かぶとや はじめ

甲谷 一

アートディレクター/グラフィックデザイナー

1973年生まれ。2006年(有)Happy and Happy設立。タイポグラフィを生かしたデザインを得意とし、多くの企業やブランド等のロゴ(CI/VI)、ブックデザイン、広告等を行っている。 主な仕事に「NHK BSプレミアム/BS1」チャンネルロゴ、建築家・安藤忠雄氏の美術館「ANDO MUSEUM」ロゴ及びポスター等のグラフィック一式、「ジャパネット」コーポレートロゴ、NHK日本賞「JAPAN PRIZE」ロゴ及びブランディング等。 著書に『たのしいロゴづくり』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『ロゴDAYS 甲谷一のデザインと思考』(誠文堂新光社)等。 ニューヨークTDC賞の他、東京ADC、東京TDC、JAGDA、日本タイポグラフィ年鑑入選。

甲谷 一

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

毎週月曜よる9時から生放送『デザイン逆再生』 本放送は、トップデザイナーの決断から実践知を学ぶ、現役デザイナーのための授業です。   この授業では、デザインにおける "重要な決断を下した分岐点" まで戻り、制作プロセスを公開します。   決断の前後で生まれた差異こそ、現役デザイナーが学ぶべき「実践知」ではないでしょうか? 学習テーマ 今回学ぶのは、「雑誌デザインノートのロゴデザイン」です。   デザインに携わる方であれば、一度は見たことがある雑誌『デザインノート』のロゴはどのように生まれたのでしょうか?   そのデザインプロセスをスケッチ段階から完成まですべて公開します。 “あなた”のための生放送 知識とは、あなたが自分事に捉え、実行に移すことで、初めて役に立ちます。   しかし、あなたが学んだことを実践するとき、そこにはきっと疑問や課題が生まれるはずです。   この溝を埋めるためにすべきことは何か、生放送で質問し、実践への一歩を踏み出しましょう。     出演するトップランナー達 第1回:太刀川 英輔(静岡市パフォーミングアーツ化プロジェクト) 第2回:山崎 亮(智頭町の総合計画・コミュニティデザイン) 第3回:川村 真司(ALMA MUSIC BOX・インターフェイスデザイン) 第4回:水口 克夫(地方紙デーリー東北・リブランディング) 第5回:草野 剛(国立新美術館・アートディレクション) 第6回:室井淳司(Aoki Tokyo・事業・デザイン戦略) 第7回:古平正義(建築文化週間 他・アートディレクションとデザイン) 第8回:甲谷 一(デザインノート・ロゴデザイン) 第9回:木村浩康(Find47) 第10回:Coming Soon! 第11回:Coming Soon! 第12回:Coming Soon!   本放送は、デザイナーが実践知を共有しあう学び場『The Designer Lounge』プロジェクトの一環として開講します。 Twitterハッシュタグ:#おかえりデザイン

担当の授業一覧 全1授業

雑誌『デザインノート』のロゴデザインプロセス全公開

第1回 雑誌『デザインノート』のロゴデザインプロセス全公開(60分)

2019年9月23日放送

トップデザイナーの決断から実践知を学ぶ、現役デザイナーのための授業です。この授業は、制作における"重要な決断を下した分岐点"まで戻り、制作プロセスをリプレイします。 今回学ぶデザインは「雑誌デザインノートのロゴデザイン」です。デザインに携わる方であれば誰もが知っている雑誌『デザインノート』、今では馴染みのあるロゴが誕生するまでのプロセスを、スケッチの段階から包み隠さずお話いただきます。   ■先生 甲谷一/アートディレクター/グラフィックデザイナー 1973年生まれ。2006年(有)Happy and Happy設立。タイポグラフィを生かしたデザインを得意とし、多くの企業やブランド等のロゴ(CI/VI)、ブックデザイン、広告等を行っている。 主な仕事に「NHK BSプレミアム/BS1」チャンネルロゴ、建築家・安藤忠雄氏の美術館「ANDO MUSEUM」ロゴ及びポスター等のグラフィック一式、「ジャパネット」コーポレートロゴ、NHK日本賞「JAPAN PRIZE」ロゴ及びブランディング等。 著書に『たのしいロゴづくり』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『ロゴDAYS 甲谷一のデザインと思考』(誠文堂新光社)等。 ニューヨークTDC賞の他、東京ADC、東京TDC、JAGDA、日本タイポグラフィ年鑑入選。 ※授業内容は変更となる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。