10/22(Tue)

今日の生放送

【再放送】シチュエーション別英会話フレーズをマスターする

【再放送】シチュエーション別英会話フレーズをマスターする

コース概要

この授業は、英語の苦手な方やこれから英会話を勉強する方が英語に対する苦手意識を克服するための第一歩として、難しい単語や文法を使わずに「日常会話」における基本的な英語表現を覚えていただくことを目的としています。

■1限目:「英語の挨拶」で押さえておきたい5つの英会話フレーズをマスターする

今回は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(挨拶編)で行った「英語での挨拶」において、特に覚えておきたい5つのフレーズを会話の流れの中で身に付けていただきます。

【覚えておきたい5つのフレーズ】
「はじめまして」
「今日はお時間をいただきましてありがとうございます」
「(※「お会いできて嬉しいです」の返答として)私もです」
「最近の調子はどうですか?」
「Kさんとアポイントメントをいただいていたのですが(取り次いでもらう場合)」

上記のフレーズをまずは英語に翻訳し、その後会話の中でどんな使い方をするのかについて実演していきます。まずは「ゆっくり」、次に「ネイティブレベル」のスピードで会話しますので、ぜひみなさんも受講しながらフレーズを口にしてみてください。

本授業を通して、「英語で挨拶ができるかどうか」のスキルチェックをし、基礎をしっかり固めていきましょう。

※この授業は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(挨拶編)を受けていない方でも学べる内容となっておりますが、お時間がありましたら、ぜひ予習がてら先の授業を受講してから臨んでみてください

■2限目:「英語の自己紹介」で押さえておきたい5つの英会話フレーズをマスターする

今回は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(自己紹介編)で行った「英語での自己紹介」において、特に覚えておきたい5つのフレーズを会話の流れの中で身に付けていただきます。

【覚えておきたい5つのフレーズ】
「自己紹介します」
「Kさんをご紹介させてください」
「ご紹介いただけませんか?」
「どなたか推薦できる方はいらっしゃいますか?」
「またご連絡します」

上記のフレーズをまずは英語に翻訳し、その後会話の中でどんな使い方をするのかについて実演していきます。まずは「ゆっくり」、次に「ネイティブレベル」のスピードで会話しますので、ぜひみなさんも受講しながらフレーズを口にしてみてください。

本授業を通して、「英語で初対面の方と自己紹介を含めた円滑な会話ができるかどうか」のスキルチェックをし、基礎をしっかり固めていきましょう。

※この授業は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(自己紹介編)を受けていない方でも学べる内容となっておりますが、お時間がありましたら、ぜひ予習がてら先の授業を受講してから臨んでみてください

■3限目:「初対面での英語の会話」で押さえておきたい5つの英会話フレーズをマスターする

今回は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(初対面の会話編)で行った「初対面の際の英語での会話」において、特に覚えておきたい5つのフレーズを会話の流れの中で身に付けていただきます。

【覚えておきたい5つのフレーズ】
「ようこそ!」
「ここに来ることができて本当に嬉しく思います」
「大学では何を専攻していたんですか?」
「じゃあ、コンピュータには詳しいんだね」
「ご期待に添えるようがんばります」

上記のフレーズをまずは英語に翻訳し、その後会話の中でどんな使い方をするのかについて実演していきます。まずは「ゆっくり」、次に「ネイティブレベル」のスピードで会話しますので、ぜひみなさんも受講しながらフレーズを口にしてみてください。

本授業を通して、「初対面でも臆することなく英語で会話ができるかどうか」のスキルチェックをし、基礎をしっかり固めていきましょう。

※この授業は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(初対面の会話編)を受けていない方でも学べる内容となっておりますが、お時間がありましたら、ぜひ予習がてら先の授業を受講してから臨んでみてください

■4限目:「英語の日常会話」で押さえておきたい8つの英会話フレーズをマスターする(トラブル・外食編)

今回は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(トラブル編)(外食編)で行った「初対面の際の英語での会話」において、特に覚えておきたいフレーズをそれぞれ4つ、会話の流れの中で身に付けていただきます。

【覚えておきたいフレーズ】
<トラブル編>

「どうしたの?」
「手伝ってあげようか」
「何か間違ったことしたかなぁ」
「直してあげるよ」

<外食編>

「(注文時に)◯◯と△△をお願いします」
「すべておそろいですか?」
「店内ですか?持ち帰りですか?」
「いいえ、結構です」

上記のフレーズをまずは英語に翻訳し、その後会話の中でどんな使い方をするのかについて実演していきます。まずは「ゆっくり」、次に「ネイティブレベル」のスピードで会話しますので、ぜひみなさんも受講しながらフレーズを口にしてみてください。

本授業を通して、「初対面でも臆することなく英語で会話ができるかどうか」のスキルチェックをし、基礎をしっかり固めていきましょう。

※この授業は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(トラブル編)と、(外食編)を受けていない方でも学べる内容となっておりますが、お時間がありましたら、ぜひ予習がてら先の授業を受講してから臨んでみてください

■生の英語表現をフレーズ単位でしっかり覚えましょう

ビジネスシーンであれ、プライベートシーンであれ、基本的なコミュニケーションを取る際には、文法や単語を覚えることではありません。それよりも、ネイティブの人たちが会話する文章を丸ごと覚えることの方が大切です。

文法や単語を覚えるという感覚でいると、会話している際に頭の中で英語から日本語へ翻訳してしまいがちですが、「この表現で話しかけられたらこの表現で返す」というパターンで覚えてしまう方が、より活きた英語を身に付けられます。

この授業でも、様々なシーンにおける英会話演習を行いますので、会話のやりとりの中で定番のフレーズが口をついてそのまま出てくるまでしっかり覚えられるように、何度も聞き返してみてください。真剣に取り組んでいただけたら、きっとビジネスの場でも活きた英語を使えるはずです。

 

担当の先生

参加したい受講生 : 175

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

【再放送】シチュエーション別英会話フレーズをマスターする

2014年8月20日公開

140min.

[終了]生放送限定

この授業は、英語の苦手な方やこれから英会話を勉強する方が英語に対する苦手意識を克服するための第一歩として、難しい単語や文法を使わずに「日常会話」における基本的な英語表現を覚えていただくことを目的としています。

■1限目:「英語の挨拶」で押さえておきたい5つの英会話フレーズをマスターする

今回は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(挨拶編)で行った「英語での挨拶」において、特に覚えておきたい5つのフレーズを会話の流れの中で身に付けていただきます。

【覚えておきたい5つのフレーズ】
「はじめまして」
「今日はお時間をいただきましてありがとうございます」
「(※「お会いできて嬉しいです」の返答として)私もです」
「最近の調子はどうですか?」
「Kさんとアポイントメントをいただいていたのですが(取り次いでもらう場合)」

上記のフレーズをまずは英語に翻訳し、その後会話の中でどんな使い方をするのかについて実演していきます。まずは「ゆっくり」、次に「ネイティブレベル」のスピードで会話しますので、ぜひみなさんも受講しながらフレーズを口にしてみてください。

本授業を通して、「英語で挨拶ができるかどうか」のスキルチェックをし、基礎をしっかり固めていきましょう。

※この授業は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(挨拶編)を受けていない方でも学べる内容となっておりますが、お時間がありましたら、ぜひ予習がてら先の授業を受講してから臨んでみてください

■2限目:「英語の自己紹介」で押さえておきたい5つの英会話フレーズをマスターする

今回は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(自己紹介編)で行った「英語での自己紹介」において、特に覚えておきたい5つのフレーズを会話の流れの中で身に付けていただきます。

【覚えておきたい5つのフレーズ】
「自己紹介します」
「Kさんをご紹介させてください」
「ご紹介いただけませんか?」
「どなたか推薦できる方はいらっしゃいますか?」
「またご連絡します」

上記のフレーズをまずは英語に翻訳し、その後会話の中でどんな使い方をするのかについて実演していきます。まずは「ゆっくり」、次に「ネイティブレベル」のスピードで会話しますので、ぜひみなさんも受講しながらフレーズを口にしてみてください。

本授業を通して、「英語で初対面の方と自己紹介を含めた円滑な会話ができるかどうか」のスキルチェックをし、基礎をしっかり固めていきましょう。

※この授業は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(自己紹介編)を受けていない方でも学べる内容となっておりますが、お時間がありましたら、ぜひ予習がてら先の授業を受講してから臨んでみてください

■3限目:「初対面での英語の会話」で押さえておきたい5つの英会話フレーズをマスターする

今回は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(初対面の会話編)で行った「初対面の際の英語での会話」において、特に覚えておきたい5つのフレーズを会話の流れの中で身に付けていただきます。

【覚えておきたい5つのフレーズ】
「ようこそ!」
「ここに来ることができて本当に嬉しく思います」
「大学では何を専攻していたんですか?」
「じゃあ、コンピュータには詳しいんだね」
「ご期待に添えるようがんばります」

上記のフレーズをまずは英語に翻訳し、その後会話の中でどんな使い方をするのかについて実演していきます。まずは「ゆっくり」、次に「ネイティブレベル」のスピードで会話しますので、ぜひみなさんも受講しながらフレーズを口にしてみてください。

本授業を通して、「初対面でも臆することなく英語で会話ができるかどうか」のスキルチェックをし、基礎をしっかり固めていきましょう。

※この授業は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(初対面の会話編)を受けていない方でも学べる内容となっておりますが、お時間がありましたら、ぜひ予習がてら先の授業を受講してから臨んでみてください

■4限目:「英語の日常会話」で押さえておきたい8つの英会話フレーズをマスターする(トラブル・外食編)

今回は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(トラブル編)(外食編)で行った「初対面の際の英語での会話」において、特に覚えておきたいフレーズをそれぞれ4つ、会話の流れの中で身に付けていただきます。

【覚えておきたいフレーズ】
<トラブル編>

「どうしたの?」
「手伝ってあげようか」
「何か間違ったことしたかなぁ」
「直してあげるよ」

<外食編>

「(注文時に)◯◯と△△をお願いします」
「すべておそろいですか?」
「店内ですか?持ち帰りですか?」
「いいえ、結構です」

上記のフレーズをまずは英語に翻訳し、その後会話の中でどんな使い方をするのかについて実演していきます。まずは「ゆっくり」、次に「ネイティブレベル」のスピードで会話しますので、ぜひみなさんも受講しながらフレーズを口にしてみてください。

本授業を通して、「初対面でも臆することなく英語で会話ができるかどうか」のスキルチェックをし、基礎をしっかり固めていきましょう。

※この授業は、基礎英語から振り返る「日常会話と文法」(トラブル編)と、(外食編)を受けていない方でも学べる内容となっておりますが、お時間がありましたら、ぜひ予習がてら先の授業を受講してから臨んでみてください

■生の英語表現をフレーズ単位でしっかり覚えましょう

ビジネスシーンであれ、プライベートシーンであれ、基本的なコミュニケーションを取る際には、文法や単語を覚えることではありません。それよりも、ネイティブの人たちが会話する文章を丸ごと覚えることの方が大切です。

文法や単語を覚えるという感覚でいると、会話している際に頭の中で英語から日本語へ翻訳してしまいがちですが、「この表現で話しかけられたらこの表現で返す」というパターンで覚えてしまう方が、より活きた英語を身に付けられます。

この授業でも、様々なシーンにおける英会話演習を行いますので、会話のやりとりの中で定番のフレーズが口をついてそのまま出てくるまでしっかり覚えられるように、何度も聞き返してみてください。真剣に取り組んでいただけたら、きっとビジネスの場でも活きた英語を使えるはずです。

 

スライド資料

プレミアム生放送

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ