五十嵐 太郎
いがらし たろう

五十嵐 太郎

建築評論家

東京大学工学部建築学科卒業、東京大学大学院修士課程修了。博士(工学)。中部大学講師、東北大学大学院助教授を経て、2009年から東北大学大学院教授。

2007年から2009年まで文化庁芸術選奨(美術部門)推薦委員に選任されたほか、2008年のヴェネチアビエンナーレ国際建築展では、日本館コミッショナーを務めた。

また、昨年開催されたあ いちトリエンナーレ2010では、長者町企画コンペの選考委員も務めた。

著書に『戦争と建築』(晶文社)、『過防備都市』(中公新書ラクレ)、『「結婚式教会」の誕生』 (春秋社)、『映画的建築/建築的映画』(春秋社)など。
共著には『見えない震災建築 ・都市の強度とデザイン』(みすず書房)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加