武藤 隆
むとう たかし

武藤 隆

大同大学工学部建築学科准教授

1967年名古屋市生まれ。1992年東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修了。専門は建築設計。

1992年4月から2002年4月まで安藤忠雄建築研究所に勤務。主に美術館や展覧会の会場構成を担当。

「ユネスコ瞑想空間」(1995)、「アンソニー・カロ展会場構成」(1995)、「TOTOセミナーハウス」(1998)、「淡路夢舞台」(2000)、「国際芸術センター青森」(2001)、「兵庫県立美術館」(2002)などを担当。

2002年5月に武藤 隆 建築研究所設立。2010年4月より現職。

あいちトリエンナーレ2010(AT2010)のアーキテクトとして関わる。AT2013においても引き続き、アーキテクトとして参加。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加