9/24(Mon)

今日の生放送

わたなべ まさき

渡辺 将基

サイバーエージェント 社長室 UI/UXディレクター

1983年生まれ。慶應義塾大学理工学部卒業後、人材系ベンチャーを経て2008年12月、モンスター・ラボに参画。同社では、コンシューマ向けネットサービスの受託開発事業におけるセールスおよびプロジェクトマネジメントを担当。中でも、スマートフォンアプリの開発には黎明期より取り組み、中〜大規模プロジェクトを中心に数多くのスマホアプリのプロデュースを手掛ける。 2012年9月、サイバーエージェント主催モックプランコンテストのグランプリ獲得をきっかけに、同社社長室にUI/UXディレクターとしてジョイン。約半年後の2013年4月、全社総会にて最優秀中途新人賞を受賞。「ロジカルに考え、シンプルに生む」をモットーに、現在ではスマートフォン向けサービスの品質管理、新規サービスの立ち上げサポートなどに従事している。 2011年末に開設したブログ「Approach to Innovation」では、サービス設計やUI/UXを中心としたテーマに関する分析・考察を展開している。

渡辺 将基

登壇している授業のカテゴリ

担当のコース

この授業では、スマートフォン向けサービスを立ち上げたり、改善したりしていく上でのUI/UXに関するノウハウを学ぶことができます。 Amebaでは、2012年にスマートフォンに特化したコミュニティプラットフォームをオープンしてから、これまでに100タイトル以上ものスマホサービスを立ち上げ、運用してきました。 今回の授業では、そんな数多くのサービスの改善を続ける中から見えてきた傾向を言語化し、UI/UXのノウハウとして皆さんに共有いたします。成功体験から学んだことに限らず、多くの試行錯誤や失敗経験も伝えられればと思っております。 主にスマートフォン×コミュニティサービスのUI/UXテーマとした授業になりますが、ユーザー心理の観点から課題を抽出し、具体的なUIとしてアウトプットするまでの流れをご説明します。また、せっかくの機会ですので、他のUI/UX講座などでは取り上げないであろう新しいテーマにフォーカスしてお話できればと思います。 プロデューサー/ディレクターからデザイナー層まで、インターネットサービスのユーザー体験の構築に関わる人たちすべてが対象となりますが、授業が終わった後に自分たちのサービスをちょっと見直してみたくなる、そんな機会を提供できれば嬉しく思います。

担当の授業一覧 全1授業

Amebaスマホ100タイトルから分析したUI/UXノウハウ

第1回 Amebaスマホ100タイトルから分析したUI/UXノウハウ(60分)

2013年9月10日放送

この授業では、スマートフォン向けサービスを立ち上げたり、改善したりしていく上でのUI/UXに関するノウハウを学ぶことができます。 Amebaでは、2012年にスマートフォンに特化したコミュニティプラットフォームをオープンしてから、これまでに100タイトル以上ものスマホサービスを立ち上げ、運用してきました。 今回の授業では、そんな数多くのサービスの改善を続ける中から見えてきた傾向を言語化し、UI/UXのノウハウとして皆さんに共有いたします。成功体験から学んだことに限らず、多くの試行錯誤や失敗経験も伝えられればと思っております。 主にスマートフォン×コミュニティサービスのUI/UXテーマとした授業になりますが、ユーザー心理の観点から課題を抽出し、具体的なUIとしてアウトプットするまでの流れをご説明します。また、せっかくの機会ですので、他のUI/UX講座などでは取り上げないであろう新しいテーマにフォーカスしてお話できればと思います。 プロデューサー/ディレクターからデザイナー層まで、インターネットサービスのユーザー体験の構築に関わる人たちすべてが対象となりますが、授業が終わった後に自分たちのサービスをちょっと見直してみたくなる、そんな機会を提供できれば嬉しく思います。