3/2(Sat)

今日の生放送

こんどう けいすけ

近藤 恵介

公益財団法人日本数学検定協会 企画開発部チーフ

1976年生まれ。北九州市出身。東京工業大学大学院生命理工学研究科博士課程前期修了。 予備校講師などを経て2008年より財団法人日本数学検定協会に所属。 数学と社会の関わりについて研究し、「ビジネス数学」という新しいジャンルを開拓。 2010年より「ビジネス数学」に関する講座・講演や検定試験などの企画を手がけ、ビジネスにおける数的センスの向上や統計学的手法の活用をめざすトレーニングコースを運営する。

近藤 恵介

担当のコース

■数的センス向上セミナー入門コースの3つのねらい 1.ビジネス数学の「5つの力」の向上   データをつかむ「把握力」、使える情報に加工する「分析力」、数的根拠から最適解を選ぶ「選択力」、未来を予測する「予測力」、的確に伝える「表現力」の5つの力の向上をめざします。 2.「ざっくり」と数字を使う数的感覚の養成     電卓や表計算ソフトは単なるツールにすぎないので、間違った入力をすれば間違った答えしか出てきません。 数字のミスを防ぐには「だいたいこのくらいの数値になるよね…」と頭の中で概算したざっくり数字を使いこなせているかどうかがカギなのです! 3.「じっくり」と数字を使う数的思考力の向上     数字を使って分析する目的は「よりよい意思決定を行うこと」です。 たとえどんな高度な手法を用いた分析を行っても、得られた結果が意思決定につながらなければ価値はありません。 価値ある意思決定を行うためには「何のためにその分析を行うのか?」「その分析によって何がわかるのか?」を意識できていることが大切なのです。   今回は「把握力」についての考え方を紹介し情報や数字を正しく捉える力を伸ばします。 ■授業のプログラム ・データを正しく読み取るには? ・ざっくりと数字をつかむコツ ・契約書の文章を正しく把握できていますか?

■数的センス向上セミナー入門コースの3つのねらい 1.ビジネス数学の「5つの力」の向上 データをつかむ「把握力」、使える情報に加工する「分析力」、数的根拠から最適解を選ぶ「選択力」、未来を予測する「予測力」、的確に伝える「表現力」の5つの力の向上をめざします。 2.「ざっくり」と数字を使う数的感覚の養成 電卓や表計算ソフトは単なるツールにすぎないので、間違った入力をすれば間違った答えしか出てきません。 数字のミスを防ぐには「だいたいこのくらいの数値になるよね…」と頭の中で概算したざっくり数字を使いこなせているかどうかがカギなのです! 3.「じっくり」と数字を使う数的思考力の向上 数字を使って分析する目的は「よりよい意思決定を行うこと」です。 たとえどんな高度な手法を用いた分析を行っても、得られた結果が意思決定につながらなければ価値はありません。 価値ある意思決定を行うためには「何のためにその分析を行うのか?」「その分析によって何がわかるのか?」を意識できていることが大切なのです。   今回は「分析力」についての考え方を紹介し情報や数字を正しく捉える力を伸ばします。 ■授業のプログラム ・四則計算。ホントに使えてます? ・「概算力」を鍛えよう! ・金利のしくみ ・実践!分析トレーニング

■数的センス向上セミナー入門コースの3つのねらい 1.ビジネス数学の「5つの力」の向上 データをつかむ「把握力」、使える情報に加工する「分析力」、数的根拠から最適解を選ぶ「選択力」、未来を予測する「予測力」、的確に伝える「表現力」の5つの力の向上をめざします。 2.「ざっくり」と数字を使う数的感覚の養成 電卓や表計算ソフトは単なるツールにすぎないので、間違った入力をすれば間違った答えしか出てきません。 数字のミスを防ぐには「だいたいこのくらいの数値になるよね…」と頭の中で概算したざっくり数字を使いこなせているかどうかがカギなのです! 3.「じっくり」と数字を使う数的思考力の向上 数字を使って分析する目的は「よりよい意思決定を行うこと」です。 たとえどんな高度な手法を用いた分析を行っても、得られた結果が意思決定につながらなければ価値はありません。 価値ある意思決定を行うためには「何のためにその分析を行うのか?」「その分析によって何がわかるのか?」を意識できていることが大切なのです。 今回は「選択力」についての考え方を紹介し、ビジネス上の選択を行う場面でKKD(勘・経験・度胸)だけに頼らず、数字の根拠を持って選択する方法を身につけます。 ■授業のプログラム ・複数の項目で評価するときに便利な方法とは? ・たくさんデータはあるのだけれど… ・確率を使いこなす! ・実践!選択力トレーニング

■授業内容 「仕事に活きる数学講座」では、ビジネスの現場ですぐに使えるテクニックを紹介します。 数字で語れる社会人になるために必要な、5つの力を養いましょう。 「把握力」「分析力」「選択力」に続く4回目は「予測力」。 現状を分析して、未来に何が待っているのかを予測しましょう。 数日後の未来から数年後の未来まで、さまざまな予測方法について解説します。 授業は以下の流れで進行予定です。 1.スケジュールの管理 2.平均値の活用 3.関数の活用 4.フェルミ推定 ■数的センス向上セミナー入門コースの3つのねらい 1.ビジネス数学の「5つの力」の向上 データをつかむ「把握力」、使える情報に加工する「分析力」、数的根拠から最適解を選ぶ「選択力」、未来を予測する「予測力」、的確に伝える「表現力」の5つの力の向上をめざします。 2.「ざっくり」と数字を使う数的感覚の養成 電卓や表計算ソフトは単なるツールにすぎないので、間違った入力をすれば間違った答えしか出てきません。 数字のミスを防ぐには「だいたいこのくらいの数値になるよね…」と頭の中で概算したざっくり数字を使いこなせているかどうかがカギなのです! 3.「じっくり」と数字を使う数的思考力の向上 数字を使って分析する目的は「よりよい意思決定を行うこと」です。 たとえどんな高度な手法を用いた分析を行っても、得られた結果が意思決定につながらなければ価値はありません。 価値ある意思決定を行うためには「何のためにその分析を行うのか?」「その分析によって何がわかるのか?」を意識できていることが大切なのです。  

■授業内容 「仕事に活きる数学講座」では、ビジネスの現場ですぐに使えるテクニックを紹介します。 「把握力」「分析力」「選択力」「予測力」に続き最後は「表現力」。 立派な分析ができてもそれを上手く伝えられなければ台無しです。 数値を入れた表現の有効性やグラフの活用方法を学んで、効果的に伝えられる方法を身につけましょう。 授業は以下の流れで進行予定です。 1.数字を使って報告しよう! 2.グラフの使い分け 3.効果的なグラフ表現 ■数的センス向上セミナー入門コースの3つのねらい 1.ビジネス数学の「5つの力」の向上 データをつかむ「把握力」、使える情報に加工する「分析力」、数的根拠から最適解を選ぶ「選択力」、未来を予測する「予測力」、的確に伝える「表現力」の5つの力の向上をめざします。 2.「ざっくり」と数字を使う数的感覚の養成 電卓や表計算ソフトは単なるツールにすぎないので、間違った入力をすれば間違った答えしか出てきません。 数字のミスを防ぐには「だいたいこのくらいの数値になるよね…」と頭の中で概算したざっくり数字を使いこなせているかどうかがカギなのです! 3.「じっくり」と数字を使う数的思考力の向上 数字を使って分析する目的は「よりよい意思決定を行うこと」です。 たとえどんな高度な手法を用いた分析を行っても、得られた結果が意思決定につながらなければ価値はありません。 価値ある意思決定を行うためには「何のためにその分析を行うのか?」「その分析によって何がわかるのか?」を意識できていることが大切なのです。  

担当の授業一覧 全5授業

仕事に活きる数学講座(第五回:表現力編)

第1回 仕事に活きる数学講座(第五回:表現力編)(60分)

2014年8月8日放送

■授業内容 「仕事に活きる数学講座」では、ビジネスの現場ですぐに使えるテクニックを紹介します。 「把握力」「分析力」「選択力」「予測力」に続き最後は「表現力」。 立派な分析ができてもそれを上手く伝えられなければ台無しです。 数値を入れた表現の有効性やグラフの活用方法を学んで、効果的に伝えられる方法を身につけましょう。 授業は以下の流れで進行予定です。 1.数字を使って報告しよう! 2.グラフの使い分け 3.効果的なグラフ表現 ■数的センス向上セミナー入門コースの3つのねらい 1.ビジネス数学の「5つの力」の向上 データをつかむ「把握力」、使える情報に加工する「分析力」、数的根拠から最適解を選ぶ「選択力」、未来を予測する「予測力」、的確に伝える「表現力」の5つの力の向上をめざします。 2.「ざっくり」と数字を使う数的感覚の養成 電卓や表計算ソフトは単なるツールにすぎないので、間違った入力をすれば間違った答えしか出てきません。 数字のミスを防ぐには「だいたいこのくらいの数値になるよね…」と頭の中で概算したざっくり数字を使いこなせているかどうかがカギなのです! 3.「じっくり」と数字を使う数的思考力の向上 数字を使って分析する目的は「よりよい意思決定を行うこと」です。 たとえどんな高度な手法を用いた分析を行っても、得られた結果が意思決定につながらなければ価値はありません。 価値ある意思決定を行うためには「何のためにその分析を行うのか?」「その分析によって何がわかるのか?」を意識できていることが大切なのです。  

仕事に活きる数学講座(第四回:予測力編)

第1回 仕事に活きる数学講座(第四回:予測力編)(60分)

2014年7月7日放送

■授業内容 「仕事に活きる数学講座」では、ビジネスの現場ですぐに使えるテクニックを紹介します。 数字で語れる社会人になるために必要な、5つの力を養いましょう。 「把握力」「分析力」「選択力」に続く4回目は「予測力」。 現状を分析して、未来に何が待っているのかを予測しましょう。 数日後の未来から数年後の未来まで、さまざまな予測方法について解説します。 授業は以下の流れで進行予定です。 1.スケジュールの管理 2.平均値の活用 3.関数の活用 4.フェルミ推定 ■数的センス向上セミナー入門コースの3つのねらい 1.ビジネス数学の「5つの力」の向上 データをつかむ「把握力」、使える情報に加工する「分析力」、数的根拠から最適解を選ぶ「選択力」、未来を予測する「予測力」、的確に伝える「表現力」の5つの力の向上をめざします。 2.「ざっくり」と数字を使う数的感覚の養成 電卓や表計算ソフトは単なるツールにすぎないので、間違った入力をすれば間違った答えしか出てきません。 数字のミスを防ぐには「だいたいこのくらいの数値になるよね…」と頭の中で概算したざっくり数字を使いこなせているかどうかがカギなのです! 3.「じっくり」と数字を使う数的思考力の向上 数字を使って分析する目的は「よりよい意思決定を行うこと」です。 たとえどんな高度な手法を用いた分析を行っても、得られた結果が意思決定につながらなければ価値はありません。 価値ある意思決定を行うためには「何のためにその分析を行うのか?」「その分析によって何がわかるのか?」を意識できていることが大切なのです。  

苦手意識を克服!数的センス向上入門講座(第三回:選択力編)

第1回 苦手意識を克服!数的センス向上入門講座(第三回:選択力編)(60分)

2014年5月26日放送

■数的センス向上セミナー入門コースの3つのねらい 1.ビジネス数学の「5つの力」の向上 データをつかむ「把握力」、使える情報に加工する「分析力」、数的根拠から最適解を選ぶ「選択力」、未来を予測する「予測力」、的確に伝える「表現力」の5つの力の向上をめざします。 2.「ざっくり」と数字を使う数的感覚の養成 電卓や表計算ソフトは単なるツールにすぎないので、間違った入力をすれば間違った答えしか出てきません。 数字のミスを防ぐには「だいたいこのくらいの数値になるよね…」と頭の中で概算したざっくり数字を使いこなせているかどうかがカギなのです! 3.「じっくり」と数字を使う数的思考力の向上 数字を使って分析する目的は「よりよい意思決定を行うこと」です。 たとえどんな高度な手法を用いた分析を行っても、得られた結果が意思決定につながらなければ価値はありません。 価値ある意思決定を行うためには「何のためにその分析を行うのか?」「その分析によって何がわかるのか?」を意識できていることが大切なのです。 今回は「選択力」についての考え方を紹介し、ビジネス上の選択を行う場面でKKD(勘・経験・度胸)だけに頼らず、数字の根拠を持って選択する方法を身につけます。 ■授業のプログラム ・複数の項目で評価するときに便利な方法とは? ・たくさんデータはあるのだけれど… ・確率を使いこなす! ・実践!選択力トレーニング

苦手意識を克服!数的センス向上入門講座(第ニ回:分析力編)

第1回 苦手意識を克服!数的センス向上入門講座(第ニ回:分析力編)(60分)

2014年4月28日放送

■数的センス向上セミナー入門コースの3つのねらい 1.ビジネス数学の「5つの力」の向上 データをつかむ「把握力」、使える情報に加工する「分析力」、数的根拠から最適解を選ぶ「選択力」、未来を予測する「予測力」、的確に伝える「表現力」の5つの力の向上をめざします。 2.「ざっくり」と数字を使う数的感覚の養成 電卓や表計算ソフトは単なるツールにすぎないので、間違った入力をすれば間違った答えしか出てきません。 数字のミスを防ぐには「だいたいこのくらいの数値になるよね…」と頭の中で概算したざっくり数字を使いこなせているかどうかがカギなのです! 3.「じっくり」と数字を使う数的思考力の向上 数字を使って分析する目的は「よりよい意思決定を行うこと」です。 たとえどんな高度な手法を用いた分析を行っても、得られた結果が意思決定につながらなければ価値はありません。 価値ある意思決定を行うためには「何のためにその分析を行うのか?」「その分析によって何がわかるのか?」を意識できていることが大切なのです。   今回は「分析力」についての考え方を紹介し情報や数字を正しく捉える力を伸ばします。 ■授業のプログラム ・四則計算。ホントに使えてます? ・「概算力」を鍛えよう! ・金利のしくみ ・実践!分析トレーニング

無料公開中 苦手意識を克服!数的センス向上入門講座(第一回:把握力編)

第1回 苦手意識を克服!数的センス向上入門講座(第一回:把握力編)(60分)

2014年3月25日放送

■数的センス向上セミナー入門コースの3つのねらい 1.ビジネス数学の「5つの力」の向上   データをつかむ「把握力」、使える情報に加工する「分析力」、数的根拠から最適解を選ぶ「選択力」、未来を予測する「予測力」、的確に伝える「表現力」の5つの力の向上をめざします。 2.「ざっくり」と数字を使う数的感覚の養成     電卓や表計算ソフトは単なるツールにすぎないので、間違った入力をすれば間違った答えしか出てきません。 数字のミスを防ぐには「だいたいこのくらいの数値になるよね…」と頭の中で概算したざっくり数字を使いこなせているかどうかがカギなのです! 3.「じっくり」と数字を使う数的思考力の向上     数字を使って分析する目的は「よりよい意思決定を行うこと」です。 たとえどんな高度な手法を用いた分析を行っても、得られた結果が意思決定につながらなければ価値はありません。 価値ある意思決定を行うためには「何のためにその分析を行うのか?」「その分析によって何がわかるのか?」を意識できていることが大切なのです。   今回は「把握力」についての考え方を紹介し情報や数字を正しく捉える力を伸ばします。 ■授業のプログラム ・データを正しく読み取るには? ・ざっくりと数字をつかむコツ ・契約書の文章を正しく把握できていますか?