「ゼロ秒思考」のメモ書き実践によるビジネススキルアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ゼロ秒思考」のメモ書き実践による仕事3倍速のポイント
第1回:2014年3月30日公開 01:00:00

「ゼロ秒思考」のメモ書き実践による仕事3倍速のポイント

受講する

瞬時に問題点を把握し、瞬時に解決策を考えることができるようになる「ゼロ秒思考」を目指すメモ書きの方法を学びます。

仕事のスピード、コミュニケーション力、問題解決能力を高めたい方におすすめです。

本授業は、 自らどのように仕事のスピードを上げていったのか、遅い人はなぜ遅いのか、どうすれば早くなるのか、どうすれば3倍速を超えるのか、どこに改善のチャンスがあるのかをベストセラー『ゼロ秒思考』を教科書として詳しく説明します。

授業一覧
「ゼロ秒思考」のメモ書き実践による仕事3倍速のポイント
2014年3月30日公開
01:00:00

A4用紙へのメモを毎日10ページ書くだけで、しばらくすると誰でも不安が減り、自信が湧いてきます。そして、気持ちがすっきりして自分の頭がどんどんよくなることを実感していただけます。その究極の姿は、瞬時 に問題点を把握し、瞬時に解決策を考えることができるようになる「ゼロ秒思考」です。

どこでもできるこの簡単な方法(1ページの左上にタイトル、右上に日付、本文として4~6行、各20~30字を書く)ながら、マッキンゼーのプログラムでも十分に教えていない、最も基本的な考える力を徹底的に鍛えることができます。

思考のスピードと質を上げ、「ゼロ秒思考」を目指すこのメモ書きは、企画立案やデータ分析、書類作成、メール、会議、意思決定など、仕事全般におけるスピードの大幅向上にもたいへん有効です。

本授業は、 自らどのように仕事のスピードを上げていったのか、遅い人はなぜ遅いのか、どうすれば早くなるのか、どうすれば3倍速を超えるのか、どこに改善のチャンスがあるのかをベストセラー『ゼロ秒思考』を教科書として詳しく説明します。さらに、学生に「メモ書き」を実践していただき、多数の質疑応答を通じて、仕事を3倍速にする具体的な方法を実感していただきます。

質問に関しては、授業中にも次々にお答えするだけではなく、授業後も先生に直接メール・Facebook等で質問していただくことが可能です。また希望者には、授業のテキストだけではなく、グローバルな観点からの有益な情報が継続して共有される予定です。

「ゼロ秒思考」のメモ書き実践による、もやもやを消し去り人間関係をラクにする方法(女性向け)
2014年4月5日公開
01:00:00

A4用紙へのメモを毎日10ページ書くだけで、しばらくすると誰でも不安が減り、自信が湧いてきます。そして、気持ちがすっきりして、もやもやが消え去り、頭が整理されていくことを実感していただけ ます。その究極の姿は、瞬時に問題点を把握し、瞬時に解決策を考えることができるようになる「ゼロ秒思考」です。

どこでもできるこの簡単な方法(1ページの左上にタイトル、右上に日付、本文として4~6行、各 20~30字を書く)ながら、もやもやを整理し、考える力を身につけることができます。

今回は特に、自分の生き方について悩み、考えて続けている女性の方々向けに
・何が気になっているのかが少しわかるようになる
・漠然とした不安が何だったか見え、気分がスッキリする
・伝えたいことが伝えられるようになる
・人間関係を少しだけラクにする
・なりたい自分に一歩近づく
・やりたい努力が少しできるようになる
ためにどうすればいいかをお話しします。

ベストセラー『ゼロ秒思考』を教科書として、「メモ書き」を実践していただき、質問もなるべく多くしていた だく中で、いつになくすっきりした気持ちを感じていただけると思います

質問に関しては、授業中にも次々にお答えするだけではなく、授業後も先生に直接メール・Facebook等で質問していただくことが可能です。また希望者には、授業のテキストに加え、仕事のやり方・進め方、スピードアップ、コミュニケーションなどについてのヒントをお送りします。

「ゼロ秒思考」のメモ書き実践による、仕事の質とスピードを早く上げる方法(新入社員向け)
2014年4月8日公開
01:00:00

A4用紙へのメモを毎日10ページ書くだけで、しばらくす ると誰でも不安が減り、自信が湧いてきます。そして、気持ちがすっきりして自分の頭がどんどんよくなることを実感していただけます。その究極 の姿は、瞬時 に問題点を把握し、瞬時に解決策を考えることができるようになる「ゼロ秒思考」です。

どこでもできるこの簡単な方法(1ページの左上にタイトル、右上に日付、本文として4~6行、各 20~30字を書く)ながら、マッキンゼーのプログラムでも十分に教えていない、最も基本的な考える力を徹底的に鍛え ることができます。

思考のスピードと質を上げ、「ゼロ秒思考」を目指すこのメ モ書きは、仕事に慣れない新入社員の皆さんに、基本的な受け答え、企画立案、データ分析、書類作成、メールの書き方などを最速で学んでいただくためのガイドになります。

本授業は、 自らどのように仕事の質とスピードを上げていったのか、どうすれば自信を持って仕事に取り組めるのか、どこに改善のチャンスがあるのかをベストセラー『ゼロ秒思考』を教科書として詳しく説明します。
さらに、学生に「メモ書き」を実践していただき、多数の質疑応答を通じて、新入社員が早く仕事に慣れ、成果をあげていただくための具体的な方法を実感していただきます。

質問に関しては、授業中にも次々にお答えするだけではなく、授業後も先生に直接メール・Facebook等で質問していただくことが可能です。また希望者には、授業のテキストだけではなく、グロー バルな観点からの有益な情報が継続して共有される予定です。

  • 自己紹介&アジェンダ
  • 01:49
  • メモ書きにいたった私自身の経歴
  • 02:57
  • 問題把握・解決力の強化
  • 07:20
  • メモ書きの練習
  • 07:49
  • 仕事が遅い理由
  • 01:13
  • 仕事を3倍速に
  • 03:48
  • 情報力が低い理由
  • 02:17
  • 情報力を3倍増に
  • 06:45
  • 会社、上司、先輩に何を期待し、何を期待しないか?
  • 02:30
  • 最後に
  • 01:10
  • Q:必要な情報をブックマークやクラウドに保存するだけではなく、印刷する方が早い理由はなぜですか?
  • 00:54
  • Q:生身の人間関係は、同じ会社と違う会社、どっちの方がいいですか?
  • 01:01
  • Q:「力みをなくし、トップスピードで走る」というのは、実際に行うのはとても難しいように思います。
  • 01:40
  • Q:セミナーやミーティングで、人の話を聞く時のメモの書き方が知りたいです。
  • 01:52
  • Q:集中力のコントロール方法でコツはありますか?
  • 01:11
  • Q:社会に出るまでの学生時代に、学生はどのように過ごすべきだと先生は考えますか?
  • 02:00
  • Q:業務中のPC・スマホ利用禁止のIT・Web以外の会社について。
  • 00:40
  • Q:仕事ができる、できないで全てが判断されるビジネスの世界に適合するには、どうすればいいのでしょう。
  • 02:05
  • Q:意識は高いが基本を学ぼうとしない新人の教育に困っています。
  • 02:00
  • Q:環境の影響力というのは、自己成長に対してどの位の大きさがありますか?
  • 01:15
  • Q:先ほどありました「人間力」について具体的に教えてください。
  • 01:13
  • Q:嫌いな仕事、汚い仕事などをやらなければいけない時、モチベーションコントロールにもメモを活用できますか?
  • 01:44
  • Q:A4サイズを使うのがいいのは、何故ですか?
  • 00:45
  • Q:思考のスピードを求めるやり方に抵抗を感じるらしく・・・
  • 02:05
  • 課題発表
コミュニケーション力強化のポイント:「ゼロ秒思考」のメモ書き実践による
2014年5月1日公開
01:00:00

A4用紙へのメモを毎日10ページ書くだけで、しばらくすると誰でも不安が減り、自信が湧いてきます。そして、気持ちがすっきりして自分の頭がどんどんよくなることを実感していただけます。その究極の姿は、瞬時に問題点を把握し、瞬時に解決策を考えることができるようになる「ゼロ秒思考です。

 どこでもできるこの簡単な方法(1ページの左上にタイトル、右上に日付、本文として4~6行、各20~30字を書く)ながら、マッキンゼーのプログラムでも十分に教えていない、最も基本的な考える力を徹底的に鍛えることができます。

 思考のスピードと質を上げ、「ゼロ秒思考」を目指すこのメモ書きは、誰に何を伝えるべきか、どう伝えるべきか、もめた時どう解決すべきか、会議をどうリードすべきか、ポジティブフィードバックをどうすべきか、などコミュニケーション力強化にもたいへん有効です。

 

  • 自己紹介&アジェンダ
  • 01:26
  • コミュニケーション上の課題
  • 02:57
  • メモに書き出してみる
  • 07:46
  • メモを書いてみましょう
  • 17:41
  • コミュニケーション力強化のポイント
  • 05:26
  • 受講生の質問
  • 03:12
  • コミュニケーション力強化のポイントの続き
  • 03:00
  • 最後に
  • 03:42
  • Q:相手を怒らせるような挑発的な話し方をする方と話をする際に、平常心を保つ工夫を教えてください。
  • 01:07
  • Q:相手の話を最後まで聞くと、時間切れになることがほとんど。それでもいいんですか?
  • 00:42
  • Q:聞いてばかりで話せないことが多いです。適切に応えるという事も訓練が必要かと思いますが、何か効果的な訓練はありますか?
  • 00:50
  • Q:傾聴スキルを高めるポイントやメモ書きを利用するコツはありますか?
  • 01:06
  • Q:仕事の話から飲み会まで、しゃべりまくる人は、何時間でもしゃべります。
  • 01:17
  • Q:ホワイトボードのようにカメラで撮って、データとして整理するという方法はどうなのでしょうか?
  • 01:10
  • Q:1分間で思考が追いつかない時、メモが書ききれず消化不良になってしまうのですが、それでも1分で打ち切った方がいいですか?
  • 02:17
  • Q:聞き続けるということは、相手の話を引き出すために色々と質問したほうがいいでしょうか?
  • 00:53
  • Q:質問力をあげるコツや、筆談のコツなどもあれば聞きたいです。
  • 02:00
  • Q:テーマを決め全員でメモを書いてみることで、ただ話し合うより効果的なミーティングが可能でしょうか?
  • 02:02
  • 課題発表
部下へのコーチングのポイント:「ゼロ秒思考」のメモ書き実践による
2014年5月8日公開
01:00:00

A4用紙へのメモを毎日10ページ書くだけで、しばらくすると誰でも不安が減り、自信が湧いてきます。そして、気持ちがすっきりして自分の頭がどんどんよくなることを実感していただけます。その究極の姿は、瞬時に問題点を把握し、瞬時に解決策を考えることができるようになる「ゼロ秒思考です。

 どこでもできるこの簡単な方法(1ページの左上にタイトル、右上に日付、本文として4~6行、各20~30字を書く)ながら、マッキンゼーのプログラムでも十分に教えていない、最も基本的な考える力を徹底的に鍛えることができます。

 思考のスピードと質を上げ、「ゼロ秒思考」を目指すこのメモ書きは、部下への仕事の指示のしかた、成果のイメージの伝え方、途中のガイダンスのしかた、成果の出させ方、動機付けのしかたなど、部下へのコーチング上にもたいへん有効です。

 

  • 自己紹介&アジェンダ
  • 00:38
  • コーチング上の課題
  • 03:25
  • メモに書き出してみる
  • 03:20
  • メモを書いてみましょう
  • 07:18
  • コーチング力強化のポイント
  • 08:28
  • うまくいっていない部下に対してどこから始めるべきか?
  • 08:17
  • 最後に
  • 03:47
  • Q:一般のコーチングでは、相手の目標を実現させるものですが、会社の場合は、個人の目標ではなく会社の目標に合致することが前提で、どうしても一部押し付けざるを得ないのでは。
  • 00:58
  • Q:自分が不足のある上司で部下と一緒に成長したいと考えています。このような状況時のアドバイスはありますか?
  • 01:20
  • Q:部下や仕事を依頼している方に、注意・修正などと、褒める・感謝などを同時にする際に、相手の気分は下がったり上がったりすると思いますが、伝える順番はどちらが先の方が良いのでしょうか?
  • 01:13
  • Q:部下の殻を破る為のコツのようなものがあれば、知りたいです。
  • 01:11
  • Q:「上司は負荷をかけないと成長しない」という考え方で、部下を水の中に突き落とし、溺れさせてしまう場合、つき合い方は、じっくり話し合いをする時間を持っていく事が良いのでしょうか?
  • 02:45
  • Q:チームメンバーの熱がバラバラの時、一定水準に保つ為にはどうしたらよいでしょうか?
  • 00:55
  • Q:この教えは、外国人にも当てはまりますか?
  • 00:47
  • Q:ネガティブな思考の部下がいて疲れます。人格を変える位の影響を与えるものでしょうか?
  • 02:23
  • Q:赤羽先生のメモを書いているところを見たいです.どんなスピード感かとか...
  • 02:44
  • Q:良い上司もそうですが、良い部下の例はありますか?
  • 00:35
  • Q:部下に指示を出す時に、自分の判断に迷いがある場合はどうしたらよいのでしょうか。
  • 00:51
  • Q:メンタリスト的に行う場合、ころあいや押さえるべきポイントなどありますでしょうか?
  • 01:19
  • Q:親にも言われるのですが、あんた何話しているかわからないって言われます。メモ書きで直りますか?
  • 00:40
  • Q:部員12名でメモ書きをはじめて1ヶ月継続しました。 そろそろ 部下が 何書いたか 知りたいですが・・・発表は意味ありますか?
  • 00:57
  • Q:自分が上司になる時を見据えて、部下から見て「この上司はどうも苦手だな」という人のどこが苦手なのかをメモ書きで書いていくと効果がありますか?
  • 01:08
  • Q:販売職なのですが、新人に任せると売り上げが落ちてしまいます。どのように仕事を任せつつ、売り上げも保てばいいでしょうか?
  • 01:33
  • Q:メモを読み返して、同じ内容を繰り返していると進歩が無いという事でしょうか?
  • 01:04
  • レポート課題発表
タグ
担当の先生
この授業を受けたい(2605人)
その他 2526人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×