5/28(Thu)

今日の生放送

つつみ しゅういち

堤 修一

Fyusion, Inc リードソフトウェアエンジニア

国内外でのフリーランスiOSエンジニアとしての活動を経て、現在はサンフランシスコのFyusion社。ウェアラブルおもちゃ「Moff」、次世代車いす「WHILL」、ウェアラブルトランシーバー「BONX」などハードウェアと連携するiOSアプリを多く手がける。オープンソース活動も行っており、GitHubでの累計スター数は世界トップ50にランクイン。著書「iOSxBLE Core Bluetoothプログラミング」「iOSアプリ開発 達人のレシピ100」。

堤 修一

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

登壇しているコミュニティ

担当のコース

日本の企業で働いた後にフリーランスとして独立、現在はシリコンバレーのスタートアップで働いている堤修一先生をお招きし、受講生参加型で「エンジニアの良いキャリア・良い生き方」について学びます。  

担当の授業一覧 全1授業

シリコンバレーで働くエンジニアと考える、これからのキャリア

第1回 シリコンバレーで働くエンジニアと考える、これからのキャリア(60分)

2017年1月6日放送

「エンジニア35歳定年説」 「場所に縛られず自由にリモートワーク」 「プログラミングさえ出来れば国境だって超えられる」 … IT技術を使いこなすエンジニアは、社会的に見ればまだまだ新しい職種といえます。 だからこそ、本当に幸せになれる働き方やキャリアの築き方が確立されていません。 エンジニアはどのように仕事と付き合っていくことが、これから求められるのでしょうか。 そのヒントを探るために、iOSアプリ開発者として世界で活躍する、堤修一さんをお招きします。 面白法人カヤックの技術者として、フリーランスとして実績を重ね、シリコンバレーのスタートアップで働いている堤先生。ですが、きちんとプログラムを書き始めたのは31歳からであり、英語も得意ではなかったと言います。 どんな考えと決断が、今の生き様をつくりだし、今堤先生は何を感じているのでしょうか。 受講生参加型で「エンジニアの良いキャリア・良い生き方」について一緒に考えていきましょう。   当日の流れ ====================================== ・20分/堤先生から「エンジニアのキャリア」についてお話 ・20分/テーマを元に受講生参加型でエンジニアキャリア談義 ・20分/堤先生への質疑応答 ====================================== ※上記は予定です。変更になった場合は、このページで随時更新します。 iOS開発者の堤修一さんにインタビュー(前編):カヤックで「使えないおじさん」からエースエンジニアになるまで 堤修一氏が失敗から学んだ、フリーランスのiOSエンジニアとしての生存戦略 有名技術ブロガー堤修一氏に聞く、「情報発信」からキャリアをデザインする方法【特集:エンジニア育成の本質】