9/17(Tue)

今日の生放送

なかむら しゅんすけ

中村 俊介

株式会社しくみデザイン代表、芸術工学博士

株式会社しくみデザイン代表取締役。名古屋大学建築学科を卒業後、九州芸術工科大学大学院(現・九州大学芸術工学研究院)にてメディアアートを制作しながら研究を続け、博士(芸術工学)を取得。2005年にしくみデザインを設立。参加型サイネージや、ライブコンサートのリアルタイム映像演出等、数々の日本初を手がける。AR技術を用いて体の動きで音楽を演奏できる新世代楽器「KAGURA」や創造的ビジュアルプログラミングツール「Springin'」を開発するなど、UX分野の先駆者として常に新しい分野を切り開いている。Intel Perceptual Computing Challengeグランプリ、Sónar+D Startup Competition グランプリなど、国内外での受賞多数。

中村 俊介

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

  この授業を一言で表すと... 「プログラミング教育に対する悩みが解消される授業です。」 2020年より、小学校でのプログラミング教育が必修化されます。それにあたり、プログラミング教育が着々と進み、プログラミングを学ぼうという人たちがますます増えています。 プログラミング学習ツールは似たようなものが多いのですが、その中でも類似のものがまったくないオリジナルなツールが2つあります。それがSpringin’(スプリンギン)とViscuit(ビスケット)です。 本授業ではこの2つのツールを作った中村俊介と原田康徳の2人が、なぜこのようなツールを作ったのか、このプログラミング教育ブームをどう捉えているのか、そしてこれからプログラミングはどうなるのかなどを対談形式で語り、それを明らかにしていきます。 なぜプログラミングを学ばなければならないのか、そしてどう学べばいいのか。一緒に考えていきましょう。     この授業で学べること ・なぜプログラミングを学ぶべきなのか? ・プログラミングの魅力とは? ・プログラミングをどうやって教える?

担当の授業一覧 全1授業