あかば ゆうじ

赤羽 雄二

ブレークスルーパートナーズ株式会社 マネージングディレクター

東京大学工学部を1978年に卒業後、小松製作所で建設現場用ダンプトラックの設計・開発に 携わる。1983年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級 課程を修了。 1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計 と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。1990年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグルー プの世界的な躍進を支えた。 2002年、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使 命としてブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、オープンイ ノベーションにも積極的に取り組んでいる。ベストセラー「ゼロ秒思考」著者

赤羽 雄二

登壇している授業のカテゴリ

担当のコース

瞬時に問題点を把握し、瞬時に解決策を考えることができるようになる「ゼロ秒思考」を目指すメモ書きの方法を学びます。 仕事のスピード、コミュニケーション力、問題解決能力を高めたい方におすすめです。 本授業は、 自らどのように仕事のスピードを上げていったのか、遅い人はなぜ遅いのか、どうすれば早くなるのか、どうすれば3倍速を超えるのか、どこに改善のチャンスがあるのかをベストセラー『ゼロ秒思考』を教科書として詳しく説明します。

担当の授業一覧 全5授業

「ゼロ秒思考」のメモ書き実践による、仕事の質とスピードを早く上げる方法(新入社員向け)

第3回 「ゼロ秒思考」のメモ書き実践による、仕事の質とスピードを早く上げる方法(新入社員向け)(60分)

2014年4月8日放送

A4用紙へのメモを毎日10ページ書くだけで、しばらくす ると誰でも不安が減り、自信が湧いてきます。そして、気持ちがすっきりして自分の頭がどんどんよくなることを実感していただけます。その究極 の姿は、瞬時 に問題点を把握し、瞬時に解決策を考えることができるようになる「ゼロ秒思考」です。 どこでもできるこの簡単な方法(1ページの左上にタイトル、右上に日付、本文として4~6行、各 20~30字を書く)ながら、マッキンゼーのプログラムでも十分に教えていない、最も基本的な考える力を徹底的に鍛え ることができます。 思考のスピードと質を上げ、「ゼロ秒思考」を目指すこのメ モ書きは、仕事に慣れない新入社員の皆さんに、基本的な受け答え、企画立案、データ分析、書類作成、メールの書き方などを最速で学んでいただくためのガイドになります。 本授業は、 自らどのように仕事の質とスピードを上げていったのか、どうすれば自信を持って仕事に取り組めるのか、どこに改善のチャンスがあるのかをベストセラー『ゼロ秒思考』を教科書として詳しく説明します。 さらに、学生に「メモ書き」を実践していただき、多数の質疑応答を通じて、新入社員が早く仕事に慣れ、成果をあげていただくための具体的な方法を実感していただきます。 質問に関しては、授業中にも次々にお答えするだけではなく、授業後も先生に直接メール・Facebook等で質問していただくことが可能です。また希望者には、授業のテキストだけではなく、グロー バルな観点からの有益な情報が継続して共有される予定です。

「ゼロ秒思考」のメモ書き実践による、もやもやを消し去り人間関係をラクにする方法(女性向け)

第2回 「ゼロ秒思考」のメモ書き実践による、もやもやを消し去り人間関係をラクにする方法(女性向け)(60分)

2014年4月5日放送

A4用紙へのメモを毎日10ページ書くだけで、しばらくすると誰でも不安が減り、自信が湧いてきます。そして、気持ちがすっきりして、もやもやが消え去り、頭が整理されていくことを実感していただけ ます。その究極の姿は、瞬時に問題点を把握し、瞬時に解決策を考えることができるようになる「ゼロ秒思考」です。 どこでもできるこの簡単な方法(1ページの左上にタイトル、右上に日付、本文として4~6行、各 20~30字を書く)ながら、もやもやを整理し、考える力を身につけることができます。 今回は特に、自分の生き方について悩み、考えて続けている女性の方々向けに ・何が気になっているのかが少しわかるようになる ・漠然とした不安が何だったか見え、気分がスッキリする ・伝えたいことが伝えられるようになる ・人間関係を少しだけラクにする ・なりたい自分に一歩近づく ・やりたい努力が少しできるようになる ためにどうすればいいかをお話しします。 ベストセラー『ゼロ秒思考』を教科書として、「メモ書き」を実践していただき、質問もなるべく多くしていた だく中で、いつになくすっきりした気持ちを感じていただけると思います。 質問に関しては、授業中にも次々にお答えするだけではなく、授業後も先生に直接メール・Facebook等で質問していただくことが可能です。また希望者には、授業のテキストに加え、仕事のやり方・進め方、スピードアップ、コミュニケーションなどについてのヒントをお送りします。

「ゼロ秒思考」のメモ書き実践による仕事3倍速のポイント

第1回 「ゼロ秒思考」のメモ書き実践による仕事3倍速のポイント(60分)

2014年3月30日放送

A4用紙へのメモを毎日10ページ書くだけで、しばらくすると誰でも不安が減り、自信が湧いてきます。そして、気持ちがすっきりして自分の頭がどんどんよくなることを実感していただけます。その究極の姿は、瞬時 に問題点を把握し、瞬時に解決策を考えることができるようになる「ゼロ秒思考」です。 どこでもできるこの簡単な方法(1ページの左上にタイトル、右上に日付、本文として4~6行、各20~30字を書く)ながら、マッキンゼーのプログラムでも十分に教えていない、最も基本的な考える力を徹底的に鍛えることができます。 思考のスピードと質を上げ、「ゼロ秒思考」を目指すこのメモ書きは、企画立案やデータ分析、書類作成、メール、会議、意思決定など、仕事全般におけるスピードの大幅向上にもたいへん有効です。 本授業は、 自らどのように仕事のスピードを上げていったのか、遅い人はなぜ遅いのか、どうすれば早くなるのか、どうすれば3倍速を超えるのか、どこに改善のチャンスがあるのかをベストセラー『ゼロ秒思考』を教科書として詳しく説明します。さらに、学生に「メモ書き」を実践していただき、多数の質疑応答を通じて、仕事を3倍速にする具体的な方法を実感していただきます。 質問に関しては、授業中にも次々にお答えするだけではなく、授業後も先生に直接メール・Facebook等で質問していただくことが可能です。また希望者には、授業のテキストだけではなく、グローバルな観点からの有益な情報が継続して共有される予定です。

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×