かとう かずき

加藤 和樹

アーティスト・俳優

2005年ミュージカル「テニスの王子様」で脚光を浴び、2006年4月CD「Rough Diamond」アーティストデビュー。 以来、毎年の全国ライブツアー開催や2008年の日本武道館他、日比谷野外音楽堂など毎年単独ライブを開催、毎年CD連続リリースするなど、音楽活動を精力的に行っている。 また、2009年からは韓国、台湾、中国でCDデビューを果たし、上海や北京、韓国でもライブを行ない、「千本桜」などボカロ曲コンピレーションにも参加するなど海外にも活動の場を広げる。 俳優としてはドラマ「仮面ライダーカブト」(2006)「ホタルノヒカリ」(2007)「インディゴの夜」(2010)「赤い糸の女」(2012)などに出演。 監督に見込まれ映画「仮面ライダーTHE NEXT」では永遠のヒーロー“平成の仮面ライダーV3:風見志郎”を演じ、TVシリーズと異例の2作連続「仮面ライダー」に出演。 しかも2作とも同じ“トンボをモチーフにしたライダ―を演じる”という記録をもつ。 近年は舞台&映画「真田十勇士」で中村勘九郎氏の相手役を務め、ダイナミックな殺陣が評判となり、かつミュージカル「ロミオ&ジュリエット」をきっかけに、世界初演ミュージカル「レディ・ベス」、「タイタニック」「1789-バスティーユの恋人たち」などで瞬く間に主演を射止め2017年1月上演ミュージカル「フランケンシュタイン」ではアンリ・怪物の2役、ミュージカル「マタハリ」ではミュージカル界で異例の役替わりで2役を演じ話題となる。 以降主演作品が続き、幅広い年齢層から支持されるなどミュージカル界でも注目を浴びている。 さらに2016年からは声優としても活動。アニメ「B-Project」(西川貴教総合プロデュース)で10代女子の心をつかみ出演したライブイベントでは1日でツイッターフォロワー5000人増で話題になり、歌手・俳優・声優として10代~60代のファンを持つと各界が注目をしている。

加藤 和樹

担当のコース

担当のコースがありません

担当の授業一覧

担当の授業がありません

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×