「:-D」←これ、どういう意味でしょう?北米では常識、ケータイ・チャットでメッセージ3 - カナダのバンクーバーから生放送!Qのほんとに使えるリアルな英語フレーズ Session #7

「:-D」←これ、どういう意味でしょう?北米では常識、ケータイ・チャットでメッセージ3 - カナダのバンクーバーから生放送!Qのほんとに使えるリアルな英語フレーズ Session #7

  • 第1回
    「:-D」←これ、どういう意味でしょう?北米では常識、ケータイ・チャットでメッセージ3 - カナダのバンクーバーから生放送!Qのほんとに使えるリアルな英語フレーズ Session #7
おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

チャプターは後日追加予定です
今しばらくお待ち下さい

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全1回 2014年10月20日公開
    「:-D」←これ、どういう意味でしょう?北米では常識、ケータイ・チャットでメッセージ3 - カナダのバンクーバーから生放送!Qのほんとに使えるリアルな英語フレーズ Session #7

    この回で学べること


    北米での”リアルな”やりとりにもはやかかせないケータイやチャットのメッセージ交換。
    向こう4回に渡り、簡単なメッセージのやりとりを出来るようになりましょう!

    今回は

     :-D
     :-(
     <3

    …などの、北米版顔文字に注目します!見たことある人もいるでしょうか?
    日本とはまた違ったバリエーションがあるので、使いこなして、あなたのテキストメッセージに表情をもたせましょう!
     

    カナダ・バンクーバーから生放送!


    本当に海外で今使われている『リアルな英語』を学びたい…」
    今までの学習では英語が全然上達せず、むしろ苦手意識がついてしまった…
    英会話学習を重ねても、結局実際のシチュエーションがイメージしにくい…

    皆さん、英語を学ぶ際、こんな風に感じていませんか?
    この授業では、今までどうもとっつきにくかった英語でのコミュニケーション学習に

    ・「1講義1フレーズ」の講義
    ・「目で見てわかる」イラスト/マンガ
    ・英語と日本語の「2ヶ国語」講義


    という方法で、楽しくノリよくアプローチします!
    講師は現在カナダのバンクーバーに在住。
    現地からの生放送で、本当にリアルな英語でのコミュニケーションをお伝えします!

    *この授業は、カナダ人でアメリカのArizona State UniversityのEnglish Creative Writing学部を卒業したJason Felipeさんに、内容の二重チェックを頂いています。


    こんな方におすすめ!

    ・今この瞬間北米で話されている「リアルな英語」を知りたい方
    ・今まで”良い”、”効果的”とされる方法では英語が身につかなかった(むしろ嫌いになりそうだった)方
    イラストレーションやマンガなどを使い、従来の切り口とは少し違った観点で英語に触れたい方

     

    「:-D」←これ、どういう意味でしょう?北米では常識、ケータイ・チャットでメッセージ3 - カナダのバンクーバーから生放送!Qのほんとに使えるリアルな英語フレーズ Session #7 (全1回)

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!