8/25(Sun)

今日の生放送

みやもとまさき

宮本正樹

映画監督

1973年4月7日生まれ、東京都出身、神奈川育ち。 日本大学藝術学部映画学科監督コース卒。 日本大学大学院芸術学研究科博士前期・後期課程修了、 芸術学博士。 日本大学芸術学部映画学科非常勤講師。 2014年『共に歩く』で商業長編映画劇場デビュー。 2016年『第九条』公開。 最新作は、ドキュメンタリー映画『憲法9条・国民投票』 著書『バミューダ・トライアングル』『半次郎』。 DVD『ザ・フィルムズ〜5ディレクターズ短編映画コレクション〜』『共に歩く』。

宮本正樹

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

1947年に施行されてから約70年もの間、日本国憲法は一度も改憲されたことはありませんでした。中でも憲法9条に明記されている内容は諸外国と比べて珍しく、戦力の不保持を唱え、平和主義を規定しています。憲法9条には原子爆弾の被害にあった唯一の国として主張しているものがあると言えます。しかし、今、その憲法9条も含め、日本国憲法が変わろうとしています。 本コース授業では改憲問題を考える上で基礎的な知識を学んでいきます。1つの授業で1つのテーマを取り上げ、複雑な構造を持つ憲法9条の問題を丁寧に1つずつ紐解いていきます。改憲問題についてすっきり理解できていなかった方も学び直せるコースです。来たるべき国民投票に向け、私たち日本国民が考えるべき問題を共に考えていきましょう。

担当の授業一覧 全2授業