4/21(Sun)

今日の生放送

わたなべ りょうた

渡辺 龍太

放送作家

幼少期より知らない人の前では恥ずかしさで頭が真っ白になり、問いかけには反応できなくなる口数が極端に少ない性格だった。しかし、アメリカ留学時に受けたハリウッド流のインプロ(即興力)の授業がきっかけとなり、気のきいた会話が瞬時にできるようになる。それ以降、インプロや心理学をさらに学び、日本人むけの即応力研究に注力。帰国後は実績ゼロなのにコミュケ―ション力をいかして、NHKの海外向け英語ニュース番組でディレクターに就任。それを契機に放送作家に。同時に番組出演者への即応力アップの指導も開始。現在は大手芸能事務所の浅井企画のプロ芸人向けのアドリブ講座や、公開講座などで、インプロの講師としても活躍中。

渡辺 龍太

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

とっさの一言が出てこない。口下手で他人とのコミュニケーションが上手くとることができない。相手のリアクションが気になって、会話が苦痛に感じてしまう。こんなことで日々悩んでいる人は多いと思います。それも当然のことで、私たちは、学校でも「会話」というのを習う機会はなく、「会話」について練習する場を与えられてきませんでした。 本授業は、簡単なゲームを通じて、「会話」の失敗に慣れることでコミュニケーションに対するコンプレックスを克服するのが目標です。講師に放送作家としても活躍される渡辺龍太氏をお迎えし、有名芸能人の話術の分析も行います。 普段学ぶことのない、「会話」をこの機会に是非学んでいきましょう。

お笑い芸人じゃないけど「人を笑わせたい」 この授業を一言で表すと... 「『お笑いのセンス」』を磨く80分間のワークショップです。」 ▼こんな人にオススメ ・「お笑いのセンス」を磨きたい人 ・クリスマスに備えて笑いのセンスを高めておきたい人 ▼ワークショップの内容 ・ワークショップ①「自分にあったお笑いのアルゴリズムを見つけよう」 ・ワークショップ②「シチュエーション別・お笑い実践トレーニング」 ▼ワークショップを通じて目指す姿 ・自分に合った「お笑いのアルゴリズム」を発見する ・シチュエーションに応じて、お笑いのアルゴリズムを実践できるようになる ・「お笑いのセンス」を継続的に磨く方法を学ぶ ※ワークショップ②では、合計3回のトレーニングを行います。 2回目のトレーニングから、プレミアム生放送となります。 ■ プレミアム生放送とは…? 一言で言うなら「Schooプレミアム会員限定の生放送授業」。学びをアウトプットする会員限定の実践型ワークショップや、一人ひとりの今抱える疑問に合わせた個別質問会、また先生の"ここだけの話"などの提供など、先生と受講生がより密なコミュニケーションを取れる機会を通して、無料放送より更に学習効果の高い授業をお届けしていきます。 ※プレミアム生放送はSchooのプレミアムサービスに含まれる機能の一つです。   プレミアムサービス機能詳細 プレミアム会員登録はこちら  

担当の授業一覧 全3授業