「パフォーミング・アーツ」を深堀りし、社会的意義を理解する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「パフォーミング・アーツ」を深堀りし、社会的意義を理解する

コンサート、演劇、ダンス、パフォーマンス、歌舞伎、能、文楽、落語、漫才……。

舞台上で行われる表現は、総じて「パフォーミング・アート」と呼ばれています。

多くの人が、おそらく娯楽や余暇のひとつとしてしか認識していないかも知れないパフォーミング・アートの深淵と社会的意義について、今年愛知県で開催されるあいちトリエンナーレ2013というイベントを例に、同トリエンナーレのプロデューサーの一人、前田圭蔵が紐解きます。

授業一覧
[終了]生放送限定
「パフォーミング・アーツ」を深堀りし、社会的意義を理解する
2013年6月26日公開
01:00:00

コンサート、演劇、ダンス、パフォーマンス、歌舞伎、能、文楽、落語、漫才……。

舞台上で行われる表現は、総じて「パフォーミング・アート」と呼ばれています。

多くの人が、おそらく娯楽や余暇のひとつとしてしか認識していないかも知れないパフォーミング・アートの深淵と社会的意義について、今年愛知県で開催されるあいちトリエンナーレ2013というイベントを例に、同トリエンナーレのプロデューサーの一人、前田圭蔵が紐解きます。

担当の先生
この授業を受けたい(30人)

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×