7/22(Mon)

今日の生放送

おがた りゆ

尾方 里優

株式会社ゲイト CPO

1990年福岡生まれ。 2014年九州大学芸術工学部卒業。 大学卒業と同時に、新卒採用支援を行う企業の代表執行役社長に就任。2015年7月から現職。 PR・マーケティング担当として、世の中の変化を察知しながら既存のビジネスの構造改革に取り組む。 現場に立ちお客さまとの相互理解を深めることを大切にし、店舗での接客だけでなく、実際にお店で出す野菜や、干物も自ら作りにいっている。 ビジネスだけに留まらず、縁ある学校で講義や学術研究・産学連携への協力や、TVCMや映画のエキストラ出演など幅広く活動している。

尾方 里優

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

居酒屋がコミュニケーションロボット導入を考えて、月100人の予約を取るようになるまでのストーリー AIの進化に伴い今後ロボットと人間の関係は急激に変化していきます。 その転換期に対応していくために、現在実装されているロボットの現状を知ることで、今後の人間との共存関係を学んでいくことが出来ます。 ロボットは良くニュースで見るけど実装されるのは「いつか来る未来の話」だと感じてしまっている方も多いと思います。 そんな中、約1年半前に、ある居酒屋で「ロボットを置こう」というプロジェクトが発足されました。 なんとロボットに関する知識はゼロからのスタート。 世の中に事例もありませんでした。 検討を始めてからから半年で「史上初、ロボットと飲める席」をリリース。 その後お客様からの予約が月間100人以上殺到し、テレビなどのメディア取材も15件以上オファーが来る人気コンテンツとなり、常にロボット席が稼働している結果になりました。 今回の授業では、実際に居酒屋でロボットを運用されている株式会社ゲイトの尾方里優氏と、企画開発のオファーを受け、ロボットアプリ開発を行った株式会社ヘッドウォータースの依光薫平氏をお迎えして、実際にどのような観点で、どのように進めて、どのような失敗を経て、リリースまで至ったか、という過程を、リアルにお伝えします。 また、実際の稼働状況や、飲みニケーションロボットの新機能をみんなで考える受講生参加型ワークショップも行います。

担当の授業一覧 全1授業