7/13(Sat)

今日の生放送

さわだ ともひろ

澤田 智洋

コピーライター/世界ゆるスポーツ協会 代表理事

1981年生まれ。言葉とスポーツと福祉が専門。幼少期をパリ、シカゴ、ロンドンで過ごした後、17歳で帰国。2004年、広告代理店入社。アミューズメントメディア総合学院、映画「ダークナイト・ライジング」、高知県などのコピーを手掛ける。 2015年にだれもが楽しめる新しいスポーツを開発する「世界ゆるスポーツ協会」を設立。これまで80以上の新しいスポーツを開発し、10万人以上が体験。また、一般社団法人障害攻略課理事として、ひとりを起点に服を開発する「041 FASHION」、ボディシェアリングロボット「NIN_NIN」など、福祉領域におけるビジネスを推進。著書に『ガチガチの世界をゆるめる』『マイノリティデザイン』がある。

澤田 智洋

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

皆さんは「弱さ」についてどのように認識していますか?一般的には克服するものと捉えられがちですが、「弱さ」を生かすという発想もあります。弱さを受け入れ、社会に投じ、誰かの強さと組み合わせる。これが「マイノリティデザイン」という考え方です。 そもそも「マイノリティ」と聞いて、どんなイメージを持つでしょうか?「社会的弱者」とも換言される言葉ですが、もう少し解釈の幅を広げてみると「社会の伸びしろ」と捉えることもできます。人は常に部分的には何らかの弱者であり、そのマイノリティ性は社会にとって新たな価値にもなります。   そして、マイノリティデザインの考え方からしか生まれない未来があり、それを仕事を通じて体現しているのが、今回出演するコピーライターの澤田智洋さんです。本授業では、新しい概念である「マイノリティデザイン」の考え方から実践例までを学びます。   ■『マイノリティデザインー弱さを生かせる社会をつくろう』(ライツ社)  

担当の授業一覧 全1授業