9/24(Thu)

今日の生放送

わたなべ ひろゆき

渡辺 宏幸

元朝日新聞記者、元朝日新聞ジャーナリスト学校事務局長

1954年静岡市生まれ。1978年朝日新聞入社。福島、山形支局などを経て、東京社会部で警視庁、JR各社などを担当。1994年から、地域報道部、企画報道室、社会部各デスク。校閲部長、仙台総局長、経営企画担当補佐を経て、記者養成セクション「ジャーナリスト学校」事務局長として若手育成に携わる。2012年に退社、長野朝日放送で常務取締役。2017年に退任、2018年から朝日カルチャーセンター千葉教室長。

渡辺 宏幸

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

この授業を一言で表すと... 「相手から信頼され、うまく自分を売り込むコミュニケーション法を学ぶ授業です。」   "人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである"。心理学者のアドラーは言い切っています。 ビジネスシーンでもいかに人間関係を良好に築くか、だれしもが抱えるテーマであり、アドラー理論をわかり易く説いた「嫌われる勇気」がベストセラーになっているのも、その証でしょう。 本授業では、元朝日新聞社会部の記者である渡辺さんのご経験を元に、取引先や協業相手などの戦略的パートナーといかに良好な関係で仕事を進めるか、そして目標の達成度をあげるためのポイントを学びます。 厳しい競争社会の中で、他に多数いる記者の中でも自分を覚えてもらい自分だけに話してくれるよう、毎日悩み工夫を重ねてきた体験から得られたことを解説していただきます。   この授業で学べること ・相手から信頼してもらえるような関係の築き方 ・相手が話したくなるような話の引き出し方   こんな人にオススメ ・ビジネスシーンでのやりとりで課題を感じている方 ・コミュニケーションをスムーズに進めたい方

担当の授業一覧 全3授業