8/21(Wed)

今日の生放送

くまの もりひと

熊野 森人

代表取締役/クリエイティブディレクター/大学講師

1978年生まれ。大阪府出身。IAMAS(岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー)特別研究課程修了。元DRAWING AND MANUALプロデューサー。
元RMK アートディレクター。 企業の商品やサービスの売り方を考えて広告をつくったり、企業そのものをブランディングしたり、行政の企画を練ったり、自社で食時間を豊かにデザインすることが1つめの仕事。 学生に「考える方法」と「行動する方法」を教えることが2つめの仕事。 家で子育てをしたり、食器を洗ったり、掃除したりすることが3つめの仕事。 京都精華大学では「コミュニケーション論」と題して「考え方の考え方」「考えの共有」などを教えている。 2018年で勤続12年。他大学、企業、セミナーなど講演多数。

熊野 森人

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

この授業を一言で表すと… クライアントとお仕事をする際に、プロのデザイナーやクリエイターがどのようにヒアリングし、アイデアに結びつけていくのかを理解・体験する授業です。   デザイナー、クリエイターとしてお仕事をする際に、顧客の言葉を理解・解釈できていますか? 顧客が実現したいことの中心を捉えたアイデアの発想・提案はできていますか?   この授業では「顧客の課題を引き出す方法」「引き出した要素を分解する方法」「提案のためのアイデアに結びつけるための思考法」のプロセスと方法を理解します。 どういった方法・内容のヒアリングをすると、顧客の課題が見えてくるのか。またその課題を形にしてご提案するために、どういった思考でアイデアをまとめていくのかを、講義と生放送でのワークを通じて先生と一緒に学んでいきましょう。   この授業のゴール 課題に対して、デザイナー、クリエイターとしてどのようにどうコミュニケーションを取り、アイデアを整理・付与するのかを理解する   こんな方におすすめ ・顧客とのコミュニケーションから、アイデアの整理・立案にうまく結び付けられない方 ・断片的なものをまとめる力・要素分解したものをまとめ形にする力が不足している方   本放送は、デザイナーが実践知を共有しあう学び場『The Designer Lounge』プロジェクトの一環として開講します。 Twitterハッシュタグ:#おかえりデザイン  

担当の授業一覧 全1授業