4/21(Sun)

今日の生放送

ななお たかふみ

七尾 貴史

株式会社ミクシィ エンジニア

mixiでiPhone/Androidアプリを開発しています

七尾 貴史

担当のコース

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 「ActivityとFragment」( http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/fundamentals/2.02.activity-and-fragment.html )Androidアプリを作る上で重要なActivityとFragmentの基礎について解説をします。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ([環境構築の実施](http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining )をフォークしたものgit clone または、リポジトリをzip ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining/archive/master.zip )でダウンロード。どちらかと言うと、リポジトリをgitでcloneすることを推奨します 推奨 課題1(AndroidStudio/practice/fundamentals/2nd/ActivityPractice/Practice1/)をAndroidStudioで開いておく 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 ゲストインタビューではDrivemodeよりAndroidエンジニアの@KeithYokomaが登壇予定です。 自身が携わっているプロダクト紹介と、その開発体制、手法についての紹介をしてもらう予定です。 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! UIViewControllerについての解説と演習です。 UIViewControllerのライフサイクル UIViewControllerは生成されて、表示される、画面から消えるまでの間にいくつかのイベントが発生します。 ここではそのイベントの発生サイクルであるところのライフサイクルにどういったものがあり、どのメソッドが呼ばれるか、について解説を行います。 この項目については演習は行いません。 UINavigationController UIViewControllerを階層構造で管理を行うためのクラスがUINavigationControllerです。 ここではこのUINavigationControllerの使い方について解説を行います。 storyboardを使う場合、使わない場合について解説を行います。 また実際にUINavigationControllerの使い方の基礎についての演習も行います。 UITabBarController UITabBarControllerは、複数のViewControllerを切り替えるUIを提供するクラスです。 複数のViewControllerの状態を保持しながら切り替えるためのインタフェースとして利用されることが多いです。 ここではこのTabBarControllerの解説と演習を行います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリをフォークしたものgit clone または、リポジトリをzipでダウンロード (リポジトリをgitでcloneすることを推奨します) リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 「アプリのリソース管理」( http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/fundamentals/2.03.application-resource-management.html ) Android アプリ内で利用する文字列や画像など、静的リソースの扱い方を解説をします。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining )をフォークしたものgit clone または、リポジトリをzip ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining/archive/master.zip )でダウンロード。どちらかと言うと、リポジトリをgitでcloneすることを推奨します 推奨 課題プロジェクト(AndroidStudio/practice/fundamentals/3rd/ResourceManagement/build.gradle)をAndroidStudioで開いておく 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 ゲストインタビューは登壇者が決まり次第こちらでお知らせします。 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! UITabBarControllerを使った画面遷移についてと、UIViewについての第一回目です。 UITabBarController UITabBarControllerは、複数のViewControllerを切り替えるUIを提供するクラスです。 複数のViewControllerの状態を保持しながら切り替えるためのインタフェースとして利用されることが多いです。 ここではこのTabBarControllerの解説と演習を行います。 UIViewについて 第一回目   iOSにおいて画面のパーツ単位であるUIViewについて学びます。UIViewの基本的な使い方や階層構造について学びます。またUIViewのアニメーション方法についても時間があれば触れようと思います。   事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリ( https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/ )をフォークしたものgit clone リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/2.2-UITabController https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/3.1-UIView https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/3.3-UIView-Animation 全体のリポジトリは https://github.com/mixi-inc/iOSTraining をごらんください タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 「メッセージングと通知」( http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/fundamentals/2.04.messaging-and-notification.html ) アプリ内や、アプリ外との遣り取りをする仕組みであるメッセージングについて解説します。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining )をフォークしたものgit cloneする 推奨 実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 ゲストインタビューは登壇者が決まり次第こちらでお知らせします。 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! iOSの画面パーツを表すベースクラスがUIViewになります。この授業ではUIViewについての第二回目となります。 UIViewのアニメーション UIViewは簡単なメソッドでアニメーションを作ることができます。ここではそのアニメーションの解説と簡単な実習を行います。 UIViewのレイアウト   iOSアプリを作る上で、複数の画面サイズを考慮してViewを配置しなければなりません。そのようなケースのためにUIViewの配置ルールとしてAutolayoutと呼ばれるレイアウト手法をiOSでは利用しています。ここではそのAutolayoutをメインにiOSにおけるレイアウトの方法について解説をします。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリ( https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/ )をフォークしたものgit clone リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/3.3-UIView-Animation https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/Auto-Layout%E5%85%A5%E9%96%80 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/Auto-Layout-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%AB 全体のリポジトリは https://github.com/mixi-inc/iOSTraining をごらんください タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 今回から授業内容を見直し、4回程度に分けて、TODOアプリの実装を行います。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をAndroidTraingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回は決められたデータを一覧表示する画面を実装する回になるので、 ListViewとViewPagerを参照します。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining )をフォークしたものgit cloneする 推奨 実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 ゲストインタビューは登壇者が決まり次第こちらでお知らせします。 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人 gitをひととおり使うことができる人

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! 第5回までで、iOSの基本的なフレームワークや仕組みについて学ぶことができました。 そこで今回からは授業内容をより実際のアプリ作成に近い形で進めて行きたいと思います。 今回から、4回程度に分けて、TODOアプリの実装を行います。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をiOSTrainingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回は決められたデータを一覧表示する画面を実装する回になるので、 UITableView を参照します。https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/4.1-UITableView%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6 また、実際に作るものなどについては https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App/issues/1 をご覧ください。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリ( https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/ )をフォークしたものgit clone リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/4.1-UITableView%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App 全体のリポジトリは https://github.com/mixi-inc/iOSTraining をごらんください タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 数回に分けて、TODOアプリの実装を行うシリーズになります。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をAndroidTraingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回は前回作成した一覧画面から入力画面へ遷移して、入力を行い保存を行います。 利用する要素としてはメッセージングと通知と直列化とコレクション、永続化を主に扱います。 これらの資料を予習しておくと理解が進むと思います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App )をフォークしたものgit cloneする 推奨 実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく ListViewにカスタマイズしたリストアイテムを表示することができる状態にしておくこと(using-listviewブランチにこの状態のものは用意されていますが、できるだけmasterの状態から自分で作成することを推奨します) 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:30 授業終了 ゲストインタビューは登壇者が決まり次第こちらでお知らせします。 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人 gitをひととおり使うことができる人

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! 第5回までで、iOSの基本的なフレームワークや仕組みについて学ぶことができました。 そこで今回からは授業内容をより実際のアプリ作成に近い形で進めて行きたいと思います。 今回から、4回程度に分けて、TODOアプリの実装を行います。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をiOSTrainingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回はTODOの追加を行います。テーマとしては、以下の項目を扱います。 * ViewController間でのデータのやりとりを行う * テキストの入力 また、実際に作るものなどについては https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App/issues/2 をご覧ください。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリをフォークしたものgit clone, git pull https://github.com/mixi-inc/iOSTraining https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/1.4-UIViewController2-ModalViewController-(storyboard) https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/2.1-UINavigationController https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/5.3-UITextFiled,-UITextView https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App 全体のリポジトリは https://github.com/mixi-inc/iOSTraining をごらんください タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 数回に分けて、TODOアプリの実装を行うシリーズになります。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をAndroidTraingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回はビルドシステムであるgradleについて行います。 利用する要素としてはAndroid のビルドについて(Gradle)を扱います。 これらの資料を予習しておくと理解が進むと思います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App )をフォークしたものgit cloneする 推奨 実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく ListViewにカスタマイズしたリストアイテムを表示することができる状態にしておくこと(using-listviewブランチにこの状態のものは用意されていますが、できるだけmasterの状態から自分で作成することを推奨します) 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App タイムテーブル 19:20 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:30 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人 gitをひととおり使うことができる人

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 数回に分けて、TODOアプリの実装を行うシリーズになります。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をAndroidTraingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回は前回作成した入力画面の結果をAndroidに組み込まれたデータベースに保存します。 利用する要素としてはデータベースを主に扱います。 これらの資料を予習しておくと理解が進むと思います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App )をフォークしたものgit cloneする 推奨 実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく ListViewにカスタマイズしたリストアイテムを表示することができる状態にしておくこと(using-listviewブランチにこの状態のものは用意されていますが、できるだけmasterの状態から自分で作成することを推奨します) 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:30 授業終了 ゲストインタビューは登壇者が決まり次第こちらでお知らせします。 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人 gitをひととおり使うことができる人

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! 第5回までで、iOSの基本的なフレームワークや仕組みについて学ぶことができました。 そこで今回からは授業内容をより実際のアプリ作成に近い形で進めて行きたいと思います。 今回から、4回程度に分けて、TODOアプリの実装を行います。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をiOSTrainingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回はTODOの削除と永続化を行います。テーマとしては、以下の項目を扱います。 NSUserDefualts また、実際に作るものなどについては https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App/issues/3 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App/issues/4 をご覧ください。   事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリをフォークしたものgit clone, git pull https://github.com/mixi-inc/iOSTraining https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/7.1-NSUserDefaults,-Settings-Bundle https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App 全体のリポジトリは https://github.com/mixi-inc/iOSTraining をごらんください タイムテーブル 19:20 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 数回に分けて、TODOアプリの実装を行うシリーズになります。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をAndroidTraingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 実際に手を動かす際のスタート地点となるbranchは用意するので、前の回を受けていなくても進められるようになっています。 今回は前回作成したデータベースのマイグレーションをテストをしながら実施します。 利用する要素としてはデータベース、テスト、AndroidStudioでのテスト(ページ作成準備中)を主に扱います。 これらの資料を予習しておくと理解が進むと思います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App )をフォークしたものgit cloneする 推奨 実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく ListViewにカスタマイズしたリストアイテムを表示することができる状態にしておくこと(using-listviewブランチにこの状態のものは用意されていますが、できるだけmasterの状態から自分で作成することを推奨します) 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App タイムテーブル 19:20 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:30 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人 gitをひととおり使うことができる人

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! 第5回までで、iOSの基本的なフレームワークや仕組みについて学ぶことができました。 そこで今回からは授業内容をより実際のアプリ作成に近い形で進めて行きたいと思います。 スタート地点となるブランチも用意しますので、シリーズ途中からの方でも作業を進められるようになっています。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、各機能ごとに必要な知識をiOSTrainingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回はTODOに締め切りの時間をつけ、締め切りの時間にローカル通知するようにします。 新しいテーマとしては NSDateや日付の比較 UIDatePicker / UIAlertView エンティティの分離 ローカル通知 を扱います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリをフォークしたものgit clone, git pull https://github.com/mixi-inc/iOSTraining https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App/issues/5 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App/issues/6 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/7.5-UILocalNotification 全体のリポジトリは https://github.com/mixi-inc/iOSTraining をごらんください タイムテーブル 19:20 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

設定時間が19:00となっておりますが、正しい開始時間は19:20になります。 ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 数回に分けて、TODOアプリの実装を行うシリーズになります。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をAndroidTraingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 実際に手を動かす際のスタート地点となるbranchは用意するので、前の回を受けていなくても進められるようになっています。 今回はNotificationによる通知とそのハンドリングを行います。 利用する要素としてはメッセージングと通知のNotificationを扱います。 これらの資料を予習しておくと理解が進むと思います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App )をフォークしたものgit cloneする 推奨 実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく ListViewにカスタマイズしたリストアイテムを表示することができる状態にしておくこと(using-listviewブランチにこの状態のものは用意されていますが、できるだけmasterの状態から自分で作成することを推奨します) 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App タイムテーブル 19:20 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:30 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人 gitをひととおり使うことができる人

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! 第5回までで、iOSの基本的なフレームワークや仕組みについて学ぶことができました。 そこで今回からは授業内容をより実際のアプリ作成に近い形で進めて行きたいと思います。 スタート地点となるブランチも用意しますので、シリーズ途中からの方でも作業を進められるようになっています。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、各機能ごとに必要な知識をiOSTrainingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 いよいよ最終回となる今回は単体テストについて行います。 新しいテーマとしては テストフレームワークの導入(XCTest) 単体テストの書き方 入力のバリデーション を扱います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリをフォークしたものgit clone, git pull https://github.com/mixi-inc/iOSTraining https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 11.1 iOS開発におけるテストとCI  11.2 GHUnitを用いた単体テスト 入力時にバリデーションを行い、単体テストを書く #7 全体のリポジトリは https://github.com/mixi-inc/iOSTraining をごらんください タイムテーブル 19:20 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

担当の授業一覧 全17授業

mixi Android Trainingに生放送で参加しよう! 【最終回】【TODOアプリを作ってみよう〜その6】

第1回 mixi Android Trainingに生放送で参加しよう! 【最終回】【TODOアプリを作ってみよう〜その6】(130分)

2015年6月11日放送

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 数回に分けて、TODOアプリの実装を行うシリーズになります。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をAndroidTraingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回はビルドシステムであるgradleについて行います。 利用する要素としてはAndroid のビルドについて(Gradle)を扱います。 これらの資料を予習しておくと理解が進むと思います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App )をフォークしたものgit cloneする 推奨 実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく ListViewにカスタマイズしたリストアイテムを表示することができる状態にしておくこと(using-listviewブランチにこの状態のものは用意されていますが、できるだけmasterの状態から自分で作成することを推奨します) 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App タイムテーブル 19:20 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:30 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人 gitをひととおり使うことができる人

mixi iOS Trainingに生放送で参加しよう! 【最終回】【TODOアプリを作ってみよう その5】

第1回 mixi iOS Trainingに生放送で参加しよう! 【最終回】【TODOアプリを作ってみよう その5】(100分)

2015年6月4日放送

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! 第5回までで、iOSの基本的なフレームワークや仕組みについて学ぶことができました。 そこで今回からは授業内容をより実際のアプリ作成に近い形で進めて行きたいと思います。 スタート地点となるブランチも用意しますので、シリーズ途中からの方でも作業を進められるようになっています。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、各機能ごとに必要な知識をiOSTrainingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 いよいよ最終回となる今回は単体テストについて行います。 新しいテーマとしては テストフレームワークの導入(XCTest) 単体テストの書き方 入力のバリデーション を扱います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリをフォークしたものgit clone, git pull https://github.com/mixi-inc/iOSTraining https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 11.1 iOS開発におけるテストとCI  11.2 GHUnitを用いた単体テスト 入力時にバリデーションを行い、単体テストを書く #7 全体のリポジトリは https://github.com/mixi-inc/iOSTraining をごらんください タイムテーブル 19:20 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

無料公開中 mixi Android Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう その6】

第1回 mixi Android Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう その6】(150分)

2015年5月28日放送

設定時間が19:00となっておりますが、正しい開始時間は19:20になります。 ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 数回に分けて、TODOアプリの実装を行うシリーズになります。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をAndroidTraingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 実際に手を動かす際のスタート地点となるbranchは用意するので、前の回を受けていなくても進められるようになっています。 今回はNotificationによる通知とそのハンドリングを行います。 利用する要素としてはメッセージングと通知のNotificationを扱います。 これらの資料を予習しておくと理解が進むと思います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App )をフォークしたものgit cloneする 推奨 実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく ListViewにカスタマイズしたリストアイテムを表示することができる状態にしておくこと(using-listviewブランチにこの状態のものは用意されていますが、できるだけmasterの状態から自分で作成することを推奨します) 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App タイムテーブル 19:20 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:30 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人 gitをひととおり使うことができる人

無料公開中 mixi iOS Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう その4】

第1回 mixi iOS Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう その4】(100分)

2015年5月21日放送

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! 第5回までで、iOSの基本的なフレームワークや仕組みについて学ぶことができました。 そこで今回からは授業内容をより実際のアプリ作成に近い形で進めて行きたいと思います。 スタート地点となるブランチも用意しますので、シリーズ途中からの方でも作業を進められるようになっています。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、各機能ごとに必要な知識をiOSTrainingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回はTODOに締め切りの時間をつけ、締め切りの時間にローカル通知するようにします。 新しいテーマとしては NSDateや日付の比較 UIDatePicker / UIAlertView エンティティの分離 ローカル通知 を扱います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリをフォークしたものgit clone, git pull https://github.com/mixi-inc/iOSTraining https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App/issues/5 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App/issues/6 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/7.5-UILocalNotification 全体のリポジトリは https://github.com/mixi-inc/iOSTraining をごらんください タイムテーブル 19:20 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

無料公開中 mixi Android Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう その5】

第1回 mixi Android Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう その5】(130分)

2015年5月15日放送

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 数回に分けて、TODOアプリの実装を行うシリーズになります。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をAndroidTraingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 実際に手を動かす際のスタート地点となるbranchは用意するので、前の回を受けていなくても進められるようになっています。 今回は前回作成したデータベースのマイグレーションをテストをしながら実施します。 利用する要素としてはデータベース、テスト、AndroidStudioでのテスト(ページ作成準備中)を主に扱います。 これらの資料を予習しておくと理解が進むと思います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App )をフォークしたものgit cloneする 推奨 実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく ListViewにカスタマイズしたリストアイテムを表示することができる状態にしておくこと(using-listviewブランチにこの状態のものは用意されていますが、できるだけmasterの状態から自分で作成することを推奨します) 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App タイムテーブル 19:20 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:30 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人 gitをひととおり使うことができる人

無料公開中 mixi iOS Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その3】

第1回 mixi iOS Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その3】(100分)

2015年4月23日放送

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! 第5回までで、iOSの基本的なフレームワークや仕組みについて学ぶことができました。 そこで今回からは授業内容をより実際のアプリ作成に近い形で進めて行きたいと思います。 今回から、4回程度に分けて、TODOアプリの実装を行います。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をiOSTrainingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回はTODOの削除と永続化を行います。テーマとしては、以下の項目を扱います。 NSUserDefualts また、実際に作るものなどについては https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App/issues/3 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App/issues/4 をご覧ください。   事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリをフォークしたものgit clone, git pull https://github.com/mixi-inc/iOSTraining https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/7.1-NSUserDefaults,-Settings-Bundle https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App 全体のリポジトリは https://github.com/mixi-inc/iOSTraining をごらんください タイムテーブル 19:20 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

無料公開中 mixi Android Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その3】

第1回 mixi Android Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その3】(120分)

2015年4月16日放送

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 数回に分けて、TODOアプリの実装を行うシリーズになります。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をAndroidTraingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回は前回作成した入力画面の結果をAndroidに組み込まれたデータベースに保存します。 利用する要素としてはデータベースを主に扱います。 これらの資料を予習しておくと理解が進むと思います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App )をフォークしたものgit cloneする 推奨 実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく ListViewにカスタマイズしたリストアイテムを表示することができる状態にしておくこと(using-listviewブランチにこの状態のものは用意されていますが、できるだけmasterの状態から自分で作成することを推奨します) 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:30 授業終了 ゲストインタビューは登壇者が決まり次第こちらでお知らせします。 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人 gitをひととおり使うことができる人

無料公開中 mixi iOS Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その2】

第1回 mixi iOS Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その2】(100分)

2015年4月9日放送

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! 第5回までで、iOSの基本的なフレームワークや仕組みについて学ぶことができました。 そこで今回からは授業内容をより実際のアプリ作成に近い形で進めて行きたいと思います。 今回から、4回程度に分けて、TODOアプリの実装を行います。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をiOSTrainingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回はTODOの追加を行います。テーマとしては、以下の項目を扱います。 * ViewController間でのデータのやりとりを行う * テキストの入力 また、実際に作るものなどについては https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App/issues/2 をご覧ください。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリをフォークしたものgit clone, git pull https://github.com/mixi-inc/iOSTraining https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/1.4-UIViewController2-ModalViewController-(storyboard) https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/2.1-UINavigationController https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/5.3-UITextFiled,-UITextView https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App 全体のリポジトリは https://github.com/mixi-inc/iOSTraining をごらんください タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

無料公開中 mixi Android Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その2】

第1回 mixi Android Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その2】(130分)

2015年4月2日放送

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 数回に分けて、TODOアプリの実装を行うシリーズになります。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をAndroidTraingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回は前回作成した一覧画面から入力画面へ遷移して、入力を行い保存を行います。 利用する要素としてはメッセージングと通知と直列化とコレクション、永続化を主に扱います。 これらの資料を予習しておくと理解が進むと思います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App )をフォークしたものgit cloneする 推奨 実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく ListViewにカスタマイズしたリストアイテムを表示することができる状態にしておくこと(using-listviewブランチにこの状態のものは用意されていますが、できるだけmasterの状態から自分で作成することを推奨します) 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:30 授業終了 ゲストインタビューは登壇者が決まり次第こちらでお知らせします。 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人 gitをひととおり使うことができる人

無料公開中 mixi iOS Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その1】

第1回 mixi iOS Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その1】(100分)

2015年3月26日放送

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! 第5回までで、iOSの基本的なフレームワークや仕組みについて学ぶことができました。 そこで今回からは授業内容をより実際のアプリ作成に近い形で進めて行きたいと思います。 今回から、4回程度に分けて、TODOアプリの実装を行います。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をiOSTrainingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回は決められたデータを一覧表示する画面を実装する回になるので、 UITableView を参照します。https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/4.1-UITableView%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6 また、実際に作るものなどについては https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App/issues/1 をご覧ください。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリ( https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/ )をフォークしたものgit clone リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/4.1-UITableView%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining-TODO-App 全体のリポジトリは https://github.com/mixi-inc/iOSTraining をごらんください タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

無料公開中 mixi Android Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その1】

第1回 mixi Android Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その1】(100分)

2015年3月19日放送

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 今回から授業内容を見直し、4回程度に分けて、TODOアプリの実装を行います。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をAndroidTraingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。 今回は決められたデータを一覧表示する画面を実装する回になるので、 ListViewとViewPagerを参照します。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining )をフォークしたものgit cloneする 推奨 実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 ゲストインタビューは登壇者が決まり次第こちらでお知らせします。 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人 gitをひととおり使うことができる人

無料公開中 mixi iOS Trainingに参加しよう! 【UIViewについて(2)】

第1回 mixi iOS Trainingに参加しよう! 【UIViewについて(2)】(130分)

2015年3月12日放送

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! iOSの画面パーツを表すベースクラスがUIViewになります。この授業ではUIViewについての第二回目となります。 UIViewのアニメーション UIViewは簡単なメソッドでアニメーションを作ることができます。ここではそのアニメーションの解説と簡単な実習を行います。 UIViewのレイアウト   iOSアプリを作る上で、複数の画面サイズを考慮してViewを配置しなければなりません。そのようなケースのためにUIViewの配置ルールとしてAutolayoutと呼ばれるレイアウト手法をiOSでは利用しています。ここではそのAutolayoutをメインにiOSにおけるレイアウトの方法について解説をします。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリ( https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/ )をフォークしたものgit clone リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/3.3-UIView-Animation https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/Auto-Layout%E5%85%A5%E9%96%80 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/Auto-Layout-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%AB 全体のリポジトリは https://github.com/mixi-inc/iOSTraining をごらんください タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

無料公開中 mixi Android Trainingに参加しよう! 【メッセージングと通知編】

第1回 mixi Android Trainingに参加しよう! 【メッセージングと通知編】(100分)

2015年3月5日放送

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 「メッセージングと通知」( http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/fundamentals/2.04.messaging-and-notification.html ) アプリ内や、アプリ外との遣り取りをする仕組みであるメッセージングについて解説します。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining )をフォークしたものgit cloneする 推奨 実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 ゲストインタビューは登壇者が決まり次第こちらでお知らせします。 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

無料公開中 mixi iOS Trainingに参加しよう! 【UITabBarControllerについて、UIViewについて(1)】

第1回 mixi iOS Trainingに参加しよう! 【UITabBarControllerについて、UIViewについて(1)】(100分)

2015年2月26日放送

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! UITabBarControllerを使った画面遷移についてと、UIViewについての第一回目です。 UITabBarController UITabBarControllerは、複数のViewControllerを切り替えるUIを提供するクラスです。 複数のViewControllerの状態を保持しながら切り替えるためのインタフェースとして利用されることが多いです。 ここではこのTabBarControllerの解説と演習を行います。 UIViewについて 第一回目   iOSにおいて画面のパーツ単位であるUIViewについて学びます。UIViewの基本的な使い方や階層構造について学びます。またUIViewのアニメーション方法についても時間があれば触れようと思います。   事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリ( https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/ )をフォークしたものgit clone リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/2.2-UITabController https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/3.1-UIView https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/3.3-UIView-Animation 全体のリポジトリは https://github.com/mixi-inc/iOSTraining をごらんください タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

無料公開中 mixi Android Trainingに参加しよう! 【アプリのリソース管理編】

第1回 mixi Android Trainingに参加しよう! 【アプリのリソース管理編】(100分)

2015年2月18日放送

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 「アプリのリソース管理」( http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/fundamentals/2.03.application-resource-management.html ) Android アプリ内で利用する文字列や画像など、静的リソースの扱い方を解説をします。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining )をフォークしたものgit clone または、リポジトリをzip ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining/archive/master.zip )でダウンロード。どちらかと言うと、リポジトリをgitでcloneすることを推奨します 推奨 課題プロジェクト(AndroidStudio/practice/fundamentals/3rd/ResourceManagement/build.gradle)をAndroidStudioで開いておく 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 ゲストインタビューは登壇者が決まり次第こちらでお知らせします。 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

無料公開中 mixi iOS Trainingに参加しよう! 【 UIViewControllerについて編】

第1回 mixi iOS Trainingに参加しよう! 【 UIViewControllerについて編】(100分)

2015年2月12日放送

ミクシィのエンジニアによるiPhoneアプリ開発入門勉強会に生放送で参加しよう! UIViewControllerについての解説と演習です。 UIViewControllerのライフサイクル UIViewControllerは生成されて、表示される、画面から消えるまでの間にいくつかのイベントが発生します。 ここではそのイベントの発生サイクルであるところのライフサイクルにどういったものがあり、どのメソッドが呼ばれるか、について解説を行います。 この項目については演習は行いません。 UINavigationController UIViewControllerを階層構造で管理を行うためのクラスがUINavigationControllerです。 ここではこのUINavigationControllerの使い方について解説を行います。 storyboardを使う場合、使わない場合について解説を行います。 また実際にUINavigationControllerの使い方の基礎についての演習も行います。 UITabBarController UITabBarControllerは、複数のViewControllerを切り替えるUIを提供するクラスです。 複数のViewControllerの状態を保持しながら切り替えるためのインタフェースとして利用されることが多いです。 ここではこのTabBarControllerの解説と演習を行います。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 Xcodeのインストール Mac App Storeより無料でインストールできるのでインストールをしておいてください。 Xcodeは6.0以降のバージョンを利用して下さい。 推奨 課題、実習用のリポジトリをフォークしたものgit clone または、リポジトリをzipでダウンロード (リポジトリをgitでcloneすることを推奨します) リポジトリをcloneしたら一度プロジェクトが動作するかチェックをすること 教材 https://github.com/mixi-inc/iOSTraining タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 iOSアプリでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人

無料公開中 mixi Android Trainingに参加しよう! 【 ActivityとFragment編】

第1回 mixi Android Trainingに参加しよう! 【 ActivityとFragment編】(100分)

2015年2月5日放送

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう! 「ActivityとFragment」( http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/fundamentals/2.02.activity-and-fragment.html )Androidアプリを作る上で重要なActivityとFragmentの基礎について解説をします。 事前準備 開始前に下記を実施しておいてください。 必須 AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ([環境構築の実施](http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html) 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining )をフォークしたものgit clone または、リポジトリをzip ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining/archive/master.zip )でダウンロード。どちらかと言うと、リポジトリをgitでcloneすることを推奨します 推奨 課題1(AndroidStudio/practice/fundamentals/2nd/ActivityPractice/Practice1/)をAndroidStudioで開いておく 教材 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/ タイムテーブル 19:20 ゲストインタビュー 19:30 授業開始 20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!) 21:00 授業終了 ゲストインタビューではDrivemodeよりAndroidエンジニアの@KeithYokomaが登壇予定です。 自身が携わっているプロダクト紹介と、その開発体制、手法についての紹介をしてもらう予定です。 難易度 カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。 具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。 アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人 Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人 iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人