2/1(Wed)

今日の生放送

かつうら まさひこ

勝浦 雅彦

(株)電通 コピーライター・ クリエーティブディレクター

法政大学在学中に、シンボル校舎「ボアソナード・タワー」の命名者になり、学長表彰を受ける。 新入社員時代に役員に直訴して、営業からクリエーティブに転局。まったく芽が出ず部署をクビになるが、東京を飛び出し不屈の精神でコピーを書き続ける。ある時「なぜ、人はつながりたいのか」に気づき、運命が好転。 約10年間の非正規雇用期間を乗り越え(株)電通入社。15年以上、大学や教育講座の講師を務め、広告の枠からはみ出したコミュニケーション技術の講義を行い多くの同志とふれあい、TV、雑誌、新聞等にも出演。 クリエーターオブザイヤーメダリスト、ADFEST最高賞、CANNESLIONSなど国内外の受賞多数。TCC会員。宣伝会議講師。法政大学特別講師。 「つくる人の会(仮)」主宰。

勝浦 雅彦

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

情報があふれる時代に、忘れられないくらい心に残る言葉があります。 ふと聞いた言葉でも、大好きな広告のコピーでも、どうしてその言葉はあなたの心に響くのでしょうか? たくさんのコピーを生み出し、構造を知っているコピーライターの勝浦雅彦さんに先生をお招きしました。 この授業では、「コピーが書けるようになること」がゴールではなく、「誰かにとって心に残る言葉を伝えるためにはどんな工夫ができるのかを考えること」がゴールです。 私たちは普段の生活の中でも、誰かを勇気づけ励ますために言葉を使っています。 その言葉は何のために発せられていて、相手にどのように届くのでしょうか。 届けたい気持ちを助けるための言葉の手段はあるのでしょうか。 その法則やレトリックに気づき、これからの生活の中で言葉を鑑賞できるセンスを磨いていきましょう。   著書:つながるための言葉 「伝わらない」は当たり前(光文社)

担当の授業一覧 全1授業