5/27(Mon)

今日の生放送

せれん

セレン

英語キュレーター

英語を学び英語を楽しむ、英語に関する様々な情報を独自の視点でキュレーションし情報発信をする日本初の英語キュレーター。2011年ゼロから英語学習をスタート。ワークショップ、セミナー開催、企業向けセミナー、研修から記事執筆やオンラインイベントを初め英語の世界を縦横無尽に走り回る。2013年東証一部上場企業GMOインターネットグループ『GMO英会話部』ゲスト講師、E-ラーニングアワード2013英語学習部門登壇、TEDxTokyoスピーカーキュレーション担当。

セレン

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

「英語を勉強したくても、なかなか続かない」 「今後、仕事でも英語力を身に付ける必要があると自覚しているけど、どうすれば身に付くか分からない」 こんな風に、英語学習に迷う人たちは少なくありません。アルク社の「ビジネスENGLISH JOURNAL」 でも、半数以上が「今後英語を身に付ける必要がある」としつつも、「現在学習している」という人は13%程度しかいないという調査結果が出るほどです。 そこでこの授業では、全く英語ができないところから達人レベルになった英語のエキスパートを迎え、「日本人にとって最適な英語学習とは何か?」というテーマについて議論を行います。 今回のゲストは、TOEIC280点だったところから3年半で英語通訳者になった小熊弥生さん、そして、NHKラジオ英会話講師を22年間担当したことで知られる故松本亨博士の「英語で考える」の哲学を継承したユニークな指導方法が海外でも紹介されている英語学校FORWARD 校長の石渡誠さん。司会進行役である英語キュレーター・セレンさんとこのお二人で、これから英語を学ぶ日本人が何をどうすればいいのか、正しい習得方法はこれだったのか、という秘訣について掘り下げていきます。 登壇する3名の最大の特徴は、全員もともと英語がまったくできなかったという点。そこからいかにして英語のプロフェッショナルになったのか……授業を通して、登壇者の経験を踏まえた「英語の上達において知っておくべきこと」を学び、英語学習の第一歩を踏み出していただければと思います。

「今年こそは英語!」を何度も繰り返し、お金も時間も沢山使ってきた、という方は多いのではないでしょうか? 英語を学ぶコツがわからずやみくもにやってみても結局挫折を繰り返すだけ。それでは本当にもったいない。英語ってもっと楽しいんです、そしてわかればもっともっと楽しいんです。 今回の授業では、英語に対してアレルギーを持ってしまっている方への処方箋として、初歩からとことん楽しみながら英語を身につける方法をお伝えいたします。 講師には日本人が英語を話すための根本的なマインドセットを行い、言語学、脳科学の視点からの分かりやすい指導に定評のある「頑張らない」シリーズの著書・西澤ロイさんをお迎えします。 「日本人が英語を話せない時代」を終わらせること、をモットーに掲げる西澤ロイさんと英語キュレーター・セレンが本気で、英語が苦手な人ができるようになるまでに必要なことを、とことん話し合います。「英語が苦手!」という人にぜひ、ご覧いただきたい授業です。  

文法は勉強した、フレーズも単語も覚えた、でもそれだけでは英語を使うという場面に飛び込むのは少し不安が残りませんか? 机での勉強だけでは学べないものそれが「実際の英語でのコミュニケーション」なんです。 初めの挨拶ってどうすればいいの?自己紹介ってどうすればいいの?握手は?ハグは? この授業ではグローバルコミュニケーションのプロのネイティブ講師を招き、英語での生のコミュニケーションを体験していただき、まず英語でのコミュニケーションとはどういうものかを特集します。 先生は今シリーズではお馴染み英語キュレーターのセレンさん、そしてNHKの英語番組で活躍する2人のネイティブ講師、NHK教育テレビ「えいごリアン」NHKラジオ「基礎英語3」からジャニカ・シムズさん、NHKプレキソ英語から主役のツナ君役でお馴染みスチュアート・オーさんにご登壇いただきます。 英語を使う、その第一歩をしっかり学びましょう。

本当に世界で通用する英語とはなんなのか? 日本人が英語でやり取りをする上で気をつけるべき点はなんなのか? 英語でのコミュニケーションにおいて、日本人がいつもやってしまう共通の間違いがあります。そこで今回の授業では、上述したような課題や「日本人がやりがちな共通の間違い」について、英語に苦労しながらもアメリカ・アップル社のシニアマネージャーまで上り詰めた松井博さんから、日本人がビジネスでの英語使用において気をつけるべき大事なポイントとその対処策をみっちり学びます。 授業は、本シリーズでおなじみの英語キュレーター・セレンさんと、「僕がアップルで学んだこと 環境を整えれば人が変わる、組織が変わる 」の著者・松井博さんのお二人にご登壇いただき、これからビジネスで英語を使いたい、という方に向け大事なお話をとことん話します。 授業を通して、英語を使ったビジネスコミュニケーションのイメージトレーニングを行いましょう!

本当に伝わる英語、身についていますか? ビジネスでも日常でも、英語を使いコミュニケーションするために必要なことは文法や単語だけでは決してありません。英語の基礎力を培い、しっかりとしたブレない英語力をつけるために必要なもの、それは「読む力」です。 今回の授業では20年間NHKの国際放送・NHKWORLDでニュースアンカーとして活躍された青谷優子さんをゲストに相手に伝わり、自分にも深く入る、そんな英語の読み方にフォーカスしながら本当に伝わる英語の極意を追求します。お相手は今シリーズではおなじみ、英語キュレーターのセレンさん。 楽しみながら圧倒的に英語力をブーストする「読む」力を一緒に学びましょう。

担当の授業一覧 全5授業

英語のプロたちに学ぶ、ゼロから確かな英語力を身に付ける方法【セレン×小熊弥生×石渡誠】

第1回 英語のプロたちに学ぶ、ゼロから確かな英語力を身に付ける方法【セレン×小熊弥生×石渡誠】(90分)

2015年2月28日放送

「英語を勉強したくても、なかなか続かない」 「今後、仕事でも英語力を身に付ける必要があると自覚しているけど、どうすれば身に付くか分からない」 こんな風に、英語学習に迷う人たちは少なくありません。アルク社の「ビジネスENGLISH JOURNAL」 でも、半数以上が「今後英語を身に付ける必要がある」としつつも、「現在学習している」という人は13%程度しかいないという調査結果が出るほどです。 そこでこの授業では、全く英語ができないところから達人レベルになった英語のエキスパートを迎え、「日本人にとって最適な英語学習とは何か?」というテーマについて議論を行います。 今回のゲストは、TOEIC280点だったところから3年半で英語通訳者になった小熊弥生さん、そして、NHKラジオ英会話講師を22年間担当したことで知られる故松本亨博士の「英語で考える」の哲学を継承したユニークな指導方法が海外でも紹介されている英語学校FORWARD 校長の石渡誠さん。司会進行役である英語キュレーター・セレンさんとこのお二人で、これから英語を学ぶ日本人が何をどうすればいいのか、正しい習得方法はこれだったのか、という秘訣について掘り下げていきます。 登壇する3名の最大の特徴は、全員もともと英語がまったくできなかったという点。そこからいかにして英語のプロフェッショナルになったのか……授業を通して、登壇者の経験を踏まえた「英語の上達において知っておくべきこと」を学び、英語学習の第一歩を踏み出していただければと思います。