11/18(Mon)

今日の生放送

なかむら よしのぶ

中村 好伸

リロ・パナソニック エクセルインターナショナル株式会社

リロ・パナソニック エクセルインターナショナル株式会社 顧問(国際人事) 松下電器産業(現パナソニック)入社。 日本国内、アメリカ・マレーシアなどの人事部、人材開発センター責任者を歴任し、人事制度、採用、育成、配置など幅広い人事業務に精通。本社採用センター・人材開発責任者を務め、全社のグローバル化を推進。現在、海外での人事経験・異文化体験を大手企業の海外赴任者に赴任前教育を実施する傍ら、東北大学大学院 経済学研究科 非常勤講師(Career Development/キャリア概論) 東海大学政治経済学部 経営学科 非常勤講師を担当 グローバル人材の育成に注力している。 ・ 経団連「少子化対策委員会企画部会 委員   外国人高度人材に関するポイント制導入の際の基準等に関する検討会 委員   労働問題委員会 委員  労働時間ワーキング委員会委員など歴任 ・(一社)日本在外企業協会 海外赴任前セミナー異文化コミュニケーション編 講師

中村 好伸

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

リーダーシップは、特別な人のものではない。 自分に合うリーダーシップを発見し、実践しよう。   「リーダーシップとは、組織を率いる一部の人が持っていれば良いもの」 「優秀なリーダーは高いカリスマ性でぐいぐいチームを引っ張る存在である」 多くの人が持っているこのようなリーダー像は近年、崩れつつあります。 日本では「出来ればリーダーにはなりたくない」「リーダーシップを取るのは苦手」という人が多くいるそうです。これは競争を好まない、出る杭は打たれるなどの日本人の文化や慣習が大きく影響しているのかもしれません。しかし、絶えず変化し、複雑化していく現代社会に柔軟に対応していくため、組織やチームメンバーそれぞれが自律的に動き、シチュエーションによって適切にリーダーシップを発揮することが求められるようになってきたのです。 今回は、立教大学大学院ビジネススクールで『リーダーシップ』をご専門に研究されている安部 哲也先生をお招きし、リーダーシップの基本を教えていただきます。自分に合うリーダーシップを発見して、実践するきっかけをこの授業で掴んでいきましょう。 【講師プロフィール】 安部 哲也 立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 教授 EQパートナーズ株式会社 代表取締役社長 中央大学法学部卒業、Bond大学大学院 MBA修了。パナソニック(当時松下電器)にて、営業・マーケティング・海外(香港)駐在員などを経験。EQパートナーズ株式会社を設立、代表取締役社長。立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科(MBA)教授として、リーダーシップ論等を担当。EQ Partners シンガポールオフィスを設立、代表。著書に『ワールドクラスリーダーシップ―自分・チーム・世界・社会をリードする』(同友館)、『課長の心得』(総合法令出版)がある。  

担当の授業一覧 全1授業

グローバル・リーダーシップ -グローバルチームをリードする-

第4回 グローバル・リーダーシップ -グローバルチームをリードする-(75分)

2018年8月30日放送

【授業アジェンダ】 ①グローバル化の時代 (国内)リーダーシップとグローバル・リーダーシップの共通点と相違点は? ②異文化理解の考え方  ③事例: グローバルメンバーをどうリードするか?  ※授業内容は変更となる場合がございます。 【ゲスト講師】 中村 好伸 リロ・パナソニック エクセルインターナショナル株式会社顧問(国際人事) ■略歴 松下電器産業(現パナソニック)入社。 日本国内、アメリカ・マレーシアなどの人事部、人材開発センター責任者を歴任し、人事制度、採用、育成、配置など。幅広い人事業務に精通。本社採用センター・人材開発責任者を務め、全社のグローバル化を推進。現在、海外での人事経験・異文化体験を大手企業の海外赴任者に赴任前教育を実施する傍ら、東北大学大学院 経済学研究科 非常勤講師(Career Development/キャリア概論) 東海大学政治経済学部 経営学科 非常勤講師を担当。グローバル人材の育成に注力している。 経団連「少子化対策委員会企画部会 委員 外国人高度人材に関するポイント制導入の際の基準等に関する検討会 委員 労働問題委員会 委員   労働時間ワーキング委員会委員など歴任 (一社)日本在外企業協会 海外赴任前セミナー異文化コミュニケーション編 講師