chevron_left 英会話学習の効果を最大化する、オンライン英会話120%活用術

英会話学習の効果を最大化する、オンライン英会話120%活用術

PREMIUM
第2回

英語でフリートークを盛り上げる方法【オンライン英会話120%活用術】

2015年7月18日 120min

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 27

授業の概要

ここ数年で、一気に注目を浴びるようになった、オンライン英会話。低コストで、自宅や外出先でもできるといったメリットも多い半面、その自由度の高さから、一人で始めること、効果的に使っていくことに、ハードルが高いと感じる人は少なくありません。

それを解決する一助となるべく開講されるのが、この授業です。本コースでは、インプット、アウトプット、復習のサイクルを120分というコンパクトな期間で回すことで、英会話学習の効果を最大化することを目指します。
※授業をスムーズに体験いただくために、事前に「レアジョブ英会話」「Skype」の2サービスの会員登録を行っていただくことをおすすめします
 レアジョブ英会話の会員登録→ https://www.rarejob.com/
 Skypeの会員登録→ http://www.skype.com/ja/

先生として登場するのは、今から5年前、36歳の時に自己紹介もままならない状態からオンライン英会話を始め、その後英語を使う仕事の担当になった会社員で、『オンライン英会話の教科書』(国際語学社)の著書でもある、嬉野克也です。

今回、レアジョブ英会話のご協力により、本授業の受講生にオンライン英会話のレッスンを1回分無料でご提供いただけます。

ぜひこの機会に、不安なく、効果的に、そしてとにかく楽しく、オンライン英会話をご活用ください。


【本コースの受講方法】(時間は仮)

■前半: 13:00-13:45
予習…schoo WEB-campusの「オンライン英会話120%活用術」授業を受講する(先生によるデモレッスンあり)

■自習・休憩: 13:45-14:30
実践…受講後すぐに、オンライン英会話サービス『レアジョブ英会話』にて、英会話レッスンを受ける
 ※この時間も教室ページは空いているので、気になることなどをタイムラインで随時募集いたします
 ※英会話レッスン受講のために、事前にレッスン予約をしておくことをおすすめします

後半: 14:30-15:00
復習…レッスンで躓いたところ、分からなかったところ、その他気になるところを先生に質問

★「レッスン1回分付与」のお申し込みは、レアジョブ英会話に登録しているメールアドレスから下記メールアドレス宛に、件名に本授業名を貼り付け、本文は空の状態でメールをお送りください
→ schoo_campaign@rarejob.co.jp
★レッスン1回分付与のお申込期限は、2015年7月31日までとなります
★レッスン1回分の付与については、
 1. 授業前までにお申込みいただいた方へは生放送授業開始日までに付与
 2. 生放送中にお申込みいただいた方へはリアルタイムに付与
 3. 生放送授業終了後にお申込みいただいた方…2〜3日中に付与
とさせていただきます。なお、オンライン英会話の受講には事前予約が必要となりますので、
できるだけ事前のお申し込みをおすすめします

【今日の授業概要】

・英語でフリートークを盛り上げるポイント
・マンネリ打破の一番簡単な方法は?
・使える鉄板フレーズ紹介
・ショートデモレッスン

こんな人にオススメ

オンライン英会話をやってみたいけど、一人で始めるのが不安な方

チャプター

play_arrow
自己紹介&アジェンダ
08:33
play_arrow
英語でフリートークってどうなの?
02:59
play_arrow
テーマの決め方1:楽しみたい編
02:51
play_arrow
テーマの決め方2:効果的に使いたい編
04:09
play_arrow
盛り上がる、有効な時間にするための言葉
03:18
play_arrow
楽しいだけでなく、効果的なレッスンにするためのフレーズ
03:01
play_arrow
ある程度、自分が話したいフレーズを事前に決めておく
03:29
play_arrow
先生によるショートデモレッスン
04:02
play_arrow
学生代表によるショートデモレッスン
03:48
play_arrow
ショートデモレッスンを復習してみよう
07:16
play_arrow
実際にオンライン英会話のレッスンを受講しよう!
46:21
play_arrow
Q:これから続けていく中で挫折しないために必要なことはなんでしょうか?
02:02
play_arrow
Q:周りに人がいるから…などの恥ずかしさを克服する方法ってありますか?
03:16
play_arrow
Q:前半の講義内容を受けて「フィリピンではどうなの?」という問いをしたまではよかったのですが、先生がいろいろ答えてくれたにも関わらず、「日本とは違うね」「すごいね」くらいしか答えられませんでした。。さらに会話を広げるためにできることはあるでしょうか?
02:16
play_arrow
Q:うまく言葉が浮かばず、sorry...umm...となんとなく会話を止めてしまう時がありますが、そのような時に役立つ表現はないでしょうか。
03:41
play_arrow
Q:let me see... と、well ...はどういった違いがありますか?
01:55
play_arrow
Q:あるテーマで、conversationを英作文して、それをレッスンで練習したり、添削してもらうこともできますかね?