6/14(Fri)

今日の生放送

おおくぼ しょう

大久保 将

グリー株式会社 セキュリティ部 部長

1977年生まれ。ネットワーク機器開発、金融系システム共通基盤開発を経験し、2011年グリー入社。国内外でのインフラシステム設計開発、オンプレクラウド移行、全社システムコスト最適化、 管理会計設計導入等幅広いプロジェクトを経験し、2017年より商用システム部門・2021年から全社セキュリティ部門で責任者を担当。2018年には、ATwillworkの主催する『働き方改革』で年間優秀賞を受賞。現在100人規模の組織をマネジメントしている傍ら、会計事務所で社外取締役としてDXを推進している。

大久保 将

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

この授業では、組織におけるリーダー(経営層、管理職など)として、情報セキュリティにどう対応すべきなのかを学びます。   コロナ禍を経て今、「デジタル化」が日本社会では叫ばれ、デジタル庁の設立をはじめ急ピッチにさまざまな対応が進められてきています。   企業においてもデジタルトランスフォーメーション(DX)と事業への変化が求められたり、リモートワークなどの働き方の変化が起こったりしています。   そうしたデジタル化への流れの中では、業務においてあらゆるデータを取り扱う場面が今まで以上に多くなり、「情報セキュリティ」の重要性もますます高まっています。   今回は、IT企業の全社セキュリティ部門の責任者を務める方が講師となり、情報セキュリティに対するリーダーとしての意識のあり方について教えてくれます。   ▼受講対象者 本授業は管理職以上を対象とした授業になっています。   ▼関連授業 情報セキュリティに関する社内の仕組みづくりについて学びたい方は、下記の【仕組みづくり編】の授業を受講することをオススメしています。 「情報セキュリティ - 仕組みづくり編」

担当の授業一覧 全1授業