10/23(Wed)

今日の生放送

【再放送】英語で電話をする(グローバルビジネスパーソン学部基礎科目#2)

【再放送】英語で電話をする(グローバルビジネスパーソン学部基礎科目#2)

コース概要

■1限目:英語で電話する際のシチュエーション別演習(最低限のパターン編)

この授業では、「英語での電話を取る・掛ける」ということをテーマに、
ビジネスのシチュエーションで使える英語を演習していきます。

日本で仕事をしていても、仕事中に英語を使わなければならないシチュエーションがあります。
「電話」と「メール」です。ましてや、キャリアアップを目指すのであれば、英語での電話やメールは、必須ですよね。

■ このカリキュラム

このカリキュラムでは電話での会話をシチュエーション別(電話を掛ける・取る)で演習していきましょう。

対面での会話と異なり、ジェスチャーや口の動きが分からないため、
なんとなく意思伝達する、ということが通用しません。

とにかく、いくつかの表現パターンを覚えることで、典型的な会話表現がこなせるようになりましょう。

■2限目:英語で電話する際のシチュエーション別演習(電話を取ったとき編)

この授業では、「英語での電話を取る」というシチュエーションを演習していきます。
実際に、授業中は電話越しに英語を聞きながら授業を進行していきます。

いくつかのパターンを授業中に演習しましょう!

■ このカリキュラム

日本で仕事をしていても、仕事中に英語を使わなければならないシチュエーションがあります。

「電話」と「メール」です。ましてや、キャリアアップを目指すのであれば、英語での電話やメールは、必須ですよね。
このカリキュラムでは電話での会話をシチュエーション別(電話を掛ける・取る)で演習していきましょう。

対面での会話と異なり、ジェスチャーや口の動きが分からないため、
なんとなく意思伝達する、ということが通用しません。

とにかく、いくつかの表現パターンを覚えることで、典型的な会話表現がこなせるようになりましょう。

■3限目:英語で電話する際のシチュエーション別演習(電話を掛けるとき編)

この授業では、「英語での電話を掛ける」というシチュエーションを演習していきます。
実際に、授業中は電話越しに英語を聞きながら授業を進行していきます。

自分の意思で電話を掛けられるようなパターンを演習していきましょう!

■ このカリキュラム

日本で仕事をしていても、仕事中に英語を使わなければならないシチュエーションがあります。
「電話」と「メール」です。ましてや、キャリアアップを目指すのであれば、英語での電話やメールは、必須ですよね。
このカリキュラムでは電話での会話をシチュエーション別(電話を掛ける・取る)で演習していきましょう。 

対面での会話と異なり、ジェスチャーや口の動きが分からないため、
なんとなく意思伝達する、ということが通用しません。

とにかく、いくつかの表現パターンを覚えることで、典型的な会話表現がこなせるようになりましょう。

■4限目:英語で電話する際のシチュエーション別演習(電話での会話演習編)

この授業では、ここまでに学んだ、「英語での電話を取る・掛ける」というシチュエーションを30分間、ひたすら演習していきます。
ネイティブのスピードでの通話を聞くことで、電話でのコミュニケーションに慣れていきましょう。 

電話を取ったとき編」と「電話を掛けるとき編」の復習もしていきながら、
電話での会話パターンを自分のものにしていきましょう。

■ このカリキュラム

日本で仕事をしていても、仕事中に英語を使わなければならないシチュエーションがあります。
「電話」と「メール」です。ましてや、キャリアアップを目指すのであれば、英語での電話やメールは、必須ですよね。
このカリキュラムでは電話での会話をシチュエーション別(電話を掛ける・取る)で演習していきましょう。 

対面での会話と異なり、ジェスチャーや口の動きが分からないため、
なんとなく意思伝達する、ということが通用しません。

とにかく、いくつかの表現パターンを覚えることで、典型的な会話表現がこなせるようになりましょう。

担当の先生

参加したい受講生 : 118

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

【再放送】英語で電話をする(グローバルビジネスパーソン学部基礎科目#2)

2014年8月6日公開

130min.

[終了]生放送限定

■1限目:英語で電話する際のシチュエーション別演習(最低限のパターン編)

この授業では、「英語での電話を取る・掛ける」ということをテーマに、
ビジネスのシチュエーションで使える英語を演習していきます。

日本で仕事をしていても、仕事中に英語を使わなければならないシチュエーションがあります。
「電話」と「メール」です。ましてや、キャリアアップを目指すのであれば、英語での電話やメールは、必須ですよね。

■ このカリキュラム

このカリキュラムでは電話での会話をシチュエーション別(電話を掛ける・取る)で演習していきましょう。

対面での会話と異なり、ジェスチャーや口の動きが分からないため、
なんとなく意思伝達する、ということが通用しません。

とにかく、いくつかの表現パターンを覚えることで、典型的な会話表現がこなせるようになりましょう。

■2限目:英語で電話する際のシチュエーション別演習(電話を取ったとき編)

この授業では、「英語での電話を取る」というシチュエーションを演習していきます。
実際に、授業中は電話越しに英語を聞きながら授業を進行していきます。

いくつかのパターンを授業中に演習しましょう!

■ このカリキュラム

日本で仕事をしていても、仕事中に英語を使わなければならないシチュエーションがあります。

「電話」と「メール」です。ましてや、キャリアアップを目指すのであれば、英語での電話やメールは、必須ですよね。
このカリキュラムでは電話での会話をシチュエーション別(電話を掛ける・取る)で演習していきましょう。

対面での会話と異なり、ジェスチャーや口の動きが分からないため、
なんとなく意思伝達する、ということが通用しません。

とにかく、いくつかの表現パターンを覚えることで、典型的な会話表現がこなせるようになりましょう。

■3限目:英語で電話する際のシチュエーション別演習(電話を掛けるとき編)

この授業では、「英語での電話を掛ける」というシチュエーションを演習していきます。
実際に、授業中は電話越しに英語を聞きながら授業を進行していきます。

自分の意思で電話を掛けられるようなパターンを演習していきましょう!

■ このカリキュラム

日本で仕事をしていても、仕事中に英語を使わなければならないシチュエーションがあります。
「電話」と「メール」です。ましてや、キャリアアップを目指すのであれば、英語での電話やメールは、必須ですよね。
このカリキュラムでは電話での会話をシチュエーション別(電話を掛ける・取る)で演習していきましょう。 

対面での会話と異なり、ジェスチャーや口の動きが分からないため、
なんとなく意思伝達する、ということが通用しません。

とにかく、いくつかの表現パターンを覚えることで、典型的な会話表現がこなせるようになりましょう。

■4限目:英語で電話する際のシチュエーション別演習(電話での会話演習編)

この授業では、ここまでに学んだ、「英語での電話を取る・掛ける」というシチュエーションを30分間、ひたすら演習していきます。
ネイティブのスピードでの通話を聞くことで、電話でのコミュニケーションに慣れていきましょう。 

電話を取ったとき編」と「電話を掛けるとき編」の復習もしていきながら、
電話での会話パターンを自分のものにしていきましょう。

■ このカリキュラム

日本で仕事をしていても、仕事中に英語を使わなければならないシチュエーションがあります。
「電話」と「メール」です。ましてや、キャリアアップを目指すのであれば、英語での電話やメールは、必須ですよね。
このカリキュラムでは電話での会話をシチュエーション別(電話を掛ける・取る)で演習していきましょう。 

対面での会話と異なり、ジェスチャーや口の動きが分からないため、
なんとなく意思伝達する、ということが通用しません。

とにかく、いくつかの表現パターンを覚えることで、典型的な会話表現がこなせるようになりましょう。

スライド資料

プレミアム生放送

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ