2/29(Thu)

今日の生放送

かわぐち りほ

川口 莉穂

株式会社シェリーココ 代表取締役社長

1990年横浜出身。高校時代、1年間タイに交換留学。それを機に国際協力・途上国支援に関心を持ち始める。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、2014年青年海外協力隊としてベナンに赴任。現地女性の雇用創出のため、2015年1月に、アフリカ布を使って浴衣を製作する活動をスタート。クラウドファンディングで創業資金を調達し、8月には現地にアトリエを設立。2016年、協力隊の任期は終了したが、自身の人生をかけて現地職人たちの笑顔を見守り続けることを決意し、2017年に日本で株式会社シェリーココを設立。現在は、アパレルやキッチンインテリアなどラインナップも増え、中学公民の教科書に載るまでに成長した。

川口 莉穂

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

本コースでは「起業するまでのプロセス」を学んでいきます。   終身雇用制度もほぼ崩れつつあるなど変化の激しい今、会社組織だけに頼っての生き方に警鐘が鳴らされ、個人としても「副業」や「投資」など、給与所得以外の収入スポットを得ることに注目が集まっています。   既に、多くの人が情報収集をしていたり、すでに実践していたりするかと思います。   そうした社会の流れの中で、今後は「起業」していく人たちも多くなってくるのではないでしょうか。   ただ、起業はまだまだ身近でないかと思います。   そこで、先輩起業家たちや士業の先生たちから、起業ストーリー、法人化への手続き、法人の会計、資金調達への戦略など、起業する前に知っておきたいことに関して「生放送授業」と「録画授業」にて全5回シリーズで学んでいきます。 第1回:先輩起業家のストーリーから学ぶ(谷 浩明先生、仲本 千津先生、河上 泰之先生) 第2回:法人格別、企業・団体の立ち上げ方(山岡 浩章先生) 第3回:法人化で外せない「会計」を学ぶ(田淵 宏明先生) 第4回:もしものために学んでおくべき会社のたたみ方(山岡 裕章先生) 第5回:資金調達のためのクラウドファンディング(川口 莉穂先生) ▼ターゲット 将来的に起業を考えている人 既に個人事業主(フリーランス)として活動しているが法人成りを検討している人 ▼学習ゴール 実際の起業までのプロセスを知り、いつでも起業できるようになる

担当の授業一覧 全1授業

資金調達のためのクラウドファンディング

第5回 資金調達のためのクラウドファンディング(60分)

2022年7月29日放送

この授業では、クラウドファンディングでの資金調達について学びます。 起業をするということは法人として事業を行うことです。その際に、重要になってくるのが「資金」です。 資金調達の方法としては、金融機関からの融資もありますが、昨今はクラウドファンディングで資金を調達するという方法も一般的になりつつあります。 そこで、今回はクラウドファンディングで会社の資本金を調達した起業家の方に登壇いただき、ご自身の経験からクラウドファンディングのメリットやプロジェクト実行におけるポイントなどを教えてもらいます。 起業を検討している皆さんは、ご自身の事業における資金調達の方法としてクラウドファンディングが向いているのか。また、向いていた場合、どんな風にクラウドファンディングを実行していくのかイメージしながら受講してみてください。   ■講師 川口 莉穂氏 1990年横浜出身。高校時代、1年間タイに交換留学。それを機に国際協力・途上国支援に関心を持ち始める。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、2014年青年海外協力隊としてベナンに赴任。現地女性の雇用創出のため、2015年1月に、アフリカ布を使って浴衣を製作する活動をスタート。クラウドファンディングで創業資金を調達し、8月には現地にアトリエを設立。2016年、協力隊の任期は終了したが、自身の人生をかけて現地職人たちの笑顔を見守り続けることを決意し、2017年に日本で株式会社シェリーココを設立。現在は、アパレルやキッチンインテリアなどラインナップも増え、中学公民の教科書に載るまでに成長した。