2/21(Wed)

今日の生放送

おおいし てつゆき

大石 哲之

シリアスビットコイナー。ブロガー。他

ビットコイン&ブロックチェーン研究所代表。(社)日本デジタルマネー協会理事。(社)日本ブロックチェーン協会アドバイザー。 この革新的な技術が世の中を全く変えてしまうと考え、2013年より既存の事業を全て撤収して、フルタイムのビットコイナーに転身。 現在、(社)日本デジタルマネー協会理事として、一般的な理解の促進と、スタートアップベンチャーの振興に注力。日本におけるビットコインエコシステムの育成と、世界のビットコイン業界との橋渡しを目的に活動。個人的にも、いくつかのビットコインスタートアップに投資。 また、ビットコイン&ブロックチェーン研究所を主催し、わかりにくいこの業界に関して、毎週の研究レポートを発信している。 その他、ビジネス書の著者として、「コンサルタント一年目が学ぶこと」「英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?」「3分でわかるロジカルシンキングの基本」など、20冊以上の著作がある。ブロガーとしても、ビジネススキル分野、キャリア分野にて、ネットメディアを中心に連載、寄稿。 現職以前は、慶応義塾大学卒業後、アクセンチュア、ネットベンチャーの創業、ビジネスコンサルタント、エグゼクティブ・サーチの事業を経ている。

大石 哲之

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

投資家も、コイン発行者も、仮想通貨サービス提供者も、みんなで一緒に仮想通貨の未来を語る。 仮想通貨における「激動の時代」はこれまでも、そしてこれからも続くでしょう。テクノロジーとしての仮想通貨がもたらす未来も、投資対象としての仮想通貨の可能性も、何が起こるかわかりません。しかし唯一言えることは、賛否両論あってこそのイノベーションであること。喧々諤々みんなで議論しましょう。 ■みなさんの生の声をSchooから全世界に発信 本放送の主役は受講生です。みなさんの電話出演による「本気の意見」を聞かせてください。 ※持ち時間は1人1分です。「仮想通貨の未来」や「時事ニュース」に対する見解を語って頂きます。 ▼電話出演・応募はコチラ https://goo.gl/forms/uhU85BhAGZ2xCnlE3 ※当日参加も可能ですが、事前予約した方から優先してご出演頂きます。応募多数となった場合は抽選となります。 ■本放送の目的 目的は、仮想通貨の未来を議論すること。だからこそ一方的な情報の発信ではなく、受講生やゲストの自由な参加を元にした議論を予定しています。 ▼トークテーマの例 ・「新たな貨幣」としての仮想通貨の未来 ・仮想通貨は社会にどのような変化をもたらすのか ・投資対象としての仮想通貨の理想と課題  

担当の授業一覧 全1授業