12/19(Wed)

今日の生放送

うぶかた とう

冲方 丁

作家

1977年岐阜県生まれ。 96年、大学在学中に「黒い季節」で第1回スニーカー大賞金賞を受賞しデビュー。以後、小説を書きつつ、ゲーム、コミック原作、アニメ制作と活動を広げ、複数のメディアを横断するクリエイターとなる。2003年「マルドゥック・スクランブル」で第24回日本SF大賞を受賞。2010年に歴史小説「天地明察」で本屋大賞、大学読書人大賞、吉川英治文学新人賞、北東文芸賞、舟橋聖一文学賞の五冠達成。12年に時代小説「光國伝」で山田風太郎賞を受賞。他の著書多数。最新作は『マルドゥック・アノニマス』シリーズ(早川書房)、『十二人の死にたい子どもたち』(文藝春秋)、『戦の国』『破蕾』(講談社)、『麒麟児』(角川書店)など。

冲方 丁

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

自分の人生にとって何が大切なのか 分かっていますか? この授業では様々な方達の人生の価値観を知ることで、自分らしい生き方を学ぶことが出来ます。 落語家の柳亭小痴楽さんをMCに、各分野でご活躍されている方をゲストにお迎えします。 ・自分の気持ちに嘘をつきたくない。 ・家族との時間を何よりも大切にしたい。 ・お金を稼げなくても好きなことをやりたい。 ・死ぬまで成長し続けたい。 ・社会に貢献していきたい。 など、様々な「人生の美学」についてゲストの方に語って頂きます。 なりたい自分に成長するには、自分らしい生き方を見つけることが必要です。 多様な価値観に触れることで、自分にとって何が大事なのかを見極めていきましょう。

担当の授業一覧 全1授業