8/24(Sat)

今日の生放送

あおき ひろゆき

青木 宏之

株式会社カサレアル ラーニングサービス部 チーフエンジニア

Javaの黎明期から、Javaを利用したWebアプリ開発の業務に従事。その経験を活かし、Javaを中心としたトレーニング講師として研修業界に長く携わる。現在はモバイルアプリの楽しさに目覚め、AndroidやiOSアプリ開発系のトレーニングコンテンツの開発、登壇を主に担当。Apple認定トレーナー(macOS/iOS)。カレーをよく食べる。

青木 宏之

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

スマートフォンは、もはや生活に欠かせないアイテムとなっています。自分の使うスマートフォンのアプリを、自分で作れたら楽しいですよね。このコースで、スマートフォンのプラットフォームとして最も普及しているAndroidのアプリ開発を学んでみませんか? これまで、AndroidアプリはJava言語で開発していましたが、2017年から新しいKotlin言語が正式にサポートされました。KotlinはJavaと比べてモダンな言語仕様を持ち、コードが簡潔に記述できるようになります。Kotlinを使って、Androidアプリの開発にチャレンジしてみましょう。 このコースでは詳細な説明よりも「とにかく作って動かしてみる」ことを通じて、Androidアプリ開発のスタートを切れることを目的としています。 このコースでは、開発ツールとして “Android Studio 3.0” を利用します。Android Studioは数百MBのサイズがあり、環境によってはダウンロードに時間を要する場合があります。第1回の放送開始前に、あらかじめダウンロードしておいてください。   ▪︎Android Studio 3.0 のダウンロード Webブラウザで https://developer.android.com/studio/index.html にアクセスしダウンロードしてください。 ▪︎必要なPCの環境(OSのバージョンやメモリのサイズなど) https://developer.android.com/studio/index.html#Requirements の、 “System Requirements” を確認してください。Linuxも対象となっていますが、本コースではmacOSとWindowsでのインストールと環境設定のみ紹介します。   青木先生の自己紹介や、コース全体についてはこちらからご覧ください。   第1回ではAndroidアプリ開発をする上での「環境構築」を学習します。 授業内では、時間の関係で要点だけを先生に説明いただきます。詳細を確認したい方は、下記の動画を事前にご覧ください。 (動画に音声は入っていません) Android Studio 3.0 のインストール(Windows 版) Android Studio 3.0 のインストール(macOS 版) AVD の作成とエミュレータの起動 アプリのビルドから、エミュレータ上での実行

担当の授業一覧 全5授業