9/17(Tue)

今日の生放送

さーどくたーなかまつよしろう

サー・ドクター 中松 義郎 先生

国際創造学者 ハーバード大学Igノーベル賞受賞教授

1928年東京生まれ。5歳で「自動重心安定装置」を発明。「灯油ポンプ」や「エコキュート」「フロッピーディスク」など、発明件数は3,500を超える。 東京大学卒業、三井物産で「空中撒布装置」や「ヘリコプター自動架線装置」を発明して伝説的なセールスを達成。29歳のときに日本初のベンチャー企業「ドクター中松創研」を設立。1983年には「磁気テープドロップアウト除去装置の開発育成」で科学技術庁長官賞を受賞、同年、天皇陛下園遊会に招待される。 アメリカ科学学会で歴史上の最も偉大な5人の科学者の1人に選ばれる。 米国ニューズウィーク誌で「世界で最も講演料の高い12人」に選ばれ、2005年には「35年間に渡り自分の食事を毎回撮影し、食べた物が脳の働きや体調に与える影響を分析し続けたこと」に対してイグノーベル賞栄養学賞を受賞。 2014年には医師から末期の導管がんと診断され、余命2年と宣告されたことを発表。その後、命がけで治療法DNT(ドクター・中松セラピー)を自ら発明し、奇跡の復活を遂げて2017年数え90歳を迎えた。

サー・ドクター 中松 義郎 先生

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

未来を発明するために戦う人と、 発明すべき未来について考える2日間「GENNAI2017」。 その集大成として、世界が誇る発明家であり、 “ドクター中松”の愛称で親しまれる、サー・ドクター中松義郎先生にご登壇いただきます。 Schooが用意した10の質問、 そして生放送に参加する皆様からの質問によって 本最終セッションは進んでいきます。 我々が持つべき、発明の思考・思想とは。 徹底的に迫る90分です。 サー・ドクター中松 義郎先生プロフィール 1928年東京生まれ。5歳で「自動重心安定装置」を発明。「灯油ポンプ」や「エコキュート」「フロッピーディスク」など、発明件数は3,500を超える。 東京大学卒業、三井物産で「空中撒布装置」や「ヘリコプター自動架線装置」を発明して伝説的なセールスを達成。29歳のときに日本初のベンチャー企業「ドクター中松創研」を設立。1983年には「磁気テープドロップアウト除去装置の開発育成」で科学技術庁長官賞を受賞、同年、天皇陛下園遊会に招待される。 アメリカ科学学会で歴史上の最も偉大な5人の科学者の1人に選ばれる。 米国ニューズウィーク誌で「世界で最も講演料の高い12人」に選ばれ、2005年には「35年間に渡り自分の食事を毎回撮影し、食べた物が脳の働きや体調に与える影響を分析し続けたこと」に対してイグノーベル賞栄養学賞を受賞。 2014年には医師から末期の導管がんと診断され、余命2年と宣告されたことを発表。その後、命がけで治療法DNT(ドクター・中松セラピー)を自ら発明し、奇跡の復活を遂げて2017年数え90歳を迎えた。 GENNAI2017 公式ページ ※確定情報等はこちらのページでもお知らせ致します ⚪︎発明の極意は「東大キャンパスに於ける『創造学講義』」をご覧下さい ⚪︎「なかよし会」は、毎月開催されています 以上のお問い合わせは、 電話:03−5779−8585 FAX:03−5712-1031 e-mail: kingdom@dr.nakamats.com  担当:花島、松

担当の授業一覧 全1授業