担当授業 全2授業
高倉豊
たかくら ゆたか

高倉豊

元ウブロジャパン代表

1948年、兵庫県生まれ。自由学園男子最高学部を卒業後、1970年に博報堂に入社。 入社5年目から、中東&欧州に計11年間に滞在。39歳で博報堂を退社。翌年40歳の時、未経験業界の外資系高級化粧品メーカー、パルファム・ジバンシイの日本法人トップに抜擢される。以降、イヴ・サンローラン・パルファンやシスレーの日本法人、外資系高級時計メーカーのタグホイヤーやウブロの日本法人、計5社の外資トップを20年間務める。その間、次々と自社の業績を回復させ、「ブランド再生人」として業界で有名になる。輸入フレグランスの販売高で1994年に1位となった「プチサンボン」を送り出し、ライトフレグランス市場をつくる。最後に就任したウブロでは、5年間で売上を3倍にし、憧れの時計ブランドへと成長させる。 2011年6月末、ウブロ社長を辞任。現在は、ブランド再生アドバイザーとして活躍するかたわら、執筆・講演活動を行っている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加