1/25(Sat)

今日の生放送

せとやまたくみ

瀬戸山匠

有限会社人事・労務 小商いプロデューサー

「会社を通して地域に変革をもたらす小さな企業」とのつながりを持ち、共に地域の課題解決に挑むことの楽しさを知り、「ふるさと小商いプロデューサー」を名乗る。ふるさとで「地域の課題解決」や「地域資源の有効活用」を目指す経営者を対象にした「ふるさと小商い経営塾」を2014年4月開講。日本ES開発協会事務局長を務め、地域活性化マルシェの企画・運営を統括。「人に地域に環境にやさしい持続可能な社会を目指して」というテーマのもとグリーン企業が集まる勤労感謝イベントや、「日本の未来のはたらくを考える」というテーマで日光街道143キロを踏破するイベントを開催し、”小商い”について学びながら、日光老舗名店会など多様な業種の企業とのコラボレーションを果たす。 執筆:近代中小企業 2013年11月号「農業生産法人という選択」

瀬戸山匠

担当のコース

「なかなか一堂に顔を合わせる場をつくることができないメンバーとどのように意思疎通をはかれば良いのか」 「皆が忙しい中でプロジェクトを進めなければならず、なるべくミーティングの時間は減らしたいのだが、どうすれば良いのか」 「学生や社会人など多様な立場の顔ぶれを束ねる時に、どういった点に気を付ければ良いのか」 部署や企業全体といった”職場”、あるいは地域社会という広いフィールドの中での”コミュニティ”など、何らかの”組織体”を束ねる立場にある方であれば、誰もが直面する課題。 特に、学生や新卒・中堅など若手世代のメンバーをチームとして束ねる場合、あるいは、インターン生や週末起業メンバーなど多様なはたらき方をしているメンバーをチームとして束ねる場合に、リーダーは「コミュニケーションのとりかた」という大きな課題と向き合わなければなりません。 その課題を解決するために大きな役割を果たしてくれるツールが、「チャットワーク」です。   多様なメンバー一人ひとりが主体的・自律的に行動し、生産性を高めていくチームをどのように創ることができるのか。 ChatWork株式会社 マーケティング部マネージャーの堀江裕隆さんをゲストにお招きし、チャットワーク活用、という視点から、インタビュー形式でお伺いいたします。 接点を増やしつながりを豊かにするネットワーク型組織(チーム)による創発型マネジメントで、いかにチームとして新たな価値を生み出していくか。 新しい時代のはたらき方・チームの創りかたについて、未来思考で皆さんと考えていきたいと思います。

担当の授業一覧 全1授業

無料公開中 ChatWorkに学ぶ、生産性の高いチームを創る「社内コミュニケーション」

第1回 ChatWorkに学ぶ、生産性の高いチームを創る「社内コミュニケーション」(30分)

2014年10月24日放送

「なかなか一堂に顔を合わせる場をつくることができないメンバーとどのように意思疎通をはかれば良いのか」 「皆が忙しい中でプロジェクトを進めなければならず、なるべくミーティングの時間は減らしたいのだが、どうすれば良いのか」 「学生や社会人など多様な立場の顔ぶれを束ねる時に、どういった点に気を付ければ良いのか」 部署や企業全体といった”職場”、あるいは地域社会という広いフィールドの中での”コミュニティ”など、何らかの”組織体”を束ねる立場にある方であれば、誰もが直面する課題。 特に、学生や新卒・中堅など若手世代のメンバーをチームとして束ねる場合、あるいは、インターン生や週末起業メンバーなど多様なはたらき方をしているメンバーをチームとして束ねる場合に、リーダーは「コミュニケーションのとりかた」という大きな課題と向き合わなければなりません。 その課題を解決するために大きな役割を果たしてくれるツールが、「チャットワーク」です。   多様なメンバー一人ひとりが主体的・自律的に行動し、生産性を高めていくチームをどのように創ることができるのか。 ChatWork株式会社 マーケティング部マネージャーの堀江裕隆さんをゲストにお招きし、チャットワーク活用、という視点から、インタビュー形式でお伺いいたします。 接点を増やしつながりを豊かにするネットワーク型組織(チーム)による創発型マネジメントで、いかにチームとして新たな価値を生み出していくか。 新しい時代のはたらき方・チームの創りかたについて、未来思考で皆さんと考えていきたいと思います。