10/31(Sat)

今日の生放送

おおつか つよし

大塚 剛

Manoukian, TokyoBiyori/ 代表

略歴 日本では東京青山のトップサロンで、スタイリストとして10年以上勤務。 サロンワークの他に、美容師相手のカットセミナー、メーカーと共同での様々な商品開発、一般紙、業界紙のスタイル撮影、TV出演、など様々な分野で活躍。 30歳でフリーランス独立、東京での活動の傍ら、東南アジアのカンボジアに美容文化を構築するためにアプローチを開始。 カンボジアでは2014年3月、首都プノンペンに、日本人美容師が常駐するサロン、TokyoBiyoriをオープン。 2015年1月、プノンペンの中心エリア、バンケンコンにサロンを拡張リニューアルオープン。 先生コメント カンボジアは、高度経済成長で、カンボジア人の平均所得も少しずつ上がっています。 しかし、ローカルや市場の美容室、少し中心地から離れた美容室は、不衛生な環境で働く美容師が多いです。 ちゃんとした技術だけでなく、日本の美容室のような、接客、快適な空間、美容師として働く喜びを教えていきたいと思っています。 カンボジアでは多くの貧しい若い女性が、学校に通えず、ちゃんとした仕事も無く、外国人相手に売春をして、その日暮らしの生活をしています。 そんな彼女たちが憧れる人気の職業は、美容関係の仕事だそうです。 僕は、初めてカンボジアに行ったその時に、日本人美容室と、カンボジアの若者が立派な美容師になり、誇りを持って一生美容師として働いていくことができる技術を教える、美容学校を創りたいと思いました。

大塚 剛

担当のコース

「海外に出たい」その思い、叶えてしまいませんか?今! 国内でのトップスタイリストというポジションに甘んじず、海外へも積極的にビジネスを展開する"大塚 剛先生"をお迎えして、美容業界の可能性及び海外進出のポイントをお知らせします。 この授業を通して得られること 海外での日本人の評価とマーケット戦略について 海外で仕事をする上での心構え グローバル人材への道のり 先生はこんなひと:大塚 剛 日本ではトップスタイリストの名を欲しいままに大活躍。 自身のサロンをオープン後、「カンボジアを美容大国に!」という夢を抱いてカンボジアに進出。 「火傷するほど熱い話をお届けします」 女性の方も男性の方もぜひご視聴ください。 【海外生活コンサルティング会社 アースタイムズ 提供】

担当の授業一覧 全1授業