6/13(Sun)

今日の生放送

カリキュラム

ビジネス英語 入門

対象者:仕事で英語を使う必要性のある方
修了レベル:メールや対面でビジネス初歩のコミュニケーションができる

19授業/4コース

12時間

目標:5週間

784人が受講中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このカリキュラムを受講開始(登録無料)
電話の掛け方/メールの書き方
英語圏の人たちとの電話、英語でのメールの書き方、日本語との注意点の違いについて学びます。
1: 【大人の基礎英語】電話の掛け方 コース

この授業では、「英語での電話を取る・掛ける」ということをテーマに、
ビジネスのシチュエーションで使える英語を演習していきます。

日本で仕事をしていても、仕事中に英語を使わなければならないシチュエーションがあります。
「電話」と「メール」です。ましてや、キャリアアップを目指すのであれば、英語での電話やメールは、必須ですよね。

2: 【大人のビジネス基礎英語】英語メールの書き方 コース

皆さんは、英語で手紙を書いたり、メールを送ったり、SNSのメッセージを書いたりしたことはありますか?人と英語で会話する際は、目の前に人がいるのでボディランゲージや雰囲気で理解してもらうことができますが、テキストとなると話は変わってきます。

まずは基本的な知識を身に付け、正しい英語メールの書き方を覚えましょう!

★ 知夏先生による、TOEICスコアを480点→975点に伸ばした英会話学習3つのコツ★

URLはコチラ→ http://schoo.jp/news/2014/2014-09-11

【第1回】 ビジネス英語の先生に学ぶ、英語メールの書き方【基本編】
【第2回】 ビジネス英語の先生に学ぶ、英語メールの書き方【依頼メール編】
【第3回】 ビジネス英語の先生に学ぶ、英語メールの書き方【お詫びメール編】

アポイント・打ち合わせでの会話
ビジネスシーンで使用する「最低限押さえておきたい」英語表現を学びます。
1: 【大人のビジネス基礎英語】アポイント・打ち合わせでの会話 コース

※本授業は、小林あつし先生の体調不良により、担当の先生を知夏七未(ちなつ ななみ)先生に変更の上お送りいたします

この授業では、「英語を使って海外で仕事をしていきたい」という人達に向けて、全く英語を勉強していないというところからでも英語に親しみながら「ビジネスにおける日常会話」における基本的な英語表現をシチュエーション別にたくさん覚えていただくことを目的としています。

「日本語→英語」「英語→日本語」というように頭の中で翻訳するのではなく、シチュエーションに合った英語のフレーズがスムーズに聞き取れる/話せるようになるまで、何度も反復しながら習熟していきましょう!

会議での会話表現
英語圏の人たちとの会議での表現やスキルについて学びます。
1: 【大人のビジネス基礎英語】会議での会話表現 コース

海外のイングリッシュスピーカーと仕事を進める際に想定されるさまざまなシチュエーションにおいて、覚えておくべきビジネス英語表現や振る舞いについて学んでいただくこの授業。

今回は、ビジネスパーソンにとって避けては通れない「会議における英語」をテーマに進めていきます。この授業では、特に「英語での会議においてファシリテーター(進行役)を任された場合」にフォーカスし、ファシリテーターとして会議を円滑に進めるために覚えておくべき英語表現や言い回し、会議をうまく進行するためのコツなどをお話しします。

「英語に苦手意識がある方でも、ムリなく覚えられる」を意識して授業を進めていますので、授業で使用する英語表現はどれもシンプルなものばかり。まずは頻出する文章を”型”として覚えることができれば、さまざまなシーンで応用できるようになります。

授業を行うのは、グローバル企業の現役ビジネス英語講師として活躍する知夏七未先生。英語が苦手なアシスタント・Mr.Suzukiと一緒に、グローバルに活躍するビジネスパーソンとして”活きた”英語力を楽しく身に付けましょう!

ビジネス英語学部トップ