12/10(Tue)

今日の生放送

いいだ さとし

飯田 覚士

第9代WBA世界スーパーフライ級チャンピオン

1988年、大学入学と同時にボクシングを始め、1990年、NTV「天才たけしの元気が出るテレビ!」の企画<ボクシング予備校>に参加。 同年、プロテストに合格。 1991年3月、名古屋の緑ジムでデビュー後は、破竹の勢いで新人王、日本チャンピオンと連勝を重ね、1996年、無敗のまま世界タイトルに挑戦するも、5回TKO負けで初敗北を喫する。 1997年4月に2度目の世界挑戦をするが、無念の引き分け。 同年12月に、3度目の挑戦にて悲願の世界タイトルを奪取。 その後、2度の防衛を成功させ、1998年12月、3度目の防衛戦の際、試合中に右肩が脱臼するアクシデントに見舞われ、挑戦者の猛攻に晒されるが、左腕のみで試合を続け、なんとかダウンだけは拒み続けるが、無念の判定負けで王座陥落。 翌年2月、右腕の怪我が完治せず、引退を表明。 現在は、飯田覚士ボクシング塾 ボックスファイを都内に設立。 飯田が現役時代から取り組み世界王者獲得を支えた眼の専門トレーニング「ビジョントレーニング」と、体をスムーズに動かす為の「コーディネーショントレーニング」を融合させ、更に子ども達が楽しみながら続けられるようにゲーム性をプラスした「脳トレボクシング」というプログラムを開発し、眼、脳、身体の育成、向上を即すために、特に子供向けにトレーニングを展開している。

飯田 覚士

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

成功している人も失敗していた この授業は、落語家の柳亭小痴楽さんをMCに迎えて、各分野で成功されている方をゲストにお迎えして『人生をプラスに変えた失敗談』について語って頂くトーク番組です。 成功した方達の失敗談はきっとあなたの人生の糧になります。 失敗をどのように活かして成功に繋げたのかを学ぶことで、あなたの未来がより豊かになります。   なりたい自分に成長するために必要なのは、失敗を未然に防ぐ慎重さでは無く、新たな一歩を踏み出す勇気です。 失敗を恐れずに未来に向かってチャレンジしていきましょう。 ※生放送は無料会員登録で視聴できます。 ※Schoo使い方ガイドはこちら

担当の授業一覧 全1授業

第9代WBA世界スーパーフライ級チャンピオン飯田覚士さんの失敗談から学ぶ -失敗楽-

第1回 第9代WBA世界スーパーフライ級チャンピオン飯田覚士さんの失敗談から学ぶ -失敗楽-(60分)

2018年10月17日放送

今回のゲストは第9代WBA世界スーパーフライ級チャンピオンの飯田覚士さんです。   飯田 覚士 第9代WBA世界スーパーフライ級チャンピオン 1988年、大学入学と同時にボクシングを始め、1990年、NTV「天才たけしの元気が出るテレビ!」の企画<ボクシング予備校>に参加。 同年、プロテストに合格。 1991年3月、名古屋の緑ジムでデビュー後は、破竹の勢いで新人王、日本チャンピオンと連勝を重ね、1996年、無敗のまま世界タイトルに挑戦するも、5回TKO負けで初敗北を喫する。 1997年4月に2度目の世界挑戦をするが、無念の引き分け。 同年12月に、3度目の挑戦にて悲願の世界タイトルを奪取。 その後、2度の防衛を成功させ、1998年12月、3度目の防衛戦の際、試合中に右肩が脱臼するアクシデントに見舞われ、挑戦者の猛攻に晒されるが、左腕のみで試合を続け、なんとかダウンだけは拒み続けるが、無念の判定負けで王座陥落。 翌年2月、右腕の怪我が完治せず、引退を表明。 現在は、飯田覚士ボクシング塾 ボックスファイを都内に設立。 飯田が現役時代から取り組み世界王者獲得を支えた眼の専門トレーニング「ビジョントレーニング」と、体をスムーズに動かす為の「コーディネーショントレーニング」を融合させ、更に子ども達が楽しみながら続けられるようにゲーム性をプラスした「脳トレボクシング」というプログラムを開発し、眼、脳、身体の育成、向上を即すために、特に子供向けにトレーニングを展開している   ※生放送は無料会員登録で視聴できます。 ※Schoo使い方ガイドはこちら