中国インターネット市場分析

中国インターネット市場分析

コース概要

国策により、facebookなど多くの世界的WEBサービスへのアクセスが禁じられた国、中国。

私たちが普段使っているWEBサービスにアクセスできないからこそ、中国では、独自の文化が根付いています。特に中国版twitterとも呼ばれる「ウェイボー(微博)」はユーザー数3億人、毎日のつぶやき件数は2億件を超え、中国ではB2Cのビジネスをする場合には企業ウェイボーアカウントを運営していることは必須の条件となりつつあります。

ある種の「インターネットガラパゴス」とも捉えられる国の、WEBサービス・インターネット市場は今、どのようになっているのでしょうか。より深くその問題を考えるために、中国のインターネット企業でCEOを務めている、山本達郎氏を先生にお迎えしました。

実際に中国で働き、そのリアルを感じている山本先生と一緒に、中国版twitter「ウェイボー(微博)」を事例として学び、独自のインターネット文化を持つ国、中国のWEB市場を考える授業です。

更に今回、「特別ゲスト講師」として、中国のファッションブロガーであるTOKYO PANDAさんも授業に参加決定!山本達郎先生の講義の後、TOKYO PANDA先生も交えて、更に深く考えていきます。中国で実際に活躍するお2人から、中国のインターネット市場にとことん迫る60分授業です。

担当の先生

参加したい受講生 : 1

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

中国インターネット市場分析

2012年7月24日公開

60min.

[終了]生放送限定

国策により、facebookなど多くの世界的WEBサービスへのアクセスが禁じられた国、中国。

私たちが普段使っているWEBサービスにアクセスできないからこそ、中国では、独自の文化が根付いています。特に中国版twitterとも呼ばれる「ウェイボー(微博)」はユーザー数3億人、毎日のつぶやき件数は2億件を超え、中国ではB2Cのビジネスをする場合には企業ウェイボーアカウントを運営していることは必須の条件となりつつあります。

ある種の「インターネットガラパゴス」とも捉えられる国の、WEBサービス・インターネット市場は今、どのようになっているのでしょうか。より深くその問題を考えるために、中国のインターネット企業でCEOを務めている、山本達郎氏を先生にお迎えしました。

実際に中国で働き、そのリアルを感じている山本先生と一緒に、中国版twitter「ウェイボー(微博)」を事例として学び、独自のインターネット文化を持つ国、中国のWEB市場を考える授業です。

更に今回、「特別ゲスト講師」として、中国のファッションブロガーであるTOKYO PANDAさんも授業に参加決定!山本達郎先生の講義の後、TOKYO PANDA先生も交えて、更に深く考えていきます。中国で実際に活躍するお2人から、中国のインターネット市場にとことん迫る60分授業です。

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×