2/24(Sun)

今日の生放送

なかむらゆうすけ

中村 佑介

イラストレーター

1978年生まれ。イラストレーター。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットや、『謎解きはディナーのあとで』『夜は短し歩けよ乙女』などの書籍表紙を数多く手掛ける。画集『Blue』と『NOW』が13万部を突破。http://www.yusukenakamura.net/

中村 佑介

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

中村佑介に学ぶイラストのコツ 「むずかしい事はわからないけど、ただ絵を描くのが好き!」という子供から大人まで、身近な商品や作品を通し、漫画や美術とは違う"イラストレーション"のコツをお教えします。 皆さんがよく目にするトイレのマークや商品パッケージなど、身近なものにもイラストレーションのエッセンスは隠れています。今授業では手を使う既存の描き方(技術)講座ではなく、目と頭を使う意識の変化を目的としておりますので、スケッチブックも筆記用具も必要ありません。そして聞き終わると結果として、自然と技術を学ぶ必要性は感じることができるでしょう。 全体を通じ、「才能ではなく手間と技術で、誰もがイラストレーターになれる可能性がある」という事をお伝えします。 中村先生があなたの作品を添削します(サイン本付き) 授業の最後で中村先生があなたが描いたイラストレーションを添削します。以下の募集要項をお読みいただき、指定アドレスにメールでご提出ください。授業内で取り上げられた方には中村先生著の「NOW 中村佑介画集」をサイン付きでプレゼントします。 ※締め切りました。沢山のご応募ありがとうございました。 ◎募集要項 対象者 イラストレーターになりたい方・またその仕事に関心がある方(年齢問わず) 提出作品 自分が「イラストレーション」として描いた作品、1点~3点をメールに添付してお送りください。 ファイル形式:JPGまたはPNG サイズ:出来るだけ高解像度(サイズの大きい)もの 応募用メールフォーマット 件名:【作品提出】身近なものから学ぶイラスト講座 プロフィール ・氏名(授業内匿名希望も可): ・住所: ・年齢: ・性別: ・現在の役職: 作品について ・制作時間: ・制作動機: (何が描かれており、絵を通して、誰に、どんなことを伝えたかったか。また、「本の表紙を想定して描いた」「学校の○○という課題で描いた」等、できるだけ具体的に。) ・今作での自己反省点(克服したい課題等): 今後について ・イラストレーターになった場合、具体的にどんなメディアで活動したいか: (例:ポスター、CD、本、挿絵…等) 提出アドレス:kadai@schoo.jp 提出期限:2015/7/31 12:00まで

担当の授業一覧 全1授業

身近なものから学ぶイラスト講座

第1回 身近なものから学ぶイラスト講座(150分)

2015年8月1日放送

中村佑介に学ぶイラストのコツ 「むずかしい事はわからないけど、ただ絵を描くのが好き!」という子供から大人まで、身近な商品や作品を通し、漫画や美術とは違う"イラストレーション"のコツをお教えします。 皆さんがよく目にするトイレのマークや商品パッケージなど、身近なものにもイラストレーションのエッセンスは隠れています。今授業では手を使う既存の描き方(技術)講座ではなく、目と頭を使う意識の変化を目的としておりますので、スケッチブックも筆記用具も必要ありません。そして聞き終わると結果として、自然と技術を学ぶ必要性は感じることができるでしょう。 全体を通じ、「才能ではなく手間と技術で、誰もがイラストレーターになれる可能性がある」という事をお伝えします。 中村先生があなたの作品を添削します(サイン本付き) 授業の最後で中村先生があなたが描いたイラストレーションを添削します。以下の募集要項をお読みいただき、指定アドレスにメールでご提出ください。授業内で取り上げられた方には中村先生著の「NOW 中村佑介画集」をサイン付きでプレゼントします。 ※締め切りました。沢山のご応募ありがとうございました。 ◎募集要項 対象者 イラストレーターになりたい方・またその仕事に関心がある方(年齢問わず) 提出作品 自分が「イラストレーション」として描いた作品、1点~3点をメールに添付してお送りください。 ファイル形式:JPGまたはPNG サイズ:出来るだけ高解像度(サイズの大きい)もの 応募用メールフォーマット 件名:【作品提出】身近なものから学ぶイラスト講座 プロフィール ・氏名(授業内匿名希望も可): ・住所: ・年齢: ・性別: ・現在の役職: 作品について ・制作時間: ・制作動機: (何が描かれており、絵を通して、誰に、どんなことを伝えたかったか。また、「本の表紙を想定して描いた」「学校の○○という課題で描いた」等、できるだけ具体的に。) ・今作での自己反省点(克服したい課題等): 今後について ・イラストレーターになった場合、具体的にどんなメディアで活動したいか: (例:ポスター、CD、本、挿絵…等) 提出アドレス:kadai@schoo.jp 提出期限:2015/7/31 12:00まで