いま、ビジネスパーソンが見るべき映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いま、ビジネスパーソンが見るべき映画 -ホロコーストを描いた作品から学ぶ-
次回の生放送
12月28日(木)
21:00 - 22:00
生放送の参加は無料です

【この授業は生放送限定となりますので、予めご了承下さい】


映画を楽しみながら社会を学ぶ

この授業ではビジネスパーソンに必要な知識を学べる映画を紹介します。

映画評論家の松崎健夫さんを講師にお迎えして、現在公開中、あるいは、これから公開される新作映画を題材にしながら、ひとつの社会的なテーマを深掘りしてゆきます。
映画に描かれた様々なテーマに触れることで、社会人として今知っておくべきことや、ビジネスに活かせる知識を学びます

今回は12月公開のナチスドイツを題材にした3作品を取り上げます。
ユダヤ人歴史学者とホロコースト否定論者との裁判対決を描いた『否定と肯定』。

(C)DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016

ナチスドイツから降伏を迫られたノルウエー国王ホーコン7世を描いた『ヒトラーに屈しなかった国王』。

(C)2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures

ユダヤ人300人を動物園に匿い、その命を救ったポーランド人女性を描いた『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』。

(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED. 

こちらの3作品を紹介しながら、映画はどのようにホロコーストを描いてきたのかを考えてゆきたいと思っています。

次回の生放送

12月28日(木) 21:00 - 22:00

いま、ビジネスパーソンが見るべき映画 -ホロコーストを描いた作品から学ぶ-

【授業の流れ】

①今回のテーマ紹介
②テーマに沿ったビジネス映画紹介
③映画評論家松崎健夫さんによる解説
④質疑応答
⑤まとめ

※この授業は生放送限定となりますので、予めご了承下さい。
※授業内容は変更になる可能性があります。

先生

松崎 健夫

現在、日本国内で何本の映画が1年間に劇場公開されているかご存知でしょうか?
実は、約1200本もあります。
デジタル化の波によって、映画を製作することも鑑賞することも容易になりました。
同時に、観客が安易に<共感>を求めるようになり「共感できない」=「面白くない」と判断するようになったという感もあります。
しかし映画を作る側は、あえて<共感しない>ことを意図する場合もある訳です。
果たしてそのような映画は本当に「面白くない映画」なのでしょうか?
受講者のみなさんには映画の歴史に添いながら、ひとつひとつの作品を点で観るのではなく、点と点で結んだ線によって観ることを一緒に学んでゆければと考えています。

授業一覧
[終了]生放送限定
いま、ビジネスパーソンが見るべき映画 -環境問題を描いた作品から学ぶ-
2017年11月25日公開
01:00:00

【授業の流れ】

①今回のテーマ紹介
②テーマに沿ったビジネス映画紹介
③映画評論家松崎健夫さんによる解説
④質疑応答
⑤まとめ

※この授業は生放送限定となりますので、予めご了承下さい。
※授業内容は変更になる可能性があります。

いま、ビジネスパーソンが見るべき映画 -ホロコーストを描いた作品から学ぶ-
生放送12月28日(木) 21:00 - 22:00

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

【授業の流れ】

①今回のテーマ紹介
②テーマに沿ったビジネス映画紹介
③映画評論家松崎健夫さんによる解説
④質疑応答
⑤まとめ

※この授業は生放送限定となりますので、予めご了承下さい。
※授業内容は変更になる可能性があります。

先生

松崎 健夫

現在、日本国内で何本の映画が1年間に劇場公開されているかご存知でしょうか?
実は、約1200本もあります。
デジタル化の波によって、映画を製作することも鑑賞することも容易になりました。
同時に、観客が安易に<共感>を求めるようになり「共感できない」=「面白くない」と判断するようになったという感もあります。
しかし映画を作る側は、あえて<共感しない>ことを意図する場合もある訳です。
果たしてそのような映画は本当に「面白くない映画」なのでしょうか?
受講者のみなさんには映画の歴史に添いながら、ひとつひとつの作品を点で観るのではなく、点と点で結んだ線によって観ることを一緒に学んでゆければと考えています。

いま、ビジネスパーソンが見るべき映画 #3
生放送1月14日(日) 21:00 - 22:00

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

【授業の流れ】

①今回のテーマ紹介
②テーマに沿ったビジネス映画紹介
③映画評論家松崎健夫さんによる解説
④質疑応答
⑤まとめ

※この授業は生放送限定となりますので、予めご了承下さい。
※授業内容は変更になる可能性があります。

先生

松崎 健夫

現在、日本国内で何本の映画が1年間に劇場公開されているかご存知でしょうか?
実は、約1200本もあります。
デジタル化の波によって、映画を製作することも鑑賞することも容易になりました。
同時に、観客が安易に<共感>を求めるようになり「共感できない」=「面白くない」と判断するようになったという感もあります。
しかし映画を作る側は、あえて<共感しない>ことを意図する場合もある訳です。
果たしてそのような映画は本当に「面白くない映画」なのでしょうか?
受講者のみなさんには映画の歴史に添いながら、ひとつひとつの作品を点で観るのではなく、点と点で結んだ線によって観ることを一緒に学んでゆければと考えています。

いま、ビジネスパーソンが見るべき映画 #4
生放送2月24日(土) 21:00 - 22:00

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

【授業の流れ】

①今回のテーマ紹介
②テーマに沿ったビジネス映画紹介
③映画評論家松崎健夫さんによる解説
④質疑応答
⑤まとめ

※この授業は生放送限定となりますので、予めご了承下さい。
※授業内容は変更になる可能性があります。

先生

松崎 健夫

現在、日本国内で何本の映画が1年間に劇場公開されているかご存知でしょうか?
実は、約1200本もあります。
デジタル化の波によって、映画を製作することも鑑賞することも容易になりました。
同時に、観客が安易に<共感>を求めるようになり「共感できない」=「面白くない」と判断するようになったという感もあります。
しかし映画を作る側は、あえて<共感しない>ことを意図する場合もある訳です。
果たしてそのような映画は本当に「面白くない映画」なのでしょうか?
受講者のみなさんには映画の歴史に添いながら、ひとつひとつの作品を点で観るのではなく、点と点で結んだ線によって観ることを一緒に学んでゆければと考えています。

いま、ビジネスパーソンが見るべき映画 #5
生放送3月24日(土) 21:00 - 22:00

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

【授業の流れ】

①今回のテーマ紹介
②テーマに沿ったビジネス映画紹介
③映画評論家松崎健夫さんによる解説
④質疑応答
⑤まとめ

※この授業は生放送限定となりますので、予めご了承下さい。
※授業内容は変更になる可能性があります。

先生

松崎 健夫

現在、日本国内で何本の映画が1年間に劇場公開されているかご存知でしょうか?
実は、約1200本もあります。
デジタル化の波によって、映画を製作することも鑑賞することも容易になりました。
同時に、観客が安易に<共感>を求めるようになり「共感できない」=「面白くない」と判断するようになったという感もあります。
しかし映画を作る側は、あえて<共感しない>ことを意図する場合もある訳です。
果たしてそのような映画は本当に「面白くない映画」なのでしょうか?
受講者のみなさんには映画の歴史に添いながら、ひとつひとつの作品を点で観るのではなく、点と点で結んだ線によって観ることを一緒に学んでゆければと考えています。

こんな人にオススメ
全般

社会人としていま知っておくべきことを学びたい方

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 橋本 幸乃

    橋本 幸乃

    スクー放送部

この授業を受けたい(634人)
その他 554人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

いま、ビジネスパーソンが見るべき映画 -ホロコーストを描いた作品から学ぶ-

いま、ビジネスパーソンが見るべき映画

次回 12月28日(木) 21:00~22:00

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×