ABWとは?導入するメリットや注意点から活用方法を解説
ABW(Activity-Based Working)は、従来の固定的なオフィス作業ではなく、社員の作業内容や気分に合わせて働く場所を自由に選択できる働き方のことです。 自分の作業スタイルに合った場所で仕事ができるので、集中力アップや異なる部署間の連携ができ、生産性の向上が期待できます。この記事では導入するメリットや注意点から活用方法を解説します。
クリエイティブシンキングとは|重要性や手法、ロジカルシンキングとの違いについて解説
クリエイティブシンキングとは、問題解決やアイデアの発想において伝統的な枠組みから逸脱し、新たな視点や独自のアプローチを追求するプロセスです。本記事では、クリエイティブシンキングの重要性や手法、さらにはロジカルシンキングやラテラルシンキングとの違いについて解説します。さらに、クリエイティブシンキングのメリットや鍛え方、そして実際の活用事例まで幅広く掘り下げています。クリエイティブシンキングを駆使して、競争力を維持し、イノベーションを推進するためのヒントを見つけましょう。
集合知とは|意味や例、メリットなどをわかりやすく解説
集合知(しゅうごうち)は、多くの人々の知識や経験を結集し、共有するプロセスを指します。この記事では、集合知の定義やその重要性について解説し、形式知や暗黙知との違い、活用方法、メリット、デメリット、そして集合知を生み出すための取り組み、実際の事例についても詳しく紹介します。
ゼークトの組織論とは|無能な働き者の特徴、4分類についてわかりやすく解説
「無能な働き者は組織にもっとも害を与える」と、説いたのはドイツの軍人であるゼークト氏です。無能な働き者とは、正しい判断力や行動力がともなっていないにもかかわらず、自身の判断で(よかれと思って)仕事を進めてしまい、周囲を混乱させる困った人材のことです。 この記事ではゼークトの組織論から、人材の4分類と無能な働き者の特徴とアプローチの方法を解説します。
人材育成ができる人とは|特徴や必要な能力、企業の取り組み例を紹介
組織には「あの人の下に配属された部下は必ず成長する」といわれる人がいます。人を育てることが得意な人材です。中間管理職の多くが育成力を高め、若手人材が活躍するようになれば、業績が向上し組織の発展が見込まれるでしょう。人材育成ができる人には、共通した特徴があるようです。 この記事では、人材育成ができる人の特徴や必要な能力を解説し、企業の取り組み事例を紹介します。
宿泊研修とは|目的やメリット、事例を紹介
宿泊研修とは、研修参加者と講師や運営スタッフが数日間、研修会場に泊まり込んでおこなう研修です。日常の業務環境を離れ集中して受講できるため、短期間で成果を上げやすい特徴があります。 この記事では、宿泊研修の目的やメリット・デメリット、成功させるためのポイントと実施事例を解説します。
研修のグループワークは意味がない?理由やメリット、効果的な研修のポイントを解説
企業の研修にはグループワークが取り入れられますが、残念ながら参加者からは「無意味」であるという評価を受けることもあります。しかし、講師や運営スタッフの努力や工夫により、こうした厳しい評価を覆すことも可能です。 この記事では、グループワーク型研修が無意味といわれてしまう理由を分析し、効果的な研修にするためのポイントを解説します。
体験型研修の効果とは|メリット・デメリットやおすすめ7選を紹介
座学・講義型研修のウィークポイントを補う手法として、体験型研修が注目を集めています。体験型研修とは、いわゆるワークショップ形式の研修スタイルで、高い研修効果が期待できるとして導入する企業が増えているようです。 この記事では、体験型研修の概要とメリット・デメリット、おすすめの体験型研修コンテンツを紹介します。
研修の時間が無駄になる理由|効果的な研修のポイントや方法を紹介
社員研修を実施しても受講者に「時間の無駄」と思われてしまうことがあります。コストと時間を費やし、受講者も時間を割いて出席しているにもかかわらず、不幸な結果であるといわざるを得ません。 この記事では、研修が「時間の無駄」といわれてしまう理由と、時間の無駄といわれないための効果的な研修のポイントや方法を解説します。
モチベーション3.0とは|従業員のやる気を引き出す方法を解説
企業の生産性にかなりの割合で影響を及ぼすのが、従業員のモチベーションです。適切なモチベーション管理をおこなっている組織は活気にあふれ、従業員はやる気に満ち、常に高い業績をキープできるでしょう。 この記事では、比較的新しい概念であるモチベーション3.0の概要とメリット、モチベーション3.0を活用し従業員のやる気を引き出す方法を解説します。
経営戦略とは|経営戦略の概要や作成方法・企業事例を解説
不確実性を増す現代のビジネス環境において、企業は生き残りをかけて独自の経営戦略を策定しています。企業が持続的に発展するには、自社のビジョンや経営資源を踏まえた経営戦略を練りあげる必要があるからです。 この記事では経営戦略が重視される背景や、策定方法とフレームワーク、優れた経営戦略の企業事例を紹介します
ITエンジニアに必要なスキルとは?6つの基礎スキルや職種別に求められるスキルを解説
深刻なITエンジニア人材の不足が続く昨今では、社内でITエンジニアを育成する取り組みが多くの企業で導入されています。本記事では、ITエンジニアに求められる基礎スキルや、ITエンジニアのスキルを育成する方法について解説します。担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
デジタルリテラシーとは|意味や重要性、高める方法を解説
デジタルリテラシーは、現代社会においてますます重要性を増しているスキルの一つです。この記事では、デジタルリテラシーの定義、ITリテラシーとの違い、デジタルリテラシーが求められる背景、高める方法、そして低いデジタルリテラシーのデメリットについて詳しく解説します。
コンサルタントに必要なスキルとは?一覧や求められる3つの要素をわかりやすく解説
コンサルタントは企業の現状や取り巻く環境から経営課題を抽出し、解決を図るプロフェッショナルです。企業が持続して発展するためには、さまざまな変化により生じる課題を、スピードをもって解決しなければなりません。 また、企業内においてコンサルタントの役割を果たすような、課題解決力の高い人材を育成することも必要になってくるでしょう。この記事では、コンサルタントに求められるスキルや要素について解説します。
AI人材とは?不足している理由や必要なスキルを解説
近年、Chat GPTをはじめとした生成AI技術の急速な技術進展により、企業ではそれらの技術を活用して事業推進を加速させるために「AI人材」の獲得や育成が求められています。マーケット全体で見てもAI人材に該当する人は非常に少なく、今後もますますその育成や獲得が課題となるでしょう。本記事では、AI人材が不足する理由や求められるスキル、育成方法などについて解説します。
2030年問題とは|具体例や企業への影響について解説
2030年問題は、未来の労働市場における重要な課題の一つです。生産年齢人口の減少により、労働力不足や経済への影響が懸念されます。当記事では、2030年問題の背景や具体的な影響、企業が取るべき対策について解説します。 2030年問題により、企業は人材の確保や獲得競争の激化、人件費の上昇などさまざまな課題に直面します。しかし、適切な対策を講じることで、企業はこの課題に立ち向かい、持続的な成長を実現することができるでしょう。 2030年問題の本質に迫り、その影響や解決策について詳しく見ていきましょう。
職群とは|利用する目的や具体例、職位・職種との違いについて解説
職群とは、職業や仕事を分類するための基本的な枠組みであり、似た職務内容やスキルセットを持つ職種をグループ化します。当記事では、職群の定義や職群転換の重要性、具体的な職群の例、職位や職種の違いなどについて詳しく紹介します。職群について知りたい方やキャリア開発に興味がある方にとって、役に立つ情報が含まれていますので、ぜひ読み進めてみてください。
プレゼンティーイズムとは|原因と企業の対策・労働者が克服する方法について解説
プレゼンティーイズムとは、労働者が仕事に出勤しているにもかかわらず、実際には健康やパフォーマンスの問題で効率的に仕事ができない状態を指します。この記事では、プレゼンティーイズムの定義や原因、企業側が取るべき対策、労働者自身が克服する方法について説明します。プレゼンティーイズムが企業や労働者に与える影響や、プレゼンティーイズムを測定する方法についても解説します。さらに、プレゼンティーイズムを改善するための具体的な対策や健康促進プログラムについても紹介します。
ラーニングゾーンとは?活用メリットや具体的な方法を紹介
ラーニングゾーンとは、人が成長する仕組みを3つのゾーンに分けて捉えた概念に関する用語です。当記事では、ラーニングゾーンの概要や活用のメリット、ラーニングゾーンを取り入れるポイントについて解説します。企業の育成担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
カッツモデルとは|スキル分類や応用分野・成功事例についてご紹介
リーダーシップは組織の成功において非常に重要な要素です。カッツモデルはリーダーシップのアプローチの一つであり、組織のパフォーマンス向上に大いに貢献することができます。当記事では、カッツモデルの基本的な概要に加えて、他のリーダーシップ理論との比較も行います。 さらに、カッツモデルには3つの階層と3つのモデルがあり、それぞれの特徴と活用方法について詳しく解説します。また、リーダーシップの重要なポイントである人材育成についても取り上げます。この記事を通じて、リーダーシップの重要性やカッツモデルの価値について深く理解することができるでしょう。
社会的感受性とは?重要性と高めるための方法を解説
社会的感受性とは、相手の表情やしぐさなどから、その人の感情や心理状態を感じ取る能力のことです。他者とのかかわりを持ち社会生活を送るうえで、社会的感受性は非常に重要で、企業においてもチームを運営するために求められる能力の一つです。 この記事では、社会的感受性がなぜ重要なのか、社会的感受性が高いメリットや高めるための方法を解説します。
研修転移とは|研修を現場で活かすために企業が取り組むべきことを解説
コストと時間をかけ社員研修を実施しても、思うような効果が得られないと課題を抱える企業は多いのではないでしょうか。いわゆる「やりっぱなし」の研修となっているのかもしれません。「やりっぱなし」の研修を「役に立つ」研修に変えるには、研修転移の考え方に注目する必要があります。 この記事では、研修転移の概要とメリットや課題、研修転移を実現し現場で活かされる研修にする方法を解説します。
メンタルモデルとは?人材育成に取り入れるメリットと方法を解説
メンタルモデルは、過去の経験や環境に基づく、潜在意識下での価値観や思考の枠組みです。人材育成に取り入れることで、組織の効率的なチームビルディングや、従業員の苦手意識の克服といったメリットが期待できます。 本記事では、メンタルモデルの概念や人材育成に取り入れるメリット、その方法について紹介していきます。
推論のはしごとは|意思決定の過程を見える化する仕組みを解説
「推論のはしご」とは意思決定の思考のプロセスを梯子の段に見立てて、段階ごとに理解しやすく見える化したモデルのことです。なぜこの結論になったのかということを理解するために、思考の背景や傾向を明確にするツールといえます。 この記事では、「推論のはしご」とはどのようなものかを、7つのプロセスなどを含めて紹介し、どのように活用すればいいかを解説します。
U理論とは|意味や実践方法をわかりやすく解説
U理論とは、複雑で解決が難しい問題に対して、これまでになかったイノベーションを起こして解決する実行力や、その能力を引き出すプロセスのことです。過去の改善では解決できない問題をかかえる現代社会では、U理論で紹介する「出現する未来からの学習」によって新しい解決策が必要になっています。 この記事では、U理論の概要やメリットを紹介し、U理論で述べられている3つのプロセスと実践するための7つのステップについて解説します。
大企業病とは?中小企業にも見られる原因と症状への対策
大企業病とは、組織が大きくなり安定していることで、現状維持を優先するようになり、チャレンジしなくなる企業体質や企業風土のことを指します。 大企業病は、大企業だけでなく中小企業やベンチャー企業でも発生する可能性があります。 この記事では、大企業病にかかるとどのような症状が起こるのか、大企業病の対策としてどうすればいいのかを具体的に解説し、大企業病にかかったために発生した事例を合わせて紹介していきます。
リモートマネジメントとは|リモートワークで生じるマネジメントの課題と対策
リモートマネジメントとは、リモートワークで業務に取り組む際のマネジメントの手法のことです。離れて仕事をするようになったことで評価や管理が難しくなり、今後どうすればいいのか悩みを抱えている企業も少なくないようです。 本記事では、リモートワークが進む中で生じるマネジメントの課題と、解決のための対策を紹介していきます。
SECIモデルとは|4つのプロセスや課題・解決策をわかりやすく解説
SECIモデルとは、個人が蓄積している知識や経験といった「暗黙知」を、文章や図表など自分以外の人にも理解できる形「形式知」に転換し、組織内で共有するためのプロセスのことです。 この記事では、SECIモデルの4つのプロセスやSECIモデルに必要な「場」について解説し、SECIモデルを活用した企業事例などを紹介していきます。
実践知とは|意味や形式知に転換するためのポイントを解説
実践知とは、実践の場で適切な判断ができる能力のことをいいます。本などで学ぶ知識とは違い、多くの実践の経験から身につく能力で、「暗黙知」といわれる言語化されていない個人の経験から得た知識の一種です。 この記事では、実践知とはどのようなもので、なぜ重要視されるのか、また実践知を形式知に転換するメリットとその方法を解説します。
自走する組織とは|求められる背景とメリット・育成の方法を解説
自走する組織とは、自分たちでやるべきことを考えて行動し、成果をあげられる組織のことをいいます。 時代の変化とともに、これまでのような上司からの指示を受けて動くトップダウン方式では対応できなくなってきており、自走する組織への変革が求められるようになってきています。 この記事では、自走する組織が重要視される背景や自走する組織の作り方などを具体的な企業事例を交えながら解説します。
成功循環モデルとは?活用するメリットや方法を解説
目先の成果や結果を追い求めるあまり、組織の雰囲気が悪くなってしまうことがあります。継続的に成果や結果を出し続けるためには、心理的安全性を高めて従業員同士の関係を良好にすることが重要です。成功循環モデルは、結果を出すために必要な要素やサイクルを示した組織開発フレームです。本記事では、成功循環モデルの考え方や活用メリット、改善方法について紹介していきます。
AI(アプリシエイティブインクワイアリー)とは?活用メリットや企業事例を紹介
人材開発や組織活性化を進める手段のひとつに、AI(アプリシエイティブインクワイアリー)という手法があります。AIと言うと人工知能を思い浮かべる方も多いですが、本記事で解説するアプリシエイティブインクワイアリーは、自分たちが持つ強みや価値・なりたい姿に着目し、パフォーマンスの向上につなげるものです。 本記事では、アプリシエイティブインクワイアリーの考え方や活用のメリット、実行に必要な4Dサイクルなどについて解説します。アプリシエイティブインクワイアリーをしっかりと理解し、組織活性化を図りたいと考えている担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。
自己組織化とは?ビジネスにおけるメリットや促進するためのポイントを解説
従業員が自ら考えて行動を取れるようにするには、自己組織化に注目することが重要です。自己組織化はビジネスにおける重要な考え方であり、従業員が自己組織化を理解することで、組織全体の高い成長が見込めます。 本記事では、自己組織化の考え方やメリット、促進するためのポイントなど、企業で自己組織化を推進する際に知っておきたい知識を解説します。
自己マスタリーとは?注目される理由や企業事例も紹介
「自己マスタリー」とは、ピーター・センゲ氏が提唱する「学習する組織」における5つの要素のひとつです。本記事では、自己マスタリーの概要を解説したうえで、学習する組織を実現するポイントや実際の企業事例を紹介しています。企業の育成担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
グループダイナミクスとは?活用するメリットや注意点を解説
企業で売上を伸ばし利益を上げるには、従業員ひとりの力では充分な成果を出すことができません。従業員一人ひとりの力を伸ばし、ひいては企業全体の能力を高めるために、グループダイナミクスという考え方に注目が集まっています。 本記事では、グループダイナミクスの概要や活用するメリット・活用方法などを詳しく解説します。
統合報告書とは?求められる背景や作成のポイントを企業事例とともに解説
近年、統合報告書を発行する企業が増えています。グローバル企業を中心に、非上場企業から大学まで広がりをみせているなか、統合報告書の作成を検討する企業も多いでしょう。 本記事では、統合報告書の概要と同一視されやすいアニュアルレポートの違いのほか、作成が求められる背景や作成のポイントを解説します。さらに、統合報告書を発行している企業事例も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
対話型組織開発とは|診断型組織開発との違いやメリット・対話を促す手法を解説
対話型組織開発とは、組織開発の手法で「対話によって組織内の人材の関係性」を向上させ、組織をより良い方向へ導くことを目的としています。近年、従来の「診断型組織開発」から、「対話型組織開発」へ変化する潮流が見られています。不確実性を増すビジネス環境においては、所属する人材の関係性を向上させる重要性が認識されはじめたのでしょう。 この記事では、対話型組織開発と診断型組織開発の違いを明確にし、対話型組織開発のメリットや、組織内の対話を促す手法について解説します。
データ分析スキルとは?職場で発揮するメリットやデータ分析スキルを高める方法を解説
データ分析スキルは、現代のビジネス環境において重要な競争力を持つ要素であり、今後もビジネスにおいてますます重要視されています。当記事では、データ分析スキルの重要性や必要なスキル、データサイエンティストの役割やデータ分析スキルを高める方法などについて解説しています。ビジネスパーソンはもちろん、データ分析に興味がある方も必見です。
週休3日制とは?メリット・デメリットから導入する際の注意点までを解説
週休3日制は、働き方改革の一環として、政府が推進する休日制度です。導入する企業が増加傾向にありますが、本制度にはメリット・デメリットが存在するため、導入の際には適切な制度設計が求められるでしょう。 本記事では、週休三日制の概要のほか、メリット・デメリット、導入する際の注意点を企業事例とともに解説します。
オフボーディングとは|オンボーディングとの違いやその効果・具体的な実施方法について解説
オフボーディングとは、退職希望の社員が意思表示をして、最終的に退職にいたるまでをサポートする取り組みです。雇用の流動化やワークスタイルの多様化にともない、転職へのハードルは下がっています。こうしたなか、退職者へどのように接するかは、企業イメージを左右する重要なポイントとなりました。 この記事では、オフボーディングの概要、オンボーディングとの違いや効果を解説します。
ジェンダーハラスメントとは?具体例や企業が負うリスク、対策を解説
ジェンダーハラスメントは、社員の就業意欲や心身の健康に影響を及ぼしかねない問題をはらんでいます。ハラスメントを行う側に嫌がらせや差別の認識がないケースも多く、そういった点が対策を難しくさせているのです。 この記事では、ジェンダーハラスメントの概要や企業で起こりやすい具体例、企業のリスクとその対策を解説します。
知的生産性とは?効率的な仕事を実現する方法と重要性・労働生産性との違いを解説
知的生産性とは、現代のビジネス環境で求められるスキルの一つです。単なる作業量を超えた、質の高い成果を生み出す能力を指します。しかし、知的生産性を向上させることは容易ではありません。 当記事では、知的生産性とは何か、労働生産性との違い、知的生産性が求められる理由、知的生産性を高めるメリット、そして知的生産性を向上させるための方法について紹介していきます。
グローバルマインドセットとは?グローバルマインドセットを構成する要素や高める方法を解説
グローバルビジネスに必要な能力として注目される「グローバルマインドセット」。異なる文化や国でのビジネスに必要な視野を広げ、柔軟に対応できる能力を指します。本記事では、グローバルマインドセットを構成する要素や育成方法について解説しています。異文化理解やコミュニケーションスキルなど、グローバルマインドセットを高めるために必要なポイントをまとめています。
男性育休とは|取得の現状や導入メリット・企業がとるべき対策を解説
男性の育休取得促進などを含む「育児・介護休業法」の改正が、2022年4月より段階的に施行されています。企業においては男性が育休を取得しやすい環境整備が急務であり、D&I推進の観点からも重要な施策となるでしょう。 本記事では、男性の育休取得における現状、導入メリット・デメリット、取得率をあげる方法を解説します。
バランススコアカード(BSC)とは?4つの視点やメリットについて解説
企業が継続的に成長するためには、優れた経営戦略が欠かせません。かつては財務の視点中心に戦略が練られていましたが、現代のように変化の激しいビジネス環境においては、より多角的な視点で練られた経営戦略が求められます。そこで、注目を集めているのが「バランススコアカード(BSC)」です。 この記事では、バランススコアカード(BSC)の概要や、基本となる4つの視点、メリットについて解説します。
完遂力とは|組織を強くする完遂力の高い人材の特徴を解説
「完遂力」とは、「物事を最後までやりきる力」「最後まで諦めずに成し遂げる力」のことです。完遂力の高い人材が多く所属する組織は、目標達成に向け最後まで諦めず、粘り強く取り組むため、目覚ましい成果を上げることが期待できます。 この記事では、組織を強くする「完遂力の高い人材」がもつ特徴や、完遂力を高める方法を解説します。
キャリアブレイクとは?注目される背景や有効活用するためのポイントを解説
キャリアブレイクとは、一時的にこれまでの仕事を離れ、自分のこれからのキャリアを改めて考えた学び直しやスキルアップに充てる期間のことです。人生100年時代では、人生において働く期間も長くなり、自分のキャリアを改めて考えて進みたいと考える人が増えています。企業側も、時代の流れの中で多様な人材に対応する必要が生じてきています。キャリアブレイクをポジティブに捉え、将来に活かす方法を考えてみましょう。
デジタルスキル標準とは?求められる背景やスキル項目から学習項目について解説
デジタルスキル標準(DSS)とは、経済産業省が定めたDX化が求められる現代で求められるスキルや指針などを指します。急速に発展していくデジタル社会で、ビジネスパーソンはどのようなデジタルスキルを身につけていけばいいのか、企業がどのようなデジタルスキルを持った人材を育成すれば良いのかを考える担当者は多いでしょう。この記事では「デジタルスキル標準」が定めた内容についてまとめています。
起業家精神とは?自律型人材を育てるためのメリットや方法を解説
起業家精神は、新規事業はもちろんのこと企業全体の成長を高めるために持っておきたいスキルの1つです。 起業家精神を持つことで、個人の成長だけでなく組織やチームへの意識変化に良い影響を与えます。そこで本記事では、起業家精神の概要から育成方法について詳しく解説していきます。
組織学習とは?企業にもたらすメリットや実酢する上でのポイントを解説
「組織学習」とは、個人の学習を組織の成果につなげるアプローチ方法です。 本記事では、組織学習の概要や2つのサイクル、組織学習のメリットについて解説します。組織学習のポイントについても触れていますので、企業の育成担当者の方はぜひ参考にしてください。
オープンスペーステクノロジー(OST)とは?有効な活用方法や進め方を解説
オープンスペーステクノロジー(OST)は、ワークショップの進め方の一つです。テーマに賛同する参加者が自発的に集まって対話を行いますが、リーダーがコントロールするのではなく、参加者で作り上げていくことを重視します。オープンスペーステクノロジーの導入によって、自由な話し合いを通じた新しい発想や解決策が生まれることや、真のリーダーシップが育つことが期待されています。この記事では、オープンスペーステクノロジー(OST)とはどのようなものか、その特徴や進め方などを解説します。
エグゼクティブコーチングとは|メリットや導入の流れを解説
エグゼクティブコーチングは、社長や取締役などの経営層を対象にしたコーチングです。 経営者は企業にとって重要なことを最終的に判断し決定する立場にあります。しかし、その悩みや苦しさを相談する相手は少なく、孤独を感じることも少なくありません。そうした中で、経営者層がエグゼクティブコーチングを活用する事例が増えています。この記事では、エグゼクティブコーチングのメリットや導入の流れ、コーチの選び方などを解説します。
キャリアゴールとは?設定のポイントや手順を解説
キャリアゴールは、今後どのようなスキルを身につけていきたいか、キャリアを積んでいきたいのかといった長期プランの最終地点をいいます。昨今はビジネス環境の変化が目まぐるしく、将来像が描けずに不安を感じている従業員は少なくありません。 本記事では、キャリアゴールの概要を確認し、なぜ重要になるのかその理由のほか設定の仕方、企業が支援する際のポイントを紹介します。
キャリア志向とは?その重要性と考えるための方法やポイントを解説
キャリア志向は、自分自身の仕事におけるキャリアについて、どういった興味や価値観、考え方で形成するかという概念を指しています。 近年、終身雇用が破綻し、老後2,000万円が必要と言われている中で、自分自身のキャリアを今後どうするのかを把握することが非常に重要になってきています。 そこで本記事では、キャリア志向の概要からキャリア志向を考えるための方法、ポイントについて詳しく解説していきます。
目標設定理論とは|現場のモチベーションを上げる目標設定のポイントを解説
目標設定理論は、個々の人材の貢献意欲を高め、成果を最大化する効果的な戦術として活用できる理論です。適切かつ具体的で明確な目標があるとき、人は高いモチベーションをもって仕事に取り組みます。高いモチベーションを維持し、仕事に邁進する風土が根付いた組織は業績を向上させ、大きな発展を見込める組織として成長していくでしょう。 この記事では、ロックが提唱した目標設定理論をもとに、現場社員のモチベーションを向上させる目標設定のポイントを解説します。
ピープルマネジメントとは?導入時のポイントも解説
考え方や働き方が多様化している現代で、人的資本の重要性が高まるなか、ピープルマネジメントに注目が集まっています。ピープルマネジメントは、仕事の成果そのものではなく仕事へ取り組む姿勢や成長を促すマネジメント手法です。 本記事では、ピープルマネジメントの概要および、導入時のポイント・注意点などを解説します。
目的志向とは?ビジネスで重視される理由や育成する方法を解説
目的志向とは、達成したい目的や目標を掲げることでモチベーションを高め、目標達成を目指して自律的に行動するタイプのことです。問題を回避したいということが行動のモチベーションになるタイプと反対で、こうなりたいと思うことが大きなモチベーションとなり行動につながります。 この記事では、目的志向がなぜビジネスで重視されるのか、目的志向のメリットや目的志向の人材を育成する方法などを解説します。
社員のITスキルを高めるには?5つの方法とスキルの種類を解説
ITスキルは、現在のほとんどの職種で必須となるスキルといえます。さらに、DXの推進が進められる中で、より一層のリテラシーやスキルの向上が求められつつあります。本記事では、ITスキルの主な種類やその重要性、社員のITスキルを高める方法について解説します。
危機意識とは?人材の意識を健全に高めるための方法や注意点について解説
中長期的な事業の成長を達成するためには、経営者だけでなく従業員も危機意識を持たなくてはなりません。しかし、社内に危機意識を醸成させる方法を誤ってしまうと、かえって生産性が低下してしまうおそれがあります。当記事では、従業員に健全な危機意識を醸成させるための方法やその注意点ついて解説します。
組織の風土改革とは|推進方法と成功させるポイントを解説
人材確保の難しさや働き方の多様化など、企業と人材を取り巻く環境は大きく変化しています。こうしたなか、これまで培ってきた組織風土に、改革の必要性を感じはじめる企業も少なくないようです。本記事では、組織風土改革の推進方法と成功させるポイントを解説します。
社員のプログラミングスキルを高めるには?そのポイントや研修の活用方法を解説
プログラミングスキルはエンジニアのみに限らず、現在では非エンジニア職の社員が身につけることも少なくありません。しかし、職種や社員によってはなぜ身につけるべきか、どのような方法で学ばせるのが良いのかと悩む人事の方もいらっしゃるでしょう。本記事では社員にプログラミングスキルを身につけさせるメリットやポイント、研修の活用について解説します。
他者理解とは?企業での促進が重要な理由と人材に促すための方法を解説
ビジネスシーンにおいては、さまざまな職種や立場の人と関わることから「他者理解」が必要不可欠と考えられています。当記事では、他者理解の定義や企業内で他者理解の促進が重要な理由や従業員の他者理解を促すための方法について解説します。人事・育成担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
グローバルリーダーに求められるスキルとは?育成の施策例も紹介
グローバルリーダーとは海外でもリーダーとして活躍できる人材のことで、グローバル化や国内市場の縮小に伴い、ニーズが高まっています。本記事では、グローバルリーダーに求められるスキルや、グローバルリーダーを育成するための施策例を紹介します。
女性管理職を巡る昨今の状況とは?育成におけるポイントも解説
日本における女性管理職の比率は未だ低い状態にあり、キャリア支援が急務の課題となっています。当記事では、女性管理職を巡る昨今の状況や、女性管理職が少ない原因について解説します。女性管理職の育成におけるポイントについても触れていますので、担当者の方はぜひご一読ください。
マルチタスク能力とは?マルチタスク能力を育成するメリットや注意点を解説
マルチタスク能力とは、複数のタスクを同時並行で行う能力のことです。当記事では、マルチタスク能力の概要やマルチタスク能力を育成するメリット、マルチタスク能力を育成する際の注意点について解説しています。人事育成担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
フレキシビリティとは?フレキシビリティ人材の特徴や育成ポイントを解説
フレキシビリティは、環境変化や状況に応じて、柔軟に対応できる柔軟性や適応性です。本記事では、フレキシビリティが求められる背景や、人材の特徴や育成ポイントを紹介しています。社員のフレキシビリティ向上に向けて、本記事を参考にしてください。
胆力とは?ビジネスシーンで求められる理由や育成する方法について解説
ピンチや壁に直面したときでも、平常心を失わずに向き合える能力である胆力。昨今のビジネスシーンでは、胆力がある人材の必要性が高まりつつあります。それでは、なぜビジネスシーンで胆力の重要性が高まっているのでしょうか。当記事では、胆力がビジネスで求められる理由や胆力がある人材の特徴、従業員の胆力を育成していくメリットを解説していきます。人事担当者や育成担当者は、ぜひ参考にしてください。
現場主義について考える | 現場主義の特徴・企業例を紹介
現場主義は、企業や組織が問題を解決する際に、現場での実践や経験を重視することを意味しています。さまざまな問題に対して、現場主義を取り入れることで、効果的な解決策が見いだせる可能性があります。本記事では、現場主義の特徴やメリット・デメリット、企業事例を紹介します。
日本に女性リーダーが少ない理由とは?求められるスキルや育成のポイントを解説
日本でも女性の社会進出が一般的になった今、目指す未来として「女性リーダーが多く存在する環境を確保すること」が挙げられています。しかしながら、女性リーダーの数は、徐々に増えてはいるものの、男女比率が五分五分というまでには程遠い状況です。当記事では、日本における女性リーダーの状況や日本に女性リーダーが少ない理由、女性リーダーを育成する際のポイントについて解説しています。
牽引力とは?ビジネスで重視される背景と高め方を解説
牽引力とは、周囲の人間をリードする力のことです。リーダーシップを求められる場面では、牽引力が重要と考えられています。当記事では、牽引力の概要や牽引力が注目される背景、牽引力がある人材の特徴について解説しています。育成担当者の方はぜひ参考にしてください。
プロ意識とは?発揮する人に共通する特徴や高めるための方法を解説
「プロ意識」とは、職務に対する責任感や使命感を表す言葉です。当記事では、プロ意識の概要やプロ意識を持つことのメリット、従業員のプロ意識を高めるための具体的な方法について詳しく解説しています。人事・育成担当者の方はぜひ参考にして下さい。
社交性とは?社員のスキルとして育成するメリットや高める方法を解説
社交性は、仕事において人間関係を構築するために不可欠な能力であると考えられています。当記事では、社交性の概要やビジネスにおける社交性の高い人の特徴、社交性を効果的に高める方法について解説しています。人事・育成担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
スルースキルがビジネスシーンで重要な理由とは?高い人の特徴や身につけるためのポイントを解説
スルースキルは、仕事における人間関係を円滑にしたり、あらゆるストレスへ対処したりするためにも重要なスキルの1つです。その使い所は見極める必要はありますが、なぜビジネスパーソンにとって必要なのか、また上手く活用している人にはどのような特徴があるのかについて解説します。
発想力とは?ビジネスで必要とされる背景や鍛え方を解説
発想力は現代のビジネスシーンにおいて、重要視されるスキルの1つです。新しいアイデアを導き出すことは課題解決にも有効であることから、あらゆる職種で重宝されるスキルであるといえます。本記事では発想力がビジネスで注目される背景や、発想力の具体的な鍛え方について解説します。
DEIとは|注目されている背景や企業の取り組み事例を紹介
DEIとは、「ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン」を略した言葉です。近年、企業理念に取り入れている企業が増えているようです。それでは、なぜDEIが注目されて、多くの企業がDEI促進に取り組んでいるのでしょうか。本記事では、DEIの定義や注目を集めている背景、DEI促進に取り組む際のポイントなどを解説していきます。
アントレプレナーシップとは?8つのスキルと育成方法も紹介
アントレプレナーシップは、起業家に必要なあり方、即ち利益を生み出すために世の中の課題に対して新しい解を提示し、リスクを恐れずに立ち向かっていく精神・姿勢を示す言葉。本記事では、アントレプレナーシップに関するスキルや育成方法を紹介しています。社員のアントレプレナーシップ向上に向けて、本記事を参考にしてください。
自分ごと化とは?従業員にオーナーシップを持たせるためのポイントや事例を解説
自分ごと化とは、従業員が企業の目標や課題に対して当事者意識を持って物事に取り組むことを指します。当記事では、自分ごと化の概要やその重要性、従業員にオーナーシップを持たせるためのポイントについて解説します。人事・育成担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
共創力とは?求められる背景や人材が発揮するためのポイントを解説
共創力とは、さまざまな背景を持つメンバーが協力し新しい価値創造や課題解決を図ることを指します。ビジネスシーンにおいても共創力の重要性は年々高まっており、実際に官学民の連携プロジェクトが進められることが増えてきました。当記事では、共創力の概要や共創力が求められる背景について解説します。
好奇心とは?ビジネスにおける重要性と組織での高め方を解説
この記事では、好奇心の重要性や組織での高め方について、ビジネスパーソンの方々にとって役立つ情報を提供します。従業員の能力開発に取り入れることができるアイデアや、組織内での好奇心を高めるための具体的な方法など、実践的なアドバイスをご紹介していきます。
人材戦略とは|人材戦略立案の4ステップと策定のポイントを解説
少子高齢化により労働人口が減少し、人材の獲得競争は激化しています。加えて、働き方改革が推進されるなど労働に対する価値観が多様化し、企業はこれまでの人材戦略の見直しを迫られることもあります。本記事では、人材戦略の概要と立案のステップ、策定のポイントまで解説します。
チャレンジ精神とは?社員が発揮できない原因やその育成方法を解説
チャレンジ精神は、失敗や困難を恐れずに課題や新しい物事へ挑戦する姿勢です。急速に変化している昨今のビジネスシーンにおいては、こうしたチャレンジ精神のある人材の育成が重要です。本記事では、チャレンジ精神のある人材を育成するポイントや具体的な方法を解説していきます。
オープンマインドとは?ビジネスにおける有効性や組織に浸透させる方法を解説
「オープンマインド」とは、自分自身をオープンに保ちながら、周囲の意見にも敏感に耳を傾け、素直に受け止めることができるマインドのことを指します。オープンマインドになることで、自分と相反する意見にも寛容になり、対人スキルを向上させることができます。 当記事では、オープンマインドの言葉の意味やビジネスシーンにおけるオープンマインドの有効性、オープンマインドを従業員に浸透させる方法について網羅的に解説します。
スマートワークとは?導入するメリットや導入時のポイントを解説
スマートワークとは、ICTを活用した、場所や時間を選ばず自由に働ける働き方のことです。生産性の向上やワークライフバランスの実現が期待でき、働き方改革の一環として取り入れる企業も多いです。本記事では、スマートワークのメリットや導入時のポイントについて解説します。
キャリア形成とは|社員のキャリアデザインを支援する取り組みを解説
近年、働き方の多様化が進み、労働を取り巻く環境が大きく変化しました。こうしたビジネス環境において、社員の自律したキャリア構築は、企業・個人の双方にとって重要な課題となっています。本記事では自律したキャリア形成が求められる背景や、企業が社員のキャリア形成を後押しする取り組みを解説します。
成長機会の提供が組織を強くする|社員の成長を促す具体的な手法を解説
企業が組織力を強化するには、人材の成長が不可欠です。人材は仕事を通じた経験により、欠かせない戦力に成長していきます。社員の成長は、会社が戦略的に成長機会を提供することで加速するものです。本記事は、社員の成長を促す企業の取り組みを具体的に紹介します。
自発性とは?職場で発揮するメリットや社員の自発性を高める方法を解説
組織が強くなるためには、自律型人材の育成が欠くことのできない時代へと変わりつつあります。あらゆる変化に柔軟かつスピーディーに対応するには、社員が自発性を発揮し、自身の頭で考えた行動が求められるためです。本記事では、社員の自発性が発揮されるメリットから、自発性を高める方法を解説します。
シェアド・リーダーシップを活用するポイントとは?メリットやスキルを解説
シェアド・リーダーシップが浸透しているチームは、メンバー全員がリーダーシップを発揮できることが特徴です。新入社員や若手社員にも、リーダーシップの発揮が期待されます。 本記事では、シェアド・リーダーシップの概要やそのメリット、求められるスキル、実施のポイントについて解説します。
対比誤差とは?その問題点や社内で事前防止するための方法を解説
多くの企業で人事評価制度が取り入れられていますが、中には正しく運用されていないケースがあります。適正な人事評価制度は従業員のモチベーションを上げ、企業をより発展させていきますが、人事評価制度が不十分だと、経営や企業の発展の弊害となり得ます。適正な評価ができていない状態として、対比誤差が挙げられます。対比誤差が起こると、従業員のモチベーション低下を招き、結果として組織力を低下させてしまいます。本記事では対比誤差が発生する原因や問題点、対比誤差を防ぐ方法について解説しています。
相談力とは?相談力のある人材育成のメリットから研修のポイントまでご紹介
自社の人材は仕事に課題が出てきた時に1人で抱え込む傾向にあるので、どうにか相談力を身につけさせたいと頭を抱えることはないでしょうか。この記事では相談力のある人材を育成するメリットから、研修のポイントまで詳しくご紹介します。
学習スキルとは?学びの必要性や社員の学習を継続させるポイントを解説
政府がリカレント教育を推進する中、社会人になると自ら学習する人が非常に少ないという現状があります。多忙でも学習を継続するには、効率の良い学習スキルを習得する必要があります。本記事では、ビジネスパーソンにおける学習スキルとはどのようなものか、学びの必要性やメリット、社員の学習を継続させるポイントについて解説します。
有期実習型訓練とは?メリットや制度についてを詳しく解説
有期実習型訓練とは、非正規雇用の人材を正規雇用にするために必要な能力を訓練をし検討することができるシステムです。企業内での人材の採用・育成は、社内の発展に欠かせない重要課題です。本記事では、有期実習型訓練の概要や制度の特徴、さらにジョブカードについて紹介します。
GTDとは?活用方法やタスク管理の基本の5ステップを解説
GTDとは、今抱えているタスクを整理することで今注力すべきことを明確にし、専念できるシステムのことです。タスク管理に関するアプリや方法は多くありますが、自分でタスクの重要度を決めたり、Todoリストに追加したりと手間が多いのも事実です。本記事では、GTDの概要や基本となるステップ、さらに具体的なプロセスについて紹介します。この記事を読めば、タスク管理への悩みが解決するでしょう。
アンゾフの成長マトリクスとは?4つの成長可能性や多角化戦略の方向性について解説
アンゾフの成長マトリクスは、事業の成長・拡大を図る際に用いられるマトリックスのことです。「売上の伸びがあまり良くない」「お客様のサービス継続率が低い」などの課題がある場合、市場の変化に合わせた販売戦略を考える上で有効です。本記事では、アンゾフの成長マトリクスの概要やメリット、さらに具体的なアクションについて紹介します。
役割等級制度(ミッショングレード制度)とは?導入するメリットやデメリット、注目された背景などを紹介
日本企業の多くは年功賃金や終身雇用を元として、その人が持つ能力を評価する「職能資格制度」が主流です。しかし、近年の少子高齢化で若者が昇進できずに離職する割合が増えているのも事実。本記事では、役割等級制度の概要や他の等級制度との違い、導入するための手順などを解説します。
社会的企業(ソーシャルエンタープライズ)とは?特徴や定義、企業例を解説
SDGsやダイバーシティ&インクルージョン・女性活躍推進など、社会を良くするために貢献している会社はたくさんあります。その中でも、社会的企業はご存じでしょうか?今回は社会的企業の定義や注目された背景、実際の企業を解説していきます。社会に貢献したいけど、どのようなアクションを起こすべきなのかという参考になればと思います。
ターンアラウンドとは?注目される背景から行うメリットまで詳しく解説
企業が経営困難に陥った際、ターンアラウンドという言葉がよく使われますが、どのような意味を持つのかよくわからない人も多いでしょう。 この記事ではターンアラウンドが注目される背景から、企業がターンアラウンドを行うメリットまで詳しく解説します。
離職率を下げる対策とは?離職の現状と企業の取り組み事例も合わせて紹介
社員の離職は、企業経営に大きなダメージを与えかねません。優秀な人材の流出を防ぐためにも、離職率を下げる対策が必要です。本記事では、離職防止の対策が必要な理由から、入社しても早期に離職してしまう現状、中小企業の取り組み事例、新入・若手社員の離職率を下げるための対策までを解説します。
企業が取り組むべきサステナビリティとは?その現状やメリット|事例も紹介
サスティナビリティとは、持続可能性を意味し、SDGsが国連サミットで採択されたことで、広く注目されている概念です。企業経営では、経済・社会・環境において、持続可能な状態を実現することが求められています。本記事では、サステナビリティの概要やその現状、企業が取り組むメリット、企業事例について解説します。
リモート時代に求められるリアルワークの価値とは?その重要性や効果の上げ方を解説
リモートワークが普及してきた現在、今までの物理的に自社に出社していた姿を「リアルワーク」と呼ぶ機会が増えています。現代におけるリアルワークには、どんな意味があるのでしょうか。その重要性について確認していきましょう。
革新力とは?人材に求められる理由や必要となるスキルについて解説
革新力はイノベーション創出にもつながることから、革新力を持った人材確保や社員への育成、浸透などに積極的に取り組む企業も少なくありません。しかしながら、社員の革新力を高めるにはどうすればよいか分からない人事部の方も多いのではないでしょうか。本記事では革新力とは何か、革新力を高めることが重要な理由、必要な能力などを解説していきます。
戦略的学習力を身につける方法とは?企業が社員の学びを支援するポイント
戦略的学習とは、マイケル・オズボーン教授によって提唱された概念です。全てのビジネスパーソンに求められるスキルとして注目を浴びています。本記事では、戦略的学習力の概要、必要とされる理由、身につける方法、企業が社員の戦略的学習を支援するポイントについて解説します。
リテラシーとは?正しい意味や使われる場面について解説
昨今、ITリテラシーやマネーリテラシーなど、「リテラシー」という言葉がビジネスや日常の場面でも使われることが増えてきています。しかし、何となく聞いたことはあるものの、正しい意味や何のために必要であるのか、あいまいな方も多いでしょう。本記事では、リテラシーの意味や種類、ビジネスにおいてリテラシーが必要な理由、社員のリテラシーを上げる方法について紹介します。
洞察力とは?洞察力の高い人材の特徴や育成する方法を解説
洞察力とは、物事や人を深く観察することで、その奥に潜む意図や本質を見抜ける能力です。本記事では、洞察力がある人の特徴や、ビジネスで洞察力を高めるメリットを解説しています。また、洞察力を高めるための方法も紹介しているため、人事担当者はぜひ参考にしてください。
フリーライダー社員とは?その特徴や社内で実践する対策について解説
フリーライダーとは、会社に対して貢献をせず、給料を得ている人物をさします。本記事では、フリーライダーの特徴やデメリット、社内でフリーライダーを生み出さないための対策などを解説します。フリーライダーへの対策法を知りたい人は参考にしてください。
集中力を維持するには?社員が集中できる職場環境の作り方や高める方法を解説
近年、多くの企業が職場環境の見直しを実施しています。職場環境を整えると、従業員だけではなく、企業にもさまざまなメリットが生まれるためです。本記事では、社員の集中力を維持する方法や集中を維持しやすい職場環境を整えるためのポイントについて詳しく解説しています。
CSOとは?その役割が求められる理由や必要となるスキルを解説
近年、大手企業を中心に、「CSO」という役職を耳にすることが多くなりました。しかしCEOやCOOなどと比べ比較的新しいポジションであり、その意味や役割については良く理解できていない人も多いでしょう。この記事では、CSOの概要や求められる役割について詳しく解説します。
向上心とは?向上心のある人材の特徴や高める方法を解説
向上心が高い人が企業では良く評価されますが、向上心がある人の特徴は何なのでしょうか。向上心を高める方法について具体的に知ることで、そうした人材を増やしていくことができます。向上心を高めるためにどのような機会を作ることが大切なのかを解説します。
考え抜く力とは?その必要性や構成する要素から高める方法を解説
社会人としての基礎的なものを考える場合に、考え抜く力が大切ということが言われ始めています。考え抜く力とはどういう力なのか、どういう時に本当に必要とされるのでしょうか。また、考え抜く力を構成する要素を知ることで高める方法について解説します。
人間関係構築力とは?社会人に求められる理由や高める方法を解説
人間関係構築力とは、人とのつながりや信頼関係を構築する能力のことです。テレワークが導入される中で、これまで以上に社員間のコミュニケーション不足や、コミュニケーションの取り方について考えさせられた方も少なくないでしょう。本記事では、人間関係構築力の概要から、仕事をしていく上で求められる理由や高める方法について解説します。
フェイディングとは?フェイディング法を用いた人材育成のメリットや育成方法を解説
自ら考えて主体的に行動できる人材の育成手法として、「フェイディング法」に注目が集まっています。本記事ではフェイディングの概要やフェイディング法を用いた人材育成のメリット、具体的な育成方法について解説しています。企業の教育担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
リーダーシップ開発とは?その手法から今求められるZ世代以降のリーダーシップについても解説
リーダーシップ開発は、会社の次世代を担うメンバーだけでなく、あらゆる世代やメンバーに必要となります。この記事ではリーダーシップ開発の手法や、Z世代以降の若い世代への対応をどうすべきかについて解説していきます。
客観力とは?客観力の高い人材の特徴や鍛え方のポイントを紹介
客観力とは、自分を客観的に見る能力です。本記事では、客観力の概要やビジネスにおいて客観力が重視されている理由、客観力を高めるメリットについて解説しています。客観力を鍛えるためのトレーニング方法についても紹介していますので、教育担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
社員の活動意欲を高めるには?その定義や手法から高い人の特徴まで解説
企業の成果に直結する、従業員の活動意欲。そもそも活動意欲が高い社員は、自身の成果や周囲にどのような影響を与えるのでしょうか。そして、どうやって高めていけば良いのでしょうか。基本的な考え方から、意欲を高めるための手法まで解説します。
達成力とは?高い人の特徴や身につけるためのポイントについて解説
達成力を高めることで、立てた計画を最後までやり遂げられるようになります。企業全体の生産性を高めるためにも社員の達成力を高めることが重要です。本記事では達成力とは何か、達成力が高い人の特徴や身につけるためのポイントについて解説していきます。
人材マネジメントポリシーとは?作成するメリットやその手順を解説
「人材マネジメントポリシー」とは、人材マネジメントにおける会社と社員の約束事のことです。本記事では、人材マネジメントポリシーの概要や人材マネジメントポリシーをつくるメリットについて解説しています。企業の教育担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
独創力とは?意味からビジネスで注目される背景まで詳しく解説
今後独創力のある人材が企業には必要だという話を耳にするものの、どうしてそのような人材を育成しなければならないのかがよくわからないと思う方も多いのではないでしょうか。この記事では独創力の意味からビジネスで注目される背景まで詳しく解説します。
販売力とは?販売力を構成する4つの力や販売力を高める方法を解説
販売力とは、顧客に対して自社の製品やサービスを販売する能力です。本記事では、販売力の類義語、販売力を構成する力や販売力を高める方法を解説しています。また、販売力研修を実施するメリットも紹介しているため、人事担当者はぜひ参考にしてください。
ToBeモデルとは?活用される場面や手順を解
ToBeモデルとは、企業のあるべき姿や理想の状態を明確化するモデルです。ビジネスにおいても、企業の風土改善や業務改善、マーケティング戦略立案などで活用されます。本記事では、ToBeモデルの意味やAsIsモデル、CanBeモデルとの関係性、ToBeモデルが活用される場面や手順、更には役立つ代表的なフレームワークまで、紹介します
セルフエンパワーメントとは?意味から注目される背景まで詳しく解説
従業員の意欲や能力を引き出すのはチームのマネージャーの仕事と言えども、従業員1人1人が自分自身でも意欲や能力を高める努力をするように出来れば理想ですよね。この記事では、そんな人に知ってほしいセルフエンパワーメントについて詳しく解説します。
経営者視点とは?従業員が持てない理由から研修のポイントまでご紹介
会社の経営層から経営者視点を持つ人材を育成してほしいと言われているけれど、具体的にどのような人材を育成すればよいのかイメージがわかず困ることはないでしょうか。この記事では経営者視点を従業員が持てない理由から、研修をする際のポイントまで詳しく解説します。
許容力とは?高い人・低い人の特徴や身につけるポイントについて解説
許容力を高めることで部下が仕事で失敗しても感情的にならず、部下に的確に指導することができるようになります。許容力が高い人ほどマネジメント職の才能があると言えるでしょう。本記事では許容力とは何か、許容力が高い人・低い人の特徴、身につけるポイントについて解説していきます。
オープンエンドクエスチョンとは?その特徴とクローズドクエスチョンとの使い分けも解説
会話の際、特にビジネスにおける会話の際に重要とされるのが、オープンエンドクエスチョンとクローズドクエスチョンの使い分けです。この記事では、オープンエンドクエスチョンを中心に、その特徴や使い分けの方法について解説していきます。
アセッサーとは?導入の流れやメリット・デメリット、ポイントを解説
アセッサーとは、人事評価や査定を行う人のことを指します。元々は介護業界でよく使われる言葉ですが、近年は関連したアセスメントセンターなどが人事領域でも導入され、注目されています。本記事ではアセッサーとは何か、アセッサー導入の流れやメリット・デメリット、ポイントについて解説します。
メンタルタフネスとは?メンタルが強い人材の特徴や鍛える方法を解説
職場での心の健康管理の取り組みが重要視される中、メンタルタフネスの概念が注目されています。企業においては、ストレスを力に変え、成果を上げられる人材の育成が喫緊の課題です。本記事では、メンタルタフネスの概要や重視される背景、メンタルが強い人材の特徴、メンタルタフネスを鍛える方法について解説します。
応用力とは?ビジネスに役立てる方法や身につけるポイントについて解説
応用力は、変化の激しい現代において重要なスキルの1つだと言えます。特にビジネスシーンでは、新しい挑戦や想定外の対応を求められるシーンは少なくないでしょう。本記事では応用力とは何か、ビジネスに役立てる方法、身につけるポイントについて解説します。
プロセスマップとは?プロセスマップ作成の目的や作成手順を解説
組織改編や業務改善などを行う際、実情が把握できていないということがあります。そのような場面で活用できるのが、プロセス全体を可視化する「プロセスマップ」です。本記事では、プロセスマップ作成の意味や目的、代表的な手法などについて紹介します。
ロジカルコミュニケーションとは?話す際のポイントや身につける方法を解説
ロジカルコミュニケーションは、ビジネスパーソンに必要なスキルの1つです。しかし、論理的で根拠ある表現は意外と難しく、社員の要領を得ない話し方は、企業イメージにも影響を与えかねないでしょう。本記事では、ロジカルコミュニケーションの概要や社員のロジカルコミュニケーションを身につける方法などについて解説します。
ビジネスにおけるオールラウンダーとは?強みから育成するメリットまでご紹介
企業で働く人の中にはオールラウンダーと呼ばれる人がいます。このような人たちをどのように捉え、活かせばよいのでしょうか。この記事ではビジネスにおけるオールラウンダーの強みから、企業で育成するメリットまで詳しくご紹介します。
政治力とは?強い人の特徴や高めるポイントについて解説
政治力を高め、上司や部下を上手くコントロールしていくことは、仕事を円滑に推進していくためにも重要です。社会人としての基礎力が高くても、政治力を持つ視点が欠けていると実力を発揮できないことも増えてきます。そこで本記事では政治力とは何か、政治力が強い人の特徴や高めるポイントについて解説しています。
構想力とは?構成化を行うために必要なプロセスとそのポイントを解説
構想力は、新しいプロジェクトの計画を立案するときなどに重要なスキルとなります。しかし、構想力を高めるには具体的に何から行えば良いのでしょうか。本記事では構成力とは何か、構成化を行うために必要なプロセス、そのポイントについて解説します。
ビジネスにおける戦略思考とは?戦略思考を身に付けるメリットや方法を解説
「戦略思考」について、なんとなく意味を知っているものの、具体的にどのようなものかを説明できない、そんな人は少なくないと思います。本記事では、戦略思考の定義や戦略思考を身に付けるメリットについて解説しています。戦略思考を習得する方法についても紹介していますので、ぜひ最後までご一読ください。
Know Whoとは?社内で活用する方法やメリットについて解説
Know Whoとは、組織内で誰がどのような知識を持っているのか把握・共有する仕組みです。この仕組みを取り入れることで、社内のナレッジを効率良く活用できるといったことが期待できます。今知りたい情報を誰が理解しているのか、誰にヒアリングしてたらいいのかわからないという経験は多くのビジネスパーソンが直面したことがあるのではないでしょうか。本記事では、Know Whoを社内で活用する方法やメリットについて紹介します。
アンコンシャスバイアス研修とは?企業が注目する背景から研修のポイントまで詳しく解説
アンコンシャスバイアス研修は、思い込みや偏見によって間違った判断を下してしまうことを防ぐためにも重要な取り組みとなります。なぜ、アンコンシャスバイアス研修が注目されているのか、その例を踏まえながら、研修を実施するためのポイントまで詳しく解説します。
フラット組織とは|メリット・デメリットや課題の解決法も解説
理想の組織のあり方については様々な議論がある中で、社員の自立性を重視するフラット組織が注目されることがしばしばあります。しかし、どんな特徴があるのかご存知の方は少ないかもしれません。この記事では、そんなフラット組織についてメリットやデメリット、そして抱える課題の解決方法についても解説していきます。
定量評価とは|メリットやデメリットと指標設定のポイントについて解説
定量評価とは、明確な数値基準や方針が掲げられているので評価しやすく、評価への納得感も得やすい人事制度になります。定量評価では物事に対して、数値に着目して捉えて評価するやり方になります。今回は定量評価のメリットやデメリット、指標設定のポイントについてご紹介します。
コンピテンシーアセスメントとは?評価方法や具体例を紹介
コンピテンシーアセスメントは、人材を評価するうえで重要です。コンピテンシーアセスメントを正しく活用することで、社員のモチベーションを上げたり、成長を促すことができます。当記事ではコンピテンシーアセスメントについて、概要から導入方法まで紹介していきます。
SMARTの法則とは?そのメリットや活用する際のポイントを解説
SMARTの法則は、ビジネスにおける目標設定に有効です。SMARTの法則を活用して目標設定することで、「今何をするべきか」が明確となり、スムーズに次の行動に移れるようになります。自主的に行動できるようになるため、社員のモチベーションアップにつながります。本記事ではSMARTの法則について、メリットや活用するときのポイントについて解説していきます。
リストラクチャリングとは?意味からメリットまで詳しく解説
リストラクチャリングは会社経営をする上で経営者が行う施策だということは理解できるけれど、具体的にどのようなことをするのかまではイメージがわかないという人も多いのではないでしょうか。 この記事ではリストラクチャリングの意味から、行うメリットまで詳しく解説します。
トランジションとは?企業が取り組むべき環境整備方法を紹介
近年、流動性の激しいビジネス環境下において、各企業でも組織改編や人事異動などが多く発生しています。その中で、主に人事分野など人材を扱う領域で注目されているのが、「トランジション」です。本記事では、トランジションの意味やメカニズム、トランジションのデザインによる効果やデザインする際のポイントなどを、解説します。
社員の計画力を高める方法とは?その必要性や人材に共通する特徴を解説
計画力は、ビジネスパーソンにとって欠かせないスキルの1つです。目標達成のためには、時間を先読みしながら、仕事の質を向上させる計画力が求められています。本記事では、計画力の意味やその必要性、社員の計画力を高める方法などを解説します。
センスメイキングとは?7つの要素と活用例について解説
センスメイキングとは、これまでの経験やできごとに対して何らかの意味づけを行う思考法であり、ビジネスシーンにおいても応用することができます。本記事ではセンスメイキングとは何か、センスメイキングの7つの要素、ビジネスでの活用例について解説していきます。
MOT(技術経営)が注目されている理由は?導入するメリットや方法について解説
近年、MOT(技術経営)を導入して、世界でも渡り合えるようになることが企業では注目されています。グローバル化が進んでいることによって、企業はこれまで以上の競争力を身に付けるために、様々な経営戦略を立てています。本記事では、多くの企業で注目されているMOT(技術経営)を導入するメリットや導入するための方法について紹介します。
アクティブリスニングの意味とは|効果や研修カリキュラムを紹介
アクティブリスニングは、近年企業内でも効果を実感できると注目が集まっている手法です。特に、社内の人間関係を良好にしたいといった課題がある企業では、アクティブリスニングの導入がおすすめです。本記事では、アクティブリスニングの定義やメリットをご紹介します。
セルフコンパッションとは|構成要素やメリットを具体的なやり方とあわせて解説
セルフコンパッションとは、自分への慈しみを意味し、自分自身のことを大切に思う力のことで、ストレスの多い環境下でも前向きな気持ちを持ち続けられる心理状態を指します。近年、心理的なコントロールのひとつとして採用している企業が増えてきています。自分を肯定的に受け入れることで職場や自身に好影響をもたらすセルフコンパッションについて、構成要素やメリット、具体的なやり方を解説します。
ストレスマネジメントとは|具体的なやり方や企業がすべき施策を解説
過度のストレスによるメンタルヘルス上の理由で、休職もしくは退職する社員が増加しています。そのことによって、他の社員への負担となり、生産性の低下を招きかねません。本記事では、ストレスマネジメントの概要や企業に求められる理由、社員に対するストレスマネジメント施策とそのポイントについて解説します。
AIを人事業務に活用するには?導入するメリット・デメリットやポイントを解説
人事評価に時間がかかりすぎてしまったり、評価基準が定まらなかったりして困っている人事部の方もいるのではないでしょうか。人事業務を効率化させる方法の1つにAI導入があります。本記事では、AIを人事業務に活用するメリット・デメリット、ポイント、導入事例について解説していきます。
みなし役員とは?税法上の取扱いについて判定の基準や配偶者への給与支払いとあわせて解説
みなし役員は、役員として登記をしていないにも関わらず、税法上では役員として扱われます。みなし役員と判定されるかどうかで、給与や賞与の支払額や取扱いが異なります。 企業の経費にも大きく影響が出てくるので注意が必要です。みなし役員に該当するかは、判定基準がわかりづらいので、見落とされがちです。みなし役員の税法上の取扱い、判定の基準や配偶者への給与支払いについて、よくある疑問を踏まえながら解説しています。
組織を最適化する人員配置とは?目的・手順・注意点を簡潔に解説
人員配置は、各部門の人員構成をどのようにするか考え、実際に人事異動や役職変更により配置を行うことです。また、社内での人事異動・役職変更だけでなく、採用による配置も人員配置にあたります。 経営戦略としても重要とされる人員配置について、目的・手順・注意点について解説します。
社内ベンチャーとは?メリットと設立時の注意点を簡潔に解説
「新しく革新的なサービスを生み出したい」「主体性のある従業員の成長を促したい」このような展望を持つ企業にとって、有効な方法の一つとなるのが社内ベンチャー制度です。 新しい事業を、社内の資本を利用してつくるため、スモールスタートできる上に、人材育成の観点からもメリットが大きい制度となります。社内ベンチャーについて、設立時の注意点を踏まえて簡潔に解説します。
バーンアウトとは?人材損失を回避するために企業ができる予防方法を解説
近年、労働環境の急激な変化によって、バーンアウトを起こす社員の増加が懸念されています。企業にとって、社員の精神的健康や心の安定は重要なテーマといえるでしょう。本記事では、バーンアウトの概要や特徴的な症状と要因、予防方法について解説します
リエゾンとは?リエゾン型人材のメリットや育成方法を解説
リエゾンには、仲介や橋渡しといった意味があり、ビジネスではリエゾン型人材という言葉で使われています。本記事では、リエゾン型人材に必要なスキル、メリットを解説しています。また、リエゾン型人材を育成する方法も解説しているため、人事担当者はぜひ参考にしてください。
PM理論とは?4タイプのリーダー像やPM型リーダーを育成する方法を解説
PM理論は、リーダーがとるべき行動に着目した行動理論の1つです。この理論を知っておくと、リーダーシップを発揮する場面で、きっと役立つでしょう。本記事では、PM理論の概要から、4タイプのリーダー像やリーダーシップ機能を高めるポイント、PM型リーダーを育成する方法までを解説します。
リスク管理とは?そのプロセスやリスク管理の実効性を高める方法を解説
社会環境の激しい変化にともない、不確実性が高まり、企業を取り巻くリスクは確実に多様化しています。そのため、リスクに対する策を講じることで、経営体制を万全にしなければなりません。本記事では、リスク管理の概要や求められる理由から、そのプロセス、実効性を高める方法までを解説します。
アルファ世代とは?特徴やZ世代の違いからみるZ世代の人材育成ポイント
アルファ世代は、その多くが2030年代以降に就業する世代です。少子高齢化による労働人口の減少という観点から、アルファ世代を見据えたZ世代の人材育成を進めておかなければなりません。本記事では、アルファ世代の特徴やZ世代とのデジタル環境や就業観の違い、Z時代の人材育成ポイントについて解説します。
キャリア採用とは?メリットから成功させるポイントまで詳しく解説
最近採用活動の場でキャリア採用という言葉をよく聞くものの、中途採用との違いやキャリア採用をするメリットがよくわからないということはないでしょうか。 この記事ではキャリア採用とは何かから、企業がキャリア採用を成功させるポイントまで詳しく解説します。
KJ法とは|ブレインストーミングを活用するやり方や実施のメリット・デメリットを解説
KJ法は、断片的な情報やアイデアを効率よく整理する際に使われる手法のことです。 50年以上前に川喜田二郎さんによって提唱された考え方ですが、今でもビジネス現場で頻繁に使われています。 この記事では、KJ法のやり方やメリット・デメリットを分かりやすく解説します。
ソフトスキルとは?具体例やハードスキルとの違いについて解説
ソフトスキルは、どのような人材にも求められる能力であるといえますが、どうすれば高めることができるのでしょうか。本記事では、ソフトスキルとは、ソフトスキルの具体例、ハードスキルとの違い、ソフトスキルを高めるためのポイント、について解説していきます。
スキルトランスファーとは?メリットや具体的方法について解説
スキルトランスファーは、会社で蓄積された知見やスキルを最大限に活かすためにも重要です。しかし、導入手順が分からず、何から始めれば良いのか困っている人事の方もいるのではないでしょうか。本記事では、スキルトランスファーとは何か、メリットや具体的方法について解説していきます。
セルフモチベーションとは|実践するメリットや向上させる方法について解説
仕事では目標達成のためにも、モチベーションを常に高く維持し続けたいものです。かし、自分自身のモチベーションを高めることは容易ではありません。頭ではわかっていても、思い通りにいかない事が多くあります。そこで効果的なものが、自分自身でモチベーションを管理する「セルフモチベーション」です。本記事では、セルフモチベーションを実践するメリットや、モチベーションを向上させる方法について解説します。
プロジェクトアリストテレスとは?定義から具体的なプロセスまで詳しく解説
プロジェクトアリストテレスとは、Googleが行った生産性が高いチームの共通点を発見するためのプロジェクトということで、あらゆる業界の企業から注目を浴びました。本記事では、プロジェクトアリストテレスの概要やGoogleが導き出した特徴、さらに具体的なプロセスについて紹介します。
GX(グリーントランスフォーメーション)とは?基礎知識と先行事例について解説
地球温暖化や気候変動などの問題意識が全体で高まる中、気候変動を減少させる対策として、世界中でGX(グリーントランスフォーメーション)という対策が進んでいます。 GXでは、脱炭素社会の実現を目指しており、世界中の多くの産業が再生可能なクリーンエネルギーへの転向を行っています。本記事では、GXの基礎知識やGXに取り組んでいる企業の事例について紹介します。
人事計画とは?その目的や効果的な計画の立て方、注意点について解説
人事計画とは、会社が持つ人事のリソースを効率的に活用するための計画のことをいいます。人材の採用、配置一つで業績に関わることも少なくないため、効果的な計画の立て方について悩む方は少なくないでしょう。本記事では人事計画の概要を初め、細かい人事計画の違い・導入する方法などを紹介します。
21世紀型スキルとは|注目されている理由や育成方法について解説
変化の激しい時代において求められるスキルは従来とは異なることも多いです。21世紀の時代に求めるスキルを把握しておかないと、研修などでの適切な社員育成ができなくなってしまいます。本記事では21世紀型スキルとは、21世紀型スキルの種類、21世紀型スキルの育成方法、などについて解説します。
フィッシュ哲学とはどんな考え方?またメリットや注意点について
フィッシュ哲学は、組織全体を活性化するためのマネジメント方法の1つで、職場の労働環境や人間関係を活性化させることができる手段として、多くの企業が取り入れ始めています。本記事では、フィッシュ哲学を企業が活用するメリットや活用する時の注意点について紹介します。
ワールドカフェとは?実施する効果や方式からテーマについて解説
ワールドカフェとは、社内の会議を和やかにし、効果的な会議を行うための手法として用いられます。ビジネスシーンにおける企画会議や、通常の会議では、どうしても発言や議論が活発にならず、生産的な議論ができていないと感じる方も少なくないのではないでしょうか。本記事では、ワールドカフェの概要や特徴、さらに実際の導入方法について紹介します。
ハードスキルの具体例と習得方法|ソフトスキルとの違いは?
ハードスキルは、個人の経験を通じて得た専門性の高いスキルのことです。 ハードスキルやソフトスキルという言葉は近年、人事採用の現場で使われることが増えてきました。 この記事では、ハードスキルの具体例と身に付けるための方法、ソフトスキルとの違いを解説します。
ナレッジトランスファーとは?社内で活用するコツやメリットについて解説
ナレッジトランスファーは、企業の業務効率化や生産性の向上に効果的で、活用する企業も増えつつあります。事業の生産性を高めるためには、そのナレッジを効率良く共有すること、その仕組みが重要となります。 本記事では、ナレッジトランスファーを社内で活用するメリットや社内で促すコツについて紹介します。
キャリアマネジメントの必要性と実現するための施策
同一企業で定年まで働く終身雇用を適用する企業は徐々に少なくなり、転職が一般的な世の中になりました。また、本業以外に副業に取り組む人やフリーランスとして働く人など、働き方も多様な方法が認められるようになりました。 このような中、自身のキャリアに対してオーナーシップを持って、積極的に選択していくことの重要性が高まっています。そこで注目されているのが「キャリアマネジメント」です。 本記事では、キャリアマネジメントの概念や必要性、組織においてキャリアマネジメントを実現するための施策などを詳しくご紹介します。
データドリブンとは?成功させるポイントと導入手順を解説
データドリブンとは、売上データやWeb解析データ、マーケティングデータといったデータにもとづき、さまざまな判断を下したり、アクションを起こしたりする経営手法です。当記事では、データドリブンで企業経営を成功に導くポイントや導入手順について詳しく解説します。
人材育成に必要なマネジメントのスキルとは|社員の育成が重視されている背景も紹介
マネジメント層を育成するためには、様々なスキルが必要です。マネジメントの重要性を多くの人が理解している一方で、どのようなスキルが必要なのか、詳しく説明できる人は決して多くありません。 そこで今回は、マネジメント層を育成するために必要なスキルについて詳しくご紹介します。
SXとは?DXとの違いや導入のためのポイントを解説
現在、新型コロナウイルスの感染拡大や急激な気候変動など、社会全体の不確実性が高くなっています。そのような状態だからこそ、企業はあらゆる脅威の中でも持続可能な経営を行うことが求められています。 そこで注目を集めているのがSXです。近年企業のデジタル改革として話題になったDX(デジタルトランスフォーメーション)と共に、広く社会で注目を集めるSX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)についてご紹介します。
成果主義とは?メリットやデメリット成功に導くポイントを紹介
成果主義とは、勤続年数や学歴、年齢に関係なく成果を上げた者が評価される人事制度です。本記事では、能力主義や結果主義との違いや、成果主義が注目されるようになった背景を解説していきます。また、成果主義を導入する際のポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
社員のスキル管理の重要性とは?種類と実践方法を解説
スキル管理とは、社員が保有しているスキルをデータ化して、社内で情報を管理することです。本記事では、スキルの種類、社員のスキル管理における重要性を解説しています。また、スキル管理の実践方法も紹介しているため、人事担当者はぜひ参考にしてください。
ライフキャリアレインボーとは
ライフキャリアレインボーと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。人生100年時代と言われる今、自分の仕事だけではなく、キャリアを人生全般として捉える考え方が広まっています。 本記事ではライフキャリアレインボーとは何か、そしてライフキャリアレインボーのメリットなどを詳しくご紹介します。
メタ認知とは?その重要性から高い人材の特徴やトレーニング方法までを解説
メタ認知は、自身を客観視するスキルの1つです。メタ認知の高い人材には、冷静に対応できるといった行動面の特徴、課題解決力や意思決定力などのスキルが高いという特徴があります。本記事では、メタ認知の概要や重視される理由、メタ認知が高い人材の特徴、トレーニング方法について解説します。
人材発掘とは?目的やメリット・導入方法を解説
人材発掘とは、社内にいる優秀な人材を見つけ出して、能力を最大限発揮できるポジションへ配置転換を行う取り組みです。本記事では、人材発掘の目的や必要性、注意点を紹介しています。また、人材発掘の方法も解説しているため、人事担当者はぜひ参考にしてください。
マーケティング思考とは?ビジネスパーソンが使うべき理由とポイントを紹
マーケティング思考と聞くと、マーケターのための思考法を思い浮かべるかもしれません。しかし、マーケティングで使われる考え方は汎用性が高く、マーケティング以外の職種の人にも有用な思考法です。 この記事では、マーケティング思考の基本的な考え方とともに、マーケティング以外の職種の人が使うポイントを具体例を用いて説明します。
リーンマネジメントとは?結果を最短で生み出す方法を徹底解説
リーンマネジメントという言葉を聞いたことがあるでしょうか。経営の最適化を図りながら、最短距離で結果を出すことができるリーンマネジメントは、現在注目を集めているマネジメント手法です。 今回は、リーンマネジメントの概念や、リーンマネジメントが注目されている背景について詳しくご紹介します。
自己申告制度を効果的に運用するためのポイントとは?
従業員が人事制度を積極的に活用するためのきっかけとして、自己申告制度は多くの企業で導入されています。しかし、自己申告制度のメリットはある程度誰もが理解しやすい一方で、導入後に効果的に制度を運用できているのか、不安に感じている人は多いのではないでしょうか? そこで今回は、自己申告制度を効果的に運用するためのポイントをご紹介します。
従業員満足度調査(ES調査)はなぜ必要?目的や構成要素とは
所属している企業で、従業員エンゲージメント調査を実施している企業は多いのではないしょうか。しかし実施はできていても、調査そのものが形骸化してしまっていたり、調査結果を有効活用できていないことに悩む人事の方も多いです。 そこで今回は、従業員エンゲージメント調査はなぜ必要なのか、そしてどのような目的や構成要素があるのかを詳しく見ていきましょう。
セクショナリズムはなぜ批判されるのか?要因と改善方法とは
セクショナリズムは会社や組織を運営する上で生じる問題です。このような問題はセクショナリズムに限らずある一方で、セクショナリズムが生じると組織が強く批判される理由になりかねません。 では、なぜセクショナリズムが生じるのでしょうか。また、その改善方法にはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。
効果的なエンゲージメントサーベイとは
近年注目を集めるエンゲージメントサーベイ。人事界隈の方なら、耳にしたことがないという方はいないのではないでしょうか?しかし改めて考えてみると、サーベイの目的やサーベイ結果の活かし方など、詳しく理解できていない方は少なくありません。 そこで今回は、企業にとって効果的なエンゲージメントサーベイとはどのようなものなのか、詳しくご紹介します。
エニアグラムをビジネスで活用する方法
近年、注目を集めているエニアグラムですが、性格診断としてユニークな特徴があります。一般的な性格診断のように1つ1つの側面について測定するのではなく、診断を受けた人の人間性の全体像を知ることができます。その有効性により、エニアグラムはビジネスやコーチング、教育などさまざまな場面で使われるようになりました。 この記事では、エニアグラムとは何か、ということとともに、どのように生かせるのかを解説します。
組織の利益向上に役立つアカウントマネジメントとは?
近年、あらゆる職種において専門性が重視されるようになり、海外に倣ってジョブ型採用などが積極的に導入されるようになりました。その結果、専門的なマネジメントスキルが求められるようになっています。 今回ご紹介するアカウントマネジメントも、専門的なマネジメントスキルの一つです。アカウントマネジメントを活用することで、組織全体の利益向上に活かすことができます。アカウントマネジメントとは何か、概念や効果について詳しく見ていきましょう。
人材管理とは?特徴と効率的に人材管理する方法を解説
人材管理とは企業がビジョン達成・実現、利益追求のために従業員の採用から育成まで管理を行うことです。本記事では、人材管理を効率的に行う方法、具体的な手法を解説しています。人材管理に悩んでいる方、迷っている方は解決のためのヒントが見つかるはずです。
パフォーマンスマネジメントとは?期待できる効果や流れを解説
パフォーマンスマネジメントは組織の生産性を向上させる上で大切なマネジメント手法です。社員のパフォーマンスを戦略的に管理することで、能力やモチベーションを引き上げます。この記事ではパフォーマンスマネジメントの概要や期待できる効果、流れを解説します。
プロジェクトマネジメントスキルとは?種類と獲得方法を解説
様々な分野でデジタルトランスフォーメーションが重要視される昨今、プロジェクトを円滑に進行するためのプロジェクトマネジメントに関するスキルが注目を集めています。 企業の中では、日々たくさんのプロジェクトが進行しています。日々の業務をスムーズに行うためには、プロジェクトの進行をスムーズに行うことが必要不可欠と言っても過言ではありません。 そこで今回は、プロジェクトマネジメントスキルの概念や種類、獲得方法をご紹介します。
組織で抽象的思考を実践するために必要なものとは?
抽象的思考は、様々な背景を持つ従業員が属する企業において大切にするべき思考方法です。何かを決定するための議論はもちろん、アイディアを出すとき、魅力的なプレゼンテーションを行うときなどにも抽象的思考は非常に有効です。 今回はそもそも抽象的思考とは何か、組織で抽象的思考を有効活用するためには、どのような視点が必要なのかを詳しくご紹介します。
人材流出によるリスクとは?原因と防止対策についても徹底解説
優秀な人材の流出は、企業にとって大きな損失です。働き方の価値観が多様化している昨今、人材の流動性は高くなっており、優秀な人材ほど自社に留めることが難しくなっています。 どれだけ新しい人材を獲得しても、根本的な人材流出の原因が特定できなければ、人材流出が繰り返されてしまいます。では、どのような原因が考えられるのでしょうか。本記事では、人材流出のリスクや、防止対策などを詳しくご紹介します。
ひとり人事になったら?成長期の企業に多い課題と解決ポイントを解説
成長期の企業などでは、ひとりで人事を行うこともあるでしょう。ひとり人事になったらどうするのか、ひとり人事の特徴と課題をご紹介します。人事業務は煩雑な業務が多くありますが、ひとりでもできる人事の解決ポイントを参考にしてみてください。
SWOT分析とは?読み方からやり方、書き方、クロスSWOT分析まで簡単に解説
この記事では、「SWOT分析の読み方からやり方、書き方、分析のポイント」まで紹介します。 SWOT分析を知りたい、 SWOT分析の読み方、やり方を知りたい、 SWOT分析の書き方やクロスSWOT分析を知りたい、 このような疑問・考えをお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。
ビジネスを成功させるために重要なビジネスロードマップとは?
ビジネスを成功させるためには、ビジネスロードマップが非常に重要です。一般的には新規事業や営業関連の仕事で活用するイメージがあるかもしれませんが、ビジネスロードマップは職種を問わず活用することが可能です。そこで今回は、ビジネスを成功させるために重要なビジネスロードマップについて詳しく解説します。
組織にポジティブな影響をもたらすチェンジマネジメントとは?
現在日本社会は、様々な環境変化の狭間にあります。働き方改革やDXなど、企業単位で取り組むべき課題が散見されています。そんな中、注目を集めているのがチェンジマネジメントです。組織へのポジティブな影響が期待されるチェンジマネジメントとは、どのようなものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。
PMPとは?試験概要や取得までの流れ、おすすめの勉強法について解説
現在PMP試験の受講を検討している人の中で、具体的な試験概要や勉強方法について理解できていない人は多いと思います。 この記事では、PMP試験の概要や取得するまでの流れ、合格に向けて効率的な勉強方法などについて紹介します。試験の合格に向けてこれから勉強を始める人は参考にしてみてください。
スムーズなプロジェクト進行に必要なステークホルダーマネジメントとは?
ステークホルダーマネジメントという言葉を聞いたことがあるでしょうか。円滑にプロジェクトを進める際のマネジメント手法として注目されているステークホルダーマネジメントですが、実際のところどのような手法なのか詳しく知らない方がたくさんいます。そこで今回はステークホルダーマネジメントの概念や、具体的なプロセスについてご紹介します。
なぜ組織にはイノベーションマネジメントが必要なのか?
組織が常に進化し続けるためには、常に新しい刺激が必要です。中でもイノベーションは、組織が後退せずに進化し続けていくために非常に重要です。しかし、簡単にはイノベーションは起きません。 そこで求められるのがイノベーションマネジメントです。本記事ではイノベーションマネジメントについての概念や、組織としてイノベーションマネジメントを活性化させるポイントなどをご紹介します。
人的資源管理とは|3つのモデルと問題点を紹介
多くの企業は、多種多様な人材を抱えています。しかし、それぞれの人材が持つポテンシャルを、十分に発揮させることができていないと考える人事担当者は少なくありません。一方で、人材のポテンシャルを最大化するためには何が必要なのか、検討がつかないという方も多いのではないでしょうか。 そんな時に役立つのが、人材を適切に管理する人的資源管理という考え方です。今回は人的資源制度の定義やモデルなどを解説します。
事業にイノベーションをもたらすゾーンマネジメントとは?
ゾーンマネジメントという言葉を聞いたことがあるでしょうか。ゾーンマネジメントとは、破壊的変化が起きているこの時代に重要なマネジメントの手法です。 自社で新規事業の創出に取り組まれている方はもちろん、既存事業を守りながらビジネスを展開していく方にとっても、重要な手法であるゾーンマネジメントについて、概念から詳しくご紹介します。
プロジェクトマネージャーに必要なスキルとは?PM育成のポイントを伝授
プロジェクトで成果を出せるかは、プロジェクトマネージャーの存在が左右します。それでは、どのようなプロジェクトマネージャーが結果を残しているのでしょうか。 この記事では、プロジェクトマネージャーに必要なスキルとともに、プロジェクトマネージャーの育成方法について解説します。
パーパス・ドリブンな組織へ進化させるマネジメントとは?
近年広く注目されるようになったパーパス。マネージャーがきちんとパーパスを理解していれば、パーパス・ドリブンな組織へ進化させていくことが可能です。 こちらではそもそもパーパスとは何か、パーパスを活用したマネジメントのポイントなどを詳しくご紹介します。
システム思考を活かした組織運営とは?
組織が拡大すると、優れたマネジメント人材が必要となります。圧倒的な牽引力、メンバー一人ひとりのパフォーマンスを最大化する能力など、マネージャーやリーダーに求められる資質は一つではありません。 中でも重要なのが、組織マネジメントにおけるシステム思考です。本記事では、システム思考とは何か、なぜシステム思考が重要視されているのかなどについて詳しくご紹介します。
調整力とは?ビジネスで求められる理由や身につける方法まで解説
ビジネスで調整力を求められる場面は多くあるものです。ステークホルダーが増えたり、役職が上がったりするとその機会はさらに増えるでしょう。当記事では、そんな「調整力」について、求められるそもそもの理由や身につけ方まで解説していきます。
ビジネスにおける正しい発信力とは|その重要性や身につける方法を解説
自分の意見を正しく発信する発信力は、コミュニケーションにおいて注目される能力の一つです。そしてそれは、働き方が多様化している現代のビジネスで非常に重要となっています。発信力について、それが意味するところや身につけ方について解説していきます。
団結力が強いことのメリットや強めるための具体的方法について解説
団結力が強いチームは困難なことがあっても全員で協力して乗り越えていくことができます。管理職やマネージャー職に就いている方はチームの団結力を高めるための施策を導入することが重要です。本記事では団結力が強いことのメリット、団結力を強めるための具体的方法について解説していきます。
やり抜く力(GRIT)とは?高めるメリットと具体的方法について
社員のやり抜く力を高めることによって、1つの物事に対して粘り強く取り組めるようになり、企業全体の生産性アップにも繋がる可能性があります。やり抜く力は単にメンタルを鍛えるのではなく、さまざまな工夫によって身につけるものです。本記事ではやり抜く力(GRIT)とは、やり抜く力を高めるメリット、やり抜く力を高めるための具体的方法について解説していきます。
巻き込み力とは?必要となるスキルや高めるための方法を解説
巻き込み力を高めることによって、部下や顧客など多くの人から協力を得ることができ、事業の成功率を上げることが可能です。しかし、巻き込み力を高めるには具体的にどんなトレーニングが必要なのか、ご存知ない方が多いでしょう。本記事では巻き込み力とは何か、巻き込み力を高めるために必要なスキル、巻き込み力を高める具体的方法について解説します。
ハーズバーグの二要因理論とは?最大限に活かすための5つの方法と3つの注意点を解説
ハーズバーグの二要因理論とは、モチベーションに関わる要因を、満足に関わるものと不満足に関わるものとに分けた考え方です。本記事では、二要因理論を企業のマネジメントに活かすための方法と、注意点を解説しています。人事担当者やマネジメント担当者は、ぜひ参考にしてください。
ブレンド型学習とは?活用する5つのメリットと有効性を高める方法を解説
ブレンド型学習とは、eラーニングと対面型学習の組み合わせなど、複数の学習形態を組み合わせた学習を指します。本記事では、ブレンド型学習で導入されることが多い学習形態や活用のメリット、ブレンド型学習の有効性を高める方法を解説しています。育成担当者はぜひ参考にしてください。
自主性とは?主体性との違いや自主性のある社員を育てる方法を解説
自主性とは、自ら率先して行動を起こすことです。本記事では、自主性の概要や自主性のある人の特徴、自主性のある社員がいる企業の強みについて解説しています。自主性のある社員を育てる具体的な方法についても紹介しますので、教育担当者の方はぜひ参考にしてください。
創造的思考とは?社員が創造的思考を持つことの5つのメリットや高めるために有効な4つのことを解説
創造的思考とは、既存の枠組みにとらわれない、自由な発想的思考のことです。本記事では、創造的思考の概要や社員が創造的思考を持つことのメリットについて解説します。創造的思考を高めるために有効な4つのポイントについてもお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。
合理的思考とは?特徴と合理的思考を高める方法を解説
ビジネスにおいて合理的思考が求められています。しかし、合理的思考を身につけるのは難しく、企業にとって合理的思考を持つ人材を育成することが重要になっています。本記事では、合理的思考を持った人材になるために必要とされる考え方とその育成方法について解説します。
ブレイクスルー思考とは?社員が持つことで企業に起こる3つのメリットと手順を解説
ブレイクスルー思考とは、目的の本質を突き詰めながら、それを達成するための思考です。本記事では、ブレイクスルー思考の概要やブレイクスルー思考と通常の思考の違い、ブレイクスルー思考を身につけさせるための方法について解説しています。社員の育成を担当している方は、ぜひご参考にしてください。
社員が抽象化思考を持つことで企業に与える影響とは?メリットや鍛え方を解説
抽象化思考とは、情報のなかから物事の本質を捉えたうえで、考えることができる能力を指します。本記事では、抽象化思考の概要やメリット、鍛え方などについて紹介します。企業で抽象化思考を導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
社員がトリプルシンキングを行うことで企業に与える5つの影響とは?メリットや鍛え方を解説
トリプルシンキング能力を鍛えることで、新しい発想が思いつきやすくなったり、自分の主張を話し相手に伝えやすかったりするメリットがあります。人事部や教育担当者としては、社員のトリプルシンキング力をアップさせることが重要になります。本記事ではトリプルシンキングとは、トリプルシンキングを鍛えるメリット、トリプルシンキングの鍛え方について解説します。
エイジハラスメントとは?社員が取り組むべき対策や防止するメリットを解説
昨今、エイジハラスメントが問題となっています。エイジハラスメントが原因で早期退職してしまったり、仕事の生産性を下げてしまったりする場合も多く、人事部としては何らかの対策を行う必要があるでしょう。本記事ではエイジハラスメントとは、エイジハラスメントに対する対策、起こってしまった場合の対処方法について解説します。
MVVとは|企業において必要な理由や導入手順・浸透させるために重要なポイントを解説
企業としてMVVを定め社内に周知させることは、企業の生産性を高めるうえで重要です。しかしながら、MVVを重要視していない企業も多いのではないでしょうか。本記事ではMVVが重要な理由、MVVを導入する手順、MVVを浸透させるために重要なことについて解説します。
企業がPEST分析を行うメリットとは?目的や進め方について解説
PEST分析を正しく行うことで、企業の本当の課題に気がつくことができ、さらに最適な解決方法も導き出すことができます。PEST分析のようなフレームワークに基づいて、経営戦略を考えることの重要性は高いと言えます。本記事では企業がPEST分析を行うメリット、PEST分析の目的や進め方について解説していきます。
共感力とは|高い人の特徴や鍛えるためのトレーニング方法を解説
共感力とは、他人の考えや意見を察したり、喜怒哀楽などの感情に寄り添ったりするスキルをさします。本記事では、共感力が高い人の特徴や、共感力を身につけるメリット、共感力を高める方法などを解説します。共感力への理解を深めたい人は、参考にしてください。
創造力はビジネスの武器になる!創造力を高めるために行うべき取り組みとは
創造力とは、発想を活かして独自のものを作り出すスキルです。クリエイターだけでなく、幅広い職種で必要とされています。本記事では、ビジネスにおける創造力の必要性や、創造性が高い人の特徴、創造力を高めるための取り組みなどを詳しく解説します。
探究心が強い社員の強みと弱みとは?
探求心が強い社員は物事を深く追求することができ、企業にとって大きなメリットをもたらす可能性があります。反面、探究心が強すぎることはデメリットにもなるため、企業側が上手くアシストしてあげることが重要です。本記事では探究心とは何か、探究心が強い社員の強み・弱み、探究心を強化するためのポイントについて解説しましょう。
考える力がビジネスシーンで重要な理由とは?身につける方法も解説
考える力を養うことで業務をこなすうえで困難なことがあっても、解決策を考えて柔軟に乗り越えていくことができます。そのため、人事部や教育担当者の方は社員の考える力を養うことが大切です。本記事では考える力とは何か、考える力が重要な理由、身につける具体的方法について解説していきます。
説得力とは?話し方のポイントや具体的施策について解説
説得力を高めることでビジネスにおいても優位に立ち回ることができるため、人事部や教育担当者の方は社員の説得力を高めるための施策を行うことが重要です。本記事では説得力とは何か、説得力がある人の特徴、話し方のポイント、説得力を高めるための具体的施策について解説していきます。
ダイナミックケイパビリティとは?激しく変化する世界で求められる経営理論を解説
変化が激しい現代、どうすれば企業は生き残っていけるのでしょうか。そのためには、政府も注目するダイナミックケイパビリティという考え方が役立ちそうです。当記事ではダイナミックケイパビリティについて、その内容を成り立ちも含めて解説していきます。
パルスサーベイとは?関連するテストとの違いや導入メリットから注意点まで解説
従業員調査の一つとしてパルスサーベイがあります。そもそも、パルスサーベイとは何なのでしょうか。また、同様のテストとはないが違うのでしょうか。この記事では、パルスサーベイについての基礎知識を、導入メリットや注意点も含めて解説します。
表現力とは?鍛える方法と仕事に活かすポイントを解説
表現力と聞くと、音楽や絵画など芸術面で必要な能力を思い浮かべる方もいると思います。しかし実は、ビジネスにおいても表現力は仕事を円滑に進めるために欠かせないスキルです。本記事では、ビジネスにおける表現力の概要や表現力のある人の特徴、さらに表現力を高めるメリットや方法について紹介します。
d&iとは?推進するメリットから取り組み事例までご紹介
これから自社が企業として成長を続けていくためには、多様性のある人材を受け入れていくことが大切なのはわかっているけれど、具体的にどのように取り組めばよいのかわからないと悩んでいる人はいませんか? この記事では多彩な人材を受け入れ活かすための取り組みであるd&iについて詳しく解説します。
ビジネスにおいて思考力が重要な理由とは?思考力育成のメリットや方法を解説
思考力とは「考える力」のことです。本記事では、思考力の概要やビジネスにおいて思考力が重要だと考えられている理由について、解説しています。思考力を育成するメリットや具体的な方法についても触れていますので、思考力を磨きたい方はぜひご一読ください。
語彙力とは?ビジネスに必要な理由と効率的な語彙力アップ方法をご紹介
従業員間のコミュニケーションをスムーズにするために、語彙力の底上げをしたいと考えているけれど、どうすれば効率良く語彙力アップできるのかがよくわからないと悩んでいる人はいませんか? この記事ではビジネスにおいて語彙力が必要な理由から、語彙力を効率良く高める方法まで詳しく解説します。
柔軟性とは|長所や短所、高める方法を紹介
環境変化のスピードが早く、多様性が尊重される現代のビジネス環境では、従来の考えや行動が通用しないこともあります。こうした局面で武器となるのが「柔軟性」です。組織や個人の柔軟性を高めることは企業力の強化につながります。この記事では、ビジネスシーンで求められる柔軟性を解説します。
ワークショップとは?ビジネス研修での取り入れ方から成功例までご紹介
ワークショップ形式のビジネス研修は人気が高いので、自社でも積極的に取り入れていきたいけれど、何から始めればよいかよくわからないと悩んでいる人はいませんか? この記事ではワークショップを研修に取り入れる方法から成功事例まで詳しく解説します。
協調性とは?仕事で必要とされる理由から協調性を培う方法まで詳しく解説
企業を成長させ成果を挙げられるようにするためには、メンバー各々に協調性を持たせることが大切だと聞く一方、大人の協調性を育むにはどうすればよいのかイメージがわかないという人も多いでしょう。 この記事では仕事で周囲との協調性が必要とされる理由から、協調性を培う方法まで詳しく解説します。
PREP法とは?ビジネスでのメリットから社員研修のポイントまで詳しく解説
仕事で従業員が社内や社外の人とコミュニケーションをする際に、伝わりにくくて相手を困らせるといった事態はできるだけ避けたいものです。 しかし周囲の人に自分の意図をうまく伝える方法をどのように身に着けさせればよいかよくわからない人もいるでしょう。 この記事では、文章や会話において伝えたいことを理解しやすい形で伝えるためのフレームワーク、PREP法について詳しく解説します。
ビジョンとは?共有するメリットからビジョンマネジメントの方法まで詳しく解説
企業活動をする上でビジョンを掲げ、従業員に浸透させるのは大切だと聞くけれど、それがビジネスにどんな良い影響を与えるのかがイメージできないという人も多いのではないでしょうか。 この記事ではビジョンとは何かからビジョンマネジメントの方法まで詳しく解説します。
リーダーに求められる巻き込み力とは|必要なスキルや育成方法について解説
チームのリーダーには巻き込み力が必要だと言われますが、各部署のリーダーにそれを身に着けさせるためにはどのようなことをすればよいのでしょうか。 この記事ではリーダーに求められる巻き込み力の定義から、それを身に着けさせるための育成方法まで詳しく解説します。
離職率を低下させるメリットとは?離職率の平均値や低下させる方法を解説
一定期間内に、どれだけの社員が離職したかを示す離職率。離職率の低下によって、人材採用に多くのメリットを期待できます。本記事では、国内における離職率平均や離職率を低下させるメリット、低下させる方法を解説しているため、人事担当者はぜひ参考にしてください。
実行力とは?必要性や求められる3つの能力と鍛える方法を解説
実行力は、仕事をする上で求められる基礎的な能力の1つです。VUCAの時代にありながら、コロナ禍で加速した激変する環境変化において、社員の実行力を育成することの重要性は高まっているといえるでしょう。本記事では、実行力とはどのような能力か、その必要性や求められる3つの能力、鍛える方法について解説します。
適応力とは?時代の変化に適応できる社員を育成するための3つの施策
VUCAの時代において社員の適応力を育成することの重要性は高いと言えます。社員の適応力を高めるために企業側ができることはいくつかあります。本記事では適応力とは何か、適応力が重要な理由、適応力がある人の特徴、適応力を高めるためのポイントについて解説します。
改善力とは?求められる能力や人材の改善力を高めるための方法を解説
近年、スピード感のある環境変化や、働き方の多様化により、ビジネスでは様々な対応を求められます。こうした環境で企業が成長を続けるには、人材の改善力を高めることが欠かせません。本記事では改善力の概要と、人材の改善力を高める方法を解説します。
決断力とは?求められる理由や決断する力がある人の特徴と鍛える方法を解説
決断力は、ビジネスにおいてあらゆる局面で求められる重要なスキルです。変化の激しい現代では、スピーディーで質の高い判断力が求められています。しかし、決断をためらってしまう人も多いようです。本記事では、決断力とはどのようなスキルなのか、決断力がある人材にみられる5つの特徴や鍛える方法について解説します。
積極性とは?社員に積極性を発揮してもらう方法を解説
社員が高い積極性で日々の業務にあたり、能力を発揮することで組織の生産性と競争力が向上します。しかし、様々な要因により社員が積極性を十分に発揮できていない現状もあるようです。本記事では、社員が積極性を発揮しづらい理由を検証し、高める方法を解説します。
即戦力とは?即戦力社員を採用する6つの基準と4つのポイント
即戦力とは、入社後すぐに業務を行えるだけの実力がある社員のことです。即戦力社員が最大限力を発揮するにはいくつかポイントがあります。本記事では、即戦力とは何か、即戦力社員が必要な理由、即戦力社員かどうかを判断する基準、即戦力人材を活躍させるポイントについて解説します。
ビジネスにおける素直さとは?素直さのある人材が重要視される理由
ビジネスにおいて成功するにあたり、「素直さ」はとても重要です。最近では就職活動や転職活動においても、多くの企業で「素直さ」が求められています。本記事では、ビジネスにおける素直さや素直な人の特徴、素直さが企業に重要視される理由などについて紹介します。ビジネスにおいて重視される「素直さ」について、本記事を参考にしてください。
自責思考とは|他責思考との違いや鍛える方法を紹介
ビジネスにおいて自責思考が求められています。しかし、自責思考が抱える問題点も存在し、企業にとって健全な自責思考の人材を育成することが重要になっています。本記事では、健全な自責思考を持った人材になるために必要とされる考え方とその育成方法について解説します。
ビジネスで想像力が活かされる場面とは?想像力を育成するメリットや方法を解説
ビジネスにおける想像力とは、未来に起きうる出来事や未知の物事を、頭の中に思い描く能力です。本記事では、ビジネスで想像力が活かされる場面や、想像力を育成する方法を解説しています。従業員の育成を担当している方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
説明力とは?説明力を高めることのメリットやその方法を解説
説明力とは、相手に伝えたい要点を的確に伝えられるコミュニケーション能力です。本記事では、説明力を高めることのメリットや説明力が高い人の特徴を解説しています。また、説明力を高めるための方法も紹介しているため、育成担当者はぜひ参考にしてください。
ビジネスで求められる精神力とは?高める効果的な方法を紹介
ストレス社会とされる現代において、ビジネスマンにとって精神力を高く保つメンタルケアは非常に重要といえるでしょう。本記事では、精神力の強い人、弱い人の特徴やビジネスで精神力が求められる理由、さらには精神力を鍛える方法について紹介します。
提案力を向上させる方法とは?企業が提案力向上を図るポイントを解説
提案力は、営業職をはじめとした多くの職種に求められる、課題を解決するための必要なスキルの1つです。本記事では、提案力とは何か、構成する重要なスキルや提案力が向上することで得られるメリット、提案力を向上させる方法、加えて社員の提案力を向上させる上で、企業が押さえておくべきポイントも解説します。
機動力とは?身につけるメリットやフットワークの軽い社員を育てるポイント
機動力がある社員はビジネスチャンスを掴みやすく、企業にとって大きなメリットをもたらしてくれる可能性があります。本記事では機動力とは何か、機動力があることのメリット、機動力がある・ない社員の特徴、機動力を伸ばすポイントについて解説しましょう。
コミット力とは?若手人材のビジネススキルとしてのコミット力を解説
ビジネススキルとしてのコミット力は、信用を勝ち取るために必要な力であるといえます。コミット力とは責任を持って仕事に関わり、結果を約束する力です。本記事ではビジネススキルとしてのコミット力と、人材のコミット力を高める企業の取り組みを紹介します。
求心力とは?リーダーシップに必要な求心力について解説
チーム運営には、リーダーの「求心力」が不可欠です。リーダーが求心力を発揮すれば、部下の信頼を集め、チームの結束が高まります。その結果、チームは素晴らしい成果を上げるでしょう。当記事では、チームの結束を高め、成果を上げるために必要な求心力を解説します。
責任感とは?ビジネスシーンで求められる責任感を解説
責任感のある人材が多く活躍する企業は、信用を勝ち取り業績を向上させるでしょう。反対に社員の責任感が希薄な企業は、トラブルや不祥事の当事者となってしまうかもしれません。当記事ではビジネスにおける責任感と、高い責任感を持つ人材を育成する方法を解説します。
ビジネスで段取り力が重要な理由は?段取り力を鍛えるコツ
働き方改革やテレワーク化が進む中で、「日々の多くの業務が終わらない」「何から手を付けていいのか分からない」と悩むこともあるのではないでしょうか。そんな時、仕事をスムーズかつ効率的に進めるために必要になってくる能力が「段取り力」です。本記事では、ビジネスにおける段取り力が必要とされる理由や特徴、段取り力を鍛えるコツについて、紹介します。日々の業務が終わらず、これから段取り力を身につけたい方は、参考にしてください。
判断力がない人材の特徴や理由から判断のプロセス・トレーニング方法も紹介
判断力は、日常業務だけでなく、想定外の出来事やトラブルにおいて求められる重要なスキルです。企業を取り巻く環境の変化にともない、判断力のある人材育成が重要になります。本記事では、判断力の意味と判断に至るまでのプロセス、判断力がない人材の特徴やその理由、判断力のトレーニング方法について解説します。
キャリアビジョンとは|キャリアプランとの違いや考え方について紹介
キャリアビジョンとは、人生や仕事において、将来こうなりたいと思う姿のことです。本記事では、キャリアビジョンの重要性やメリットを解説しています。キャリアビジョンを思い描く方法も紹介しているため、人材育成の担当者は、ぜひ本記事を参考にしてください。
行動力がある人の特徴とは|高める方法も併せて解説
行動力とは、自分が思い描くことを実際に行動へ移せる能力です。本記事では、行動力を構成する要素を確認したうえで、行動力を育成するメリットを解説しています。また、行動力を高めるために職場でできる方法も紹介しているため、育成担当者はぜひ参考にしてください。
変化対応力とは?人材・組織に止められる理由や高める方法を解説
変化対応力を高めることで、環境変化やイレギュラーに素早い対応ができるようになります。変化対応力は、現代のビジネス環境においては個人と組織、双方で高めておきたいスキルです。本記事では変化対応力の概要と高める方法、組織としての変化対応力を解説します。
ビジネスで働きかける力が重要視される理由とは?働きかける力をアップする方法
私たちが仕事やプロジェクトを実行するとき、様々な関係者と協力しながら進めていきます。その中で、周囲を巻き込みながらプロジェクトを進められる「働きかける力」は、多くの企業で求められるスキルの1つです。本記事では、働きかける力の概要や企業における重要性、働きかける力を高める方法について紹介します。
分析力とは?求められる理由や分析の主な手法から鍛える方法までを解説
分析力とは、問題点の抽出や原因追究において求められるスキルです。企業や組織が抱える課題の抽出や意思決定に必ず必要であり、分析力のある人材育成が重要になるといえるでしょう。本記事では、分析力とはどのような能力か、求められる理由や分析の主な手法、社員の分析力を鍛える方法について解説します。
観察力とは?観察力を身に付けるメリットや高めるための方法を解説
観察力とは、物事を注意深く観察し、違いや変化に気付ける能力です。本記事では、観察力がある人の特徴や、ビジネスにおいて観察力を身に付けるメリットを解説しています。また、観察力を高めるための方法も紹介しているため、人事・育成担当者はぜひ参考にしてください。
イノベーションを生み出す企業風土を目指し、全社を巻き込む人材育成 〜YEデジタルの徹底した“Schoo定着”の仕組みづくりとは〜
産業用ロボット・メーカーの安川電機様から1978年に「安川情報システム」として分離・独立したYEデジタル様。設立当初からビジネス系のみでなく、組込・制御系においても高い技術で外販ビジネスを積極展開されていましたが、デジタル社会の広がりをうけて2019年3月に社名を変更。現在では製造業にとらわれることなく、物流や食品、農業、交通など幅広い分野に向けて、デジタルで社会を変革していくソリューションの開発・提供に取り組まれています。事業拡大を図りながら、同時に社内の業務効率化・DXを推進されました。業務改革を担当する石田様が主導され、定常業務を60%ほど削減した部門も。 21年5月のSchoo導入も業務効率化に伴う社の方針があったようです。その意味と狙いとは――。
人的資本の情報開示について解説|国内の動向やポイント・開示例をご紹介
人的資本とは、人を知識やスキルを生み出す資本とみなす概念のことです。日本でも政府が経済政策の一環として抜本強化に乗り出すなど、国内外で人的資本の情報開示の動きが加速しています。この記事では人的資本の開示ルールやISO30414の開示項目、また情報開示のポイントなどを解説します。
人的資本経営とは?ポイントや開示の手順をわかりやすく解説
人的資本経営とは人材を資本として捉え、その価値を最大限に引き出すことで企業価値向上につなげる経営のあり方を指します。この記事では、企業にとって重要度が増している背景などの基本知識から、人的資本経営のポイントや情報開示の手法など実践的な知識まで解説しています。
自律型人材に必要とされる自律的行動とは? 重要となる目標設定のポイントや育成方法について解説
IT技術の発展や少子高齢化の影響などにより自律的に行動できる人材はますます企業にとって貴重な存在であるといえます。本記事では、ビジネスの変化速度に順応した自律型人材になるために必要とされる自律的行動とその育成方法について解説します。
アジャイル型組織とは?従来の組織との違いは何?
企業が新たな価値を素早く、継続的に提供するためにアジャイル型組織といった組織形態や組織論が近年注目されています。従来型の組織とどのような違いがあるのでしょうか。本記事ではアジャイル型組織の概要や特徴、従来の企業との違い、メリット、デメリットについて紹介します。
自律協働型人材とは?その育成方法やマネジメントのポイントについて解説
自律協働型人材の導入を検討しているけど、具体的にどのような人材なのか分からないと悩んでいませんか。 本記事では、自律協働型人材の概要や特徴、育成方法、活かすための組織作り、管理職に求められるマネジメントスタイルの変化を紹介します。
テレワークにおける人材育成のポイントや課題への対策・実施事例を解説
新型コロナウイルス感染拡大の影響から、大手企業を中心に社員にテレワークを推奨する動きが見られるようになってきました。ただテレワークでの人材育成で悩みを抱えている人事担当の方は多いのではないでしょうか?本記事では、テレワークにおける人材育成について、気をつけたいポイントや課題への対策を紹介します。
働き方の多様化とは?求められる背景や促進のための取り組みについて解説する
近年働き方改革が施行され、企業では「働き方の多様化」を促進する動きが求められています。しかし、重要であると認識している人は多いものの、実際にどのような取り組みによって促進され、企業にとって利点があるのか明確でない方も多いのではないでしょうか。本記事では、働き方の多様化について解説していきます。
指示待ち人間とは?その特徴や原因から社内での改善法を解説する
指示しなければ働かない「指示待ち人間」に悩んでいる上司・人事担当者は少なくありません。同じく「指示待ち人間と言われたけどどうしたら主体的に動けるだろう」と悩んでいる従業員も多いはず。 本記事では、指示待ち人間が生まれてしまう原因から改善法まで解説します。
在宅勤務とは?導入時のポイントや企業事例を解説
近年、多くの企業が注目している在宅勤務。導入により大きな働き方改革が見込めますが、思わぬデメリットがあるところも事実です。当記事では、これから在宅勤務の導入を検討している方に向けて、導入時に必ず押さえておきたいポイントと、実際の企業事例をご紹介します。
副業制度とは?副業制度のメリットやリスクと導入事例を紹介
副業制度とは、今働いている会社以外で、別の仕事をしてもよい制度です。「働き方改革」により、副業解禁をする企業が増えてきました。本記事では、副業制度のメリット・デメリット、副業制度を導入する注意点を解説し、既に導入している企業事例を紹介します。
副業は推奨すべき?制度導入のメリットを徹底解説
昨今、副業を認める企業が増えてきており、こうした企業は労働者からも魅力的に映るようです。しかし、副業の導入前後にはさまざまな課題が存在します。当記事では副業が広がる背景、メリット・デメリットを紹介しますので、導入の検討をされている方は、ぜひ参考にしてください。
兼務出向とは?契約時に気を付けたいポイントを徹底解説
企業の新しい雇用形態として「兼務出向」に注目が集まっています。そこで当記事では、兼務出向の概要やメリット・デメリット、契約時に気をつけたいポイントについて解説します。今後、自社に兼務出向を導入したいと考えている担当者の方はぜひ参考にしてください。
デジタル人材とは?求められるスキルと育成・定着のポイントを解説
競争力強化や事業成長に、DXへの取り組みは欠かせないものとなりました。 企業におけるDX推進の担い手となるのが「デジタル人材」です。 デジタル人材は労働市場において不足しており、多くの企業は獲得や育成に向け、さまざまな施策を講じているのではないでしょうか。 当記事ではデジタル人材に求められるスキルをはじめ、育成・定着のポイントを解説します。
第4次産業革命とは?必要なスキルと求められる人材育成について解説
18世紀後半にイギリスで起きた産業革命は、紡績機の発明と蒸気機関の改良により、それまでの産業構造に大きな変化をもたらしました。 時を経て21世紀の現代は第4次産業革命の真っ只中といわれ、デジタル技術を中心に大きな変革が起きています。 当記事では、第4次産業革命が社会にもたらす変化と、変化のなかで活躍する人材像について解説します。
デジタライゼーションとは?DX推進に不可欠な従業員教育を解説
身の回りのあらゆるものがデジタル化される昨今、「デジタライゼーション」という言葉を耳にすることも多くなりました。 日本語に直訳すると「デジタル化」という意味になりますが、この言葉はもう少し深い意味をもつようです。 当記事では、DXにおけるデジタライゼーションの位置づけと、DX推進に不可欠な要素について解説します。
2025年の崖とは?「経済産業省DXレポート」からわかりやすく解説
2018年に経済産業省は、日本におけるDX推進を目的とした文書、「DXレポート」を発表しました。レポートには「2025年の崖」という言葉が出てきます。 「2025年の崖」は、同レポートでは、国内のデジタル化の遅れに警鐘を鳴らす目的で用いられています。2025年に何が起きるのでしょうか。 本記事では、「2025年の崖」の概要を「DXレポート」をもとに解説します。
レガシーシステムとは?問題点と脱却に必要な人材をわかりやすく解説
「レガシー」は、「遺産」という意味の単語です。そこから派生して「代々受け継いできたもの」「古き良きもの」といったポジティブなニュアンスを感じさせる言葉でもあります。 しかし、情報システムの分野では「レガシー」は、「古くなった」「時代遅れ」というネガティブなイメージで用いられることが多いようです。 本記事では、「レガシーシステム」の問題点と、脱却に必要な施策、脱却を担う人材について解説します。
SoEとは?導入するメリットや成功させるポイントを解説
昨今のマーケットにおいては、スペックが似た商品が多数出回るコモディティ化が進んでいます。このような状況で他社と差別化を図るためには、顧客のニーズに対応して顧客満足度を高めることが求められます。本記事では、顧客満足度の向上につながるSoEについて、導入時のポイントやメリットを紹介しています。
社内DXとは|取り組むべきアクションと推進のポイントを解説事例付き
近年、AIやIoTなどデジタル技術の急速な発展にともない、DX推進は企業戦略において欠かせない取り組みとなっています。 しかしながら、その取り組みが思うように進まない企業も、多いのではないでしょうか。 本記事では、日常業務の効率化を図る「社内DX」の概要と取り組むべきアクション、推進のポイントを事例を交え解説します。
建設DXとは?現場への導入方法と注意点を徹底解説
建設業界での競争力を高める上では、慢性的な人手不足や、危険作業のリスクが伴うなどの課題の解決が不可欠です。そこで検討されるのが建設DXです。本記事では建設DXの概要や現場への導入方法、注意点について解説します。これから自社のDXを推進したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
バックオフィスDXとは?デジタル化のメリットとポイントを解説
バックオフィスは、会社機能を維持するうえで欠かせないセクションです。業務内容は多岐にわたり、なかには煩雑で手間のかかる作業も多く存在します。 しかし、バックオフィス業務は定型化できるものも多く、デジタル技術を導入することで大幅な効率化を図る余地があるようです。 本記事では、バックオフィス業務のDX化のメリットと、推進のポイントについて解説します。
ビジネスデザイナーとは?必要なスキルとおすすめの資格を解説
ビジネスデザイナーという職種は、まだ世間的に認知度が低く、具体的な仕事内容が分かりにくいこともあるでしょう。しかし、企業におけるDX推進に欠かせない存在であり、今後ますます活躍の場が広がると予想されています。 本記事ではビジネスデザイナーの概要と必要なスキル、保有しておくと良い資格を解説します。
ITアーキテクトとは?必要なスキル・資格と育成の取り組みを解説
近年、企業のDXが進められるなか、「ITアーキテクト」という職種が注目を集めています。 ITアーキテクトは、企業のビジネス戦略におけるシステム関連のキーマンとして、重要なポジションを担う職種です。 本記事では、ITアーキテクトの概要と必要とされるスキルや資格、企業に求められる育成の施策について解説します。
AIエンジニアとは?必要なスキルと資格・企業の取り組みを解説
近年、AI(人工知能)の実用化が進み、企業におけるDX推進の一環として、AI技術を用いたシステム開発やサービスの提供が活発化しています。 それにともない、「AIエンジニア」という職種が注目を浴び、需要が高まっているようです。 本記事では、「AIエンジニア」の仕事内容から、必要なスキルや資格、AI人材の獲得から定着までの取り組みを解説します。
ジョブ・シェアリングとは?求められる背景と有効な導入方法を紹介
企業の新たな雇用形態としてジョブ・シェアリングへの注目が高まっています。本記事では、ジョブ・シェアリングの概要や、求められる背景、また有効な導入方法について解説します。これからジョブ・シェアリングを導入したいと考えている方はぜひ参考にしてください。
ジョブ・リターン制度を最大限活用するには?制度の内容を詳しく理解しよう
ジョブ・リターン制度とは、やむを得ない理由で退職した従業員が復職する制度です。本記事では、ジョブ・リターン制度が設定された背景やメリット・デメリット、導入のポイントを解説しています。これからジョブ・リターン制度を取り入れたい方は、ぜひご参考にしてください。
チーム型組織とは?組織構造の特徴や他組織との違い、採用ポイントを解説
社内の組織構造の種類は多く存在し、企業の事業内容やプロジェクトに応じて適した体制を取り業務を進めることで、目標の達成に近づけます。この記事では、組織構造の種類の一つである「チーム型組織」について、他の構造と比較しながら詳しく解説します。これから社内のチーム体制について検討している方は参考になれば幸いです。
トータル人事制度とは?概要やメリットと課題について解説
トータル人事制度とは、人事評価や賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度です。 本記事ではトータル人事制度の概要やメリット、また現状の課題について紹介します。これからトータル人事制度を導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
ネットワーク型組織とは?メリットやデメリットと企業事例を紹介
ネットワーク型組織とは、中央集権的な組織と異なり、強力な権限を持つリーダーがいないフラットな組織です。本記事では、ネットワーク型組織の特長、メリット・デメリット、企業事例等について紹介します。これからの組織のあり方について検討している方は、参考にして下さい。
マネジリアル・グリッド論とは?5つのリーダー類型と育成方法を解説
マネジリアル・グリッド論とは、人間および業績に対する関心からリーダー類型を論じたリーダーシップ論です。本記事では、マネジリアル・グリッドの定義や起源、リーダーシップを育成する効果的な手法を紹介しています。人事担当の方はぜひ参考にしてください。
自律学習とは?自律型人材を育成するメリットや方法を解説
経営戦略や事業目標の達成に向け、企業において自律型人材のニーズが高まっています。それに伴い、社員を自律型の人材へと育成する「自律学習」の導入を検討している企業も少なくないでしょう。この記事では、自律型人材の育成方法やもたらす効果を中心に、自律学習について解説します。
自治体DXとは?解決できる課題や推進におけるポイント、事例を紹介
DXというワードを耳にする機会が増えた昨今ですが、いざ説明しようとしても言葉が出てこない方も多いのではないでしょうか。さらに自治体の課題解決を目的とする「自治体DX」という言葉はあまり聞き馴染みがないと思います。本記事ではDXの概要に触れつつ、今後自治体での活用が見込まれる自治体DXの特徴や事例について紹介します。
CSV経営とは?メリットやCSRとの違い・実践している企業事例を紹介
これまでは経営目標の達成に向けた事業展開や売上規模といった数字で企業の評価が行われていました。しかし近年は、数字で把握できる事業活動だけでなく、社会問題の解決や社会貢献の企業活動がその企業の価値を測る指標として注目されています。この記事では、推進している企業が増加傾向にあるCSVについて、実際に実践している企業の事例も紹介しつつ解説していきます。
デジタル化とは?社内導入のメリットからポイント、推進方法について解説
近年は情報社会と言われる程、自治体・民間企業で情報システムが使用され、業務の効率化や簡略化が進んでいます。そんな現代で「デジタル化」というワードを耳にするようになった方も多いと思います。これから社内でデジタル化を推進していこうと考えている担当者もいるのではないでしょうか?本記事では、よく耳にするようになったデジタル化の概要から社内に導入するメリット、ステップについて解説します。
社員・求職者が求める働きがいとは?重要視される背景と事例を解説
企業を選ぶ上で重視されているものの1つとして、必ずといっていいほど挙がる「働きがい」。売り手市場のここ数年で耳にする機会が増えました。人事担当者の中には「働きがいを感じてもらえる環境づくりをしたいけど、そもそも求職者が求める働きがいって何?」と悩んでいる方が多いのではないでしょうか。本記事では働きがいの定義から、従業員の働きがいを高めるために企業ができることを解説します。
エンゲージメントとは|ビジネスにおける意味と高める方法を紹介
ビジネスシーンにおけるエンゲージメントとは社員の会社に対する愛着心や思いの大きさの指標となるものです。社員のエンゲージメントは高めることでモチベーションが維持され、組織の成長にもつながる重要な要素です。本記事ではエンゲージメントを高めるメリットや方法について詳しく解説します。
SDGsとは?社内に浸透させるポイントを解説
近年耳にするようになったSDGs。大企業を中心にSDGs活動に取り組む日本企業が増えています。しかし、いざ社内で取り組もうと思っても「どうやって浸透させればいいの?」と悩んでいる企業担当者は多いはず。本記事では、SDGsが社内で浸透しない理由や取り組むメリット、浸透させるためのステップについて解説します。
SDGs人材を育成するには?その方法とメリットや事例について解説する
マスメディアで取り上げられるようになったSDGs。自社に取り入れたいと検討されている人事担当者・経営者は多いのではないでしょうか。持続的な活動を行うには、まずは人材育成が必要不可欠です。 本記事では、SDGs人材の育成方法からそのメリット、事例まで解説します。
HRテクノロジーとは?人的資源の有効活用のために知っておきたいポイントを解説
HRテクノロジーとは、人事関連の業務をより効率的かつ高度に行うことを目的としたデジタル技術を指します。近年特に注目されている概念ですが、非常に多くの要素を内包しているため、具体的なイメージがわかない方も多いのではないでしょうか。 本記事では、「HRテクノロジー」の概要や具体例、導入する際の注意点について、詳しく解説していきます。
組織デザインとは?社員と企業の成長に繋がる組織構築のポイントと重要性について解説。
企業がこの先も長く存続し成長を続けるためには、従業員の能力を最大限に活かした社内環境を構築し、組織の形成に役立てる事が重要な課題となります。そうした組織構築の基本として、昨今注目されているのが「組織デザイン」です。 この記事では、組織デザインの理解を深め、社員と企業の成長に繋がる組織を構築するためのポイントと、その重要性について詳しく解説します。
抜擢人事のメリットは?年功序列に代わる新しい人事制度を徹底解説
「年功序列」より「実力主義」の会社が求められるようになった今、成果主義の考え方に由来する制度「抜擢人事」への注目が高まっています。本記事では、抜擢人事のメリットや、導入を成功させるポイントについて紹介します。これから抜擢人事を導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
スクラム採用とは?注目される背景やその導入メリットやデメリットを解説
近年、スクラム採用という採用方法が注目を集めており、導入する企業が増えています。スクラム採用が注目されている背景や、導入するメリットはどのような部分にあるのでしょうか。また、デメリットが存在するのでしょうか。この記事ではそれぞれについて解説していきます。
フィードバック面談とは?必要性や方法・注意点を紹介
人事評価や考課の結果やその根拠を、上司が部下に伝える面談を「フィードバック面談」と呼びます。当記事ではフィードバック面談を適切に行う方法や、コミュニケーションの取り方について説明しています。フィードバック面談を予定している方は、ぜひ参考にしてください。
人事通達とは?適切な人事通達を出すためのポイントを解説
人事異動の季節が近付いてくると、社内に向けて人事通達が発信される企業が多いのではないでしょうか。人事通達とは、企業が所属している社員に対して人事異動を発表・掲示することを指します。この記事では、人事通達の解説と共に適切な人事通達を出すためのポイントを解説します。
iコンピテンシ・ディクショナリとは何か?導入メリットや推進団体が行う活動について解説
近年、iコンピテンシ・ディクショナリを導入する企業が増えています。特にIT企業はこの仕組みを取り入れている会社が多く、業務の見える化などの分野で大きな成果をもたらしています。この記事では、iコンピテンシ・ディクショナリを解説しながら、導入のメリットや解決できる課題点を紹介します。
社員の成長意欲が高まる会社になるには?その方法やマネジメント手法を解説
社員の育成は、会社の人事担当者としての永遠の課題の1つではないでしょうか。社員がモチベーション高く働き、成果を出し続ける会社になるためにはどうすればいいのでしょうか。この記事では、社員の成長意欲の高まりの仕組みに注目し、成長意欲を高める方法について解説します。
組織崩壊とは?崩壊のメカニズムや前兆、未然に防ぐための対策を解説
変化の激しい現代社会で組織が長く生き残るためには、組織内部の危機管理に意識を向けることがとても大切です。そこで、昨今注目されるテーマが「組織崩壊」です。今回は、組織崩壊のメカニズムと、未然に防ぐための対策について詳しく解説します。組織崩壊に関する正しい理解を深めることで、会社の危機管理に役立てていきましょう。
バーナードの組織の三要素とは?組織に必要な3つ要素を理解し導入するためのポイントを解説
「組織の三要素」は、組織を構築していく過程において念頭に置くべき重要な要素です。この3つの要素を正しく理解し組織運営に活用することにより、しっかりとした組織の基盤が完成し、ブレない組織を形成することが可能となります。 当記事では、「組織の三要素」について詳しく解説するとともに、具体的に組織に導入するためのポイントをご紹介します。
「学習の転移」とは?効率よく学ぶための活用法や具体例を解説
学校教育や職場での研修など、日常生活における「学び」の場面において、ある学習が他の学習へと影響を与える現象を「学習の転移」といいます。うまく活用できれば企業での人材育成にも役立つ概念です。本記事では、学習の転移の概要や具体例、活用するためのポイントについて解説します。
動機付け理論とは?代表的な例とビジネスにおける活用方法を詳しく解説
ビジネスの成果をより出しやすくするための考え方のひとつに、動機付け理論があります。動機付け理論はどのような時に活用され、またビジネスにおける、代表的な活用方法にはどのようなものがあるのでしょうか。この記事では、動機付け理論の概要や、実際の活用例などを紹介し、動機付け理論について詳しく解説していきます。
リバースメンター制度とは?そのメリットや導入事例について解説する
逆メンター制度と呼ばれる、リバースメンター制度を導入する企業は増えてきています。リバースメンター制度とは、従来から行われている上司や先輩がメンターとなるメンター制度と反対に、若手が先輩社員に助言を与えるものです。本記事では、リバースメンター制度の特徴や導入事例について解説しています。
復職とは?私傷病による復職トラブルを回避する方法について解説
病気や怪我で一定期間仕事を休んだ従業員が復職を希望する場合、復職の判断や手続きは慎重に行う必要があります。 特に、メンタルの病気の場合は「治癒」の判断が難しく、早すぎた復職で病状が悪化するといったトラブルに発展するケースが多いようです。 当記事では私傷病からの復職、なかでもメンタル不調による休職からの復職で、発生しやすいトラブルの回避方法を解説します。
人事異動とは?目的や種類、必要な配慮について解説
企業の持続的な発展には、人的資源の有効活用が欠かせません。それぞれの人材が、自身に適した環境で能力を発揮してもらうことが理想です。 多くの企業は、組織運営を最適な状態に近づけるために人事異動を行います。 当記事では、人事異動の目的や種類、人事異動を発令する際に必要な配慮について解説します。
役員とはどんな役職?組織における役員の義務と効果的な研修を紹介
役員とは、一般的に取締役、執行役、会計参与、監査役、理事、監事といった役職を指します。当記事では、役員の定義と組織における役員の義務や効果的な研修などについて解説します。役員について理解を深めたい方、人事担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
管理職とは?求められる役割やスキルを解説
近年は会社の内部統制が社会的に昔以上に重要となっていますが、その中でキーマンとなるのが管理職です。しかし、管理職はなにと言われると意外とすんなりとは答えられないのではないでしょうか。本記事では管理職の定義を明らかにした上で求められる役割やスキルを解説しています。
プロパー社員とは?非プロパー社員との溝を作らないコツを解説
企業が事業目標を達成するためには、従業員が力を合わせ目標達成に向け進んでいく必要があります。企業によっては雇用形態の違いにより、さまざまな立場の従業員が混在することもあるでしょう。「プロパー社員」という言葉は、そうした一つの立場を指す言葉です。 ときにプロパー社員とそれ以外の従業員の間で、摩擦や軋轢が生じることもあります。 当記事ではプロパー社員の概要と、プロパー社員以外の従業員との間に溝を作らないコツについて解説します。
嘱託社員とは?モチベーションを維持する処遇のポイントについて解説
嘱託社員という言葉に明確な定義はありませんが、一般的には定年後に再雇用された社員のことを指します。 定年退職後も引き続き勤務しますが、それまでに就いていた役職がはずれ、給与も下がることも多いためモチベーションの維持が課題です。 当記事では、こうした嘱託社員のモチベーションを維持し、活躍し続けてもらうためのポイントについて解説します。
内勤とは?外勤との違いや求められるスキルを解説
就職や転職活動をしていると内勤を希望していたり、求人票に内勤募集と書かれているのを目にしたりすることがあるでしょう。内勤といわれてイメージはつくものの、具体的にどういう職種を指すのか分からないという方もいるのではないでしょうか。本記事では内勤の定義や具体的な職種、求められるスキルなどについて解説しています。
委嘱とは?その意味や主な例から類似語との違いについて解説
委嘱(いしょく)とは、専門的な知識が必要な仕事やその役割を外部の人へ任せることを指します。しかし、企業内ではその他にも「委託」や「任命」など意味を混同しやすい言葉も少なくありません。本記事では、委嘱の意味やその例、また類似した用語との違いについて解説します。
エグゼクティブの意味とは?使い方や適切な人材の見つけ方を解説
エグゼクティブ職や人材という言葉を耳にするものの、実際にはどのような人のことを指すのか疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。単に優秀な人材ということではなく、その定義や役割は明確にあります。本記事では、エグゼクティブの定義や用い方から、採用する上での見つけ方について解説します。
取締役とは?一般社員や執行役員との違い、責任について紹介
取締役とは、会社法で定められている役員のことを指します。実際に会社の中でどういった位置づけになるのか、また役割があるのか具体的には知らないという方も多いのではないでしょうか。本記事では取締役について他の社員との違いや役割、責任などについて解説しています。
勤務形態とは?柔軟な勤務形態がもたらすメリットを解説
勤務形態とは、働き方を指す言葉です。「働き方改革」が叫ばれる現代では、従来の慣習に囚われない柔軟な働き方が求められます。 昨今、新たに脚光を浴びた勤務形態が「テレワーク」です。 当記事ではテレワークを中心に、企業が柔軟な勤務形態を設定することのメリットについて解説します。
昇進とは?管理職への昇進と研修の重要性について解説
昇進とは、会社内で職位が上がることを指す言葉です。昇進は、会社で働く人々にとって喜ばしいことであり、モチベーションを高める出来事となるでしょう。 しかし、役職が上がることで会社や周囲の人々から求められる役割が変わったり、責任が重くなったりすることによるプレッシャーで「つまずき」を生じることもあります。 当記事では、立場の変化による「つまずき」を生じさせないための研修、特に管理職昇進時の研修の重要性について解説します。
職務分掌とは?職務分掌の定義と人材育成に役立つ理由を解説
「職務分掌」とは組織における役割を階層ごとに分類し、責任と権限を明確に示したものです。責任と権限を明確にすることで、抜けや漏れのない組織運営が可能になるメリットがあります。また、職務分掌は人材育成にも良い効果を発揮するようです。 当記事では、職務分掌の定義や概要と、人材育成に役立つ理由について解説します。
参事とは?その役割や参事官や参与との違いについて解説する
参事とは、もともとは国会や地方公共団体といった公務員の役職名の1つとして使用されてきましたが、現在は一般企業でも用いられています。具体的にどのような立場で、役割があるのでしょうか。本記事では、参事の立場や、類似している参事官や参与との違い、参事が持つ役割について紹介しています。
人事課長の資質とは?仕事内容と適正な人物像を徹底解説
人事課長に求められる素質やスキルとは、どのようなものがあるのでしょうか。当記事では人事課長に必要なスキルや、それらを育成する研修の際に注意する点について紹介しています。また、人事部長との違いについても説明していますので、ぜひ参考にしてください。
成長実感をもつことによるメリットとは?成長実感をもつためのポイントも紹介
業務を遂行していくなかで、みなさんは成長を実感しているでしょうか。成長実感をもちながら仕事をすることは非常に大切です。本記事では、そもそも成長実感とは何か、成長実感を感じることのメリット、また成長実感を感じている人の特徴や、ポイントについてもご紹介します。
特性論の代表的な理論やメリット・デメリット|ビジネスに活用する方法を解説
特性論にはさまざまな理論があり、社員の多様な価値観を活かし、企業の経営理念や経営方針に沿った人材の育成にも活用されています。本記事では、特性論とはどのような理論か、その概要と代表的な理論やそのメリット・デメリット、ビジネスに活用する方法について解説します。
CIO(最高情報責任者)とは|主な仕事内容や日本企業の設置事例を紹介
CIOとは、「Chief Information Officer」を略した言葉であり、日本語では最高情報責任者・情報統括役員などと訳されます。当記事では、CIOの定義や役割、CIOに求められる資質などについて紹介します。これからCIOを社内に配置したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
エンプロイアビリティとは?主な要素や分類、高める方法について解説
エンプロイアビリティとは、その名の通り企業や組織に雇用される能力を意味する言葉です。労働環境の変化を受けてエンプロイアビリティに注目が集まっていますが、当記事ではエンプロイアビリティの要素や分類、また自身の能力を高めるコツについて紹介していきます。
コア人材とは?組織成長のカギとなる人材の育成・定着について解説
コア人材とは自社の業務に精通し、高いスキルとリーダーシップで、事業運営の中核を担う存在です。近年、ビジネス環境の変化は加速し、企業経営にはスピードと効率が求められます。こうした環境変化に対応し、持続的に企業を発展させるためには、コア人材の活躍が欠かせません。 当記事では、組織成長のカギとなるコア人材の育成と、定着のための取り組みについて解説します。
生涯学習とは?その必要性や企業で推進する際のポイントについて解説
生涯学習とは、文部科学省が推奨している豊かな人生をおくるための学習のことを指します。人生100年時代と言われるように、誰もが自分の人生を充実させたいと考え、働き方にも変化が生まれてきおり、生涯学習は直近の価値観に適合している考え方になります。 当記事では生涯学習について説明を行い、生涯学習の必要性や種類、企業で推進すべきポイントや導入企業事例などを解説します。
成人教育とは?特徴やメリット、成功させるポイントを解説
成人教育とは、成人を対象とした主体的な教育です。当記事では、成人教育の定義を確認したうえで、特徴やメリットを解説していきます。 また、成人教育を成功させるために研修で気をつけるべきポイントも紹介していますので、人事担当者はぜひ参考にしてください。
インポスター症候群とは?当てはまる人にみられる特徴や原因から対処法まで解説
インポスター症候群とは、仕事で成功し評価されているにも関わらず自分自身を過小評価しネガティブに捉えてしまいがちな人々のことを指します。 本記事では、インポスター症候群の特徴や原因、防止するための対策や改善方法まで含めて詳しく解説していきます。
HRビジネスパートナー(HRBP)とは?戦略人事についてわかりやすく解説
「HRビジネスパートナー」(HRBP)という言葉を聞いたことはありますか。HRBPとは、事業のパートナーとしての戦略的な人事職のことで、その仕事内容は多岐にわたります。当記事では、今なぜHRBPが注目されているのか、HRBPとは具体的にどのような仕事で、どのような能力が求められるのか、解説します。
キャリアコンピテンシーとは?注目されている理由や活用方法とそのポイントについて解説
変化の激しい現代において、キャリアコンピテンシーに注目する企業が増えています。企業が環境変化に対応していくためには、自分がすべきことを主体的に考えられる人材が必要になることを意味しています。当記事では、キャリアコンピテンシーの概要や注目されている理由、活用方法とそのポイントについて解説します。
スキルズインベントリーとは?その必要性や基本的な活用法と注意点を解説
人材育成を効率的に進めるためには、社員のスキルを把握し、管理する必要があります。その際に役立つのがスキルズインベントリーです。当記事では、スキルズインベントリーとはなにか、その必要性や基本的な活用法や活用のステップと注意点について解説します。
タフアサインメントとは?飛躍的な能力開花を促すための取り組み方を解説
現在の実力では達成が難しい課題をあえて課し、短期間での成長を促す人材育成の手法をタフアサインメントと呼びます。対象者の飛躍的な能力開花が期待できる一方、一定の負荷がかかることは避けられないため、マネジメントを行う側にも力量が求められる手段です。 当記事ではタフアサインメントの概要と、実際に行う際のポイントについて解説します。
職務分析の方法は?4つの手法と職場での活かし方を徹底解説
仕事の生産性を最大限に高めたいと考えるならば、職務が生み出す価値を分析・理解し、測定評価する必要があります。当記事では、職務分析の方法や職場での活かし方を解説します。これから職務分析を導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
先行オーガナイザーの概要|効果的な使い方や具体例などを解説
学習内容を理解するための効果的な方法に、先行オーガナイザーという考え方があります。この考えに基づいて予習をすることで、学習効果が上がり、より少ない時間で大きな成果が出せます。当記事では、先行オーガナイザーの種類や効果などの概要とその効果、予習で自分で作り出す方法、ビジネスにおける具体例について解説します。
ポータブルスキルとは?構成要素や種類から企業が着目するメリットまでを解説
ポータブルスキルは、業界や業種を問わず、新入社員からどの階層においても重要なスキルです。社員の成長は、専門性の高いスキルだけでなく、汎用的なポータブルスキルの獲得も必要になります。本記事では、ビジネスにおけるポータブルスキルとはどのようなものか、構成要素やその種類、企業が着目するメリットについて解説します。
ワークフローとは?システム導入のメリット・デメリットから選定のポイントも合わせて解説
ワークフローを効率化させるために、システムを導入する企業が増えています。本記事では、ワークフローの基本やシステム導入のメリット・デメリットについて解説します。また、選定の際に押さえておくべきポイントもご紹介しますので、業務効率化の参考にしてみてください。
ポテンシャルとは? 意味や使い方、ポテンシャルが高い人の5つの共通点を解説
人事の業務を担当しているなかで、「ポテンシャルってどういう意味?」と感じている方も多いのではないでしょうか。「ポテンシャル採用」や「ポテンシャルを引き出す」といった使われ方をして、ビジネスシーンでもよく見かけるようになった言葉です。今回は、そんなポテンシャルという言葉の意味や使い方、また、ポテンシャルが高いとされる人の共通点を解説していきます。
ロミンガーの法則とは?「70:20:10」の法則の内容を徹底解説
ロミンガーの法則とは、「人が成長する7割は業務経験、2割が薫陶、1割は研修である」という個人の能力開発についての影響度合いを示すものです。本記事では、ロミンガーの法則(70:20:10の法則ともいう)の内容を徹底解説します。また、人材育成に優れた上司の特徴についても言及しますので、ぜひ参考にしてください。
プロスペクト理論とは|事例や概要、人材育成における活用法を紹介
人事担当者のなかには、「プロスペクト理論ってなに?」と感じている方も多いのではないでしょうか。マーケティング手法として用いられるプロスペクト理論ですが、人事領域にも十分に活用できる理論です。今回は、そんなプロスペクト理論をわかりやすく解説していきます。
カーブアウトとは?実施するうえでの留意点や成功事例を紹介
カーブアウトとは、企業が事業の一部分を切り出して、その事業を社外事業のひとつとして独立させる経営手法のことを指します。本記事ではカーブアウトのメリット・デメリット、また具体的な実施方法について紹介します。これからカーブアウトを実施したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
コンティンジェンシー理論とは?リーダーのあり方や手にできるメリットを紹介
人事担当者のなかには、「コンティンジェンシー理論ってなに?」「コンティンジェンシー理論の具体的な使い方は?」といった疑問をもっている方も多いのではないでしょうか。この記事では、コンティンジェンシー理論の内容をわかりやすく解説していきます。ほかの理論との違いや、企業で用いる際の注意点にも触れていきます。
リフレーミングとは?従業員教育に最適な活用方法を徹底解説
リフレーミングとは、物事の捉え方を変化させて前向きに考えることです。本記事では、ビジネスにおけるリフレーミングの必要性や実践方法を解説しています。また、リフレーミングを行う際の注意点や対象となる従業員も紹介していますので、人事担当者はぜひ参考にしてください。
タスクフォースとは?そのメリットや進めるポイントについて解説|導入事例も紹介
近年、緊急の重要課題を解決するため企業内に「タスクフォース」と呼ばれるチームが編成されるようになりました。そこで本記事では、ビジネスにおけるタスクフォースとは何か、そのメリット・デメリット、効果的にタスクフォースを進めるためのポイントについて解説し、企業の導入事例もご紹介します。
サーバントリーダーシップの基礎|重視される背景や求められる10の特性からメリット・デメリットまでを解説
サーバントリーダーシップは、1970年にロバート・K・グリーンリーフ博士が提唱し、「部下に奉仕することがリーダーの役割」という考えに基づく、支援型リーダーシップのことです。本記事では、サーバントリーダーシップの基礎知識や重視される背景、メリット・デメリットについて解説します。
アウトカムとは?アウトカムを活用するメリットから活用のポイントや業種別事例までを紹介
アウトカムは、医療・経済の研究をはじめ、さまざまな業界や業種で、積極的に活用されています。本記事では、アウトカムとはどのようなものか、そしてアウトカムを捉える上で不可欠なインプット・アウトプットとの関係、活用するメリットと活用のポイント、業種別活用事例をご紹介します。
対人能力とは?ビジネススキルとして身につけるべき理由と具体的な方法を解説
職場やビジネスにおいて「対人能力」は、私たちが身に付けるべき重要なスキルのひとつです。対人能力を活かして、仕事のパートナーとより良い人間関係を築き上げることは、私たちが仕事を成功に導くための鍵でもあります。そこで今回は、ビジネススキルとして「対人能力」を身に付けるべき理由と、その具体的な方法について分かりやすく解説します。
チームワークとは?必要な理由や最大化させるためのポイントを解説
チームワークは、組織を活性化させるために欠かせない要素です。仕事において、個人プレーよりもチームワークが必要とされる場面が多いためです。本記事では、チームワークの意味や必要な理由、最大化させるためのポイントを解説します。また、面接採用時にチームワーク力のある人材を見極める方法についてもご紹介します。
オズボーンのチェックリストとは?使い方や上手に進めるコツを解説|活用事例も
新たなアイデアを得る際に、できるだけ短時間に効率良く、アイデアを出したいと考えることがあるでしょう。自由に発想を広げていくほど、まとまらないということもあります。そこで、ご紹介したいのがオズボーンのチェックリストです。本記事では、オズボーンのチェックリストとは何か、使い方や進める際のコツ、改良版のSCAMPER法について解説します。また、商品開発に用いられた活用事例もご紹介します。
アート思考とは?注目される理由や進め方|おすすめの本3選も紹介
アート思考は、ビジネスにおいて、アートでしかできない表現や思考として注目されています。本記事では、アート思考の意味や注目されている理由、進め方について解説します。また、おすすめの本3選も合わせてご紹介しますので、アート思考についてもっと知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。
自己啓発の目的と種類とは?効率的な人材育成をする5ステップを解説
人事担当者の中には、「企業はどのように自己啓発をおこなうべき?」という悩みをもっている方も多いのではないでしょうか。昨今では、従業員のパフォーマンスを高めるために自己啓発を取り入れる企業が増加しています。そして、この記事では、そんな自己啓発の種類をわかりやすく解説していきます。うまく社内に取り入れることで、大きなメリットを手にできるでしょう。
裁量労働制とは?制度の概要や導入のメリット・デメリットをわかりやすく解説
裁量労働制は、働き方改革関連法が施行されたことで、長時間労働の是正や生産性向上に対応する勤務形態として注目されています。適切に運用することができれば、労働者と使用者の双方にメリットがある制度です。本記事では、裁量労働制の概要やメリット・デメリット、導入する際の注意点などをわかりやすく解説します。
MBO(目標管理)とは|OKRとの違いや運用を成功に導くポイントを紹介
目標管理は、公平で適切な人事評価を下す上で重要なマネジメントツールの一つであり、目標管理の導入は従業員のモチベーションアップにも繋がります。本記事では、目標管理設定のメリット・デメリット、効果的な目標管理運用の方法についてわかりやすく解説します。
MOOCとは?日本におけるMOOCの現状やメリット・デメリットについて解説
MOOC(Massive Open Online Course)は、近年の情報通信技術の進歩にともない、日本でもリカレント教育の一環として、仕事に関する専門的な知識やスキルを学ぶビジネスパーソンの利用も増えつつあります。そこで本記事では、MOOCの概要や日本におけるMOOCの現状、そのメリット・デメリットについて解説します。
ゼロベース思考とは?メリットや具体例・トレーニング方法を紹介
ゼロベース思考とは、今までに持っている前提の知識や思い込みを0にし、基礎ベースがない状態から物事を考えることです。本記事ではゼロベース思考のメリットやデメリットなどについて紹介しています。ぜひ、ゼロベース思考について参考にしてください。
オフサイトミーティングとは?メリット・デメリットや効果的な進め方|失敗しないためのコツも
オフサイトミーティングとは、通常のミーティングと異なり、現場を離れた場所(off-site)で行われる会議のことです。会議の効率化や活性化が求められるなか、新しい会議の方法として、近年注目されています。本記事は、オフサイトミーティングとはどのようなものか、そのメリットやデメリット、効果的な進め方、失敗しないためのポイントについて解説します。
動機付け要因とは?衛生要因との関係性やモチベーションアップの方法を解説
動機づけ要因は、従業員のモチベーションに関わる、「二要因理論」という理論で解説されていますが、「いまいち使い方がわからない」という方は少なくないでしょう。本記事では、そんな動機づけ要因をわかりやすい解説していきます。衛生要因との関係性を理解することで、効率的に従業員のモチベーションを引き出せるでしょう。
フォロワーシップとは?主な分類やメンバーが発揮するためのポイントを解説
フォロワーシップとは、フォロワーが自律的かつ主体的に考え、行動することを指します。仕事を進めていく上で、重要とされるフォロワーシップですが、いくつかの分類があります。本記事では、フォロワーシップについて詳しく解説しながら、その具体例やポイントについて解説します。
計画的偶発性理論とは?注目される背景や実践のポイントを解説
計画的偶発性理論とは、キャリアのほとんどは偶然の事象によって決まるというキャリア形成理論です。本記事では、計画的偶発性理論の特徴や注目を集める背景を解説しています。 また、計画的偶発性理論を従業員に実践してもらうためのポイントも紹介しますので、教育担当者はぜひ参考にしてください。
期待理論とは?活用するメリットやモチベーション向上に成功した事例を紹介
期待理論とは、「人は仕事をするうえで、どのようなプロセスを経て動機づけされるのか」について、その過程を説明した理論です。本記事では、期待理論の概要や活用するメリットについて解説します。また、モチベーション向上に成功した企業事例を紹介しています。
採用マーケティングとは? メリットや手順、成功事例を解説
採用マーケティングとは、従来のビジネスで活用されてきたマーケティングのプロセスや手法を、採用業務に当てはめた概念を指します。IT技術の向上によって激化した人材獲得競争によって、多くの企業が注目している手法が採用マーケティングです。本記事では、採用マーケティングの定義と、企業で実施する際の手順、成功事例を解説していきます。
メタ思考とは?メタ思考の実施手順や注意点について解説する
ビジネスにおいて、その思考力を高める概念にメタ思考があります。メタ思考とは、視点を上げて、物事や行為を客観視する思考法とされており、ビジネスにおいては必要不可欠な思考方法であるとさえ言われています。本記事では、メタ思考における特長や実施手順について解説しています。
パソコンスキル研修とは?基本的なテーマや注意点について解説する
パソコンスキル研修とは、パソコンに関するスキルを習得するために行う研修のことです。現社会では、業務を行う上でパソコンを使うことは日常化しており、スキルがないと業務支障をきたしてしまう可能性を秘めています。本記事とは、パソコンスキル研修をテーマに、研修の基本的なテーマや注意点について解説しています。
イクボスとは?厚生労働省が提唱する定義や促進するための手順について解説する
厚生労働省が後押しするイクボスとは、育児とボスを組み合わせた俗語です。イクボスとは、 育児や産休などを含む個人のキャリアを尊重した上司のことを指します。このイクボスを育てることで、従業員の働き方は大きく変り従業員の満足度向上、企業ブランド力を高めている企業が増えてきています。本記事では、イクボスをテーマにその概要や制度促進の手順について解説しています。従業員の満足度を高め、企業ブランド力を向上させるイクボス制度を社内に構築する検討材料にしていきましょう。
アナロジー思考とは?そのメリットや身に付け方について解説する
アナロジー思考とは、応用する力のことです。クリエイティブな発想ができる人の共通点は、このアナロジー思考力の高さだと言われています。アナロジー思考を身に付ければ、応用力だけではなく、いわゆる頭の回転が良い人材と言われるなど、その効果は高く業務の遂行力にも影響してきます。本記事では、アナロジー思考をテーマに、その特徴やメリット、能力を高める方法について解説しています。本記事を参考に、アナロジー思考が高い人材の育成を行っていきましょう。
経験学習モデルとは?学習における重要性と構成要素を解説
経験学習モデルは自分の経験を振り返り、気付きを得るプロセスとして非常に重要な学習方法です。 現代のビジネスパーソンは常に学びが必要になります。 当記事では経験学習モデルについて説明を行い、具体的に経験学習モデルを取り入れたアクションの説明を行います。 是非確認いただき経験学習モデルを用いながら、より効率的にスキルを身に着けていきましょう。
ITスキル標準(ITSS)とは? 実務に活かせるスキルについて解説する
ITエンジニアのスキルを表す基準にITスキル標準(以下、ITSS)があります。このITSSとは、どういった内容なのでしょうか。本記事では、ITSSについての解説と目指したい資格について解説しています。本記事を参考にITエンジニアのスキル基準を設けより具体的な評価基準を作成していきましょう。
採用ブランディングとは?企業メリットや手順を解説
採用ブランディングとは、求職者に自社のことを知ってもらうい共感を得て、採用活動の効率化を期待することを指します。 企業の経営課題の1つの有益な人材の確保があり、専門性の高い人材の確保や人手不足を解消するためにも注目が集まっています。本記事では、採用ブランディングをテーマに取り入れることでのメリットや注意点について解説しています。
フリンジ・ベネフィットとは?重要視される背景や導入方法などを解説
フリンジ・ベネフィットとは、従業員満足度を向上させる目的などで近年力を入れる企業が増えてきています。現在働いている従業員は勿論、これから入社する新人などの採用分野まで含めて企業価値を高める上でも注目されている取り組みです。 本記事ではフリンジ・ベネフィットの概要から、具体的な内容やフリンジ・ベネフィットを導入することによるメリットなど幅広く解説を行っていきます。
母集団形成とは?採用計画への利用を解説
母集団形成とは、直近の採用市場などでは必須と言われている考え方です。 採用活動において自社に応募してくれる応募者の集団のことを母集団と指しますが、その母集団を意図的に集めることで母集団形成を適切に行うことが可能になります。 本記事では母集団形成の意味から、母集団の意味、母集団形成を行う上での注意点や実際の採用の採に利用すべき媒体など含め解説を行っていきます。
ぶら下がり社員とは?デメリットや発生を防ぐ防止策などを解説
ぶら下がり社員とは、仕事に意欲的に取り組むわけでもなく、かといった辞めるわけでもない。そんな消極的な社員のことを呼びます。なぜ、ぶら下がり社員が生まれてしまうのでしょうか。 本記事では、ぶら下がり社員についての解説から特徴、ぶら下がり社員がいると組織はどうなってしまうのか、またその対策など含めて詳しく解説していきます。
HRMとは?求められる背景や実施する上でのポイントを解説
人はコストという考えから、近年では人は資産といったように考え方に大きな変化が発生してきており、人を資産として適切に管理するためにも、HRMの導入が不可欠とされています。 本記事では、HRMの概要や求められている背景、また組織課題にどう活用していくかを解説していきます。
evpとは?企業が重要視すべき理由を詳しく解説
evpとは、企業において従業員に提供すべき価値として近年注目を集めています。 労働に対する対価が金銭だけでよかった過去とは違い、現代では働き方改革など、企業にとって金銭以外での働く意味などを求める方が増えてきています。 本記事ではevpについて詳しく解説するとともに、なぜevpが必要なのか、具体的にevpを公開している企業の紹介など含め詳しく解説していきます。
能力評価とは?人事評価で行うメリットや実施方法について解説する
能力評価とは、業務をする能力をベースとして人事評価を行うことを指します。近年、人事評価の査定項目に能力評価を積極的に用いている企業も少なくありません。では、この能力評価とは何を意味しているのでしょうか。本記事では、能力評価の定義や基礎項目、そして能力評価を用いるメリットについて解説しています。
行動評価とは?人事評価制度に必要な概念とメリットについて解説する
行動評価とは、コンピテンシー評価とも言われ、もともとアメリカを中心に導入された評価システムです。この行動評価とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。本記事では、人事評価制度において重要な項目として扱われる行動評価について解説していきます。
職務遂行能力とは?主な内容や高める方法について解説する
職務遂行能力とは、与えられた業務を最後までやり遂げる時に必要とされる能力のことです。人事評価制度の評価基準にもなることが多い職務遂行能力ですが、具体的にはどのような能力を指すのでしょうか。本記事では、職務遂行能力について、その構成要素や高めるメリットなどについて解説しています。
要員管理とは?実施するメリットや立案方法について解説する
要員管理とは、プロジェクトなどにおいて必要なスキルを保有している人材を管理していることを意味しています。要員管理を行うメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。本記事では、要員管理の概要やメリット、その実施方法について解説しています。
テクニカルスキル(業務遂行能力)とは?スキルの主な特徴と高めるための方法について解説する
テクニカルスキルとは、業務を円滑に進めるために必要とされるスキルで、業務遂行能力とも呼ばれます。では、テクニカルスキルには、具体的にどのようなものが該当するのでしょうか。本記事では、テクニカルスキルの主な種類や特徴、また従業員がテクニカルスキルを高める方法について解説します。
共通キャリアスキルフレームワークとは?その内容と高度IT人材を育成するためのポイントについて解説する
共通キャリアスキルフレームワークとは、高度IT人材を育成・評価するため、ITに関する各職種で共通の能力尺度として利用できるよう整理された枠組みのことです。ITを扱う人材のスキルについて定義しているものですが、具体的にはどのようなものなのでしょうか。本記事では、共通キャリアスキルフレームワークについての解説と、高度なIT人材を育てるポイントについて解説しています。
リーダーに求められる資質とは?基本的な考え方を具体的に解説
リーダーに求められる資質は年々増えてきています。優れた企業や組織、チームにおいて優秀なリーダーというのは不可欠な存在です。ではどのようなリーダーが優秀なリーダーと言えるのでしょうか。本記事ではリーダーに求められる資質から、優れたリーダーになるための方法まで解説を行っていきます。
15%ルールとは?そのルールや導入するメリットについて解説する
タイムマネジメントの新しい観点に「15%ルール」があります。この15%ルールとは、どのような内容なのでしょうか。本記事では、15%ルールの意味や導入するメリット、「その注意点など、タイムマネジメントにおける基礎的な要素について解説していきます。
女性活躍推進研修の内容とは|カリキュラムの具体例も紹介
日本における女性の労働環境は、今後大きく改善されるといわれています。こうした変化に影響を与えるのが、女性活躍推進法です。本記事では、女性の活躍が推進されている理由や背景、また効果的な方法と注意点について解説します。担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
研修体系とは?構築する目的や最適な研修体系を構築する方法を解説
研修体系とは、ある組織や集団に属している人材に対して、必要とされる知識やスキルを習得させるために構成された研修プログラムやカリキュラムのことを指します。当記事では、研修体系の概要や構築する目的、最適な研修体系を構築する方法を紹介します。担当者の方は参考にしてください。
学習する組織とは|5つのディシプリンや企業事例を紹介
学習する組織とは、目的に向けて効果的に行動するために、集団としての意識と能力を継続的に高め、伸ばし続ける組織のことです。変化の激しい時代に対応するために、学習する組織への注目が高まっています。本記事では学習する組織を構成する要素や事例について紹介します。
カークパトリックとは?4段階評価法のメリットや問題点を解説
カークパトリックモデルとは、アメリカの経営学者カークパトリックによって提唱された研修の効果測定法です。当記事ではカークパトリックモデルのメリットや問題点について紹介します。これからカークパトリックモデルを導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
Tグループとは?Tグループの概要やメリット・注意点を解説
Tグループとは、「トレーニンググループ」の略称であり、社員の成長を目指すためのアプローチ法のひとつです。本記事ではTグループの概要やメリット・注意点、また効果的な方法について紹介します。これからTグループを導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
インストラクショナルデザインとは?注目される背景と代表的なモデルを紹介
本記事では、企業研修などにおいて、効率的かつ効果的な学習支援を設計する考え方であるインストラクショナルデザインについて解説します。注目される背景や代表的なモデルについて紹介しますので、最適な研修を模索している担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
ダブルループ学習とは?シングルループとの違いやメリット、フレームワークを紹介
ダブルループ学習とは、枠組みを超えるために組織を上げて、根本的に改革を行うための組織学習です。本記事ではダブルループ学習が注目される背景やメリット、定着させるために必要な取り組みなどについて紹介します。これからダブルループ学習を導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
バズ・セッションとは?バズ・セッションの特徴や手順を解説
バズ・セッションはビジネスシーンをはじめ、さまざまな場面で利用できる思考法のひとつです。本記事では、バズ・セッションの概要や特徴、実施時の具体的な手順について解説します。これからバズ・セッションを行いたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
ヒューマン・アセスメントとは?目的や代表的な手法を解説
ヒューマン・アセスメントとは、従業員の能力や特性、職務の適性、業績測定などを評価することです。本記事では、ヒューマン・アセスメントの目的や代表的な手法を解説します。メリットについても説明しますので、ヒューマン・アセスメントについて検討している人事担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
メルクマールとは?正しい意味と目標設定時の注意点について解説する
メルクマールとは、ビジネスの現場において「指標」「基準」をを示す用語として利用されます。最終目標の達成に向けた中間地点の指標の意味で利用されることがあります。本記事では、メルクマールの定義や、注意点、導入事例について解説しています。正しい意味を理解し、ビジネスにおいて活用していきましょう。
コングロマリットとは?主な手法やメリット・デメリットについて解説する
コングロマリットとは、異業種同士の企業が合併や買収などによって発達した企業体のことを示します。 子会社を持つグループ企業の組織編成には、いつくもの様式があり、その方法の一つに該当します。本記事では、コングロマリットについて、その特徴やメリットなどについて解説していきます。
ベテラン社員向け研修の必要性とは?研修テーマや注意点について解説する
企業成長には、自社内の人材育成が必要です。人材育成は、決して新入社員だけに必要なわけではありません。企業をより成長させるために、ベテラン社員の研修にいても注目が集まっています。本記事では、ベテラン社員の研修について解説しています。本記事を参考に今後の研修計画の立案に役立ててください。
キャリアプランニングとは?キャリア形成に必要な要素や実施方法について解説する
キャリアプランニングとは、自分の仕事(キャリア)のライフプランについて考察することを指します。本記事では、キャリアプランニングの重要性や、キャリアプランニングを形成するための要素について解説していきます。本記事を参考に自社におけるキャリアプランニングの実施の参考にして頂き、個々人が輝けるキャリア形成を実現していきましょう。
チーフとは?その定義や職場で求められる必要なスキルについて解説する
職場で活用する「チーフ」とは、どのような役割がある立場なのでしょうか。企業において、役職の1つの名称として使われるチ―フの定義や役割について解説していきます。本記事を参考に、チ―フの役割などを理解し役職の持つ責務などの整理を行っていきましょう。
ハンズオンとは?M&Aや投資を行う際に必要な概念について解説する
M&Aや投資を行う際に用いられる用語に「ハンズオン」があります。では、ハンズオンとはどういう意味を持ち特徴を持つのでしょうか。本記事では、ビジネスに用いられるハンズオンの意味やメリット、その特徴について解説していきます。ビジネスシーンで利用される用語についての理解を深め、適切な活用を行っていきましょう。
コーポレート・アイデンティティ(CI)とは|3つの要素や事例について解説
企業に必要なCI(コーポレート・アンデンティティ)とは、どのような意味を持つ用語なのでしょうか。現在、企業ブランド戦略の中で必要な概念として、多くの企業が取り入れている考え方です。本書は、コーポレート・アイデンティティについて、その用語の意味や役割について解説していきます。
ディーセントワークとは?導入メリットや具体的な取り組みなどを解説
ディーセントワークとは従業員の満足度を上げ、組織を継続的に発展させていくためには導入を検討したい働き方です。ディーセントワークを導入することで従業員と企業双方にとって様々なメリットがあります。 当記事ではディーセントワークについて、メリットや具体的な取り組みを解説しています
内省とは?人材育成で取り入られる理由と実施する際の注意点について解説する
内省とは、「自分の考えや言動、行動について深く省みること」を意味しています。反省と似ている言葉ですが、具体的にはどのような違いがあり、人材育成の場面でどのような有効性があるのでしょうか。本記事では、内省の意味や人材育成で取り入られる理由、その実施方法について解説します。
グループウェアとは?導入のメリットや導入ポイントについて解説する
グループウェアとは、社内での情報共有などを目的としたソフトウェアのことです。現在では多くの企業が、業務運営の効率化を図るためにグループウェアの導入を促進しています。このグループウェアを効果的に導入する方法には、どのような方法があるのでしょうか。本記事では、グループウェアとはをテーマに、その導入メリットや基本的な機能について解説しています。
ホーソン実験とは?人間関係が生産性に及ぼす影響を解説
ホーソン実験は、現在では当たり前に認知されている職場の人間関係が生産性に及ぼす影響をはかろうとした実験のことです。 当記事では過去に行われたホーソン実験の内容、導き出された効果、またその実験を行う背景となった労働システム、それらを受け現在の組織にどう活用すればよいかまでを解説していきます。
コンフリクトとは?発生する要因やマネジメントする上での方法について解説する
コンフリクトは、論争・争い・衝突などを意味する言葉です。従来より、コンフリクトが起きることは、企業成長を抑制すると考えられてきました。しかし、現在では、コンフリクトの特性を活かせることができれば、企業が得られるメリットは高いと考える考え方が増えてきています。本記事では、コンフリクトに関する定義や、コンフリクトマネジメントからくるメリットについて解説しています。
DESC法とは?4つのステップと注意点について解説する
ビジネスにおいて、相手納得してもらう方法にDESC法があります。DESC法を活用すると相手に自分の言いたいことが伝わり納得させることができることが可能になります。ビジネスにおいては、相手の説得は非常に重要な役割をになっています。本記事では、相手を納得させるための方法、DESCについて解説していきます。
批判的思考(クリティカルシンキング)とは?類似用語の違いや導入のメリットについて解説する
批判的思考と訳されるクリティカルシンキングは、今やビジネスにおいてロジカルシンキングと並んで欠かすことのできない思考方法となっています。ビジネスシーンにおいても、多用される思考法ですが、活用することで物事の本質を理解し業務に役立てることができます。本記事では、批判的思考に関するメリットや基本となる3つの考え方について解説しています。
通年採用とは?導入するメリットと注意点について解説する
年間を通して採用業務を行う「通年採用」をおこなう企業が増えています。通年を通しての採用を行うことで、経営課題である人材不足を補うだけではなく能力の高い人材を確保しやすくするメリットもあります。本記事では、通年採用を行うメリットや注意点について解説しています。
ポジティブフィードバックとは?実行時のメリットと注意点の解説
ポジティブフィードバックは、フィードバックの時の手法の一つです。 フィードバックの仕方一つで、社員の成果からやる気まで幅広く影響を及ぼすため、フィードバックの手法はとても大切になります。 当記事ではポジティブフィードバックに関して、実行するさいのフレームワークの紹介、およびポジティブフィードバックを上手く行うためのポイントを解説していきます。
シニア研修とは?シニア研修が果たす役割や研修内容を解説
定年延長の流れが進むなか、優秀な人材が活躍し続けるために、シニア世代の人材育成を強化する組織が増えています。 そこで本記事では、シニア研修の概要やシニア研修が果たす役割、効果的な研修内容について解説します。担当者の方はぜひ参考にしてください。
ビジネスゲーム研修とは?実施するメリットやプログラム例を紹介
ビジネスゲーム研修とは、ゲームを通してビジネスに必要なスキルを身に付けるための教育プログラムです。本記事では、ビジネスゲーム研修を実施するメリットや身に付くスキルを解説します。また、プログラムの例や研修実施時のポイントも紹介していますので、人事担当者はぜひ参考にしてください。
企画力研修とは?対象となる人材と理想的な教育方法を紹介
企画力研修とは、現状の課題解決に向けて、アイデアを企画する能力を育む教育プログラムです。本記事では、企画力研修の必要性に触れながら、企画力に関連するスキルや研修の実施メリットを解説しています。また、研修プログラム例も紹介していますので、人事担当者はぜひ参考にしてください。
接遇研修とは|実施する目的や研修会社を選ぶ際のポイントを紹介
接遇とは、相手に対しておもてなしの心で接することです。昨今、さまざまな業界や業種においてワンランク上の接遇力が求められていて、接遇の重要性について再認識した企業も多いことでしょう。本記事では、接遇研修を実施する目的や、接遇研修を選ぶ際のポイントを紹介します。
クレーム対応研修とは?クレーム対応研修の重要性やポイントを紹介
近年、サービスの多様化や質の向上に伴い、顧客が企業に求める水準も高くなっています。それらに対応するためには社員ひとり一人がクレーム応対の品質を高めることが強く求められます。そこで本記事では、クレーム対応研修の必要性や研修時の注意点、研修の主な内容について紹介します。担当者の方は参考にしてください。
個人情報保護研修とは?実施のメリットや研修形式を解説
個人情報保護研修は、個人情報の重要性や適切な管理方法を学ぶ教育プログラムです。本記事では、個人情報保護研修の必要性を踏まえたうえで、実施のメリットや学ぶ内容を解説していきます。代表的な研修実施形式も紹介しているため、人事担当の方はぜひ参考にしてください。
ストレスマネジメント研修とは?実施するメリットや身に付く内容を解説
ストレスマネジメント研修は、ストレスへの効果的な対応力を身に付けるための教育プログラムです。本記事では、ストレスマネジメントの必要性や代表的な手法、研修で身に付く内容を解説します。また、研修実施時のポイントも紹介しているため、人事担当の方はぜひ参考にしてください。
会計研修とは?研修の主な内容や手順から実施のメリットについて解説
会計研修とは、企業会計に関する知識を身に付けるための教育プログラムです。本記事では、会計研修を実施するメリットや身に付く内容を解説します。会計研修を実施するまでの具体的なステップも紹介しているため、人事担当の方はぜひ参考にしてください。
組織社会化とは?会社への定着を図るために必要な要素や、実施する上でのポイントを解説
組織社会化は、強い組織を作る上で必要不可欠な要素です。 組織社会化に取り組むことは、企業の課題であり、全体パフォーマンスの向上や、離職抑止に効果的だと言われています。 当記事では組織社会化について、なぜ必要なのか。 また、どうしたら組織社会化ができるのかを紹介していきます。
自治体職員向け研修には何がある?目的と受講のコツを紹介
自治体が職員に向けて行う研修は、サービス向上や公務員倫理の再認識などを目的に行われます。本記事では、自治体が研修を行う際のポイントや、効果的な方法などについて紹介します。これから職員向け研修を実施したいと考えている自治体関係者の方は、ぜひ参考にしてください。
2年目社員向け研修とは?プログラム例や成功させるポイントを解説
2年目社員向けの研修とは、入社してから2年目の従業員を対象に行う教育プログラムです。 本記事では、2年目社員が離職する原因を確認したうえで、それを防ぐために2年目研修ではどのような目的を達成すべきかを解説しています。 また、2年目研修のプログラム例も紹介していますので、人事担当者はぜひ参考にしてください。
人事評価研修とは?評価者を育成する目的とコツを紹介
人事評価制度を設けている企業の多くが、評価者研修を実施しています。では、評価者研修とはどのような意味をもつのでしょうか。本記事では、評価研修の必要性や目的、効果的な実施方法まで詳しく解説します。これから人事評価研修を導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
ダイバーシティ研修とは?企業に求められる理由や主な内容について解説
ダイバーシティとは、直訳すると多様性という意味があります。この意味が転じ、幅広い人材を採用する考え方を指すようになりました。本記事ではダイバーシティの考え方やメリット、研修方法などについて紹介します。これからダイバーシティを導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
電話応対研修の実施方法は?優秀な人材を育成する方法を紹介
電話応対研修では、電話応対の基本的なマナーからやり取りの仕方を理解し、お客様に好印象を与えられるようなスキル習得を目指します。本記事では実施方法や優秀な人材を育成する方法を紹介します。電話応対研修を導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
インターンシップ研修の方法とは?社内で活躍できる人材の育て方
人手不足などで採用が困難化するなか、インターンシップを実施する企業が増えています。本記事ではインターンシップのメリットや目的、また効果的なインターンシップの方法について紹介します。これからインターンシップを導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
マネジメント能力が高い人材を企業が必要とする理由と注意点を解説する
どの企業においても、マネジメント能力が高い人材の価値は高いだけでなく、人材育成・開発の中でも最もニーズが高いスキルであるといえます。本記事では、マネジメント能力が高い人材を必要とする理由や、その能力を高める方法について解説します。
組織コミットメントとは?主な要素や高める方法について解説する
組織コミットメントとは、従業員が働く組織に対して抱く帰属意識や情緒的な愛着などと定義されます。組織開発において、重視される概念の1つです。本記事では、組織コミットメントに着目し、組織のパフォーマンスを発揮するメリットや注意点について解説しています。
グランドルールとは?作成する上でのポイントや活用事例を解説する
グランドルールとは、会議やワーク等をより効果的に実施するために定めるルールのことを指します。多くの企業でグランドルールを策定し運用をしていますが、その定義やメリットとはどのような内容なのでしょうか。本記事では、グランドルールの定義やその実例、活用方法について解説します。
ハインリッヒの法則とは?ヒヤリハットの事例や活用方法について解説
企業においてミスやトラブルを未然に防ぐ活動は、絶えず行い続けるテーマです。本記事では重大なトラブルを未然に防ぐハインリッヒの法則について、その定義や活用方法について解説しています。ハインリッヒの法則は、ビジネス用語として利用されることも多いため正しい意味を理解し活用していくことで、ミスやトラブルが重大になる前に防ぐ方法を確立していきましょう。
アサインとは?その意味やビジネスシーンごとの利用例について解説する
ビジネスシーンで利用する「アサイン」とは、”任命する”などの意味を持つ用語です。では、どのような場面で利用することが正しいのでしょうか。 本記事では、アサインについての定義や利用例を含め解説しています。正しい意味や利用例を参考に相手に正しく伝わるように活用していきましょう。
ヒューマンエラーとは|発生する5つの要因と対策を紹介
日常の業務でミスを侵してしまうことは、誰にでも起こりえることです。こうしたミスについては、ヒューマンエラーと呼ばれています。では、ヒューマンエラーとは何故おきるのでしょうか。本記事では、ヒューマンエラーの定義や注意点について解説しています。ヒューマンエラーの概念を理解し、できるだけ発生させない仕組み作りを行っていきましょう。
人事部門における内示の意味とは?類似用語の違いと注意点について解説する
人事部門が人材の配置などに利用する用語に「内示」があります。この内示とは、正しくはどのような意味で利用されているのでしょうか。本記事では、人事部門における内示の意味やその目的、類似用語の違いなどを解説しています。人事部門が内示を発令する際に注意するべき点なども正しく理解し実際の内示を行っていきましょう。
監査とは?企業における役割や実施の注意点について解説する
企業が健全な運営をしているかを確認する監査には、どのような種類があるのでしょうか。本記事では、企業における監査の役割や実施の手順について解説します。企業の経営状態を確認し健全な運営の証明をする監査について、理解を深め適切な運営を行えるように準備していきましょう。
コンセンサスゲームとは?ビジネスマンに必要な力を楽しんで学べる研修の特徴を解説
コンセンサスゲームは、研修などでよく用いられる合意を得るプロセスを重視するゲームの一種です。 コンセンサスゲームに取り組むことで、ビジネスマンに必要とされている関係者との合意を得る力、コミュニケーションスキルやチームビルディング力などが身につくと言われています。 当記事ではコンセンサスゲームについて、概要から注意点、また実際に実施されているコンセンサスゲームの実例などを踏まえて紹介していきます。
米空軍発祥のOODAループとは?構成する要素や導入するメリットを解説
OODAは近年注目されている意思決定のフレームワークの一つです。 不確実性の高いVUCAの時代とも言われるような、将来を予測することが困難な変化の激しい昨今において注目されています。 OODAは意思決定の速度を上げるという点で、より実践的な現場に即していると言えます。 当記事ではOODAについて、どのようなフレームワークなのか。 また、どんな時に用いるべきなどを踏まえて紹介していきます。
情意評価とは?特徴・メリットと導入時の注意点について解説
情意評価は人事評価(人事考課)において、「情意=思い・気持ち」を評価基準とすることを言います。 適切に活用すると組織力の強化も期待できるため、ひとつの選択肢として知っておきたい手法です。 本記事では情意評価の特徴、メリットや導入時に注意すべき点などについてご紹介していきます。
企業風土とは?会社にもたらす影響や改革する際のポイントを解説
企業風土とは、会社で働く人の気質や文化に影響を及ぼす、その企業特有の環境を指し、目には見えないながらも、会社へ大きな影響をもたらす重要な概念です。本記事では、企業風土について具体例や混同されがちな言葉との違いを挙げながら解説するとともに、その改革を目指す際のポイントについてご紹介します。
ラポールとは?信頼関係がビジネスにもたらすメリットについて解説
ビジネスにおいては、円滑な人間関係とコミュニケーションが欠かせません。 顧客や上司・部下など、他者との信頼関係を築くことは重要な意味をもちます。 当記事では、信頼関係の構築に役立つ「ラポール」の考え方と、ラポール形成がビジネスにもたらすメリットについて解説します。
当事者意識とは?組織強化に不可欠な従業員の当事者意識について解説
「自社の従業員は自分の仕事に対して、どこか他人事だ」と感じている経営者や管理職は多いのかもしれません。 当事者意識は、事業の発展や組織強化に不可欠なものです。 当記事では、従業員の当事者意識が低下する理由や危険な兆候、当事者意識を高める方法について解説します。
組織風土とは?理想的な組織風土と変革へのアプローチについて解説
組織風土という言葉を耳にする機会は多いのではないでしょうか。 風土とは抽象的・概念的で曖昧に捉えられ、説明しにくい言葉でもあります。 組織風土は、その組織の有り様を形成する重要なものです。良い風土をもつ組織においては、従業員は活き活きと働けるのではないでしょうか。 当記事では理想的な組織風土とはどのようなものか、また組織風土を変革するためのアプローチについて解説します。
行動変容を促す働きかけのコツ|モチベーションの4分類に関して解説
人材育成に力を入れ、定期的な研修を実施する企業は多いのではないでしょうか。研修を企画する際に意識しなくてはならないのが、「その研修を実施したことで、受講者にどのような行動変容が起きるのか?」ということです。 当記事では、受講者に行動変容をもたらす効果的な研修の組み立て方を、行動変容ステージ理論をもとに解説します。
交流分析とは?自我状態とエゴグラムを用いた活用方法を紹介
職場の人間関係が円滑であることは、仕事をスムーズに進めていく上で必要なことです。 そのためには円滑なコミュニケーションが不可欠です。従業員の対人スキル向上は、生産性と密接に関わる重要な要素であるといえます。 そのため、社内の人間関係の改善やコミュニケーションスキル向上のために、交流分析を社内研修に取り入れる企業が増えてきているようです。 当記事では交流分析について、わかりやすく解説します。
モラールとは|モラルとの違いや人事の役割を解説
モラールとは職場全体の「士気」を指す言葉です。モラールの高い職場は活気に満ちあふれ、目覚ましい成果を出しつづけるでしょう。 職場のモラールを向上させるのは、リーダーの重要な役割であるといえます。しかし、職場のモラール向上を現場のリーダーだけに任せきりで良いのでしょうか。当然、組織としての取り組みも必要となります。 当記事はモラールの概要から、モラール向上に向けた組織としての取り組みについて解説します。
x理論/y理論 どっち? マクレガーの理論をわかりやすく解説
人のモチベーション向上にかかわる理論のひとつである「X理論/Y理論」をご存知でしょうか。組織の発展には「従業員のモチベーション向上」は重要な要素として認識されています。 一方、何が従業員のモチベーションにつながるのかよく分からないという声もお聞きします。従業員のモチベーション向上には、どのようなマネジメントが有効なのか理解しておくことが必要です。 当記事では、従業員のモチベーションマネジメントに役立つ理論のひとつである「X理論/Y理論」について解説します。
ロールモデルとは?人材育成を促進するお手本の重要性について解説
ロールモデルとは「お手本となる人物」のことです。人材育成の分野では、ロールモデルを設定することで従業員の成長を促進し、早期の戦力化を図ることが期待されています。当記事ではロールモデルの概要と、人材育成を促進する「お手本となる人物」の重要性について解説します。
コーピングとは?ストレスから従業員を守る企業の取り組みについて解説
コーピングとはメンタルヘルスに関する用語です。人がストレスを感じたときに、そのストレスに対し上手く対処しようとすることをストレスコーピングといいます。当記事ではコーピングの概要と、さまざまなストレスにさらされる従業員のメンタルを守る企業の取り組みについて解説します。
勤務間インターバルとは?重要視される背景やメリット・導入にあたって検討することなどを詳しく解説
勤務間インターバルとは、働き方改革に基づいて2019年4月に施行された比較的新しい制度です。厚生労働省は、勤務間インターバルの導入を2025年までに15%以上とすることを目標として掲げています。当記事では、勤務間インターバルのメリットや導入にあたっての検討事項や助成金について詳しく解説します。
ピーターの法則とは?ピーターの法則の概要と対策をわかりやすく解説
「優秀な人材が管理職に昇進したら、以前のように活躍できなくなってしまった」といった現象を目にしたことはないでしょうか。これは「ピーターの法則」といわれるもので、あらゆる組織において起こりうる普遍的な現象です。当記事では「ピーターの法則」の概要と、組織における人材の「無能化」を防ぐ対策について解説します。
カルチャーフィットとは?採用時の見極め方やカルチャーを定着させる方法をご紹介
採用における企業と人材のミスマッチによって引き起こされる問題の多くは、カルチャーフィットという概念を意識することで避けることができます。 本記事ではカルチャーフィットの概念や採用時の見極め方、企業にカルチャーを定着化させる方法をご紹介します。
セルフキャリアドックとは?導入のメリットや手順、具体的な事例をご紹介
近年働き方の多様化により、従業員対するキャリア形成が重要視されるようになっています。そういった中で「セルフキャリアドック」という制度が注目を集めています。セルフキャリアドック制度とはどういった制度なのか、導入するメリットや効果的な導入事例をご紹介します。
プロティアン・キャリアとは?ニューノーマル時代の新しいキャリアについて詳しく解説
終身雇用や定年での退職が当たり前と言われた時代が終わり、働き方改革が進む中で労働者は時代や環境の変化に合わせた、柔軟なキャリア構築を求められるようになりました。この記事では、注目されているプロティアン・キャリアについて詳しく解説します。
ホールパート法とは?活用シーンや活用する上でのポイントをご紹介
ビジネスの場にで話をわかりやすく伝えることが苦手だ、という方は多いのではないでしょうか。そのような方には「ホールパート法」と呼ばれる話し方がおすすめです。本記事ではホールパート法とはどういった特徴があるのか、メリットや活用していく上でのポイントをご紹介します。
ドイツ発祥のマイスター制度とは?日本で広がっている背景や導入事例をご紹介
日本の多くの企業は後継者不足の問題を抱えています。そんな中でドイツ発祥の概念である「マイスター制度」というものが日本においても注目を集めるようになっています。マイスター制度とはどういった制度なのか、メリットや導入事例をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。
チャンクダウンとは?意味からビジネスコミュニケーションでの活かし方まで詳しく解説
コーチングやカウンセリングなどで用いられる、心理学を使ったコミュニケーション手法の1つにチャンクダウンがあります。ビジネスではマネジメントで良く使用される手法ですが、課題解決や目標達成に役立つため、この記事では意味から活用方法まで詳しく解説します。
クロスファンクショナルチーム(CFT)とは?導入事例やうまく機能させる方法もご紹介
近年、組織の抜本的な改革や体制刷新を目的として、クロスファンクショナルチームが形成されることが多いようです。クロスファンクショナルチームとはどういったチームのことを指すのでしょうか、そのメリットや導入するための手順、国内の代表的な事例についてご紹介します。
プランドハップンスタンス理論とは?企業がうまく活用するための方法
近年、プランドハップンスタンスというキャリア理論が注目を集めています。新しい理論であり耳にしたことがない、という方も多いのではないかと思います。本記事ではプランドハップンスタンスとはどういったキャリア理論なのか、5つの行動指針と具体的な事例をご紹介します。
スナックラーニングとは?メリットや企業が効果的に活用する方法をご紹介
コンテンツの発達に伴い、忙しいビジネスパーソンが自分のスキルアップのために、隙間時間を活用して勉強する「スナックラーニング」が注目を集めています。スナックラーニングにはどのような特徴があるのか、メリットや企業が活用する際のポイントなどをご紹介します。
CCT(Concept Clarification Test)とは?メリットを正しく理解して社内研修に活かそう
企業では、新入社員研修やリーダーシップ研修、マネジメント研修など、日々様々な研修が行われています。そのような中で、一つひとつの研修効果を高めるために、CCTと呼ばれる研修方法が注目を集めています。どのような研修なのか、メリットや進め方を紹介します。
変容学習とは?企業で活用する上でのプロセスやポイントをご紹介
働き方の変化や不安定な景気の動向など、変化の激しい現代において企業は、柔軟に変革していくことが求められており、そのためには従業員一人ひとりの意識を変えていく「変容学習」が重要です。変容学習とはどういったものなのか、目的や具体的なプロセスを紹介します。
後進育成とは?メリットや課題、後進育成に力を入れている企業の事例をご紹介
企業が発展していくためには、人材を育成し成長させることが必要不可欠です。人材育成には多くの手法がありますが、中でも「後進育成」が注目を集めています。どのような育成方法なのか、メリットや課題、導入している企業の事例などをご紹介します。
エルダー制度とは?メリットやデメリット、効果的に活用している事例をご紹介
新入社員が、入社後にギャップを感じたり雰囲気に馴染めず、早期離職に繋がってしまうケースが増えています。そのような中で「エルダー制度」という教育制度が注目を集めています。どのような制度なのか、メリットや導入するための手順、導入事例をご紹介します。
管理職の育成方法とは|ポイントや研修プログラム例を紹介
管理職の育成が重要だと分かっていても、育成計画の立案に苦労している企業は少なくありません。しかし、管理職の育成を行わないことには大きなリスクが伴います。本記事では、管理職の育成の重要性や育成計画のポイントを効果的な研修事例とともに解説します。
ミドルマネジメントとは?役割や求められるスキル、効果的に行う方法をご紹介
企業において、ミドルマネジメントは経営層のビジョンをしっかりと捉え、部下に落とし込み、管理もしていくという観点から、非常に重要な位置付けになっています。本記事では、ミドルマネジメントの役割や求められるスキル、よくある課題などをご紹介します。
タスク・イニシエーションとは?定義から人員配置に活かす方法まで詳しく解説
日本では終身雇用制度が崩壊し、転職市場も年齢に関係なく活発化してきており、企業では今後の人事制度のあり方について見直しを進める必要性が出てきています。このような背景の中、人事マネジメントにおいて重要視されるタスク・イニシエーションについて詳しく解説します。
グループ・イニシエーションとは?定義から人員配置に活かす方法まで詳しく解説
環境の変化は年齢や性別に関係なく誰にとっても大きなストレスを伴う体験ですが、新入社員や転職者が新たな企業へ入社する時もそれは同じです。この記事では環境変化に配慮した適切な人事マネジメントを行うために重要な、グループ・イニシエーションについて詳しく解説します。
プロアクティブ行動とは?3つのプロセスと従業員の主体性を高めるポイントをご紹介
変動性が高く複雑化している現代社会において、自ら主体的になって行動を起こすという意味の「プロアクティブ行動」ができる人物が求められています。プロアクティブ行動がどのようなものなのか、3つのプロセスと従業員の主体性を高めるためのポイントをご紹介します。
レディネスとは?意味から人材育成に活用する方法まで詳しく解説
ビジネスで成果を挙げるためには学習し続ける姿勢が不可欠と言えますが、同じように研修を受けてもその効果が人によって異なるのはなぜなのでしょうか。この記事では、心理学の概念であるレディネスの意味から、人材育成に活用する方法まで詳しく解説します。
フォーマルラーニングとインフォーマルラーニングの違いや重要性について解説
職場での学びは、大きくフォーマルラーニングとインフォーマルラーニングの2つに分類することができます。本記事では、フォーマルラーニングとインフォーマルラーニングの違いや重要性、それぞれのメリットとデメリットや活用する際のポイントについて解説します。
LXP(ラーニング・エクスペリエンス・プラットフォーム)とは?LMSとの違いやメリットやデメリット、導入の手順をご紹介
複雑化し変化の激しい現代社会において、従業員のスキルアップに課題を抱える企業が増えています。そのような中で、LXPという新しい学習ツールが注目を集めています。LXPとはどのようなツールなのか、メリットやデメリット、効果的に活用するポイントをご紹介します。
LMSとは|メリットやデメリット、導入事例をご紹介
企業の人材育成の手法は多様化しており、学習を管理することの重要性が高まっています。その中で「LMS」という学習管理ツールが注目を集めています。LMSとは、どのようなツールなのか、メリットやデメリット、効果的に導入している企業事例をご紹介します。
アダプティブラーニングとは?導入メリットや注意点を企業事例とともに解説
アダプティブラーニングは、IT技術を教育分野に活用する「EdTech」のひとつとして注目されていますが、これを企業の人材育成にも導入する動きが加速しています。本記事では、アダプティブラーニングの概要と導入するメリットや注意点を企業事例とともに解説します。
認知的徒弟制とは?企業が実践する4つのステップと導入の際の注意点をわかりやすく解説
企業の人材育成で注目されている「認知的徒弟制」。元々は、職人の世界における親方と弟子の関係をモデルとする教育法として、学校教育に活用されていました。本記事では、この教育法を企業の人事育成で実践する4つのステップと、導入の際の注意点について解説します。
リスキリングとは|リカレント教育との違いや推進するための具体策を解説
急激に変化し続ける市場やDX(デジタルトランスフォーメーション)への対応のため、企業では新たなこれらの業務を行うことのできる人材を戦略的に育成しなければなりません。この記事ではこのような時代に欠かせない人材戦略、リスキリングについて詳しく解説します。
サクセッションプランとは?取り組むメリットと作り方を企業事例とともに解説
経営者や経営幹部の後継者を育成するサクッセッションプランは、企業が長期的に存続するために重要な課題であると言えます。本記事では、サクセッションプランと人材育成の違いや取り組み状況と必要性について、また取り組むメリットと作り方を企業事例とともに解説します。
キャリア開発とは|具体的な方法や先進的な企業事例を紹介
キャリア開発を通して、社員一人ひとりの能力やスキルを中長期的に計画することは、人手不足が続く中、企業が成長を続けるために重要な課題であると言えます。本記事では、キャリア開発に取り組むメリットや具体的な方法を、企業事例とともに解説します。
T型人材とは?育成するメリットや企業としてできることを解説
新しい時代が求める人材タイプとして「T型人材」が注目されています。一つの専門分野と幅広い知識を持つT型人材は、多様化する時代において企業の重要な役割を果たすでしょう。本記事では、T型人材を育成するメリットや企業としてできることを解説します。
ジュニアボード制度の目的とは?メリットや進め方を導入事例とともに解説
若手や中堅社員の育成方法として「ジュニアボード制度」が注目されています。経営への参画意識を高め、次世代リーダーを育成することは、企業にとって重要課題の一つです。本記事では、ジュニアボード制度の目的やメリット、進め方について導入事例とともに解説します。
ワークプレイスラーニングとは?必要とされる背景や実践方法を事例とともに解説
「ワークプレイスラーニング」は、個人と組織のパフォーマンスを改善する効果的な人材育成方法として多くの企業に注目されてきました。本記事では、ワークプレイスラーニングの定義や必要とされる背景、メリットや実践方法について事例とともに解説します。
OARRとは?4つの項目と具体例を会議に活用するメリットやポイントとともに解説
会議の質を改善し、効率的に行うためのフレームワークとして「OARR」が注目されています。無駄な会議は社員の時間を浪費し、モチベーションを低下させる原因になりかねません。本記事では、OARRの概要と具体例や、会議に活用するメリットとポイントを解説します。
経路依存症とは?脱却が叫ばれている背景や企業としてできることを解説
企業経営の成功において「経路依存症」からの脱退が必要であることが叫ばれています。歴史から学べることは多いとはいえ、過去の事例に縛られることが停滞に繋がるケースもあります。本記事では、経路依存症からの脱却が叫ばれている背景や企業としてできることを解説します。
タウンホールミーティングとは?メリットや効果を上げるコツを企業事例とともに解説
経営陣と従業員で対話を行う「タウンホールミーティング」を導入する企業が増加しています。そのメリットともに「質問が出ない」などの課題点も指摘されていますが、本記事では、タウンミーティングの概要やメリット、効果を上げるコツを企業事例とともに解説します。
アシミレーションとは?部下の本音を引き出す効果的なやり方を解説
アシミレーションとは、上司と部下の相互関係を促進するのに効果的な組織開発の手法です。上司と部下の円滑なコミュニケーションは、チームの生産性にも影響する需要なポイントです。本記事では、アシミレーションのメリットや部下の本音を引き出す効果的なやり方を解説します。
ラーニングオーガニゼーションの5つのディシプリンと構築するメリットやポイントを解説
企業を取り巻く環境の急激な変化はさまざまな問題を生じさせますが、それらに対応するための新しい組織の概念として「ラーニングオーガニゼーション」が提唱されました。本記事では、ラーニングオーガニゼーションの5つのディシプリンや構築する際のポイントを解説します。
バーチャルチームとは?メリットや成功させるために必要なスキルを解説
「働き方改革」やコロナ渦によるテレワークの増加で、「バーチャルチーム」のメリットが注目されるようになりました。本記事では、バーチャルチームの概要やメリット、成功させるために個人またはチームとして必要な知識やスキルを、導入事例とともに解説します。
機械学習によってできることとは?基本的な特徴・できることを実例とともに解説
機械学習とは特定のルールやパターンをコンピュータに学習させることで、分類や予測を可能にする技術のことです。現代社会のあらゆる場面において機械学習が活用されています。当記事では、機械学習の種類や実用例、今後期待できることなどを解説します。
ディープラーニング検定とは?試験概要や難易度、資格取得のメリットまで解説
ディープラーニングはAI技術には欠かせません。しかし、専門用語や専門知識が豊富で活用するためには覚えなければいけない知識が多くあります。ディープラーニングの技術者は非常に希少で求められているなか、一定以上のスキルと知識を保証するディープラーニング検定が注目されています。当記事ではディープラーニング検定について解説をします。
画像処理エンジニア検定とは?難易度や重要性・将来性について解説
画像処理エンジニアは近年ますます注目を集めています。エンジニアのスキル証明はポートフォリオもしくは資格取得が有効ですが、画像処理エンジニアについてはポートフォリオの作成が難しいでしょう。そのため画像処理エンジニア検定を取得してスキルを証明することは非常に有効です。当記事では画像処理エンジニア検定について解説します。
ナラティブアプローチとは|職場における対立を解消する方法を解説
職場ではさまざまな個性をもつ人が、それぞれの役割を果たすために仕事をしています。各人の役割を果たす上で、同じ社内であっても、部署間・従業員間に利害の対立が生まれることもあるでしょう。多様性・複雑性を増す現代のビジネス環境において、その傾向は強くなる一方です。当記事は、こうした職場での対立を解消する可能性を秘めた新しい手法「ナラティブアプローチ」について解説していきます。
専門知識を身につける7つの方法|社員育成にも使える自律学習の進め方
専門知識を有し、複雑で高度な内容でも人に分かりやすく説明できることは、今の時代に強く求められる能力です。本記事では、専門知識の概要や ビジネスにおける専門知識の重要性、社員の専門知識を高めるポイントについて解説します。教育担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
職位の正しい意味とは?職位を理解して組織の活性化につなげる
普段当たり前のように使っている「職位」という言葉ですが、正しく理解して使えているでしょうか。各職位には対外的な意味も含まれています。職位を正しく理解することは自社の組織を正しく理解することにもつながり、目標設定にも役立つでしょう。当記事では職位について詳しく解説します。