょう。
スクラムマスター研修とは?スクラムマスターが求められるスキルや研修の流れをご紹介
複雑化する社会情勢の中で、企業は多くの課題に直面しその課題の解決には、高度なスキルを持った人材が求められています。 そのような中で、スクラムマスター研修の重要度が高まっています。どういった研修なのか、求められるスキルや研修の流れをご紹介します。
セルフマネジメント能力を強化するメリットとは?能力のある人材の特徴や育成する方法について解説する
ビジネスシーンにおいて、セルフマネジメント能力という単語を聞くことが多々あります。では、セルフマネジメント能力とはどのような能力でしょうか。本記事では、セルフマネジメント能力をテーマのその特徴や高め方について、解説しています。本記事を参考にセルフマネジメント能力を高めビジネスで活用していきましょう。
ティーチングとコーチングの違いは?それぞれのメリットやデメリット、有効なケースをご紹介
部下に対する育成方法として「ティーチング」と「コーチング」を耳にすることが多いのではないでしょうか。 両者は混同されがちですが、それぞれ有効なケースが違うため、適切に使い分ける必要があります。 それぞれのメリットやデメリット、有効なケースを解説します。
キャリアアダプタビリティとは?キャリア形成の必要性と適応力を高める方法
時代変化の大きい昨今、その変化に対応できる能力は個人にとっても企業にとっても非常に大きな意味を持ちます。本記事では、キャリアアダプタビリティをテーマにキャリア形成を行う重要性や類似用語との違いについて解説していきます。本記事を参考に、個々人のキャリアアダプタビリティを高める参考にしてください。
企業が取り組むべきマミートラックとは?課題となる背景や対応策について解説する
女性の躍進を阻むとされているマミートラックは、企業が取り組むべき課題として認識されています。本記事では、マミートラックが課題となっている背景や、企業が行うべき対応策について解説しています。本記事を参考に自社におけるマミートラックへの対応策を講じていきましょう。
モチベーションを高めるインセンティブ制度とは?制度の特徴と注意点について解説する
営業部門を中心にインセンティブ制度を設けている企業は多数あります。本記事では、インセンティブ制度における特徴や運営上の注意点について解説していきます。現在既に存在しているインセンティブ制度の問題解決にも役立ててください。モチベーションを高める上でも有効な施策とされているインセンティブ制度を最大限有効に活用していきましょう。
アカウンタビリティが企業に求められる理由と実行策を解説
アカウンタビリティとは、企業が株主や債権者などのステークホルダに対して果たすべき、会計上の説明責任を指す言葉です。本記事ではアカウンタビリティの背景や使われる場面、またアカウンタビリティ実行について紹介します。アカウンタビリティの導入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。
人材の定着率とは?その現状や定着率をアップさせる方法について解説する
経営課題の一つに人材の職場定着率があります。定着率の課題は、企業運営上における永遠の課題となっています。では、定着率とはどのような意味を持つのでしょうか。本記事では、定着率の定義やメリットについて解説していきます。自社の経営課題である定着率についての理解を深めて対策を講じていきましょう。
サバティカル休暇とは?その効果や特徴・企業の導入事例について解説する
サバティカル休暇とは、自社が決めた一定期間(長期間)勤務した従業員に与えられる長期休暇の制度のことを指します。一部の企業で導入が進んでいますが、どのような特徴があるのでしょうか。本記事では、従業員のモチベーションをアップするサバティカル休暇の概要や特徴について解説しています。
新しい働き方「スーパーフレックス制度」とは?導入のメリットと注意点について解説する
フレックス制度の後に、スーパーフレックス制度が導入されはじめています。スーパーフレックス制度とはどのような制度であるのか、導入のメリットや注意点について解説してきます。自社における福利厚生制度の一環として、スーパーフレックス制度を検討していきましょう。
エンプロイーエクスペリエンスとは?導入のメリットや企業事例を紹介
エンプロイーエクスペリエンスは、従業員のパフォーマンスを向上させる取り組みとして、国内外で注目を集め始めています。本記事では、エンプロイーエクスペリエンスの導入事例を交えながら、導入のメリットや具体的な方法を紹介していますので、人事担当の方はぜひ参考にしてください。
会社を強くする「企業文化」とは?企業文化を根付かせるための方法を解説する
企業文化がある会社だ。などの様に、企業の歴史や特徴を企業文化という言葉で表現することがあります。では、企業文化とは何を指すのでしょうか。本記事では、企業文化をキーワードに企業文化が示す内容や企業文化を根付かせる方法について解説しています。本記事を参考に自社の企業文化について改めて考えていきましょう。
シェアードサービスとは?導入するメリットと注意点について解説する
近年、業務の集中による効率化に行うためのシェアードサービスが注目を浴びています。では、このシェアードサービスとはいったいどのような内容なのでしょうか。本記事では、シェアードサービスをキーワードにその特徴や導入のメリットについて解説していきます。本記事を参考に業務集中による効率化を実践していきましょう。
従業員の心身を守るノー残業デーとは?制度導入のメリットや注意点について解説する
働き方改革関連法案などの施行により、今まで以上に残業に関する管理の重要性を問われるようになっています。そうした環境の中、慢性的な残業削減の方法としてノー残業デーの導入が今まで以上に進んでいます。本記事では、ノー残業デーを導入した際の企業メリットや注意点について解説しています。ノー残業デーを上手く活用し従業員の心身を守っていきましょう。
社内ポータルとは?役割と導入する際のポイントを解説
社内ポータルは、企業で利用するさまざまなシステムや情報への入口を集約する役割を持ちます。社内ポータルを利用できるのは社内の従業員のみなので、社内間の交流などにも役立ちます。これから社内ポータルを導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
人材育成に必要な「キャリアパス制度」とは?類似用語との違いやメリットについて解説する
人材の育成を行う際に、キャリアパス制度という用語を利用します。では、このキャリアパス制度とはどのような制度なのでしょうか。本記事では、キャリアパス制度について、用語の解説、導入におけるメリットなどについて解説しています。今後の人材育成において、キャリアパス制度を利用し人材の成長を促していきましょう。
ミスマッチとは?起こりうるデメリットとミスマッチを防ぐ方法を解説
人事関連業務における「ミスマッチ」は、企業が従業員へ求めること、働く個人が企業へ求めることの内容に相違がある場合に使われます。本記事ではミスマッチとは何か、起こりうるデメリットやミスマッチを防ぐ方法について紹介します。採用活動を行う企業、担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
企業変革を促す意識改革とは?そのメリットと促進するポイントを解説する
ビジネスシーンにおいて、企業の成長や変革には意識改革をしなければならないという話を聞いたことはないでしょうか。本記事では、意識改革をテーマに企業における意識改革のめりとや促進する際のポイントについて解説していきます。本記事を参考に自社内における意識改革を促進していきましょう。
確証バイアスとは?人事で起こり得る事例や対処法について解説
確証バイアスとは、人間が誰しも持っていて避けられない考えの偏りです。誰しもが持っているものですが、気を付けなければ差別や不公平につながってしまいます。特に人事業務において公平性を欠くことは従業員のモチベーションに大きく影響をします。当記事では、確証バイアスの概要やその例、対処法について解説します。
センターオブエクセレンス(CoE)とは?設置するメリットや役割について解説する
センターオブエクセレンス(CoE)とは、どのような組織なのでしょうか。本記事では、センターオブエクセレンス(CoE)について、設置するメリットや組織の役割について解説していきます。センターオブエクセレンス(CoE)についての理解を深め、自社への仕組み導入を検討していきましょう。
人材育成をするための資格とは?人事部門がおさえておきたい人材育成関連の資格について解説する
人事部門の最大ともいえるミッションが「人材育成」です。人材育成について役立つ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。本記事では、人材育成目的から人事部門が保有しておくと良い資格について解説しています。計画的に資格取得を行い今後の人材育成に役立ててください。
新入社員教育計画の立案方法とは?教育時の注意点について解説する
本記事では、新入社員研修計画の立案方法と教育時の注意点について解説しています。新入社員研修において教育計画がどういった位置づけになるかや、盛り込みたいテーマについても解説していますので、今後の新入社員研修の参考として頂き目標を達成できる研修にしていきましょう。
新入社員の教育係が注意すべきこととは?教育係がおさえておきべきポイントについて解説する
新入社員の教育係になった際に注意しておくべきことはなんでしょうか。本記事は、新入社員の教育係になった方がおさえておくべきポイントについて解説します。本記事では、研修の目的から求められる役割について解説していますので、教育係になった際の参考にしてください。
テレワークの課題とは?導入後に起きやすい課題や対策について解説する
本記事は、テレワークの課題をテーマに解説しています。昨今、テレワークの導入が進み多くの企業でテレワーク制度を導入しています。しかし、テレワーク制度も完璧なものではなく、導入後に判明した課題もあります。今後、テレワークを導入する際には、どのような課題が想定されるかを知っておくことは大事です。本記事を参考に、導入後の課題をできるだけ少なくなる工夫を行っていきましょう。
社会保険制度の5つの種類とは?雇用時に行う手続きや法律改正について解説
社会保険制度は、怪我や病気をした際、または災害や失業時に、従業員の生活を保護する国の制度です。一定の労働条件を満たすことで加入できる制度で、2022年から適用対象の拡大が行われます。本記事では、社会保険制度の概要、雇用時に行う手続きや法律改正を解説します。
多能工化とは?導入する目的からメリットまで詳しく解説
日本の労働人口が少しずつ減少を続けていく中、従業員1人1人のスキルや能力を高め、複数の業務を担当できるようになることはとても重要だと言えます。この記事では既存の従業員の能力を十分に活用し、人材不足の解決や働き方改革にもつながる、多能工化について詳しく解説します。
テレワークに必要なものとは?快適な環境を整えるための必要ツールを紹
インターネットを活用し、時間や場所の制約を受けずに柔軟に働くことができるテレワーク。現在、日本でも多くの企業が導入しており、今後もますますその注目が集まっていくでしょう。 本記事では、テレワークの概要や、必要なツール、物品について解説いたします。実施検討時にぜひご活用ください。
レコグニションの意味とは?定着させるためのポイントと効果的な事例をご紹介
レコグニションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?聞きなじみがあまりない人が多いかと思いますが近年、従業員のモチベーション向上や組織活性化の観点から非常に注目を集めています。本記事ではなぜレコグニションが重要視されてきているのか、そのメリットや効果的に取り入れている具体的な事例をご紹介します。
行動特性とは?定義から人事評価・教育に活用する方法まで詳しく解説
企業が成果を挙げ、事業を継続させるためには人材育成や効率的な人材活用が求められます。いろいろな価値観を持つ多様な人材が組織を構成するのが当たり前となっていく中、人間の行動パターンを分析し、企業における採用や教育の場で活用できる行動特性について詳しく解説します。
降格人事は許される?実施するときの方法とポイントを紹介
降格人事は、職位を落としたり、減給したりすることがあるため、会社経営にとってネガティブなイメージをお持ちの方も多いようです。しかし、さまざまな理由により降格人事を実施しなければならないこともあるでしょう。 本記事では、降格人事の概要や実施時の注意点をご紹介します。トラブルを起こさずに降格人事を行うために、ぜひお役立てください。
行動指針が企業にもたらすメリットや作り方を有名企業の事例とともに解説
行動指針を策定することで、従業員に企業の方向性を指し示し、強い組織づくりが可能になります。しかし行動指針の他に、企業理念や行動理念など、混同されやすい言葉もあります。この記事では、行動指針の定義やメリット、策定方法や作り方を有名企業の事例とともに解説します。
帰属意識とは?定義から高める方法まで詳しく解説
働き方改革によってリモートワーク、副業など多様な働き方が認められていく現在、個人の意志は尊重される一方、企業への帰属意識は少しずつ低下していると言われています。この記事では帰属意識の定義から、企業において帰属意識を高める方法まで詳しく解説します。
アンダーマイニング効果とは?内発的動機つけで社員のやる気をアップさせる方法を解説
アンダーマイニング効果の定義や、外発的動機づけのメリット・デメリットについて、本記事では紹介しています。また、内発的動機づけを行い、アンダーマイニング効果を防止するにはどのようにすればよいかについても解説しています。従業員のマネジメントを行う方、人事担当の方は、ぜひ本記事をお役立てください。
アンダーマイニングとは?社員の動機づけとの関連性や防止策について解説
モチベーションを生み出す動機付けには2種類あります。ひとつは、報酬をもらうため、ノルマがあるといった要因の外発的動機付けと、好奇心や興味をもって自ら行いたいと思う内発的動付けです。本記事では、アンダーマイニング効果の意味や定義、やる気低下を防ぐ方法ついて紹介します。
組織において相互理解がなぜ重要なのか?円滑に相互理解を深めるための制度をご紹介
近年、組織内における従業員間の問題や〇〇ハラスメントの増加などにより相互理解の重要性が強く叫ばれるようになりました。組織内で相互理解がうまく取れないことでどういった弊害が生じてしまうのでしょうか、また相互理解を深めるためにはどうしたら良いのでしょうか。本記事では具体例を交えて解説していきます。
ワークエンゲージメントとは?定義から高める方法まで詳しく解説
日本では働き方改革により多様な働き方が認められるようになってきましたが、一方で個人における働くことの意味やあり方が問われるようにもなってきています。この記事では仕事へのモチベーションや生産性を高めることに繋がる、ワークエンゲージメントについて詳しく解説します。
ピープルアナリティクスとは?その重要性や企業にもたらすメリットを解説
ピープルアナリティクスとは、従業員に関わるさまざまなデータを集めた分析結果を活用して、組織の課題を解決する手法です。本記事では、ピープルアナリティクスのメリットや活用方法について紹介します。これからピープルアナリティクスの導入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。
内発的動機付けの重要性とは?人材育成に欠かせない理由を解説する
人材育成において「動機付け」が重要視されています。この動機付けによりモチベーションのアップを高め育成を促進させることを目的として活用されますが、そのうち「内発的動機」の重要性とはどのようなものなのでしょうか。本記事では、内発的動機に関して着目し人材育成に欠かせない理由について解説していきます。
ダイレクトリクルーティングとは? 活用するメリットについて解説
近年、キャリア採用(中途採用)の現場において「ダイレクトリクルーティング」という手法が定着しつつあります。ダイレクトリクルーティングとは自社が求める経験やスキルを有する求職者に、企業の側からダイレクトに働きかけ採用につなげる手法です。当記事ではダイレクトリクルーティングの概要と企業が活用するメリットについて解説します。
ミッションステートメントとは?重要性や作成方法を事例を踏まえて解説
元々従業員へ企業の想いを共有するために使われていたミッションステートメントですが、現在では社外へ発信していく際の戦略的なツールとしても使われています。価値観や社会的使命といった概念は非常に曖昧になりがちです。当記事ではミッションステートメントとは何かという基礎的な事柄から応用事例まで解説します。
減給とは?違法な減給をしないための知識と減給可能額の計算方法を解説
賃金に関する法律は数多くあります。減給は労働基準法により定められていますが、適切に減給を行うためには労働契約法の知識も必要になります。また就業規則に関する法律についても知っておく必要があるでしょう。そのような減給について法的制限や注意点などを解説します。
6時間勤務時の休憩時間とは?法令で定められている休憩時間について解説する
現在では、従業員の健康を守るために長時間労働の抑制などを国が推奨しています。そして、その延長線上にある休憩時間も法令で定め企業での管理を強化する様に示唆しています。本記事では、6時間勤務をした際の休憩時間の扱いについて解説していきますので自社の休憩時間管理の役立ててください。
採用通知書とは?内定通知書との違い・同封書類・返信用テンプレートもご紹介
人材の採用が決まったら送付する「採用通知書」。採用通知書には、どのような内容を記載して、どのような同封物を用意すればいいのでしょうか。他にも、採用通知書と内定通知書の違いもあるので、この記事で詳しく伝えします。 記事の後半では、便利な採用通知書のテンプレート、添え状など送付に関する注意点なども解説しますので、ぜひ参考にしてください。
名目賃金(めいもくちんぎん)とは?実質賃金との違い・ここ数年の推移と原因なども解説
「名目賃金」とは「従業員が働いたことの対価として、その国の貨幣(金銭)で支払われたもの」を指します。意味を混同されやすい実質賃金と間違えてしまう方も少なくありません。 この記事では、名目賃金の意味、実質賃金との違い、近年の推移と原因などを1つずつ解説します。社会人として、ビジネスマンとして、ぜひ名目賃金について知識を深めてください。
退職勧告とは?違法にならないためのポイントや具体的な進め方を解説
企業が従業員を解雇するには法律上のさまざまな制約があるため、退職勧告を行う場合があります。しかし、やり方を間違えると違法になる可能性もあるため、退職勧告を行う際は注意が必要です。本記事では、退職勧告が違法にならないためのポイントや具体的な進め方を解説します。
絶対評価と相対評価はどう違う?人事評価制度を構築する際のポイントを解説
適切な人事評価は従業員のモチベーションを維持し、企業のビジョンを共有するために大切です。人事評価制度には「絶対評価」と「相対評価」がありますが、この記事では両者の違いやそれぞれのメリットとデメリット、人事評価制度を構築するためのポイントについて解説します。
労働基準法が定める休日とは?最低ライン・計算方法・違反した場合の罰則についても解説
会社でより良い働く環境を整備する上では、労働基準法を理解し遵守することが必須といえます。その中でも、トラブルが起きやすいのが「休日」の扱いや解釈ではないでしょうか。本記事では、労働基準法で定める休日の定義、年間最低ライン、違反した場合の罰則などについて解説します。これまで疑問を持っていた休日出勤、休日が出張移動日に当たる場合の対処法などについても、確認しておきましょう。
タレントマネジメントとは?導入の目的や効果を解説
タレントマネジメントとは、ここ数年の間によく耳にするようになった人材育成の手法です。アメリカで生まれた考え方で、日本の企業でも注目を集めていますが、どのような取り組みなのか、理解していない方も多いと思います。本記事では、タレントマネジメントとその導入効果について徹底解説します。
有給休暇の計算方法は?エクセルやツール・パート・法律についても解説
有給休暇正式には年次有給休暇と言います。年次有給休暇の付与は、派遣スタッフ、現場監督者、パートやアルバイトスタッフにも法律で定められています。とは言え、パートやアルバイトが多い職場や、正社員とバートスタッフがいる職場などでは、有給休暇の付与日数の計算は、大変労力を要します。 この記事では、有給休暇の付与日数の計算方法を、注意点、ツール、法律なども含めて解説します。
人的資源とは?企業における課題や有効な取り組みについて解説する
企業発展のために、「ヒト」にクローズアップした人的資源管理は、真っ先に取り組まなければいけない課題といえます。この記事では、人的資源とは何か、そして課題や重要な取り組みについてご紹介しています。「ヒト」の管理の難しさに悩んでいる方はぜひこの記事を参考にしてください。
マトリックス組織とは?その特徴と成功している企業の導入事例を紹介
近年、人手不足が多くの企業で問題となっています。採用をしたくても良い人材が入らない、募集をかけても応募が少ないといった問題に頭を抱えている担当者も多いはずです。人手不足問題を解消できる手法として、マトリックス組織が注目を集めています。本記事ではマトリックス組織の概要やメリット・デメリットについて詳しく解説します。
昇給率とは?計算方法や2021年の平均について解説
新聞やネットなどのニュースでも耳にする「昇給率」。就職や転職、キャリアにおいて欠かせない割合です。労働者が昇給率について知ることは、様々なメリットもあります。 昇給はベースアップとは異なるのか、2021年に昇給を行った日本企業の割合はどれくらいなのかなどに関しても、正しい情報を手に入れることは大切です。 この記事では、昇給率の意味、ベースアップとの違い、日本企業の昇給実施割合、計算方法などについて、わかりやすく解説します。
業務分掌の意味やメリットとは?具体的な作り方や既定のサンプルもご紹介
業務分掌は、日々の業務が滞りなく行われるためには欠かせないものです。各部門やチームごとに責任や権限を明確化して業務を行うことは、会社や労働者にとってもメリットが多いです。業務分掌は、会社全体の業務の効率化にも役立ちます。 この記事では、業務分掌をするメリットとデメリット、似た言葉「職務分掌」「セグリゲーション」との違いなどについて、わかりやすく解説します。最後には、業務分掌規定表の作り方、作り方のコツもお伝えするので、業務分掌を考える際に役立ててください。
給与台帳とはどのような書類?賃金台帳との違い・書き方・保存期間などについても解説
会社の労務管理をするうえで給料関係の書類と言えば「給与台帳」です。しかし、給与台帳と賃金台帳や給与明細との違いがわからなかったり、ひな形の準備方法について詳しく知りたい作成担当者のために、この記事でわかりやすく解説します。 給与台帳と間違われやすい賃金台帳との違い、作成や保存に関する法律、エクセルのひな形はもちろん、便利な自動入力のツールなども含めて説明します。
急速に拡大するDX市場の現状と今後の動向・対策を解説
DXは今やビジネスにおいて必須となっています。ビジネスに直結する業種や事業のデジタル化だけでなく、顧客との関係や組織運営や働き方、デジタルを活用したビジネスモデルの創出にまでDXの市場は拡大しています。そして、DX市場は今後も拡大していくと予測されています。現状の市場規模から将来の予測、将来に備えた対策まで解説します。
セルフコーチングとは?自分を目標達成へと導くための手法やポイントを解説
人手不足が蔓延している日本国内の企業では、従業員一人ひとりの生産性の向上が求められています。セルフコーチングは自主的に成長できる人材を育てる有効な方法です。セルフコーチングを効果的に行う上で、有効な質問を自分に問いかけることは欠かせません。セルフコーチングの基礎から効果的な質問まで、例を交えつつ解説します。
オンラインマナーとは|オンラインミーティングのマナーについて解説
新型コロナウイルスの感染拡大で、オンライン会議システムを利用した打ち合わせや商談、会議に参加する機会が急速に増えたのではないでしょうか。対面のコミュニケーションとは違い、さまざまな気遣いが必要になっているようです。当記事ではオンライン環境におけるコミュニケーションのマナーについて解説していきます。
ビジネス課題を解決する課題解決フレームワークの種類と使い方を解説
ビジネスにおいて課題はつきものです。そして課題に直面した際にフレームワークに落とし込んで分析することは欠かせません。課題に当たる都度コンサルタントに頼っていては費用がいくらあっても足りません。また、そもそもコンサルタントもフレームワークをベースに課題を分析します。自社でも課題解決が可能になるように課題解決に使えるフレームワークをご紹介いたします。
課題発見力とは? 課題発見力を高める教育について解説
課題発見力とは、「現状に満足せず、今よりもっと良くできないか」と課題を見つけ出す能力とされ、多くの有能なビジネスマンがもつスキルといわれています。当記事では課題発見力が求められる背景と、高めるために必要な教育について、さらに課題発見力が活かされる組織風土について解説します。
交渉力とは?交渉力を高めるトレーニング方法と必要性について解説
交渉力は、ビジネスシーンで求められる重要なスキルです。顧客やサプライヤーとの交渉、社内的な交渉など、日々の業務は交渉の連続です。本記事では、ビジネスにおける交渉力の必要性とトレーニング方法について紹介します。交渉力についてお悩みの方はぜひ本記事を役立てください。
総務部はどんな仕事なのか?総務部の業務内容や必要性、今後の総務部についてを解説
総務部は会社経営において必要な業務を担っています。しかし、一部では「総務部は社内の雑用係」「総務の仕事なんて誰にでもできる」という意見もあります。実際に総務部の業務内容は雑用なのでしょうか。総務部の業務内容や必要性、新しい時代の総務部について解説します。
働き方改革における残業時間上限とは? 残業削減に向けた企業の取り組みについて解説
2019年4月1日に施行された「働き方改革関連法」により時間外労働の上限規制が導入されました。企業における労務管理の重要性はこれまで以上に高まり、さまざまな施策が必要になってきています。当記事では法改正による残業規制と、残業削減に向け企業が行うべき取り組みについて解説します。
hrテックとは?導入するメリットや具体的な事例をご紹介!
少子高齢化による人材不足やコロナウイルスの世界的大流行による働き方の急変などによって企業は今までの働き方を変えざるを得ない状況に追い込まれつつあります。そんな中で「hrテック」を活用し時代に合わせて働き方を改革していっている企業が増えています。本記事では、hrテックとは一体どういったものなのか、導入することでどういったメリットがあるかなどを具体的な事例も交えて解説していきます。
アルムナイとは? アルムナイ採用のメリットと留意点について解説
近年、日本にも浸透しはじめた「アルムナイ」という言葉をご存じでしょうか。日本語に訳すと「卒業生」という意味になります。人事領域においては「企業を離職・退職した人たち」を指す言葉です。当記事では「アルムナイ」を採用するにあたっての留意点と、辞めてもなお関わりをもちたいと思われる企業の魅力について考察します。
ジョブディスクリプションとは?導入が加速する背景や期待できる効果を解説
ジョブディスクリプションの定義や導入が加速する背景、導入で期待できる効果を、本記事では紹介しています。また、ジョブディスクリプションの作成におけるステップ、導入時のポイント、導入事例も紹介していますので、ジョブディスクリプションの計画策定にぜひお役立てください。
オファー面談とは?押さえておくべきポイントを解説
オファー面談とは、労働条件や雇用条件などを確認する面談のことで、年収交渉や疑問の解消のために行います。この記事ではオファー面談の際の押さえておくべきポイントを解説しています。オファー面談を実施することになった人はぜひこの記事を参考にして、上手に活かしてください。
今話題のテレワーク・デイズとは?今年の開催概要と過去の事例をご紹介
2021年7月19日から開催が予定されているテレワーク・デイズは、オリンピック期間中の開催ともあり今注目を集めています。2017年から開催され、年々参加者も増え認知度も高まりつつある取り組みですが実際どのような取り組みなのでしょうか。テレワーク・デイズの取り組みや過去の事例についてご紹介します。
プレゼンのテーマ選びで大事な4つのポイントとは?決まらない時の具体例もご紹介
プレゼンテーションを行う際は基本的にテーマは決まっていてそれに沿って進めることが多いですが、時には研修課題などでテーマが決まっておらず自由に選ぶことができる場合もあります。本記事ではプレゼンテーションのテーマを決める上で大切なポイントや、なかなか決まらない際におすすめの具体的なテーマ例をご紹介します。
プレゼンに重要な4つのスキルとは?スキルを向上させる方法もご紹介
プレゼンテーションはビジネスにおいて様々なシーンで登場しますが苦手意識を覚えている人が多いです。プレゼンテーションに必要なスキルがわからずどうやって練習したらいいかわからないケースもよく見受けられます。本記事では重要な4つのスキルを紹介し、それぞれ向上させるための方法も併せてご紹介します。
プレゼンテーションテーションの話題の決め方とは?その方法と緊張した際の対処法について解説する
ビジネスシーンで多用されるプレゼンテーションテーションにおいて、その話題を決める際には何に気を付けていけばいいのでしょうか。本記事では、プレゼンテーションテーションの目的や重要性、緊張しないための方法について解説しています。今後のプレゼンテーションテーションでの参考にしていきましょう。
ファシリテーションスキルとは?目的や必要なスキルについて解説する
ファシリテーションスキルを保有している人材とはどんな人材でしょうか。本記事ではファシリテーションスキルの特徴やファシリテーターの役割について解説していきます。自社における会議運営などに必要なファシリテーションスキルとは何かを確認し会議の変革につなげていきましょう。
会議を円滑に行うファシリテーションとは?会議におけるファシリテーションの方法について解説する
日々のビジネスシーンにおいて会議を全く行わないという企業はありません。何かを決める場合などにおいては、会議を行い意見交換の後に決めていくことが日常です。では、その会議は円滑に行われているでしょうか。本記事では、会議を円滑に行うためのファシリテーションについて解説していきます。
ファシリテーションにアイスブレイクが必要な理由とは?そのメリットやおすすめの方法を紹介
ファシリテーションを円滑にするには、その場面に合ったアイスブレイクを取り入れることが有効です。なぜ、アイスブレイクが有益なのでしょうか・本記事では、ファシリテーションにアイスブレイクを活用するメリットやその例、方法について解説しています。
ファシリテーションゲームとは?ファシリテーターの役割とファシリテーションに用いられるゲームを解説
ファシリテーションとは、会議や研修において、活動のプロセスをサポートすることを意味します。本記事では、ファシリテーションを研修に取り入れる際の注意点やファシリテーションゲームについて紹介しているため、人事担当や教育担当の方はぜひ本記事をお役立てください。
ファシリテーションマネジメントとは?求められるスキルや実践するうえでの注意点について解説する
ファシリテーションは、ビジネスシーンで会議やコミュニケーションを円滑にする上で重要視されるスキルの1つです。ファシリテーションをおこなうえで、「ファイリテーションマネジメント」という立ち位置、行為があります。本記事では、ファシリテーションマネジメントに焦点をあて、ファシリテーションの定義やマ必要なスキル、運用上の注意点について解説します。
ファシリテーション研修の講師の選び方とは?選定のポイントや社内で育成するメリットについて解説する
ファシリテーション研修を実施する際は、適任となる講師を用意する必要があります。また、外部講師を選定するのではなく、自社内で育成することもありますが、その方法や有用性にはどういったことが挙げられるのでしょうか。本記事では、ファシリテーション研修の講師を育成するメリット、外部講師を選ぶ際のポイントについて解説しています。
管理職向けのメンタルヘルス研修とは?管理職に向けた研修テーマと注意点について解説する
ストレス社会と言われる現代においてメンタルヘルスに関する関心は高く管理の重要性についても周知のさたです。企業においても、メンタルヘルスへの取り組みを積極的に行っています。その方法の1つがメンタルヘルス研修です。本記事では、そうしたメンタルヘルス研修の中でも管理職向けの研修をテーマに研修テーマや注意点について解説しています。
メンタルヘルス研修の目的とは?メンタルヘルス研修を効果に進めるポイントを解説する
多くの企業がメンタルヘルス研修の導入によるメンタルヘルス対策を実施しています。では、メンタルヘルス研修の目的はメンタルヘルス対策だけなのでしょうか。本記事では、メンタルヘルス研修の目的を理解し、研修を効果的に進めるポイントについて解説しています。
メンタルヘルス研修で選ぶべき講師とは?選定するためのポイントや求められるスキルについて解説する
本記事では、メンタルヘルス研修講師に焦点をあて研修講師の選び方や必要スキルについて解説しています。メンタルヘルス研修は、企業において従業員を守る大事な研修です。その研修を実施する研修講師の選び方を慎重に行い研修内容の定着化をはかっていきましょう。
プログラミング研修についていけない理由とは?その要因と対応策について解説する
社内でプログラミング研修を行う際に「ついていけない」という声を聞くことはありませんか。本記事は、プログラミング研修を行う際に「ついていけない」という声に焦点をあててその理由と対応策について解説しています。プログラミング研修の主な内容などについてもご紹介しておりますので、研修計画を立案の際に参考にしてください。
カスタマーサクセスとは? カスタマーサクセスの概念と業務内容について解説
近年、耳にすることが多くなったカスタマーサクセスという言葉があります。カスタマーサクセスは製品やサービスを利用した「顧客の目的を達成(成功)させる」という概念と、その役割に従事する人のことを指します。当記事ではカスタマーサクセスの概念、企業における役割と業務内容について解説します。
カスタマーサポートの企業における役割とは? カスタマーサポートを充実させる必要性について解説
近年、カスタマーサポートの重要性が再認識され、企業の収益向上に欠かせない部門として位置づける企業が増えてきています。カスタマーサポートを充実させ、優秀なスタッフを育成することは企業価値を高めることにつながります。当記事では、企業におけるカスタマーサポートの役割と適性をもつ人材、優秀なカスタマーサポートの必要性について解説します。
営業力とは?できる営業マンに必要なスキル・強化方法
営業力とは、新規顧客から契約を獲得するまでのプロセスや、既存顧客と良好な関係を築いていく上で必要な能力の総称です。営業力を身につけ、できる営業マンを目指しましょう。当記事では、できる営業マンの特徴/営業力が低い理由/営業力を高める方法を解説します。
営業力を上げるトークスクリプトとは?メリットやデメリット、書き方や活用のコツを解説
営業トークスクリプトとは、営業マンが顧客に話をする際の内容や流れをまとめたものです。トークスクリプトがあることで、営業マンが話の流れを見失わずに自信をもって話せるようになります。当記事ではトークスクリプトのメリットやデメリット・書き方や活用のコツを解説します。
営業アシスタントとは? 業績に貢献する営業アシスタントの育成ポイントについて解説
営業アシスタントという職種について、明確に説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか。「営業アシスタント」は「営業事務」とも呼ばれることもありますが、両者の違いは何でしょうか。当記事では営業アシスタントの業務内容と、営業をサポートし業績に貢献する優秀な営業アシスタントの特徴と、育成ポイントについて解説します。
企業成長に必要なイノベーション人材とは?人材の特徴や育成・採用のポイントについて解説する
企業成長にはイノベーションが必要だと言われています。では、イノベーションとは何を意味しているのでしょうか。本記事では、イノベーションを起こすために必要な人材の特徴やイノベーションの定義について解説しています。イノベーションを成功させる人材とは何かを理解し成功に導いていきましょう。
ワークライフバランスの取り組みがなぜ重要なのか?メリットや具体的な取り組みをご紹介
近年では人々の働き方が多様化されていき、また様々な社会問題が発生していることから企業はワークワイフバランスの実現に取り組むべきだと叫ばれていますがワークライフバランスとは一体何なのでしょうか?本記事では必要とされている背景や導入するメリット、代表的な制度や実際に実施している企業の具体例をご紹介します。
ロジカルライティングとは?ビジネスで必要不可欠なスキルを解説
ロジカルライティングを学ぶことで論理的で読みやすい文章を書けるようになります。ビジネスにおいて、メールや提案書などを書く機会も多いでしょう。日々さまざまな文章が飛び交うビジネスにおいて、読み手に正しく伝えることは必須のスキルです。いまや欠かせないスキルとなったロジカルライティングについて解説します。
アサーティブコミュニケーションとは? 人間関係を円滑にする伝え方を紹介
アサーティブコミュニケーションとは相手の気持ちを尊重しつつ、適切に自己主張するコミュニケーションの手法です。上手に活用することで円滑な人間関係を築くことに役立ちます。当記事ではアサーティブコミュニケーションを用い、相手を不快にさせず自分もストレスを溜めない、快適なコミュニケーションについて解説します。
組織における成長マインドセットとは? 人事の役割について解説
成長マインドセットとは、人の能力は努力により向上するという考え方です。これは人だけではなく企業などの組織にも当てはまるとされています。組織が成長マインドセットを獲得し、継続的に発展していくために必要なものは何でしょうか。人事が行うべきアプローチについて解説していきます。
法務とは?企業経営に欠かせない法務の知識とこれから必要な知識を解説
近年、「法令順守」「コンプライアンス」という言葉が盛んに使われています。企業の不祥事が相次いで発覚して企業が破綻するケースが生じていることが原因です。企業経営において法務の知識は法令順守だけの問題ではなく、リスク管理において必要不可欠となっています。ですが、法務とひとことで言っても非常に範囲が広いものです。企業に必要な法務とはどのような知識なのかを解説します。
追い出し部屋とは?追い出し部屋の実態と他の退職勧奨の手法を解説
バブルの好景気時代に大量採用した世代がまもなく60代を迎えます。そもそも「追い出し部屋」が話題となったのはバブル崩壊後の1997年での株式会社ソニーの事例からです。今後、バブル入社組がいよいよ60代を超えるとき残りの5年間仕事を用意できるのでしょうか。いま再度話題に上がる追い出し部屋について解説します。
データサイエンティストはなくなるのか?今後の必要性や理由について解説する
多くのメディアでデータサイエンティストが無くなるという記事を掲載しています。本当にデータサイエンティストは無くなるのでしょうか。本記事では、データサイエンティストの役割から必要性の有無について解説しています。今度のデータサイエンティストのニーズがどうなっているかを確認していきましょう。
データサイエンティストとは?社内における育成方法を紹介
データサイエンティストは、会社の経営や事業における様々な意識決定する場面において、データに基づき合理的な判断をくだせるように、意思決定者をサポートする人を指します。 データサイエンティストは合理的な判断を求められるため、数学やITトレンドスポッターなどの知識が必要とされます。また、集めたビッグデータを正確に分析して、正しい決定を行うことも求められてます。 企業は多くの情報を駆使して購買意欲やトレンドの傾向を重視しています。そのため、データサイエンティストのサポートの需要は増えており、今の時代とても重宝されています。
データサイエンティストは不足している!データサイエンティストを育成する方法を解説する
情報社会と言われる現在、企業ではデータの蓄積や分析が必須と言われています。これらを実現する人材がデータサイエンティストです。しかし、データサイエンティストは慢性的な人材不足と言われており企業での人材確保が難航しています。こうした対応策として社内でデータサイエンティストを育成することが急務となっているため、本記事では、現在の人材不足の状況や育成方法について着目し解説していきます。
社内コミュニケーションの必要性とは? 社内の人間関係を円滑にする企業の取り組みについて解説。
業務を円滑に進めていくために、良好なコミュニケーションは必須のものです。近年、社内コミュニケーションの重要性を認識し、活性化に力を入れる企業が増えています。当記事では社内コミュニケーションの必要性と、円滑にする企業の取り組みについて解説します。
現代に必要なリーダーシップスキルとは? 次世代リーダーが身につけるべきスキルを解説
リーダーシップについては、これまでさまざまな理論が展開されてきました。時代により求められるリーダー像は変化し変遷を重ねてきたといえます。変化の激しい現代において力を発揮するリーダーシップとはどのようなものでしょうか。当記事では次世代を担うリーダーが身につけるべきスキルについて解説します。
リーダーシップとマネジメントの違いとは?ドラッカー流リーダーシップの定義や特徴・スキルアップの方法を解説
リーダーシップは、役職や職種に関係なくすべての人が身につけるべきスキルです。マネジメントと混同されがちですが、これらの2つは異なる概念です。当記事では、ドラッカー流リーダーシップの定義や特徴、スキルアップの方法を解説します。
行動科学マネジメントとは? 従業員のやる気を引き出す仕組みを解説
近年、行動科学を用いたマネジメント手法が注目を集めています。個々の性格や資質に影響されることなく、誰にでも同じ効果を発揮するマネジメント手法として、実践する企業も増えているようです。当記事では行動科学を用いたマネジメントにより、従業員のやる気を引き出す仕組みについて解説していきます。
1on1マネジメントとは? 1on1マネジメントに必要なスキルを解説
昨今、1on1ミーティングはマネジメントの手法として注目を集めています。1on1ミーティングとは多くの場合、上司と部下が1対1で面談による対話を行い、業務におけるさまざまな課題を解決していく手法です。当記事では1on1ミーティングを活用したマネジメントに必要なスキルと、上司と部下の望ましい関係について解説していきます。
アンガーマネジメントを効果的に行うには?研修方法やセルフ実践・資格について解説
アンガーマネジメントとは、怒りの感情をうまくコントロールすることです。怒ったときに、その感情をそのまま相手にぶつけてしまうことはデメリットばかりです。当記事では、アンガーマネジメントの効果や実践方法・講師に必要な資格について詳しく解説します。
ロジカルシンキングの鍛え方とは?効果的な方法や活用できるフレームワークについて解説
ロジカルシンキングとは、物事を論理的に考え、結論を出すスキルをさします。本記事では、ロジカルシンキングのメリットや活用できる場面、また身につける鍛え方について紹介します。これからロジカルシンキングを活用したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
ロジカルシンキングを活用する効果とは?活法事例やその注意点点について解説する
本記事は、ロジカルシンキングの効果やデメリットについて解説しています。ビジネスマンとして持っておきたいスキルであるロジカルシンキングについて、保有することでのメリットを理解し活用できる場面を想定することで、今後のスキル習得や活用に活かしていきましょう。
ロジカルシンキングに欠かせない「MECE」とは?考え方と特徴について解説する
本記事では、ロジカルシンキングに欠かせない「MECE」について解説しています。フレームワークの代表とも言われるMECEについての特徴や考え方を理解し、ビジネスシーンで活用してください。その他にも利用できるフレームワークを紹介していますので、それらについての理解も深めていきましょう。
ロジカルシンキングを身につけられるゲームとは?楽しみながら学べる方法やおすすめのゲームをご紹介
ロジカルシンキングの能力はビジネスにおいて重要と考えられています。そのため、スキルを身に付けたいと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、長時間の研修を受けるだけの予定がない場合には、ゲームなどのWEBサイトを利用してスキルを身に付ける方法があります。本記事では、ロジカルシンキングをゲームでも習得可能かについて解説していきます。
プレゼンの構成で知っておきたい基本のフォーマット4選!伝わりやすいプレゼンとは
プレゼンテーションは様々なビジネスシーンにおいて活用されており今やビジネスマンにとって必須のスキルの一つになっています。しかし、苦手意識を持っている人も多いのがプレゼンテーションです。本記事ではそういった方を対象に、プレゼンの基本となるおすすめのフォーマットや伝わりやすいプレゼンについて解説していきます。
プレゼンで伝わりやすい話し方とは?意識すべき5つのポイントをご紹介
プレゼンテーションは話し方によって成功が左右されるといっても過言ではありません。どんなに優れた商品やサービスなどを紹介しようとしても話し方次第では魅力が十分に伝わりません。本記事ではプレゼンテーションにおいて伝わりやすい話し方をするために意識すべきポイントをご紹介します。
36協定とは?人事が理解しておくべき定義や原則・その注意点について解説する
労務管理を担う場合、36協定の理解は必須といえます。企業内ではあらゆるケースが発生するため、その状況に合わせて正確な情報を理解しておかなければいけません。本記事では、人事部門の方ではあれば知っておきたい36協定の内容を解説していきます。36協定はなぜ必要かや手続きに関しても解説していますので、今後の36協定締結に活かしてください。
出戻り社員が注目される理由とは?再雇用する時の注意点も紹介
近年、一度退職した社員を再雇用する企業が増えています。このような社員を出戻り社員といいます。しかし、採用したいが前例がない、どのように再雇用制度として構築すればよいか悩まれる企業様も多いのではないでしょうか。この記事では、出戻り社員が注目される理由、メリットとデメリット、再雇用する際の注意点、実際に出戻り採用を行っている会社の例をご紹介します。
ストレス耐性とは?職場で重視される背景や従業員のストレス耐性を高める方法について解説
近年、ストレス耐性は採用や人材育成で重視されています。能力が高くてもストレスにうまく対応できなければ成果を出せず、メンタルヘルス不調による勤怠不良や、離職に繋がることもあります。この記事では、職場におけるストレス耐性の重要性高め方について解説します。
試用期間とは?企業や試用期間を設ける目的や期間・解雇時の注意点について解説
企業が労働者と労働契約を締結する際、本採用前に試用期間を設けるケースが多くあります。試用期間は当該労働者の勤務態度や能力・適性などを把握するために有益な期間として認知されているからです。今回は試用期間について法的性質や期間中の待遇や解雇など運用の注意点をご紹介します。
キャリアアップ研修を実施するメリットや注意点とは?支給される助成金の条件についても解説
社員のスキルアップやキャリア育成を目的とする「キャリアアップ研修」を実施すると、助成金が支給される精度があります。会社にとっても社員が専門的な知識や技術を身に付けると、将来的には会社にとっても大きなプラスとなります。 本記事では、キャリアアップを対象とした助成金の概要や、キャリアアップ研修の目的などについて解説します。
研修で使える面白い研修ゲームは?ゲーム感覚で研修をするメリットやおすすめゲームを紹介
社員研修において、参加する社員の積極性や理解度を促進させるため、ユニークな面白い研修を実施、導入するケースも少なくありません。 本記事では面白い研修ゲームの紹介と、研修で用いられるゲームを選ぶ際のポイント、そのメリットについて解説します。
Java研修の主な内容やその受講方式とは?研修についていけない人への対処法についてもご紹介
Java研修は、言語自体がウェブサービスやアプリケーションの開発において汎用性が高く、人気の言語であることから、新入社員などに受講させる会社が多い傾向にあります。実際のところ、Java研修はどのような内容で実施され、内製化と外部委託のどちらを選ぶべきなのでしょうか。本記事では、Java研修の概要から導入する際のポイント、また対象となる助成金などについて解説します。
研修を研修会社に委託すると助成金がもらえる?おすすめの研修会社の紹介と外部委託するメリットを紹介
研修を外部委託という形で研修会社に委託すると、助成金がもらえるということはご存知でしょうか。他にも研修を研修会社に委託することで、企業にとっては準備や運営をする手間が省けるなど様々なメリットがあります。 この記事では企業が研修を研修会社に委託するとどのようなメリットがあるのか、また外部委託する際にどのような点に注意すべきかについて解説します。
1on1とは?問題点や効果的に実施するための7つのコツを紹介
人材育成の新たなトレンドとして注目されている「1on1」。国内でもヤフーをはじめとする大手企業が取り入れて、メディアなどでも話題になりました。しかし有名企業の成功例とは裏腹に、思ったような成果が得られないという声も聞かれます。 本記事では、1on1のメリットや期待される効果について振り返ります。それから問題点として指摘される4つのポイントと、1on1を効果的に実施するための7つのコツを紹介します。有意義な1on1となるようぜひ参考にしてください。
人手不足はこれからも続くのか?原因や対策について解説
人手不足や労働力不足は、多くの企業が抱える問題のひとつで、将来を見据えた対策に取り組む必要があります。この記事では、人手不足の原因や、今後人手不足が深刻な問題になり得る業種について解説します。また、人手不足の対策として企業ができることについても解説します。
モラハラとは?人事ができる対策を事例とともに解説
職場で問題になり得るハラスメントは数多く挙げられますが、モラハラは周囲に気づかれにくく放置されることが多いため特に注意が必要です。この記事ではモラハラの5つの特徴と事例を紹介し、モラハラが職場に与える影響や人事ができる対策について解説します。
労働生産性を向上させるには?計算方法や見直しのポイントを解説
働き方改革の実施に伴い、労働生産性の向上への注目も集まっています。労働生産性の向上には多くのメリットがありますが、業種ごとの特徴や国際比較に関して正しく理解することが大切です。この記事では、計算方法や見直しのポイントを交えて、労働生産性について徹底解説します。
心理的安全性とは?組織における大切さと高める方法について解説
心理的安全性とは、組織のメンバーが気兼ねなく発言をしたり、行動を起こしたりできる状態のことをいいます。これは、組織が最大限のパフォーマンスを発揮するための重要な要素で、昨今の組織運営において注目を集めているキーワードのひとつです。 当記事では、心理的安全性について、その概要や組織へもたらすメリットおよび、注意点について解説します。
なぜ人事評価には不満が生まれるのか?基礎から課題、活用法まで解説
組織の成長や目標達成、人材育成の観点から人事評価制度の見直しを検討することもあるかもしれません。これから初めて人事評価を正式に制定する、という比較的若い企業の方もいるでしょう。どうすれば従業員の不満を減らし、目的達成につながる制度を制定できるのでしょうか。本記事では人事評価制度の目的を踏まえたうえで、その基礎から制度が抱える課題、そして解決策を解説します。
リーダーシップにはどのような種類がある?各タイプの概要や育成のポイントについて解説
本記事では、リーダーシップの定義づけや種類、必要とされる理由について紹介します。また、リーダーシップを身につける取り組みについても紹介しているため、人事担当者や自分のリーダーシップを強化したいと考えている方は、ぜひ本記事をお役立てください。
ハラスメントの種類にはどのようなものがある?ハラスメントの全貌と企業がとるべき対応策を紹介
一昔前とは違い、ハラスメント問題は従業員個々の問題ではなく、会社の法的責任であると捉えられるようになりました。会社としてハラスメントに対する対策を行わなければならないという意識は年々増加傾向にあり、経営者や人事担当者にとっては頭が痛い問題かと思います。 ハラスメント問題を放置してしまうと職場環境を悪化させるだけでなく、最悪の場合社会的な信用を失うリスクがあります。そこで本記事ではハラスメントの全貌と企業がとるべき対応策をご紹介します。
セルフマネジメントを身につける方法とは?|セルフマネジメントの必要性も解説
セルフマネジメントとは、自分の心身をより良い状態へ持っていくための取り組みのことです。今回はセルフマネジメントの重要性や、セルフマネジメントを身につけるための方法について紹介します。これからセルフマネジメント能力を高めていこうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
人間力とは? 人間力についてわかりやすく解説
人間力という言葉をよく耳にします。しかし、この言葉は概念が漠然としていて、具体性に欠けるため説明が難しい言葉です。人によって解釈も異なるため、曖昧に捉えられる言葉でもあります。当記事では人間力について、内閣府がまとめた「人間力戦略研究会報告書」における定義をもとにした、ひとつの考察としてわかりやすく解説します。
感情労働とは? 概要と企業が行うべきケアについて解説
近年「感情労働」という概念が注目されています。日々の業務において感情のコントロールが必要不可欠な職業のことです。ある一定の感情を顧客の前で、常に表現することを強いられるため、ストレスをためる労働者も多く企業として正しくサポートする必要性が出てきています。当記事では「感情労働」の概要と、企業が行うべきケアについて解説します。
過労死ラインは何時間から? 部下を疲弊させない管理職の役割について解説
過労死ラインとは、働きすぎによる健康障害が発生する恐れのある、時間外労働の目安とされています。ワークライフバランスや働き方改革が求められる昨今、企業にとって長時間労働の是正は必須の課題といえます。当記事では過労死ラインの概要と、労務管理における管理職の役割について解説します。
タイムマネジメントとは? タイムマネジメントのコツと研修の事例を紹介
近年、企業が従業員に求めるスキルとして、タイムマネジメントの優先度は高いといえます。従業員一人ひとりの時間に対する意識の向上が、企業全体の業績と生産性の向上につながるといっても過言ではありません。当記事では、タイムマネジメントを上手に行うコツと、効率よく身につけてもらうための研修例を紹介いたします。
アンガーマネジメントの資格とは? 概要と各種資格、人材育成への活用について解説
アンガーマネジメントとは、怒りの感情と上手に付き合うための心理教育、心理トレーニングのことです。怒らないことを目指すのではなく怒りをコントロールし、必要なときには上手に怒ることを目的としています。当記事ではアンガーマネジメントの概要と各種資格、人材育成への活用方法について解説します。
ヒヤリハットとは? 事故防止への取組みと安全教育の重要性について解説
「ヒヤリハット」とは、一歩間違えば重大な事故に発展したかもしれない「ヒヤリ」としたり、驚いて「ハッとする(ハット)」ような事象のことです。この「ヒヤリハット」事象を戦略的に活用し、労働災害防止に役立てる企業も多くなっています。当記事では企業における労働災害防止の取組みと、安全教育の重要性について解説します。
コンピテンシーとは?意味から人事教育・評価に活用する方法まで詳しく解説
近年、人事評価や採用、人材育成に少しずつ取り入れられてきているコンピテンシーですが、従来の職能資格制度との違いや、特徴などをしっかりと理解している人はまだそれほど多くありません。この記事では、コンピテンシーの意味から企業での適切な活用方法まで詳しく解説します。
メラビアンの法則とは?定義からビジネスでの活用法まで詳しく解説
ビジネスにおけるコミュニケーションの場で、よく利用されるのが心理学です。心理学の法則を用いると、ヒューマンスキルを効率よく上げていけるためです。この記事では、印象を良くするコミュニケーションとは何かを考える上で重要な、メラビアンの法則について詳しく解説します。
CFOとは?役職の意味から求められる役割まで詳しく解説
近年アメリカの法人における役職名が、少しずつ日本でも用いられています。しかし日本の組織における役職とは異なるので、意味や役割がまだよく理解できていない人も多いでしょう。この記事ではCFOとはどのような意味なのかから求められる役割まで詳しく解説します。
自己効力感とは?定義から高める方法まで詳しく解説
さまざまなビジネスシーンにおいて成果を挙げるため努力を続けていたとしても、目標達成のために適切な行動を取れると自信を持って言える人は、それほど多くないのではないでしょうか。この記事では目標を達成するために必要な根拠のある自信、自己効力感について解説します。
クレドとは?導入する目的からメリットまで詳しく解説
組織において従業員の成長を促すのは大切なことですが、企業活動や方向性の基準がきちんと理解されていなければ、足並みが揃わなくなってしまいます。しかしそのような時に拠り所となるのがクレドです。この記事ではクレドを導入する目的からそのメリットまで詳しく解説します。
予実管理とは?進め方や行う時のポイントを詳しく解説
企業では期初に目標を定め、その目標を達成するために計画的にさまざまな施策を行います。目標を達成するためには当初の計画と実績を適宜把握する必要がありますが、その際に役立つのが予実管理です。この記事では予実管理の進め方から行う時のポイントまで詳しく解説します。
CTOとは?役職の意味から求められる役割まで詳しく解説
最近IT企業を中心に、CTOという役職を耳にすることが多くなりました。しかし元々はアメリカの企業における役職名のため、日本ではまだその意味や役割を良く理解できていない人も多いでしょう。この記事ではCTOとはどのような役職かから求められる役割まで詳しく解説します。
OJTは放置することではない?効果的な新人育成をおこなうためのポイントを解説
新入社員研修を行う際に注意しておきたいポイントにOJT中に「放置されている」と感じられてしまうことが挙げられます。そうならないために、がんじがらめの研修を新入社員も研修担当者も疲れてしまいます。そこで本記事では、新入社員研修において「放置」と感じられてしまう要因と、そうならない為のステップについてご紹介していきます。
OJTに有効なメンター制度とは?OJTを成功させるためのポイントや制度について解説
OJTに有効とされているメンター制度を導入している企業は多くあります。しかし、これからメンター制度を利用したいと考えている場合には、どんなことに気をつければいいかなどが不明な場合の場合も多くあります。そこで本記事は、OJTを成功させるためのメンター制度についてご紹介します。
業務改善計画を作成し業務改善を成功させるポイントと注意点を解説する
業務に課題がある場合には、その業務の見直しを行います。単純に業務改善を行うというのではなく、業務改善計画書を作成し確実な改善を図ることが必要です。本記事では、業務改善計画の立案から業務改善を成功させるポイントや注意点について解説していきます。業務改善を成功させるための参考にしてください。
コンプライアンス遵守は企業姿勢をアピールする指針
企業にとってコンプライアンス遵守は当たり前になっています。しかし、自社のコンプライアンス遵守の状況や見直しを行う場合には、どういった手順で進めていけばいいのでしょうか。本記事では、コンプランス遵守の推進手順から過去の違反事例をご紹介していきます。ぜひ、今後の対応に役立ててください。
新入社員研修で声だしの意義とテーマ選定の注意点を解説する
新入社員研修では声出しを行う意味とはどんなことでしょうか。声出しが無意味と言われることもあるため、その有効性を判断しなければいけないと感じる担当者の方も多くいらしゃいます。そこで、本記事では新入社員研修において声出しを実施する場合のテーマや有効性について解説していきます。
新入社員の離職率を食い止めるには?その方法や注意点を解説する
年々増える新入社員の利息率をどう食い止めるかは、企業にとって大きな課題となっています。時間やコストを割いて行う新入社員採用は人事部門にとっても重要な業務です。しかし、残念なことに新入社員の離職率には歯止めがきかない状況が続いています。本記事では、自社において新入社員の離職を避けるために行いたいことや実施に際しての注意点を解説していきます。
新入社員に求めることはどんな資質かを解説する
新入社員には無限の可能性があります。これからどう成長していくのか、どう変わっていくかは未知数ですが、新入社員に求める資質を整理しておくことは新入社員研修を行う場年や配属後の指導にとても重要なことです。本記事では、新入社員に求める資質をテーマに解説しています。新入社員に求める資質は企業により異なりますが、今後、自社において新入社員に求める資質を整理する際の参考にしてください。
新入社員の配属先を決める方法と配属後に留意すべきポイントを解説する
新入社員にとって配属先が決まることは大きな期待と不安を持つイベントです。企業においても、どの人材をどこに配属するかは今後の成長や経営課題を解決するために大きな意味を持ちます。本記事では、新入社員に配属先を決める方法や配属後に留意しておきたいポイントについて解説していきます。
コーポレートガバナンスの定義とは?企業で強化が求められる背景や事例について解説
コーポレートガバナンスは、今、企業の姿勢を表す上で重要な仕組みです。本記事では、アバナンスとはなにか、混同しやすい用語との違いからガバナンス強化で成功した3社の事例をご紹介していきます。企業姿勢として当たり前となってきているコーポレートガバナンスの仕組みを理解し企業価値を高めていきましょう。
企業運営に不可欠なリソースの意味と概念を解説していく
企業運営においてリソースの確保は必要不可欠です。では、企業運営における「リソース」とは何を指すのでしょうか。本記事では、企業運営において必要なリソースとは何かとその概念について解説していきます。企業内にあるリソースの整理や整備を行う際の参考にしてください。
日報を作成するメリットとは?書き方やその注意事項について解説する
一日の終わりに日報を書いて提出仕組みがあるが、どうして日報を書かないといけないのだろうと思う方は多くいらっしゃいます。人事部門として、日報を書く目的を伝えていけばいいのでしょうか。本記事では、日報作成を行うメリットから書き方、日報を出さない人へのアプローチ方法について解説していきます。ぜひ、今後の日報作成の参考にしてください。
 同一労働同一賃金とは?法改正がもたらす影響やそのメリットについて解説する
同一労働同一賃金制度は「働き方改革」の一環として、「パートタイム・有期雇用労働法」として適用が開始されました。シンプルにいえば、責任や働き方が同じであれば、雇用形態で差別することなく同じ賃金を支払うルールを運用しようという制度です。この法改正は会社にどのような変化を与えるのでしょうか。
モチベーションとは?下がる要因や社員の動機づけに効果的な方法について解説
ビジネスで利用される「モチベーション」とは、「動機付け」と理解されることが多い用語です。企業にとってモチベーションが高い人材の評価は高く必要不可欠な存在になります。本記事は、ビジネスにおける「モチベーション」の意味やモチベーションアップの方法を解説していきます。自社において、モチベーションが高い人材を維持していくための参考にしてください。
契約社員の定義と契約社員配置における企業側のメリットと留意点を理解する
契約社員制度を構築する場合には、どのような配置を行うと効果てきなのでしょうか。本記事では、契約社員の定義、配置における留意点やメリットについて解説していきます。正社員のみしかいない場合と比較して、どのようなメリットを生んでいくかについても理解していきましょう。
みなし残業の仕組みと注意点を解説する
「みなし残業」制度を採用している企業が増えています。その反面、知らないと大きなトラブルを起こす可能性がある注意点があります。本記事では、みなし残業の仕組みや注意点を解説しています。本記事を参考に、トラブルを未然に防いでいきましょう。
始末書とは?適切な提出方法や人事評価の反映方法について解説する
ビジネスシーンにおいてメンバーに始末書を提出させる場面があります。提出しないことが何よりですが、もしも始末書を出す場合にはどのような項目を記載し、始末書を出す意味をどう伝えればいいのでしょうか。本記事では、始末書の位置付けから記載項目、人事評価に反映させるためのポイントを紹介していきます。
退職証明書への記載項目と発行に関する注意点について解説する
従業員が退職した後に発行する退職証明書にはどのような意味があるのでしょうか。退職証明書は、企業を退職したことを証明し過去に在籍していたことも証明する大切な書類です。企業の人事担当者は、従業員の退職後の処理の1つとして退職証明書を発行する必要があります。本記事では退職証明書へ記載すべき事項や発行に関する注意点を解説していきます。
自宅待機命令の適切な出し方とは?違法にならないケースや給与の扱い方について解説する
企業において従業員に対して自宅待機命令を出す場合があります。自宅待機とは、どのような処置であり、どう指示することが適切なのでしょうか。本記事では、自宅待機について指示の出し方や違法となるケースについて解説していきます。今後、自宅待機における判例は増える可能性があるため、理解を深めあらかじめ対応策を講じておきましょう。
企業にとって価値のある情報収集能力の特徴と能力アップの手法について解説する
企業にとって情報収集能力がある人は、価値のある人材として評価されます。本記事では、情報収集能力とは何か、ビジネスでどう役立つか、能力アップの手法について解説していきます。企業にとって価値ある人材になるために、情報収集能力を身に付けて活用していきましょう。
注目されているVR研修の仕組みと最新事例を紹介する
注目されているVR研修について、その仕組みと成功事例をご紹介します。注目を浴びているVR研修では、今までにはできなかったテーマでの研修も可能になります。本記事では、VR研修の仕組みと最新事例、成功事例についてご紹介していきます。企業の人材育成は、企業成長には欠かせない経営課題です。ぜひ、今後の研修方法の1つとして検討していく材料としてください。
研修費を企業負担とする際の基準や原則とは?取り扱いの注意点について解説する
会社に勤めていると業務に必要な免許や資格更新を行う指示をうける場合があります。専門性の高い業種の場合には、この頻度が高いと言われていますが、その際の経費は会社が負担することになるのでしょうか。本記事では、研修費はどこまで企業で負担するべきかをテーマについて解説していきます。正しい会計処理、知識や技術の習得を実現していきましょう。
社内研修内製化を進める際のポイントと手順について解説
従来から社員研修を外部に依頼していた企業が、社員研修の内製化を進める検討を行っています。社員研修を内製化することで、どんなメリットが生まれてくるのでしょうか。本記事では、社員研修の内製化に伴うメリットや手順について解説していきます。今後の社人研修の内製化の参考にしてください。
ハランスメント防止研修は企業で必須のテーマになっている理由を解説する
新聞やテレビで「ハラスメント」という単語を聞かない日はないほど、ハラスメントに関する問題が起きています。こうした中、企業においてもハラスメントに対する対策を講じることは必須であり、企業責任でもあります。本記事では、「ハラスメント防止研修」をテーマにハラスメントの種類や研修概要、ハラスメント防止研修を実施する際のポイントについて解説していきます。
ハラスメント防止法とは?法令の基本的な原則と社内で必要となる対策について解説する
企業においてハラスメントが起きることで、従業員の心身を傷つける行為は事業経営に悪影響を与える経営課題です。本記事では、ハラスメント防止に関する法令と対策について解説します。企業成長や企業運営に大きな影響を与えるハラスメントを抑制するために法令を理解していきましょう。
スメルハラスメントとは?会社内の臭いにかかわる具体例や注意点について解説する
企業において対策を講じるハラスメント対策の中に臭いで起きるハラスメント「スメルハラスメント(略:スメハラ)」があります。「臭い」は、非常にデリケートな話題となり、スメルハラスメントの指導は気を遣う問題とされています。本記事では、スメルハラスメントについての問題点や対応に関する解説をしていますので、今後の対応の参考にしてください。
職場で起こる不機嫌ハラスメントの意味と対策について解説する
人は誰しも時には不機嫌になることがあります。現在は、様々なハラスメントがある中で「フキハラ」と呼ばれるハラスメントがあることをご存知でしょうか。不機嫌になることで起きるハラスメントを指し、ストレス社会と言われる現代で問題視されています。本記事では、職場で起きる不機嫌によるハラスメントについて解説していきます。
部下からのハラスメントの事例や対応策について解説する
本記事では、部下からのハラスメントについての事例や対応策について解説しています。以前であれば、上司からのハラスメントが取り上げられ問題視されていましたが、現在では部下からのハラスメントの問題も大きく取り上げられる様になってきました。部下から受けるハラスメントにはどのようなものがあるかなどを解説していますので、自社におけるハラスメント対策に役立てていきましょう。
社内でIT研修の講師を育成する方法とは?その手順や研修の内省化に関する注意点について解説する
本記事では、社内でIT研修講師を育成する手順について解説します。IT研修講師の育成には、必要な項目と注意点があることも理解し今後の育成に役立てていきましょう。受講者の理解度に講師の役割は大きな影響を与えることを理解し準備をしていくことが大事です。
新入社員が研修をきついと感じる理由は?研修で注意すべき点や対処法について解説する
新入社員が入社して、最初に行うのは新入社員研修の参加です。この新入社員研修がきついと感じることが多いと、最悪の場合には早期退職につながります。このような事態にならないためには、新入社員研修がきついと感じる要因や乗り越えさせる方法を理解しておくことが必要です。本記事では、新入社員研修をきついと感じた際の対策も解説していますので、今後の研修時の参考にしていきましょう。
ワークショップを研修に取り入れる意味は?メリットを講義タイプと比較して徹底解説
近年、ワークショップを研修に取り入れる企業が増えています。しかしなぜワークショップを様々な企業が採用しているのでしょうか。ワークショップを取り入れる意味やメリットはどのようなところにあるのでしょうか。 この記事では講義タイプの研修と比較して、ワークショップを研修に取り入れる意味やメリットを分かりやすく解説します。
時差出勤とは?「フレックスタイム制」との違いと合わせてその内容を解説
時差出勤とは、勤務時間はそのままに時間帯をスライドする勤務形態です。始業時間を前後するため、本来の勤務時間とずれていても、あらかじめ決めた時間帯であれば遅刻や早退とはみなしません。通勤ラッシュを避けたり、育児介護など社員それぞれの事情に合わせることもできます。最近では、新型コロナウイルス感染予防の点からも取り入れる企業が増えています。 当記事では時差出勤について、その内容を解説していきます。
オンボーディングとは?その意味と実施にあたって重要となる点を解説
オンボーディングとは、新入社員など新しく組織に入るメンバーに対する教育・育成プログラムです。新しいメンバーが早期に組織に馴染み、即戦力となることで離職を防ぐ方法の一つです。受け入れる組織の既存メンバーにとっても、新しく迎えるメンバーをいかにサポートするかといった点が重要となります。 当記事ではオンボーディングについて、その内容と意味、重要な点を解説していきます。
競業避止義務とは?その意味と理解しておくべき点を解説
競業避止義務とは、会社の取締役や社員などは、自分が所属する企業と競合する会社などに転職したり、自ら競合する会社を設立したりするなどの競業行為を行ってはならないという義務のことです。社員と取締役とでは、義務とされる範囲や内容が異なります。また、退職後は競業避止義務を負わないとされます。 当記事では競業避止義務について、その内容と意味、理解しておくべき点を解説していきます。
代休とは?その意味と詳しい内容を解説
「代休」とは、休日出勤をした場合に代わりに取得する休日のことです。似た制度として「振替休日」があります。「休みの日に働いたため、代わりに別の日を休みにする」という意味であれば、代休も振替休日も同じように思えます。しかし、似ているようでこの2つは大きく異なるものです。正しくその違いを認識して使い分けなければ労働基準法などの違反となることもあります。 当記事では代休について、その意味と詳しい内容を解説していきます。
ベースアップとは?その意味と詳しい内容を解説
ベースアップとは、ベース(基本給)に対する昇給額や昇給率のことです。景気や会社の業績に応じて、全社員の給料水準を一律で引き上げます。当記事ではベースアップの意味やデメリット、従業員のモチベーションを上げる評価方法について解説します。
テレワークにおけるマネジメントとは?その重要性や効果的な方法を解説
テレワークでの効果的なマネジメント方法を知っていますか?互いの状況がわかりにくいテレワーク下では、メンバーの育成や管理に悩む方も多いのではないでしょうか。本記事では、テレワークでマネジメントを行う重要性や課題・効果的に進める方法・成功のコツを徹底解説します。
リファレンスチェックとは?採用に失敗しない為にメリット・手法などを解説
今、注目を集めているリファレンスチェック。採用に失敗しない為に導入する企業は増えております。リファレンスチェックを行えば、採用の精度をあげられるだけでなく、入社後の早期退職防止や目標設定にも活用できるでしょう。 今回はそんなリファレンスチェックのメリット・手法・注意点まで解説していきます。
年俸制とは?外資系企業で一般的な給与制度のメリットや注意点を解説
プロスポーツ選手や外資系企業では一般的な給与体系の年俸制。日本国内の一般企業においても導入が増えつつあります。年俸制を導入した企業の多くは、「人件費の管理がしやすい」「成果によって給与を変動させやすい」といった理由で選択しているようです。この記事では、そんな年俸制に関する基礎知識から、メリット・デメリットや導入時の注意点について解説します。
離職票とは?企業が注意すべき手続きや書き方・注意点について解説
離職票は、従業員の退職時に発行する必要がある書類の一つ。離職票を発行しないと退職者は失業手当の申請ができません。しかし、離職票の発行手続きは煩雑で注意点がいくつかあります。また発行が遅れてしまうと、従業員が退職したあとの失業手当受給が遅れてしまいます。退職者にとって重要な離職票はいつ、どうやって発行すれば良いのでしょうか。
介護休暇とは?育児介護休業法に則った適切な付与・ルールを解説
部下に突然「介護休暇がほしい」と言われたら、どうすればいいのでしょうか。実は介護休暇は法律で守られている労働者の権利です。また、法律が改正され2021年1月より子どもの看護・介護休暇を時間単位で取得することが可能になりました。 介護休暇を正しく理解して適切に運用していくために、当記事で概要を確認しておきましょう。
ベネフィットとは?人材流出を防ぎ働きやすい環境を作るための福利厚生を解説
ベネフィットにはたくさんの意味が存在します。マーケティングでは顧客にとっての便益、行政においては費用便益分析に用いられる便益、医療では医薬品の有用性と、業界により異なる意味で使われます。 そして人事領域では企業が従業員に与える追加的給付という意味があります。本記事では人事領域におけるベネフィットについて解説します。
いま話題のタッチオンタイムをご紹介!効率的な勤怠管理の使い方や評判をご紹介
近年では、勤怠管理システムを導入している企業が増えています。勤怠管理システムを利用することで煩雑な管理業務の手間を省けることが、普及してきた理由の一つです。この記事では、さまざまなシステムが登場しているなかでも24,500社以上の導入と190万人以上が利用している「タッチオンタイム」というサービスについて解説します。
人事評価においての相対評価とは?メリットと絶対評価との違いを解説
人事評価制度を定める際に、評価基準を明確にすることは非常に重要です。優れた評価制度は従業員の成長やパフォーマンスの向上、離職率の低下にまでつながります。ですが、適切な基準で公平に評価することが難しいのもまた事実です。どのような評価制度が優れているかは、企業によって異なります。当記事では、評価基準の一つである相対評価について詳しく解説します。
実力主義とは?適切な評価制度を導入するために必要な知識とポイントを解説
近年、日本でも「年功序列制度」から「成果主義」に変更する企業が増えています。ベンチャー企業だけではなく、古くからある大企業も例外ではありません。なぜ、いま実力主義を採用する会社が増えてきているのでしょうか。当記事では、「実力主義」について解説します。
主体性とは何かか?仕事においての意味や特徴、採用においての活用法を解説
従業員に求められる主体性とは何か。主体性が求められるのは、なにも仕事に限った話ではありません。ですが最近、テレワークやフレックス勤務など働き方が多様化し、今まで以上に従業員に主体性を求める企業が増えています。そこで当記事では、仕事において求められる主体性に絞って、詳しく解説していきます。
業務改善とは?正しく改善するために目的と方法をご紹介
業務改善は企業の成長において欠かせません。改善の重要性は、昔から知られてきました。そもそも「カイゼン」は日本の製造業から誕生した考え方で、海外でも「kaizen」と呼ばれているほどです。業務改善にも新しい手法や考え方が次々に生まれてきています。この記事では、現代においての業務改善について詳しく解説していきます。
SNSマーケティングとは?具体的な手法や事例をもとに解説
多くのマーケティング手法があるなかで、SNSマーケティングは今、非常に有効な手法として注目を集めています。多くの企業が各種ソーシャルメディアの活用をしており、「検索の主流はWebからSNSへ」とまで言われています。今注目を浴びているSNSマーケティングとは何か、詳しく解説していきます。
クロスマーケティングとは?最適なマーケティング戦略を取るための手法を解説
多くの広告であふれかえる現代において、マーケティング手法も多様化してます。しかしマーケティング手法には、それぞれにメリットとデメリットがあり、狙った効果を出すことは難しいのが現状です。そこで当記事では、各マーケティング手法のデメリットを打ち消す、クロスマーケティングについて解説します
ドラッカーのマネジメントとは?組織の活性化に欠かせないマネジメント手法を解説
マネジメントは組織において欠かせない重要な概念です。マネジメントという考え方はドラッカーが提唱したものです。ドラッカーの理論は今でも多くの書籍が発売されており、多くの人に読まれています。しかし、ドラッカーの著書は専門的で非常に難解です。当記事ではマネジメントの基礎である、「ドラッカーが提唱したマネジメント理論」についてわかりやすく解説します。
チームマネジメントに失敗しないために、必要なスキルやポイントを解説
マネジメントはチームが成果を上げるために欠かせません。マネジメントの父であるドラッカーはマネジメントを「組織をして成果を上げさせるための道具、機能、機関」(引用:明日を支配するもの)と定義しました。しかし、マネジメントは誰もが簡単にできるものではありません。当記事ではチームマネジメントに必要なスキルやマインドセットについて紹介します。
ポートフォリオマネジメントとは?最適な経営戦略のために手法と事例を解説
経営活動において、資源の適切な配分は重要です。資源は有限であるため、有効に配分しなければなりません。ポートフォリオマネジメントは最適な投資の意思決定を、合理的に行うマネジメント手法です。分析により合理的な判断が可能ですが、そこには注意点もあります。当記事では、ポートフォリオマネジメントの手法について、事例を交えて紹介します。
コンフリクトマネジメントとは?対立を解消して成長につなげるための方法と事例を解説
働き方が多様化していくなかで、職場環境はより複雑になっています。現場では日々さまざまな対立や葛藤が生まれています。コンフリクトマネジメントを効果的に使うことで、そのような対立や葛藤を解消するばかりでなく、組織をさらに成長させることも可能です。現代において欠かせない、コンフリクトマネジメントについて解説します。
マネジメントにおいて役立つ資格を解説
組織においてマネジメントは必ず必要になります。そして経営者だけでなく、組織のなかで部下をもつ人には、マネジメントの能力が求められます。では、マネジメントにおいて資格はどの程度有用なのでしょうか。また、そもそも必要なのでしょうか。そして、もし有用であるならば、どのような資格があればいいのでしょうか。当記事では、それらについて解説します。
業務改善に役立つフレームワーク5種類と具体的な活用方法
業務改善をするには闇雲に考えるのではなく、フレームワークを活用して考えると課題点が見つかりやすいです。 業務改善をすると会社の利益が増えるのはもちろんのこと、社員の負担も軽くなります。 この記事では業務改善に役立つフレームワーク5種類を紹介し、どのように活用するのか具体例を用いながら解説します。
女性活躍推進法とは?女性を活躍させるメリットやポイントについて解説
女性活躍を促すための女性活躍推進法が改定されましたが、企業には罰則はないため必ずしも女性社員を増やさなければならないということではありません。 それでは企業にとって女性社員が活躍するのはどのようなメリットがあるのでしょうか。 この記事では女性活躍することによる企業のメリットと女性活躍させるためにどのようなことをすればいいのか分かりやすく解説します。
エクセルを使いこなすことでできるデータ分析をビジネスに活かすには
エクセルは表を作るだけでなく、データ分析をすることのできるソフトであり、使いこなすことができるとビジネスにおいて非常に役立ちます。エクセルでは具体的にどのようなデータの分析ができて、どのようにビジネスに活かすことができるのでしょうか。 この記事では、エクセルでできるデータ分析を具体例を挙げて紹介し、実際に使いこなすことで、どのようにビジネスで生かすことのできるのかをわかりやすく解説します。
エクセルができること3選と実際のビジネスでの活用方法
ビジネスシーンにおいて、必ずと言っていいほど求められるのがエクセルの基本的な操作です。エクセルでできることは使いこなすほど、より高度な処理や分析、応用が可能となります。では、具体的にどのようなことに使えるのでしょうか。 この記事では実際にエクセルでできることを紹介し、さらにビジネスでどのように活用するかをわかりやすく解説します。
企業の役職とその役割とは?役職について把握しておくべき点などを解説
会社で仕事をしていると、普段から部長やマネージャーなどの役職名を耳にする事は多いのではないでしょうか。その役職についての性格の意味を理解していないと、対応の仕方によっては失礼に当たってしまうこともあります。 この記事では日系企業の役職名と、外資系企業の役職名、公務員の役職などを紹介し、どのくらいの立場の人なのかをわかりやすく解説します。
エクセルとワードの知識を資格にできるMOS資格とは?取得するメリットなどを解説
ビジネス文書の作成やデータ処理にかかせない、エクセルやワードには「MOS」資格があります。このMOS資格を保持していると、エクセルとワードの知識や実践スキルが一定のレベル以上あることを客観的に示すことができます。 本記事では、MOS資格を取得する手順やその内容、取得することによるメリットなどを解説していきます。
研修テーマを決める重要性とは?選定する方法や研修テーマを紹介
社内で毎年おこなう研修は、果たして効果的なのか疑問に思ったことはないでしょうか。 研修を効果的なものにするかどうかは、講師や教材の質ではなく、研修テーマに問題がある場合があります。 この記事では効果的な研修方法や研修テーマの決め方について分かりやすく紹介します。
研修後のアンケートに適切な様式とは?記載すべき項目やアンケートの活用方法について解説
社内や社外の研修を実施後、その効果を図るためにアンケートを実施するのが一般です。ただし、どのようなアンケート様式で実施すればよいか悩むもの。研修の適切なフィードバックをもらい、次年度に活かすにはアンケートの設計が重要です。本記事では、研修後のアンケートに記載するべき項目とその理由について解説します。
労務管理は研修で学ぶことがおすすめ!内容と注意点を徹底解説!
管理職になると、これまでの業務になかった業務がいくつかありますが、その一つが部下の労務管理です。労務管理は専門的な知識が多く、大まかな意味は分かっても、具体的にどのようなものがあるのかは研修などを通してインプットしていく必要があります。では、労務管理はどのように研修実施すればいいのでしょうか。本記事では、労務管理研修の内容や狙い、注意点などを紹介していきます。
ロールプレイング研修とは?役割から実施方法までを徹底解説
営業や接客のスキルを向上させるための方法として、実施されることが多いロールプレイング。本番さながらを想定して実施するため、個人の課題を明確にするなどビジネススキルの向上に非常に効果的です。また、最近では新入社員研修やメンバーのスキル向上などで導入されています。では、ロールプレイング研修はどのように実施するのでしょうか。本記事では、ロールプレイングの目的や種類、効果的な方法を解説します。
アジャイルの必要性とおすすめの研修内容を解説
昨今ではビジネスの現場でDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する目的で、アジャイル開発が注目されています。 アジャイル開発は、これまで一般的であったウォーターフォール開発に代わって、主流となりつつある開発モデルです。 社内でアジャイル開発を推進するにあたり、どのような研修を実施すればよいのかわからないというIT担当者も少なくないと思われます。 この記事では、アジャイル開発の必要性から、研修の内容や準備すべきこと、研修実施後の実践ポイントについて解説します。
企業の成長を促進するイノベーション研修の実施方法とポイントを解説
企業が成長し続けるためには、既存の事業に変革を起こしたり、新規事業を立ち上げるといった新しい価値創造ができる人材が必要です。 昨今では、変化の激しいビジネス環境に対応するため、イノベーションを起こせる人材の必要性が増してきており、そういった人材の育成を検討している人事担当者も少なくないと思われます。 この記事では、イノベーション研修の実施方法とそのポイントについて解説します。
ヒューマンスキル研修で身につくスキルとおすすめの研修を紹介
ヒューマンスキルは、ビジネスにおいて円滑な人間関係を構築するために必要なスキルとなっており、近年ではその重要性は高まってきています。 また、ヒューマンスキルはその人のもともとの特性であるといイメージを持たれがちですが、実際のところはスキルとして研修などを通して身に着けることが可能です。 この記事では、ヒューマンスキルとはどのようなスキルを指すのか、また身に着けるための研修方法について解説します。
理想的な報告書の書き方とは?文章のスキルアップの方法を紹介!
報告書とは、上司や取引先など特定の人に自分の成果や学び、進捗などを伝える文書のことです。書き方のコツを押さえることで、効率的かつ効果的に報告書することができます。記事では報告書作成にあたって重要なポイントや例文を踏まえ、理想的な報告書の作成方法をご紹介します。
ファシリテーションとは?効果や求められるスキルを紹介
ファシリテーションとは、グループで円滑な活動が進められるように支援する行動のこと。異なる考えを持つ人達が集まる場では、ファシリテーションの考えが大変重要な役割を果たすのです。記事ではファシリテーションの重要性や、期待できる効果、ファシリテーションを行うのに必要なスキルなど、ファシリテーションについて解説しています。
スキルマップとは?メリット・デメリットと作成方法を紹
従業員ひとり一人のスキルを可視化する際に用いられる「スキルマップ」。どのように作成し、また活用するメリット・デメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。本記事では、企業内でスキルマップを作成することになった際、どのように作成したら良いのか、その手順や作成方法についてご紹介します。
効果の上がるプレゼンテーションとは?覚えておきたいポイントを徹底解説
プレゼンテーションは、聞き手の立場に立って話し、聞き手の行動を促す目的を持っています。目的達成のためには、構成・スライド・話し方などに気を配ることが重要です。プレゼンテーションの結果が、企業の売り上げに影響することも大きいため、十分理解したうえで取り組む必要があります。
メンバーシップ型雇用とは?メリット・デメリットと事例を紹介
終身雇用を前提とした日本型雇用をメンバーシップ型雇用と呼ぶことがあります。しかし、近年このメンバーシップ型雇用が見直されてきていることも事実です。この記事ではメンバーシップ型雇用のメリットとデメリットについて紹介しています。雇用形態を見直している企業についても理解できます。
ジョブローテーションとは?メリットやデメリット・流れを紹介
人事計画に基づいて行われる戦略的人事異動制度であるジョブローテーション。そんなジョブローテーションにはメリットもあればデメリットもあります。この記事では長所・短所とあわせて、ジョブローテーションのフローを紹介しています。ジョブローテーションが向いている業界についても理解できるはずです。
セルフマネジメントとは?自己管理力を高める育成方法
ビジネスでは多くの管理業務が発生します。在庫の管理、売上の管理、部下の管理、納期の管理など、担当する業務や規模、役職などの立場に応じ、様々な対象を管理しています。その中ですべての人が等しく行う管理が「セルフマネジメント」です。 セルフマネジメントは企業において、社員が自分の役割を果たし貢献していくために欠かせないものです。この記事ではセルフマネジメント、中でも「時間の管理」に着目し、セルフマネジメント力の高い社員を育成することが、企業にどのようなメリットをもたらすかを解説していきます。
リーダーシップとは?役割とタイプ、発揮するために必要な要素を解説
変化の激しい現代ビジネスにおいて、若い社員が次世代のリーダーとして成長し活躍するこ とが、企業の継続的な発展に欠かせない要素となります。既存の若手社員、これから入社する新入社員が積極的にリーダーシップを発揮し、近い将来、企業を引っ張っていかなくてはなりません。 そのためには、若手の内からリーダーとしての資質を身につけさせる教育を行う必要があります。この記事では、リーダーシップについて理解し、若手社員のリーダーシップを鍛える教育のありかたについて解説いたします。
効果的な育成計画とは?人材育成書の概要と活用方法を解説
企業にとって人材育成、特に若手人材の育成は最大の課題であると言っても過言ではありません。 少子高齢化により労働人口が減少する現代において、企業の未来を担う若手人材を確保し、育てることはとても難しくなっています。 正しい計画のもと、スピード感をもって、効果的に次世代のリーダーを育成することが企業の未来を左右するといえます。
オンライン研修で使えるアイスブレイクとは?効果と目的別におすすめを紹介
近年リモートワークの普及により従来の集合研修に加え、オンライン研修を導入した企業も多いのではないでしょうか。実際にオンライン研修を実施してみて、思った以上に「やりにくさ」「伝わらなさ」を感じてはいませんか。本記事ではオンライン研修をなごやかに進め、研修効果を高めるアイスブレイクを紹介します。
傾聴力とは?ビジネスコミュニケーションで活かすコツとスキルアップのポイントについて
ビジネスをする上でもっと相手と信頼関係を作りたいと感じたことはないでしょうか。このような場合、自分をアピールするなどの「話す力」に意識が傾きがちですが、実は信頼関係構築に一番重要なのは「聴く力」である傾聴力です。この記事では傾聴力とは何かからビジネスでの活用法まで詳しく解説します。
ナレッジマネジメントとは?定義から企業が行うメリットまで詳しく解説
ナレッジマネジメントとは個人や企業が持つ知恵を企業全体で共有する経営手法のことを指します。転職市場が活発化し、企業が得た知識やノウハウを社内に効率良く残したり、継承したりするのが難しくなっている現在、競争力を維持するためにもナレッジマネジメントは企業にとって重要な手法だと言えるでしょう。この記事ではナレッジマネジメントとは何かから企業が行うメリットまで詳しく解説します。
ジョブ型雇用とは?制度内容からメリットまで詳しく解説
テレワークやリモートワークで仕事をする人が増加する中、雇用制度として注目を集めているのが職務内容に基づいたジョブ型雇用です。成果主義の欧米諸国では一般的な雇用制度ですが、日本企業ではまだ浸透しているとは言えません。この記事ではジョブ型雇用の制度内容から導入するメリットまで詳しく解説します。
ティール組織とは?意味から導入するメリットまで詳しく解説
組織設計はビジネスマネジメントにおける永遠の課題かもしれませんが、現代社会に合った組織モデルとして注目されているのがティール組織です。働き方改革の流れの中で、より柔軟な企業へと進化していくためにも重要なティール組織とは何かと、導入するメリットについて詳しく解説します。
MBOとは?導入の手順からメリットまで詳しく解説
企業で成果を上げるためには目標を立ててそれを達成する必要がありますが、近年は仕事を通じて組織に貢献するだけではなく、自己成長を望む人も増加してきています。この記事では日本でも多くの企業が導入し、組織と個人の両方が生産性を高めることのできる目標管理の手法、MBOとは何かについて詳しく解説します。
OKRとは?導入の手順からメリットまで詳しく解説
企業における目標管理の手法はたくさんありますが、近年アメリカのシリコンバレーにあるGoogleやFacebookなどの大手企業が次々と導入したことで注目を集めているのがOKRです。この記事ではOKRとはどのような手順で導入すれば良いのかから、そのメリットまで詳しく解説します。
新人教育の目的とは?その重要性や効果的な育成につなげるためのポイント5つを解説
4月は新卒社員が入る季節です。新卒社員以外にも中途採用で会社に入社する社員もいます。今回は新人社員が入社した時の行う「新人教育」について紹介します。 「なぜ新人教育を行うのか」や「どんな教育を行えばいいのか」など、目的や方法について人事・研修担当者を対象に新人教育の方法をご紹介します。
課題解決力とは?課題解決力とは何かを解説
「課題解決力」という言葉を聞いた事がありませんか?企業が人材に求められるスキルの1つが「課題解決力」です。でも、改めて自分自身に「課題解決力がありますか?」と問うと答えに困る方もいるのではないでしょうか。そこで、今回は企業が求める課題解決力とは何を整理することで、不足しているスキルであるかを確認していきましょう。
新入社員研修の振り返りが重要な理由とは?適切な期間や効果的な方法をご紹介
多くの企業で実施される新入社員研修。新入社員研修は数週間から数か月と比較的長期間にわたって行われます。その中で、新入社員は大量の知識を得ます。残念なことに、ただ研修を実施するだけでは、多量に学んだことの何割かは忘れてしまいます。しかし、記憶が定着し、研修の効果をあげる方法があります。それは、振り返りの時間を設けることです。 この記事では、新入社員研修の効果をあげる「振り返り」の必要性や具体的な方法をご紹介します。
新入社員に教えるべきビジネスメールの基礎とは?書き方・添削・研修で教える際のポイントを解説
ビジネスメールは新入社員にとって身に付けるべきビジネスマナーの1つです。いくら学生時代に就職活動等で企業とメールのやり取りをしていたとしてもまだまだ不十分です。利用頻度の高いメールを使いこなし、1人前の社会人になるためには、正しいビジネスメールのルールとマナーを習得する必要があります。 では、習得するためにはどのような項目を教えればいいのでしょうか。この記事では、新入社員に教えておきたいビジネスメールの研修の内容や方法などをご紹介します。
仕事の進め方の基本とは?その重要性や研修で教える際のポイントを解説
仕事を進める中で「どのように進めていいか分からない」「報連相のタイミングが悪い」「質問したいのに、上司や先輩にどう声をかけていいか分からない」。新入社員が最初に躓くのが仕事の進め方ではないでしょうか。 新入社員が早く、より成果を出すためには仕事の進め方研修を実施するという方法があります。本記事では、具体的にどのような内容・方法で実施すればいいのかをご紹介します。
ビジネスにおけるフィードバックとは?効果的なフィードバックのポイントを紹介
フィードバックは日々の業務において頻繁に行われています。何気なく行われているフィードバックですが、正しく実践できると、人材育成や業務効率化に役立ちます。では、具体的にはどのように行えばいいのでしょうか。 この記事では、フィードバックを効果的に行うためにフィードバックの意味や適切なタイミングやポイント、フィードバックスキルを向上させる方法をご紹介します。
育成力とは?指導との違いや部下の成長に効果的な方法についてご紹介
私たちが職場で部下や後輩の人材育成を行う中で、よく「育成」と「指導」を混同して使われているのを耳にします。実際、表面的な動作だけを見ればよく似ていますが、その定義や機能に大きな違いがあります。私たち人材育成の役割を担うリーダーは、そのことを理解し実践することで、より良い形で部下や後輩が育ち、また私たち自身も成長していけるのだと思います。この記事では、育成力とは何かを振り返り、そしてその実例などをご紹介していきます。
報連相とは?その重要性や研修で教える際のポイントを解説
社会人に欠かせない基本的なスキルといえば、報告・連絡・相談「報連相」です。では、どのように新入社員に報連相を身に付けさせればいいのでしょうか。どのような報連相を行えば、仕事をスムーズに進めることができるのでしょうか。この記事では、報連相とは何か、報連相を新入社員に身に付けるための方法、研修のポイントをご紹介します。
電話対応研修の内容とは?主な方法や効果的な研修にするためのポイントを解説
電話応対は日常的にもっとも頻繁に発生する業務です。社会人にとって必須のスキルといえますが、入社したばかりの新入社員にとっては不慣れなもの。そのため、多くの企業で新入社員研修時に電話対応の研修を取り入れられています。 では、どのよう研修を行えば、好印象な電話対応に近づくことができるのでしょうか。この記事では、新入社員の電話研修の方法やより効果的な研修のポイントをご紹介します。
オンライン研修に取り入れたい工夫は?メリット・デメリットも紹介
社員研修に、オンライン研修を取り入れる企業が増えています。場所や時間に縛られず、隙間時間を利用できるのは、オンライン研修の一番のメリットです。しかし、気になるデメリットも。この記事ではオンライン研修の特徴をとらえ、社員の成長を促すよりよい研修ができるように説明します。
マインドセットとは?意味からビジネスにおける活用法まで詳しくご紹介
マインドセットとは、人が持つそれぞれの「無意識の思考・行動パターン」のことを指します。ビジネスシーンでも、このマインドセットがどうあるかによって、仕事での成果にも影響を与えることがわかってきました。具体的には、どういったマインドセットの持ち方が求められるのでしょうか。本記事ではマインドセットの意味からビジネスにおける活用法まで詳しく解説します。
メンター制度とは?導入方法や定着活用のポイントを紹介
新入社員等の若手社員の育成や早期離職防止を目的とし、多くの企業でメンター制度を実施しています。しかし、制度の導入の仕方が分からない、なかなか社内でメンター制度が定着しないという声もあります。この記事では、メンター制度とはどのような制度か導入方法や定着活用のポイントをご紹介します。
ビジネスマインドとは?主な種類や新入社員に教えるためのポイントを解説
新入社員を迎えた時に、自分達の常識や考え方とズレがあり困ったことはありませんか。彼らに注意をしたくても業務への指導に手一杯となり、改めて教育する時間を割けずにそのままにしてしまうこともあるのではないでしょうか。 しかし、社会人としての常識や心構え、マナーといった基本のビジネスマインドは、入社後すぐにしっかりと教育をしなければ、後々の社会人生活にマイナスの影響を与えてしまいます。 では、新入社員に対してどのようにビジネスマインドを指導すれば良いのでしょうか。
新入社員にありがちな悩みとは?入社後にぶつかる問題や早期退職を防ぐための対処法を解説
企業の人事担当者にとって、学卒者の早期退職は採用活動から入社までにかかった時間やコストを考えると大きな問題です。では、新入社員の早期退職を避けるために、会社はどんな対応を心掛ければ良いのでしょうか。早期退職の理由や新入社員の現状を知ることで、その対応方法を考えてみましょう。
新入社員が持つ課題と育成における注意点について解説
新入社員が入社されると会社の中の雰囲気も活気付き、元気な声が響くという企業も多いのではないでしょうか。新入社員を受け入れるということは、企業にも大きな責任が発生します。社会人一年生を社会人として、戦力として育てることは簡単なことではありません。そこで今回は、新入社員が持ちやすい課題や育成方法に関する注意点についてご紹介していきます。ぜひ、今後の新入社員育成に役立ててください。
能力開発とは?自己啓発との違いや効果的な育成方法について紹介
「能力開発」という単語を聞くことは社会人となれば大いにあります。この能力開発ですが、本当に必要な項目をご存知でしょうか。実際に「能力開発をするぞ!」と思っても、何から手をつつけていけばいいのか。どんなテーマで考えればいいのかなどを悩むことも多々あります。そこで、今回は「能力開発」の定義やその実施方法などについてご紹介していきます。是非、今後の「能力開発」の参考にしてください。
オンライン育成とは?成功させるための課題整理とポイントを解説
コロナの影響でリモートワークが主流化している今、人材育成の方法にも変化が出ています。多くの企業がオンライン育成を開始しており、その重要性や活用方法についての議論も活発化しています。そこで今回は、オンライン育成に関する課題の整理やポイントについて解説していきます。是非、今後のオンライン育成の参考にしてください。
ファシリテーターとは?司会との違いなど会議におけるその役割を解説
会議には、立場や意見がことなる複数の人が参加することが一般的です。会議などを円滑に進め、有意義なものとするためには、進行役であるファシリテーターの役割が重要です。 数名から多くの人が参加する会議は、なかなか意見が出なかったり、あるいは一部の人の意見に左右されたりしがちです。会議では本来、参加者全員から意見を引き出し、結論を導くことが重要です。 当記事ではファシリテーターについて、概要からその必要性、必要なスキルなどを紹介していきます。
スキルセットとは?その意味と仕事で求められるスキルを解説
仕事をする上では、それぞれの職種や役職に必要とされる知識や技術のがあります。これを、スキルセットとよびます。仕事をうまく進めるためには、個人が持つ知識や技術と合わせてコミュニケーション能力や論理的な思考力、リーダーシップといった能力が必要です。 当記事ではスキルセットについて、その意味や仕事で求められるスキルなどを紹介していきます。
新入社員のオリエンテーションはどう行うべき?手順と研修方法を紹介
新入社員のオリエンテーションを行う意義と教える内容について紹介しています。新入社員の研修ではタイミングも重要ですし、ビジネスマナーだけ伝えていれば良いというわけではありません。これから新入社員に対して研修を行いたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
ビジネススキルの磨き方は?理想的な研修の流れを紹介
ビジネスの現場では、そのシーンに応じて必要なビジネススキルを兼ね備えていることが大切です。本記事では、現代において特に必要とされているビジネススキルとともに、それらの取得の方法をお教えします。従業員のビジネススキルのアップを目指す方は、ぜひ参考にしてください。
フォロワーシップ研修とは?具体的な内容や実施のポイントを解説
多くの企業において、チームは管理職と部下で構成されていることが多いかと思われます。部下の活躍がチーム全体の成果を大きく左右するため、管理職の責任が伴います。しかし、ビジネス環境の変化が激しい昨今では、必ずしも管理職の意思決定だけに基づいてチームを昨日させることは適切とは言い切れません。 そこで注目されているのがフォロワーシップです。この記事ではフォロワーシップの概要とそれがチームに与える効果、研修内容や実施する際のポイントについて解説します。
中途採用者に研修は実施すべき理由と研修のポイントや内容を徹底解説
中途採用で入社してくる社員の場合、新入社員とは異なり社会人経験があるうえに、社員によっては業務に必要なスキルを持ち合わせている即戦力であることから、研修の必要性を感じない人事担当者も少なくないと思われます。 しかし、中途採用者であっても、新しい環境に置かれることになるため、スムーズに業務をこなせるとは限りません。企業の文化や業務の進め方に戸惑ってしまったり、事業の全体感をうまくつかめないことで、思うように力を発揮できないということになると、早期離職となってしまうリスクもあります。 この記事では中途採用者に研修を実施した方がよいと言える理由を解説し、研修の実施ポイントや具体的な内容について詳しく解説します。
管理職研修の目的とは?必要性から種類まで徹底解説
組織の目標達成のために、「部下の指揮・管理」や「プロジェクトや組織の運営、管理」といった業務を担う管理職。働き方が多様になってきている昨今において、マネジメントスキルは、組織の目標達成や部下の育成において必要不可欠なものになってきています。したがって、組織成長の観点で新入社員研修と同様に管理職研修のニーズは高まってきています。では、実際に管理職研修はどのような目的で実施すればいいのでしょうか。本記事では、管理職研修の目的を踏まえて、どのような研修が効果的なのかを解説します。
中間管理職の役割と効果的な研修を紹介
中間管理職は、ミドルマネジメントとも呼ばれ、経営者(トップマネジメント)の下で部下のマネジメントや担当する組織の事業を管理し、指示を出す立場です。 多くの企業では部長や課長が中間管理職に当たり、企業が成長していくために欠かせない存在です。 それでは、企業の成長を促進させられるような中間管理職を育成するためには、どのようなことを行えばよいのでしょうか。 この記事では、中間管理職の役割と現状解説し、それらを踏まえたうえで求められるスキルや効果的な研修例、実施ポイントを解説します。
管理職研修の内容は?種類から事例まで徹底解説
企業が成長するには、社員の教育や育成は必要不可欠であると言われています。昨今では、働き方の多様化などにより、マネジメントは組織を正しい方向に導くものとして、非常に重要なものとなってきております。このような背景もあり、新入社員研修同様に管理職研修のニーズも高まってきています。 では、管理職研修にはどのような内容があり、どのように選定していけばいいのでしょうか?本記事では、管理職研修を選定する方向けに管理職研修の種類や内容、そして事例などをご紹介していきます。
新任管理職研修が抱える課題と効果的な研修をご紹介
あらゆる研修の中で特に重要な内容の一つとして新任管理職研修が挙げられます。新しく管理職となる社員は、これまでと違ったスキルや考え方が必要となり、戸惑いを隠せないということも少なくありません。 また、研修担当者の方も、ビジネス環境の変化が大きい中で新任管理職にどのようなことを研修で指導してあげればいいのか不明瞭になっているのではないでしょうか。 そこでこの記事では、昨今の新任管理職が抱えがちな課題を紹介し、その課題解決におすすめの研修内容やポイントについて解説していきます。
eラーニングコンテンツの種類や制作のポイントとは?準備方法も詳しく解説
PCやスマートフォンを使って時間や場所を選ばずに学習できるeラーニング。人材育成の手法の一つとして導入する企業は増えています。 導入を検討している担当者の中には「作り方がよくわからない」、「効果の高いeラーニングを作りたい」といった課題を抱えている方も少なくないと思われます。 そこで、この記事ではeラーニングコンテンツの種類やその準備方法、自社で制作方法などを詳しく解説します。
社内研修とは?目的や準備から実施までのポイントを徹底解説
社員の成長は企業の成長にとって必要不可欠です。その社員の成長を促す手段の一つとして「社内研修」があります。 しかし、いざ社内研修を実施するといっても「何から準備したら良いのだろうか…」「そもそも効果はあるのだろうか」など、人事の方は疑問に思うこともあるかもしれません。 本記事では、社内研修を実施するにあたっての目的や種類、実施までの進め方について解説します。
自宅研修とは?メリットとデメリットや実施ポイントを解説
新型コロナウイルス感染拡大防止策として、自宅勤務を導入する企業が増えています。 そうした中で、社員に対する研修においても自宅で実施すべきか悩んでいる教育担当者の方も少なくないと思われます。 そこでこの記事では、自宅研修の概要とその内容、メリット・デメリット、実施におけるポイントについて解説します。
社会人研修でおすすめの内容6選と実施手順やポイントを解説
企業の将来を担う重要な人材である新入社員が一人前に成長するために欠かせないことが、基礎スキルを身に着けるための社会人研修。 しかし、研修を実施するにあたり、設計方法がわからなかったり、どのように進めていけばいいのかなど、様々な悩みを抱えている担当者は少なくないと思われます。 そこでこの記事では、社会人研修の実施内容やその設計方法、成功させるためのポイントを細かく解説してきます。
研修制度を導入するメリットや設計・運用のポイントを解説
企業では研修制度を社内で用意し、人材育成に取り組んでいます。これから研修制度を整えていく企業としては、そもそも研修制度を整える必要があるのか、研修方法やその内容など、様々な疑問があるかと思います。 そこでこの記事では、研修制度の設計・整備を検討している企業に向けに、目的やメリット、具体的にどのような設計にすればよいのかなどを解説します。
オンラインでチームビルディングにおすすめのゲームとは|メリットやポイントも紹介
メンバーがそれぞれの能力を最大限に発揮し、成果を上げられるチーム作りの手法としてチームビルディングが挙げられます。 また、在宅勤務が広がっていることから、オンラインでできるチームビルディングに対する需要が高まっています。 オンラインでのチームビルディングに対し、「本当にチームビルディングができるのか」といった不安を抱えている方も少なくないと思われます。 そこでこの記事では、チームビルディングの重要性をおさらいし、オンラインでできるチームビルディングの事例、実施ポイントなどを解説します。
企業研修でプログラムを作成するメリットと作成方法を解説
グローバル化やテクノロジーの発展など、様々な外部要因により人々の働き方は変化しています。そういった中で、変化に対応していくために社員の能力開発は必要不可欠なものとなっています。 より効果の高い方法で人材育成を行うことで、企業全体の業績にプラスの影響を与えることができます。 そこでこの記事では、企業の研修において適切な研修プログラムの作成方法を解説するので、プログラムをこれから作成する、または見直しをしたという方はぜひ参考にしてみてください。
eラーニングサービスとは?特徴や活用方法を解説
eラーニングサービスは、PCやスマートフォンを使ってインターネット上で動画を視聴することで学習できるサービスのことです。インターネット環境さえ整っていれば場所を選ばずに学習できることが大きな特徴で、eラーニングサービスを利用する企業も増加しています。 この記事では、eラーニングサービスの特徴やメリット・デメリット、学習効果を高めるための活用方法などを解説します。
入社前研修を行う目的とおすすめの内容を紹介
採用活動を進め、内定者が確定した企業の多くは内定者フォローの時期になりますが、様々な方法がる中で最も取り入れられている一つに入社前研修があります。 この記事では入社前研修の目的や、内定者・企業の双方にとってメリットがある内容、設計するときのポイントについて解説します。
マイクロラーニングとは?サービスの特徴や活用例も解説
マイクロラーニングとは一体どういった学習方法なのでしょうか。言葉は聞いたことはあるけど具体的な内容はわからない、eラーニングと違うのか、などマイクロラーニングについて疑問を持つ方は多いと思われます。 そこでこの記事では、マイクロラーニングの特徴やeラーニングとの違い、導入事例など、網羅的に解説します。 社員の最適な学習方法について検討している方はぜひ参考にしてみてください。
企業研修とは?実施する目的・手法や主な研修内容について解説
インターネットの普及とツールの発展に加え、近年の世界情勢も手伝ってリモートワークを採用する企業が増加中です。リモートワークの導入により社員の居住地が自由になった他、オフィスを撤廃する企業も出てきており、実地で行う研修に代えてオンライン研修を導入することも多くなっています。研修方法を見直す際には、再度研修の基本的な知識を確認することが重要です。 当記事では、企業における研修について、目的や手法、近年のトレンドなどを解説していきます。
集合研修とオンライン研修を6項目で比較
昨今、テレワークが増え、オンライン研修を導入している企業も増えてきました。しかし、一方でこれまでの集合研修に慣れ親しんだ企業は、オンライン研修になかなか踏み出せないという現状もあります。この記事では集合研修とオンライン研修を6つの項目で比較していきます。
営業とは?概要や営業の流れ、営業成績を上げるポイントを紹介
営業職は会社の売上に直結する職種なので、他の職種以上に成果を出す必要があります。よって、研修なども利用したスキルアップを積極的に行っていくことが重要です。 当記事では営業の概要から大まかな種類、営業職の仕事の流れなどを解説します。併せて、営業成績を上げるためのポイントも紹介していきます。
ロジカルシンキングとは?構成する要素や導入するメリット、手法などを解説
ロジカルシンキングは組織の生産性を向上させる上で、優先的に習得したいスキルです。制度の良いロジカルシンキングができるようになれば、仕事のスピードが速くなるだけでなく、自身の意見に一貫性を持つことができるため、周囲からの信頼を得ることもできます。 当記事ではロジカルシンキングについて、概要から習得するメリット、構成する要素などを紹介していきます。
社員研修とは?実施する目的や手法、成功させるためのポイントを解説
組織内の人材育成において重要な研修ですが、近年はインターネットの発展がもたらしたリモートワークの普及により、オンライン研修を導入するなど、内容を見直す必要性が生まれてきています。研修内容の見直しを行う際には、研修の目的や種類などを今一度確認した上で手法などを考えていくことが重要です。当記事では社員研修の目的や研修の分類、手法や実施する上でのポイントなどを解説します。
新人教育を効果的に行うコツとは?手法や下手な人の特徴などもご紹介!
新人教育とは企業が実施する教育のうち新人社員を対象に行われるものです。しかし、どのように新人社員を教育すればいいのか、従来通りの教育でいいのか悩まれる企業様も多いと思います。 今回は、新人社員教育を行う意味や内容とは何か、失敗しないためのポイントなども紹介します。長期的な人材育成に繋げ、早期離職を防ぐための参考にしてください。
リーダーとは?求められる条件や役割、種類・手法について解説
リーダーは組織やチームの生産性や団結力を向上させる上で重要な存在です。リーダーにはリーダーシップというスキルが必要になりますが、リーダーシップには様々なスタイルがあり、それぞれ有効な状況や重視するポイントが異なります。当記事ではリーダーの概要や適性のある人の共通点、役割などを解説しつつ、著名人が提唱したリーダーシップ論を紹介していきます。
フォローアップとは?重要性や具体的な方法、行うタイミングなどを解説
「研修を実施したものの、実践に結び付いているのか、知識が定着しているのか、研修の効果があるか分からない。若手社員の離職率の高さに悩んでいる。」という企業は多いでしょう。そのようなお悩みを解決する方法の一つとして、「フォローアップ」があります。今回は、フォローアップとは何か、重要性や具体的な方法、行うタイミング、実施するポイントなどをご紹介します。
スキルアップとは?メリットやスキルアップを促すための方法などを紹介
スキルアップは個人の転職や独立を促すものと思われがちですが、企業としては組織全体の生産性を増す手段としても有効です。近年はスキルアップに力を入れ、組織力の増強を効率的に行っている企業も増えています。 当記事ではスキルアップについて、企業や個人が力を入れるメリットや個人にスキルアップを促す方法、優先的に習得したいスキルなどを解説します。
人事とは?役割や必要なスキル、近年の人事傾向などを紹介
人事部門は企業にとって大事な経営資源である「ヒト」を活かす役割を担っています。数ある部署の中でも、幅広い業務をカバーするのが特徴です。 人事業務に就く人きっかけは様々ですが、人事に異動になったばかりで、まだ手探り状態。どのような仕事があるのか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。 今回は、人事とはどのような業務か、必要なスキルとは、また近年の人事の傾向などを紹介します。
コンプライアンスを重要視する必要があるのはなぜ?|事例とともに解説!
昨今ではコンプライアンスという言葉をよく耳にする方も多いと思われます。企業でもコンプライアンスに乗っ取った企業経営が求められる中、コンプライアンス研修の実施を検討している企業も少なくはないのではないでしょうか。そこで、今回はコンプライアンスの意味や強化によって得られる効果と研修を行う目的を確認し、おすすめの研修方法について解説します。
マネジメントとは?定義や種類からその手法・ポイントについて解説
現在はどの業界でも人手不足という大きな問題に直面していますが、そのなかで人材を確保して育成し、なおかつ生産向上をあげるマネジメントスキルが必要とされています。組織のもつ理念とビジョンを明確にして社員一人ひとりの目標とつなぎ、やる気に結びつける。 マネジメントとは企業を発展させるだけでなく、そこで働く社員を成長させることにもなるのです。今回はそんなマネジメントの定義とスキルアップの秘けつを紹介します。
新入社員研修の内容はどう決める?進め方のポイントや事例をご紹介
新入社員研修は、どのように進めるのか、どんな研修をおこなうのか、悩む担当者の方も多いでしょう。中には、ほぼ例年同じ内容で更新をしていない企業も多いと聞きます。時代や会社のフェーズによって、必要な研修やその形式は変わってきますので、定期的に新入社員研修内容の見直しも必要です。今回は新入社員研修の目的と決め方、ユニークな事例までをご紹介します。人事担当者や研修担当者の方はぜひ参考にしてください。
新入社員の適切な研修期間とは?目的や職種別の方法・事例を紹介
学生から社会人へと移りかわる段階において、企業への入社時に新入社員へ向けて研修を行うところがほとんどです。新入社員研修は、これから社会人として仕事をするうえで必要な知識を取得させるために行います。 企業にとって大切な戦力となっていく人材を育てるために、新入社員の研修期間はどのくらいにするのが適切なのでしょうか。また、スムーズに進行するためにおさえておきたい・気をつけたいポイントなどはあるのでしょうか。今回の記事で詳しくご紹介しますので、ぜひ最後までご一読ください。
人材開発とは?人材育成との違いやその課題、手法について解説
企業に貢献してくれる従業員はかけがえのない「人材」であり、企業が高い成果をあげるためにはその人材が存分に能力を発揮できる環境づくりが重要です。そのためには教育や訓練によって、従業員の知識やスキルを高め、パフォーマンスを向上させる人材開発が必要不可欠になってきます。今回はそんな人材開発の定義と方法について解説していきます。
コーチングとは?コーチングの意味や有効性、具体的な手法を紹介
近年、様々な業界で人材不足が叫ばれています。企業は貴重な人材をより活用すべく人材育成に注力する必要があります。その人材育成の指導方法の中に「コーチング」という方法があり、注目されています。今回はコーチングがなぜビジネスに有効なのか、コーチングの手法と原則をご紹介します。
コミュニケーションとは|コミュニケーション研修を実施するポイント
コミュニケーションは、ビジネスをする上で必須のスキルの1つです。社外の人や顧客に対してはもちろん、社内、上司と部下という間柄でも重要です。多くの仕事はコミュニケーション無しでは成り立ちません。 また、近年では対面・電話以外にメール・SNSなどコミュニケーションの手段が多様化しており、様々なツールを通じたコミュニケーションに対応する力が必要です。 今回はコミュニケーションとは何か、コミュニケーション研修の実施のポイントをご紹介します。
新入社員教育におすすめ教育訓練ゲーム|メリットとネタ7選を紹介
新入社員教育では、自ら学ぶ意欲を持って参加してほしいと考える研修担当の方が多いでしょう。しかし、座学が続くとついつい睡魔に負けてしまいがちな社員も。 また、新入社員教育の重要なテーマに、学生から社会人への意識改革、基本のビジネスマナー、チームワークがあります。このような研修では、座学とよばれる講義中心の内容では、なかなか効果が出ません。では、どうすればよいのでしょうか。 研修の参加者から積極的な姿勢を引き出し、より研修を効果的にするために、「教育訓練ゲーム」を取り入れる方法があります。そこで、この記事では新入社員教育で教育訓練ゲームを取り入れることのメリットとすぐに使えるゲームのネタをご紹介します。
タイムマネジメント研修とは?必要な理由から導入までの流れをご紹介
組織全体の生産性を向上させるためには、役職や職種に限らず、適切なタイムマネジメントが求められます。そのうえで、タイムマネジメント研修の導入を考えるも、何から取り組んでいけば良いのか、どのような研修が効果的であるのか悩む担当者の方は多いのではないでしょうか。この記事では、タイムマネジメント研修の内容から導入までの流れを解説していきます。
ビジネスマナーとは?基本マナーの内容から研修方法・種類まで解説
ビジネスパーソンへの第一歩として、人事・総務部の担当者の方は新入社員にビジネスマナーを教えますが、内容が多岐に渡るため苦戦する場合も多いのではないでしょうか。 この記事では取引先やお客様に対して恥ずかしくないビジネスマナーを新入社員に身に着けさせるためのポイントを詳しく解説します。
「社員が自発的に学ぶ文化がないと実感する企業約40%」 社会人の学びの実態とは?
新型ウイルスの影響で先行き不透明な状況が続く昨今。終身雇用の継続は難しくなると言われて久しく、リモートワークの普及による働き方の多様化が当たり前になり、これまで以上に、自身のスキルや価値を高めていくことが必要になってきていると言われています。そんな中で、あなたの会社にはその環境はあると言えるでしょうか?そして、その環境が不足していると感じた場合はどうすればいいのでしょうか。 大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティ「Schoo」が、法人向けオンライン学習サービス「スクービジネスプラン」の利用者で企業で人事、人材開発担当をしている方を主な対象に、スキルアップなどを目的に社員が自発的に学習する文化(企業内のラーニングカルチャー)があるかについてのアンケート調査を実施しました。ここではその結果などからビジネスパーソンの”学びの実態”を明らかにしていきたいと思います。
新人研修にeラーニングがおすすめな理由と役立つ授業を紹介
リモートワークが社会に浸透する中で、新人研修においてもリモート化を進めている企業も増えています。 オンラインでできる研修方法の一つにeラーニングが挙げられますが、その効果が不明瞭であるために導入をためらってしまう研修担当者も少なくないと思われます。 そこでこの記事では、新人研修でeラーニングがおすすめと言える理由と、実際に研修で役立つ授業をご紹介します。
新人研修の内容や手法について解説|研修レポートの例文もご紹介
学生から社会人になった新入社員にビジネスマナーや業務知識などの基礎的なビジネススキルをみにつけてもらうために実施する新人研修。 長期にわたってじっくり育成する方針から、即戦力として貢献してもらうことを期待して育成プランを設計する企業が増えてきています。 その中で、新人に対してどのように接し、どのように新人研修を進めていくべきなのか定まらないという方も少なくないと思われます。 そこでこの記事では昨今の新入社員の傾向と、研修全体の進め方についても解説します。
SEの新人研修を設計する手順とおすすめの授業を紹介
SEの新人研修をどのように組めばいいのか悩む方も少なくないのではないでしょうか。 職種があらかじめ決まっているSEの研修は、入社時点で職種を問わない総合職の新入社員の研修とは異なる内容を取り入れる必要性が出てきます。 そこでこの記事では、SEとして会社で働く上で必要なスキル、新人の育成の仕方から、おすすめの研修について解説します。
新入社員研修でおすすめのグループワーク4種類とポイントを解説
新入社員研修では、社会人の基礎を身に着けてもらうことが主な目的となるため、新入社員はどうしても受け身になりがちですが、そこで取り入れたいのがグループワークです。 しかし、グループワークと言ってもどんな内容があり、どのような効果があるのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、グループワークを行う目的から適切な実施内容について詳しく紹介します。
新入社員研修の目標設定のポイントと具体例を紹介
新入社員研修の目標設定は、社会人としてのスタートダッシュを切れるかどうかに大きく影響するといっても過言ではありません。 そこでこの記事では、新入社員研修での目標設定がなぜ必要なのか、そしてどのような目標を設定するのが良いのかを解説します。
オンライン研修を成功させるコツ8つを段階別に紹介
リモートワークが浸透する中、研修においてもオンライン化が進んでいます。研修担当者にとって、これからオンライン研修を導入するなら必ず成功させて自社でさらなるオンライン化を図りたいと考えているかと思われます。また、オンライン研修を導入済みで、想定よりうまくいっていないという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、この記事ではオンライン研修を成功させるためのコツを準備段階~研修後に分けてご紹介します。
オンライン研修のやり方をフローごとに詳しく解説
業務のリモート化の流れを受け、研修もオンラインを使って実施する企業が増えています。オンライン研修は従来の集合研修と比較して、新たに準備しなければならないことや注意点が多く存在します。そんな中で具体的にどのようにオンライン研修を運用に乗せていけばいいのか悩んでいる研修担当の方は少なくないと思われます。そこでこの記事ではオンライン研修の種類と、フロー別に研修のやり方について紹介します。
動画研修のメリットと導入方法やポイントを解説
多くの企業がテレワークの導入を進めている中、人材育成においても動画を使った研修が取り入れられ始めています。 また、多くの人がPCやスマートフォンで動画を見ることに慣れてきており、動画での研修に対するニーズも高まっています。 そこでこの記事では、動画研修のメリットや導入方法について解説します。
新入社員研修はユニークなものが良い?一風変わった研修内容をご紹介
新入社員にとって初めの研修は社会人としての基礎を身に着けさせることが一番の目的です。しかし、その一方で既存の研修内容で進めていいのか?新入社員に研修を通して仕事に対するモチベーションを上げてもらう方法はないのか?など、より良い研修を模索している方も少なくないと思われます。 そこでこの記事では、一部の企業で実施されているユニークな新入社員研修の内容についてご紹介します。
組織開発とは?人材開発との違いや具体的な手法・手順を詳しく解説
「人材開発」という言葉はよく耳にするけど、「組織開発」はあまり耳慣れないという方は少なくないと思われます。これら2つの言葉は同じ開発ではありますが、内容は大きく異なります。 そこでこの記事では、「人材開発」と「組織開発」の違いを解説し、その上で組織開発はどのように進めればいいのか、代表的な手法についても解説します。
新入社員研修の資料作成で気を付けるべきことは?抑えておきたいポイント5選
新入社員の研修には見やすく、わかりやすい資料作りが欠かせません。研修を終えた後に、資料を読んでも学んだことを思い出せるような内容にしたいものです。 そこでこの記事では、新入社員研修の資料作成の目的を再確認したうえで、最低限抑えておきたいポイントを解説します。
コンプライアンス教育の重要性とおすすめの実施方法と教材を紹介
コンプライアンス違反によって企業の経営が傾いたり、最悪の場合は破綻にまで追い込まれてしまうケースは後を立ちません。そんな中で経営層だけでなく、各社員のコンプライアンスに対する意識を向上させる必要があります。 この記事では、コンプライアンスの定義を改めて確認したうえで、コンプライアンス教育の重要性と適切な教育方法について解説染ます。
研修スケジュールの作り方 |  テンプレートやポイントまで詳しくご紹介
段取り良く研修を実施していくには、研修のスケジュール作りは欠かせません。スケジュールには、実施する研修の詳細が誰にでもわかるように適切な項目を盛り込み、適切なフォーマットで作成する必要があります。 この記事では、研修スケジュールのテンプレートを紹介した上で、作成するフローや作成時のポイントについて解説します。
スキルアップ研修の内容とは?|活用できる助成金や研修のポイントもご紹介
昨今では、IT技術の発達によりビジネスのスピードがひと昔前よりも各段上がっています。 そんな中ではトレンドの移り変わりも早く、経営者だけではなく、社員一人ひとりが時代の変化に柔軟に対応していかなければなりません。そのための施策の一環として社員のスキルアップに繋がる研修の実施を検討している方も少なくないと思われます。 そこでこの記事では、スキルアップ研修を行うメリットを解説した上で、導入時のポイントや具体的な研修内容や研修方法について解説します。
新人研修のカリキュラムの作り方と具体例を紹介
研修の計画を立てるにあたり、カリキュラムを作成することは非常に重要です。そんな中でも、まだ何色にも染まっていない新人の研修に関するカリキュラムは入念に作成したいものです。 そこでこの記事では、新人研修のためのカリキュラムを作る目的を解説したうえで、作成の際に抑えておきたいことや、新人研修で多くの企業に取り入れられている研修内容を紹介します。
コンプライアンス研修の目的と内容とは?すぐに実施すべき理由も解説!
昨今ではコンプライアンスという言葉をよく耳にする方も多いと思われます。 企業でもコンプライアンスに乗っ取った企業経営が求められる中、コンプライアンス研修の実施を検討している企業も少なくはないのではないでしょうか。 そこで、今回はコンプライアンスの意味や強化によって得られる効果と研修を行う目的を確認し、おすすめの研修方法について解説します。
企業研修はオンライン研修を活用したブレンディッドラーニングがおすすめな理由
社内で研修環境が整っていない企業にとって、今はどんな企業研修を行われているかについて知りたい方は多いのではないでしょうか。従来のオーソドックスな研修とは異なり、企業研修は大きく変化しています。 そこで、この記事では今どんな企業研修の導入形態があるのか、またそれを踏まえておすすめの研修方法について解説します。
アンガーマネジメント研修をオンラインで実施するならSchooビジネスプラン
アンガーマネジメントはアメリカで開発され、現在ではアメリカだけではなく世界各国の企業が研修に取り入れている「怒りの感情をコントロールする」プログラムです。アンガーマネジメントができるようになると、社内のコミュニケーション改善などが期待できる上に、個々人のストレス軽減などの効果も期待できます。そこで、このコラムではアンガーマネジメント研修の効果や対象者などをご紹介します。
人事の研修方法とは?|4つの研修プログラムをご紹介
「人材」という経営資源を最大限に活かす役割を担う人事部ですが、その人事担当者にも育成が必要です。 「人事部に人材を配属したけどどうのように教育すればいいのかわからない」という方も少なくはないと思われます。 そこでこの記事では、人事部の業務について理解し、自ら考え行動できる人材を育成する方法について解説します。
人材育成の考え方とは?自発的に学ぶ社員を育成する方法をご紹介
人材育成の最終的な目標は、企業の成長に貢献できる社員を育てることです。そのためには、社員一人ひとりが自分で考え、行動に移すことができるようにならなければなりません。そこで、この記事ではどういった考え方を持って、人材育成に取り組むことが必要なのか?について解説します。すでに人材育成に取り組んでいる方、またはこれから始める方も参考にしてみてください。
社内研修を効果的に行うには?企画から効果測定まで詳しく解説
社内研修の実施を任されたはいいものの、何から手を着けていいのかわからない、研修をどのように進めればいいのかもわからず困っているという人事担当者の方は多いのではないでしょうか?そこで今回は、社内研修の企画方法から実施・効果測定までの一連の流れを解説し、効果的な研修を行うためのポイントについても解説します。
企業が人材育成で抱えやすい6つの課題と解決策を解説
社内で人材育成を積極的に行っているにも関わらず、目に見えた成果が一向に上がってこないことに悩んでいる人事担当の方は少なくないと思われます。 効果的な人材育成を行うために、ネックとなっている課題を解決していく必要がありますが、一番厄介なことはその課題が何かわからないということではないでしょうか。 この記事では、人材育成における課題を、企業側、育成を行う教育担当者側、育成される研修生側の3つに分類して紹介し、その解決策についても解説します。
テレワーク時代の研修とは|生産性を上げるために必要な3つのスキル
テレワークを導入していく企業が増えていく中で、企業の研修もこれまでと同様という訳にはいきません。テレワークでも生産性を担保し、最大化させるためにはテレワークに求められるスキルを研修で養う必要があります。このコラムでは、テレワークに求められるスキルから、具体的にどのような内容を研修で養うべきかまで含めてご紹介します。
eラーニングの導入を成功させるための5つのポイントと導入する際のフローを紹介
アフターコロナも見据えて、いまe-ラーニングを社員研修や人材育成に利用しようと考える企業は増えています。しかし、e-ラーニングを会社に導入するためには、その必要性・有用性を社内で理解してもらう必要があるため、担当者がその知識を身につけなければなりません。そこで、このコラムではe-ラーニングを導入するメリットから、導入する際のフローまで含めてご紹介します。
人材育成の手法一覧|階層別の育成手法と人材育成の事例もご紹介
人事担当者にとって「人材育成ってどうやったらいいの?」といった人材育成に関するノウハウがないことによる悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。 人材育成を実施する場合、何をするか?を考える前に準備も必要です。 この記事では、まずは人材育成の目的を再確認し、実施に必要な事前準備を解説します。そして、その上で主な人材育成の手法を紹介します。
中小企業の人材育成の現状と課題は?効果的な施策についても解説
人材育成はどの企業にとっても重要な問題です。特に従業員数が大手企業に比べて少ない中小企業にとっては、従業員一人ひとりの働きが業績への影響が大きいだけでなく、大手企業に対抗するためには、人材育成がより重要になってきます。 中小企業で働く人の中には、人材育成に頭を抱えている方は少なくないと思われます。 この記事では、中小企業の人材育成における現状と直面している課題を提示し、それらの課題に対する解決策や、改善事例を紹介します。
人材育成は成長サイクルの定着が鍵|社員の成長を促すための4つのSTEP
人材育成を社内で定着させるには、成長サイクルが鍵となります。成長サイクルを簡単にいうと、人材育成版PDCAのようなものです。しかし、一般的なPDCAと成長サイクルには明確な違いがあります。その違いを知ることで、社内の人材育成をより定着させ、加速させることができるはずです。そこで、このコラムでは人材育成に必要な成長サイクルをご紹介します。
人材育成は目標設定から始まる|効果的な目標設定をするための4つのポイント
人材育成を会社内で浸透させるには、適切な目標設定をすることが鍵になります。効果的な人材育成を行うために、目標設定をする上で重要なポイントは4つあります。それらを押さえておくことで、人材育成を会社内に根付かせることは十分に可能でしょう。この記事では、効果的な目標設定をするための4つのポイントを中心に、企業として人材育成をする上での目標設定もご紹介します。
人材育成の効果測定方法とは|3つの指標で人材育成の効果を測定
人材育成は「人を育成する施策」を行うことなので、通常の業務上の施策と同様に効果測定をする必要があります。何にどのくらい費用や工数を使った結果、どのような成果を得られたのかという視点は常に持ち続けておかないといけません。そこで、このコラムでは人材育成の効果測定の方法を企業側の視点と社員側の視点から紹介していきます。
eラーニングのメリットとデメリットを学習側と企業側の2つの視点で紹介
eラーニングという言葉を耳にして、研修方法の一つとして考えている人は多いのではないでしょうか。 そこで気になるのは、「eラーニングってどういうもの?」「eラーニングのメリットやデメリット?」「他の企業はどんな風に導入しているの?」といったことです。 今回は、eラーニングの概要やメリットとデメリット、導入事例について解説します。
リカレント教育とは? 企業の導入例やおすすめの実施方法を解説
リカレント教育という言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。 近年、このリカレント教育が日本でも注目を集めています。 しかし、リカレント教育とは具体的にどういったものなのか、イメージのつかない人も多くいることと思います。 そこでこの記事ではリカレント教育とはどのようなものなのか、その効果や実際の導入例などを詳しく紹介しています。 ぜひご覧になってください。
オンライン研修でグループワークを効果的に行うための3つのポイント
研修対象者が遠隔地にいるため、全員で集まってグループワークができないといった理由から、オンライン研修でのグループワークを検討している方は少なくありません。 この記事では、オンライン研修でグループワークを実施するためのツールの使い方や、より効果的なものにするためのポイントについて解説します。
内定者研修の目的と内定者に教えるべき4つの内容を紹介
内定者に入社後に必要なスキルを少しでも身に着けてもらいたいと考え、内定者研修の実施を考えている方は少なくないのではないでしょうか。 内定者研修は、多くの企業で取り入れられているプログラムのひとつではありますが、 その目的や実施内容は様々です。 今回は、内定者研修の目的を踏まえた上で、内容や実施方法について解説します。
リーダーシップ研修の目的とリーダーシップを取るために必要な5つの能力
急速な変化に対応していかなければならないときや何か問題が起きてしまったとき、どのような決断をし、どのような方向へ集団を導けばよいか。それを考えるのがリーダーの役割です。場合によっては、過去に事例がなく比較対象もないような事態に立ち向かわなければならないときもあるでしょう。リーダーシップは有事のときに限る能力ではあいませんが、有事のときには特にその力が問われます。組織を最善の方向へ向かわせるため、どのような行動が求められるのでしょうか。それを学ぶのがリーダーシップ研修です。今回のこの記事では、リーダーシップ研修が必要な理由やリーダーシップを取るために必要な能力についてご紹介していきます。
リモート研修を効果的に行うための4つのコツ|リモートは今後スタンダードになるのか
リモートワークが盛んになったことによって、リモートで行う研修にも注目が集まっています。しかしノウハウがあまりWeb上に無いので、試行錯誤しながら手探りで進めているという企業も少なくないでしょう。この記事ではリモート研修を効果的に行うための4つのコツをご紹介します。
階層別研修とは?その種類やメリットを解説
昨今、企業間で様々なビジネス研修が行われている中、階層別研修にも注目が集まっています。 ただ改めて「階層別研修とはどんなものなのか?」と聞かれてもはっきりと答えを示せる人は意外と少ないのではないでしょうか。 階層別研修はその特性上これと決まった形がない為、これからの導入を検討している人はどんな研修を行えばいいのか迷ってしまう人は多いようです、 そこでこの記事では、「階層別研修とはどういったものなのか」「導入するにあたって実施すべき研修はどんなものがあるのか」を詳しくご紹介します。自分の階層に適した研修を探している方や人材育成担当の方はぜひ御覧ください。
メンター研修とは? 最近注目されているメンター制度のポイントを解説!
昨今、人材育成の一環としてメンター制度を導入する企業が増え注目を集めています。 時間と労力をかけて採用した新入社員が、1年も経たずに退職してしまうことは最近では珍しくなく、そういった早期離職者を抑制するという意味でもメンター制度今後ますます重要となってくるでしょう。 そこでこの記事では、メンター制度を導入するメリットやメンター制度を担う人物に求められる資質、さらには「メンター研修」を行う重要性についてご紹介します。 メンター制度・研修について詳しく知りたい方や、これからメンター研修をお考えの方などは是非ご覧ください。
プレゼンテーション研修の目的|研修で得られる2つの力を詳しく解説
社外での商談や、社内での会議など、ビジネスの場でプレゼンテーションを行う機会は非常に多くなっています。 一方、資料の準備や原稿の作成など、プレゼンテーションに対して苦手意識を持っている人は少なくないのではないでしょうか? 確かにしっかりとしたプレゼンテーションを行うには時間と労力がかかっていまいますが、その反面、プレゼンテーションを通して得ることができるスキルは非常に重要なものが多く含まれています。 そこで今回は、プレゼンテーションによって得ることのできるスキルにはどのようなものがあるのかや、ノウハウを学ぶことができるおすすめの研修をご紹介します。
コミュニケーション研修の内容とは?効果的に行う4つのSTEPを紹介
コミュニケーションは業務の質に大きく関わる重要なスキルです。コミュニケーションの齟齬で業務に支障をきたした経験がある人も少なくないでしょう。このコラムでは、コミュニケーション研修の重要性から、実際にどのようなコミュニケーション研修が効果的かまでをご紹介します。
Schooビジネスプランで人気の授業5選
Schooビジネスプランでは4,500本以上の授業を見ることができますが、その中でも特に人気の授業を5つ紹介します。有名なビジネス本の著書が語る人気シリーズから、ビジネス基本となるロジカルシンキングの授業まで、無料で一部公開しているので、気になった方はぜひご覧ください。
企業における人材育成のポイント|目標や計画の立て方を解説
労働人口が減少している今の時代、優秀な人材を採用だけで確保することは難しく、企業内から人材育成をしていくことの重要度は増しています。人材育成に力を入れたいけれど、どうしたら良いのかわからないとお悩みの経営者、育成担当者の方は多いのではないでしょうか。 この記事では人材育成の目的とポイントをご紹介します。ポイントを押さえて効果的に人材を育成していくことで課題を解決し、企業力の底上げを行っていきましょう。
人材育成の9つの目的とは|企業における人材育成の効果的な目標の立て方
人材育成は会社が成長する上で重要な要素の1つです。多くの企業でも、この人材育成は行われていると思いますが、明確な目的を持って行われているでしょうか?そこで、この記事では企業における人材育成がいかに重要なのか、その目的について9つご紹介します。また、その9つの目的を達成するため、目標の立て方とおすすめの人材育成の手法もご紹介します。
チームビルディング研修におすすめのゲームと事例をご紹介
チームビルディングは、企業の成長だけでなく各社員の成長にも非常に重要です。強いチームが強い企業を産むといっても過言ではないくらい、チームの力というのは他部署だけでなく会社全体に波及します。このコラムではチームビルディングの効果と実際の研修事例を併せて紹介いたします。
なぜ人材育成がうまくいかないのか?研修における課題と解決策
人材育成を進めているのに、思った様に社員が育たない。そんな悩みを抱えている人事担当者は少なくないと思われます。 昨今では、人材育成に関する様々なフレームワークや研修方法が生み出されていますが、それらをただ導入するだけでは効果が出ないこともあります。 この記事では、人材育成における根本的な課題や、一般的に取り入れられている研修方法に関して起こりやすい課題と解決策を紹介します。
リーダー研修の7つの目的とは?リーダーに求められる能力と研修内容
リーダーは、チームメンバーをまとめプロジェクトを達成させていくためのまとめ役といえます。チームを構成する人材は、年齢・性格・スキル・経験など、多彩であることがほとんどです。そのような人材をうまくまとめあげ、それぞれの力を存分に発揮してもらうには、リーダーとしての専門的な知識はもちろん、メンタルやコミュニケーションに関する知識やスキルを持っていることが求められます。この記事では、そうしたリーダーを育てるための研修についてご紹介します。
企業研修の内容とそのメリット・デメリットを事例とともにご紹介!
企業研修の目的は、社員一人ひとりを成長させることで企業を成長させることです。しかし、研修を行ったからといって社員のスキルアップが保証されるかといえば、必ずしもそうではありません。定期的に研修を行っているにもかかわらず、社員からの満足度が得られないとか、研修の効果が実感できないといった課題を抱えている企業は少なくありません。そこで今回この記事では、企業研修をより効果的なものにするためのポイントを解説し、さらに実際に成功している企業研修の事例を紹介します。
eラーニングって効果あるの?管理者と受講者双方の目線で解説!
社内研修に限らず、資格や子供の学習においてもeラーニングはますます主流になりつつあります。場所や時間、デバイスなどを選ばずに学習できるというスタイルが、スマホやタブレットが生活必需品となっている現代において最も便利で効率的な方法だと考える人が増えているからでしょう。これまでにもいくつかの記事を通してeラーニングをご紹介してきましたが、今回は社内研修としてeラーニングを活用する際、管理者と受講者の双方にどのようなメリットがあるのかを比較してみました。
反転学習(反転授業)とは?メリット・デメリットや研修への活用方法を解説
効果的な人材育成の方法として、今や多くの企業が研修を取り入れています。研修は、仕事に必要な知識や実践的な事例を学ぶ上ではとても効果的な方法です。ですが、研修の実施方法によっては想定したよりも効果がないという声が挙がってしまうこともあります。今回ご紹介する反転学習は、研修内容をより充実させ、受講者のスキルアップをより実践的にするのに役立つ学習方法です。研修内容を見直すタイミングがやってきたという企業のご担当者様や、より効果的に研修を実施する方法を模索されていらっしゃるご担当者様は、ぜひお役立てください。
【2021年最新版】人材育成の研修に使える補助金・助成金一覧
人材不足に悩む企業が多い昨今、社員の人材育成の見直しを行っている企業も少なくないのではないでしょうか。人材育成は、研修や教育を行ったからといって成果をすぐに実感できるようなものではありません。そのため、思い切った取り組みや予算を増やして教育を行うことに躊躇する気持ちが出てしまうことも考えられます。しかし人材育成は、要件を満たせば政府から助成を受けながら行うことも可能です。今回は、人材育成に活用できる補助金・助成金についてご紹介します。
研修の目的・ねらいはどう設定する?企業の人材育成における研修のポイント
国際競争の激化によって人材不足が叫ばれる昨今、人材育成はどの企業にとっても課題となっています。研修を計画し実施する育成担当者の方の中には、研修の結果や費用対効果を求められる機会が増えたと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。どのような研修をどのタイミングで行えばよいのかなど、研修を行う前に考えなければならないことは多くありますが、今回は研修の目的や目標の立て方、両者の違いや目的に合わせた研修の行い方などを解説します。
「研修って効果あるの?」と言われないために……効果のある研修を実施するポイント
社員の人材育成のためにさまざまな内容の研修を用意しても、肝心の受講者自身がその内容を吸収し自分のものとして現場で力を発揮していかなければ、コストをかけて行った研修の意味がなくなってしまいます。実際、現場から「研修の効果がない」という耳の痛いことを言われている人材育成担当の方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回は、効果のある研修を実施するポイントをいくつかご紹介します。二度と「研修は効果がない」と言われないために必要なことをお伝えしていきます。
「研修講師って何をすればいい?」研修講師を任された時のポイント
新入社員研修やマナー研修、マネジメント研修など、多くのビジネスパーソンは、何かしらの研修に参加したことがあるはず。しかし講師の説明が理解できなかったり、しっかり腹落ちできなかったり、モヤモヤしたまま終えた経験もあるのではないでしょうか。では、逆に自分が研修講師の立場になってみたら、どうでしょう? 受講者を満足させることができるでしょうか? 今回はスクーの人気授業「実演で学ぶリーダーのためのファシリテーションスキル」を参考に、研修講師に必要なスキルである「ファシリテーション」のポイントを学んでいきます。
eラーニングとは?学習効果を最大限高めるeラーニング研修実施のポイント
さまざまな学習のスタイルがある中で、近年eラーニングは学習スタイルの主流になりつつあります。従来のような講師と受講者が対面で顔を合わせて行う講座形式の研修とは違い、場所や時間などを制限されないという点は、eラーニングの魅力の一つです。 この記事では、eラーニングのメリットやデメリットを紹介するほか、企業でeラーニングを導入する際のポイントなどもご紹介します。eラーニングに関する知識が曖昧になってしまっていた方や、今後eラーニングの導入を検討されている方はぜひお役立てください。
人材育成を成功させる6つのポイント|社員の自発性を高めるコツを紹介
近年、急速的に変化する社会に対応できる人材が求められています。「人材育成」は企業の経営課題として常に挙がるテーマではありますが、グローバル化や多様化が進む社会においては、より重要なテーマとなりつつあります。この記事では、企業の人材育成を考える際に重要な育成の目的やポイントなどを解説します。
効果的な研修を行うコツとは?人材育成における研修のポイント
自社で研修を用意しても、その効果を感じられなかったり、社員から不評だったりと、人材育成は一筋縄ではいきません。良い人材を育てるには、研修などを通じて良い教育を行うことが求められますが、一体どのような方法で教育を行えば効果を感じることができるのでしょうか。今回のこの記事では、人材育成の方法としてよく用いられる研修の意味や効果的な研修を行うためのコツをご紹介します。
eラーニングに最適な受講時間は?学習効果の最大化に向けたおすすめの取り組み方法
インターネットを通じて、オンラインで学習することをeラーニングと呼んでいます。eラーニングは、個人の学習のみに向けられたものに限らず、最近では企業でも研修や教育として活用されるようになりました。eラーニングは、自分のペースで学習できるというメリットがありますが、学習成果を実感するには取り組み方に工夫が必要です。この記事では、eラーニングの効果的な取り組み方を解説します。
「研修マニュアルってどう作るの?」新人教育で活用すべきマニュアルの作成方法
新人研修でマニュアルを活用する企業は多いですが、せっかくマニュアルを作成したにも関わらず、運用しきれずに困っているということも耳にします。今回のこの記事では、せっかく作成したマニュアルを一時的なものにしないための活用方法や、作成のポイントについて解説します。自社で新人研修のマニュアルを作成する際や運用の見直しの際に、ぜひご参考ください。
「研修」と「セミナー」の違いは?目的に応じた正しい選択を
自己研鑽のために、自ら社外の「セミナー」や「研修」に出向き学んでいる方の中でも、両者の違いを明確に認識している方は少ないのではないでしょうか。今回のこの記事では、セミナーと研修の違いや、両者のメリット・デメリットをご紹介するだけでなく、両者を企業の人材育成の一つとしてどのように導入すべきかも解説します。ぜひ、自社の人材育成にお役立てください。
【内定者研修・新入社員向け】ビジネススキルの基礎を習得できるオススメのオンライン学習コンテンツとは?
【ビジネスプラン】をご利用いただいている企業様にご好評の授業の中から、ビジネスマナーやWord・Excel・PowerPointなどの「ビジネススキル」を習得できるおすすめコンテンツをご紹介します。ぜひ内定者や新入社員の研修にご活用くださいませ。
eラーニング研修で社員育成を加速させるには?無料視聴あり
eラーニングとは、おもにインターネットを通じて時間や場所を選ばずに各々が学ぶことのできる学習システムのことを指します。eラーニングは集合研修の代替としての役割だけでなく、多様化する時代に適応していくことのできる、自発的に学ぶ社員の育成促進としての役割も期待されています。
新入社員にビジネスマナーを教えるときの3つのポイントと注意点
新入社員にビジネスマナーを教えることに苦労されている方は多いのではないでしょうか。いくつかのポイントさえ押さえてしまえば、ビジネスマナーを新入社員に教えるのは難しくありません。この記事では新入社員の教育担当者に向けて、ビジネスマナーを教えるときのポイントについて解説していきます。
新入社員研修の目的と育成・マネジメント方法とは?
新入社員研修とは、企業に新しく入社してきた社員に向けて指導・育成する研修のことを指します。このページでは、特に知識がなく教育が必要な「新卒の新入社員向け」の企業研修を対象としながら、新入社員研修の目的や、新入社員の特徴、新入社員のキャリア観やマネジメント方法などをご紹介します。
成功するOJT研修とは?
 「OJT研修」とは、企業や組織での研修を目的として具体的な業務に取り組みながらその方法や知識を学ぶ育成方法のことです。このページでは、OJT研修の成功に向けてOJT研修の具体的な意味やその目的、また効果的な取り組み方を人事担当者や企業・組織内における教育担当者の方に役立つよう解説します。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ