9/24(Mon)

今日の生放送

こはし けんじ

小橋 賢児

映画監督

1979年生まれ、東京都出身。1988年、8歳の時に自ら送った1枚のハガキがきっかけで芸能界へデビュー。 NHKドラマ「ちゅらさん」シリーズ(2001~2007年/演出:大友啓史ほか)、ドラマ「打ち上げ花火 下から見るか? 横から見るか?」(1995年/岩井俊 二監督)、『スワロウテイル』(1996年/岩井俊二監督)、『あずみ』(2003年/北村龍平監督)など数多くの作品で活躍。 2007年、自らの可能性を広げたいと俳優活動を突如休止し、アメリカに留学。 その後世界中を旅しながら映像制作を始める。帰国後、ファッションブランドのPV監督やDJ、イベントプロデュース等、俳優の枠を超えてマルチに活動。 2010年、初対面の高橋歩から車椅子の不良オヤジ"CAP"との旅の構想を聞き、インスピレーションを得て旅の記録を映画化することを熱望、二人の快諾を得て 映画の製作が決定。アメリカ大陸4,200キロの旅の全行程に同行して自らカメラを回し、帰国後約半年間の編集を経て長編ドキュメンタリー映画『DON'T STOP!』を完成させた。 そして2011年、本作が「SKIPシティ国際Dシネマ映画2011」にて「SKIPシティアワード」を受賞、同時に「SKIPシティDシネマプロジェクト第2弾支援対象作品」に選出された。

小橋 賢児

担当のコース

人には何度かの大きな節目があります。自分が感じる素直な想い・ギャップ・理想と、現実との調整の中で、その節目に何を行うかは、その後の生き方を大きく変えることになります。 今回先生として登壇する小橋賢児さんは、 連続テレビ小説「ちゅらさん」や映画「あずみ」等俳優・タレントとして活躍しながら、自分自身の強い想いに従い、約5年前 俳優業を突如休業し、映画監督としての道を歩み始めました。その裏側には、いったい何があったのでしょうか。 そこにあった葛藤・苦労はもちろんのこと、「決断のポイント」「立ちはだかる障害をどのように超えてきたのか」は、全ての人達が「節目での決断」を迎えるにお いて、一つの参考事例となるはずです。 小橋賢児先生のキャリアから、自分のキャリアを想像する。『人生の節目』について考える授業を開講致します。 <参考:小橋先生監督作品ー映画『DON’T STOP!』劇場予告編>

担当の授業一覧 全1授業