うるしばら しげる

漆原 茂

ウルシステムズ株式会社/代表取締役社長

1987年 東京大学工学部卒業。同年沖電気工業入社。 同社在籍中1989年より2年間、 スタンフォード大学コンピュータシステム研究所客員研究員。大規模基幹系システムを多数手がけ、最先端技術の導入を推進した。 2000年7月、企業のビジネス戦略に直結した業務とITの融合を目指してウルシステムズを起業、代表取締役社長に就任。 2006年2月、大阪証券取引所(現 東京証券取引所)JASDAQ スタンダードに上場。 2011年10月よりULSグループ株式会社 代表取締役社長を兼任。 大規模トランザクション処理やリアルタイム技術を中心としたエンタープライズシステムに注力し、戦略的ITの実現に取り組んでいる。シリコンバレーとのコネクションも深く、革新的技術をこよなく敬愛している。

漆原 茂

担当のコース

 ITの最先端技術が群雄割拠するアメリカで今、「業務向け(エンタープライズ)IT」ビジネスが熱いのをご存知ですか? 就職人気ランキングでも、ITエンジニア・SEの職業がなんと1位!医者や金融ディーラーよりも人気の職業です。 最近ではエンタープライズITのスタートアップが脚光を浴びており、そのいくつかがメガベンチャーになるのでは?と一部では言われています。技術の進歩が企業経営にも大きな影響を与えている今、日本においてもこの流れが来るのは確実。だとしたら、ITエンジニアの仕事はもっと面白く、さらに価値のあるものになるはず! この授業では、「超」すごい仕事をしたいエンジニアに役立つ最新情報として、 ITビジネスの日米の違いや雇用のトレンド、最先端技術への取り組み、 活躍するITエンジニアの事例などをご紹介します。 当日は、IT業界で働く方々と、エンジニアや未来を変革するITについてざっくばらんにディスカッションしたいと思います。たくさんの質問やご意見をお待ちしています。   ■この授業で学べること なぜ熱い!?米国におけるエンタープライズIT成長の裏側 大手が安定とは限らない!日本のIT業界の雇用トレンド 日米における「働き方」の違い これからどうなる?IT業界と優秀なエンジニア ITエンジニアこそが、活躍できる「場」とは 今就職・起業するなら、エンタープライズIT業界 「超」すごい仕事をするためのチャンスと技術 エンジニアとして活躍し続けるには ※質問やご意見をふまえ、内容は一部変更となる可能性がございます。   ■こんな方におすすめ ITエンジニアとしてのキャリアについて考えたい ITエンジニアとして1,000万円稼ぎたい エンタープライズIT分野で起業したい 日本のIT業界の未来に不安を感じている SIは将来が見えないので、webサービス企業や異職種への転職も検討している 技術好きの自分が生き残れるか不安だ 話題の「戦略的IT」に興味がある

組織の中で働いているエンジニアにも、経営を変えるチャンスはある!   エンタープライズITといえば保守的というイメージが根強いですが、 「戦略的IT」を掲げるウルシステムズの創業経営者である漆原茂氏は、 最先端のエンタープライズITは「本当はすごい!」「Geekの腕の見せ所」、 そして「技術と経営が結びつくか否かで巨大な差がつくから、Geekじゃないと経営できない!」と語ります。 その真意とは? 紆余曲折を経て「売上ではなく付加価値目標」を追うことで高収益を実現した、 Geekの起業ストーリーとは。 当日は、『日経オープンシステム』(現『日経SYSTEMS』)副編集長、オンラインマガジン『日経Javaレビュー』編集長などを歴任したITジャーナリストの星氏が、GEEK AKADEMYに1/26(月)から掲載する記事「“本当はすごいエンタープライズIT”について話そう」をベースに、Geek経営について話を引き出していく形で進めていきます。 質問にも積極的にお応えしますので、コメントをお待ちしています!   ■この授業で学べること ・本当は凄い今どきのエンタープライズIT ・15年経営して分かったこと ・技術と経営が結びつくか否かで、巨大な差が付く ・古いタイプのSIは成り立たなくなる ・「人月」ではなく技術を売るには ・売上ではなく付加価値を追求する ・Geekじゃないと経営できない! ■事前質問受付中 「受けたい!」ボタンを押すと出るコメント欄で、漆原氏への事前質問を受け付けます。 事前に全て目を通したうえで授業を実施しますので、質問を投稿すると、当日漆原氏からの回答があるかも? ぜひご投稿ください!

担当の授業一覧 全2授業

無料公開中 Geekのための経営論~現場のエンジニアだから、経営を変えられる~

第1回 Geekのための経営論~現場のエンジニアだから、経営を変えられる~(60分)

2015年2月10日放送

組織の中で働いているエンジニアにも、経営を変えるチャンスはある!   エンタープライズITといえば保守的というイメージが根強いですが、 「戦略的IT」を掲げるウルシステムズの創業経営者である漆原茂氏は、 最先端のエンタープライズITは「本当はすごい!」「Geekの腕の見せ所」、 そして「技術と経営が結びつくか否かで巨大な差がつくから、Geekじゃないと経営できない!」と語ります。 その真意とは? 紆余曲折を経て「売上ではなく付加価値目標」を追うことで高収益を実現した、 Geekの起業ストーリーとは。 当日は、『日経オープンシステム』(現『日経SYSTEMS』)副編集長、オンラインマガジン『日経Javaレビュー』編集長などを歴任したITジャーナリストの星氏が、GEEK AKADEMYに1/26(月)から掲載する記事「“本当はすごいエンタープライズIT”について話そう」をベースに、Geek経営について話を引き出していく形で進めていきます。 質問にも積極的にお応えしますので、コメントをお待ちしています!   ■この授業で学べること ・本当は凄い今どきのエンタープライズIT ・15年経営して分かったこと ・技術と経営が結びつくか否かで、巨大な差が付く ・古いタイプのSIは成り立たなくなる ・「人月」ではなく技術を売るには ・売上ではなく付加価値を追求する ・Geekじゃないと経営できない! ■事前質問受付中 「受けたい!」ボタンを押すと出るコメント欄で、漆原氏への事前質問を受け付けます。 事前に全て目を通したうえで授業を実施しますので、質問を投稿すると、当日漆原氏からの回答があるかも? ぜひご投稿ください!

無料公開中 これからが超面白い「業務系IT」~エンジニアがすごい仕事をするチャンスと技術~

第1回 これからが超面白い「業務系IT」~エンジニアがすごい仕事をするチャンスと技術~(60分)

2014年7月31日放送

 ITの最先端技術が群雄割拠するアメリカで今、「業務向け(エンタープライズ)IT」ビジネスが熱いのをご存知ですか? 就職人気ランキングでも、ITエンジニア・SEの職業がなんと1位!医者や金融ディーラーよりも人気の職業です。 最近ではエンタープライズITのスタートアップが脚光を浴びており、そのいくつかがメガベンチャーになるのでは?と一部では言われています。技術の進歩が企業経営にも大きな影響を与えている今、日本においてもこの流れが来るのは確実。だとしたら、ITエンジニアの仕事はもっと面白く、さらに価値のあるものになるはず! この授業では、「超」すごい仕事をしたいエンジニアに役立つ最新情報として、 ITビジネスの日米の違いや雇用のトレンド、最先端技術への取り組み、 活躍するITエンジニアの事例などをご紹介します。 当日は、IT業界で働く方々と、エンジニアや未来を変革するITについてざっくばらんにディスカッションしたいと思います。たくさんの質問やご意見をお待ちしています。   ■この授業で学べること なぜ熱い!?米国におけるエンタープライズIT成長の裏側 大手が安定とは限らない!日本のIT業界の雇用トレンド 日米における「働き方」の違い これからどうなる?IT業界と優秀なエンジニア ITエンジニアこそが、活躍できる「場」とは 今就職・起業するなら、エンタープライズIT業界 「超」すごい仕事をするためのチャンスと技術 エンジニアとして活躍し続けるには ※質問やご意見をふまえ、内容は一部変更となる可能性がございます。   ■こんな方におすすめ ITエンジニアとしてのキャリアについて考えたい ITエンジニアとして1,000万円稼ぎたい エンタープライズIT分野で起業したい 日本のIT業界の未来に不安を感じている SIは将来が見えないので、webサービス企業や異職種への転職も検討している 技術好きの自分が生き残れるか不安だ 話題の「戦略的IT」に興味がある