2017年6月6日に放送いたしました、「ビットコイン定点観測分析 6月度報告」。

本授業は、月に一度、コインチェック株式会社COOの大塚 雄介先生が、過去1ヶ月のビットコイン価格推移を分析する授業です。

ビットコインの価格相場は1ヶ月でガラリと変化しますので、内容を復習した上で、「ビットコイン定点観測分析 7月度報告」を受講しましょう。

 

大塚 雄介先生 プロフィール
コインチェック株式会社 取締役 COO

早稲田大学大学院卒業 物理学修士号取得。専攻は量子理論力学。2006年 元リクルート系企業(株式会社ネクスウェイ)で法人向け新規事業開発ならびにサービス開発を9年経験。年間売上12億の新規事業をゼロから立ち上げ全社VP賞を2度受賞。事業アライアンス・広報・マーケティング・ビジネス面を担当。また、ビットコインだけでなく、ブロックチェーンやフィンテックといった、より広いことを学べる書籍『いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン』の著者。

 

ビットコインとは


ビットコインとは、世界共通で使えるデジタルのお金です。お金の役割である保存・尺度・媒介の機能をより便利な形で実現しています。

 

5月における、ビットコイン価格相場の推移分析


まず、2017年5月の価格推移のグラフから、3つの分析・推測を行い、ビットコインの現状への理解を進めました。

①ゴールデンウィークのはじめ:過去最高値が更新された
過去最高値だった2017年1月頃の値を更新した、エポックメイキングなタイミングだと考察できる。

②ゴールデンウィーク明け:ビットコインの需要の高まりが見られた
ビットコイン以外の仮想通貨に値がついた時期。他の仮想通貨を買うために、ビットコインの需要が高まったことで価格が上昇したのではないかと推測できる。

③月末:国際的な関心の高まりが見られた
仮想通貨に関する国際的なカンファレンスが行われ、関心が高まったことから価格が上昇したのではないかと推測できる。

 

今月のビットコインニュース


次のコーナーでは、毎月ビットコインに関して話題となったニュースを取り上げました。

・不正引き出しに関する補償サービス開始

・多様化する仮想通貨

・仮想通貨を使った投資事業への参入相次ぐ

こういった先生からのニュースもふまえて、受講生の皆さんからもコメントで活発的な議論が飛び交いました。

 

次回授業のお知らせ



2017年7月4日 21:00〜生放送
ビットコイン定点観測分析 7月度報告

次回の放送でも、今回紹介した、

・6月における、ビットコイン価格相場の推移分析
・今月のビットコインニュース

をお届けいたします。

ビットコインの運用を行っている人、世の中の大きな流れを学びたい人は、ぜひ、「受けたいボタン」を押して定期的にこの授業に参加し、相場を分析する力を身に着けましょう。
そして、最先端の仮想通貨をひも解くことで、世の中の動きを掴みましょう。

※本授業はビットコインにおける過去推移の分析から、世の中の動きを理解していく授業です。
※今後の価格変動予測などにはお答えできませんので、予めご理解ください。

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×