11/16(Fri)

今日の生放送

あきもと じゅん

秋元 淳

公益財団法人日本デザイン振興会 事業部 課長

1968年千葉県生まれ。明治学院大学、武蔵野美術大学卒業。1998年に財団法人日本産業デザイン振興会(現日本デザイン振興会)に入社。2003年まで雑誌「デザインニュース」や『グッドデザイン賞年鑑』などの編集業務に携わる。現在はグッドデザイン賞(Gマーク)事業とともに、組織広報の統括を主に担当する。 多摩美術大学、法政大学非常勤講師。「いばらきデザインセレクション」(主催:茨城県デザインセンター)審査委員。

秋元 淳

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

よく見る赤いGマークは何を意味し、目指しているのか 文房具や工業製品についているところを多く見かけるようになった「Gマーク」。 あのマークがついている商品はよいデザインなんだろうな、となんとなく認識をしているだけの方も多いのではないでしょうか。 グッドデザイン賞の歴史は意外と古く、今から約60年前の1957年に通商産業省(現:経済産業省)が創設したものです。 公益財団法人日本デザイン振興会より秋元淳先生をお招きし、グッドデザイン賞はどういった背景で生まれたのか、受賞作品の変化、グッドデザイン賞が大切にしていることをお伝えしていきます。 受賞作品から見えてくる、それぞれの時代の歴史やデザインのあり方を知ることで、よいデザインとは何かを考えてみましょう。

担当の授業一覧 全1授業