【大人のビジネス基礎英語】海外における交渉と契約

世界で通用する、相手に行動してもらうための英語交渉術【基本編】

第1回:2014年12月3日公開

60min

世界で通用する、相手に行動してもらうための英語交渉術【基本編】

おためし受講する(5分)

コース概要

■英語で自分のやってほしい事を相手にお願いする方法

この授業では、「英語で交渉する」をテーマにお話しします。

日本人同士のコミュニケーションならば、阿吽の呼吸があったり、暗黙の了解があったりと、言葉を交わさなくても理解してくれる部分はありますが、グローバルでは通用しません。さらに、海外の人は物事に白黒つけたがる傾向にあるため、「相手に何をしてほしいか」を正確に伝えないといけません。

こんな人にオススメ

英語で「自分のやってほしいこと」を相手にお願いできるようになりたい方

担当の先生

パーソナリティ

  • 鈴木 満里乃

    鈴木 満里乃

    スクー放送部

参加したい受講生 : 1276

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

世界で通用する、相手に行動してもらうための英語交渉術【基本編】

2014年12月3日公開

60min.

■英語で自分のやってほしい事を相手にお願いする方法

この授業では、「英語で交渉する」をテーマにお話しします。

日本人同士のコミュニケーションならば、阿吽の呼吸があったり、暗黙の了解があったりと、言葉を交わさなくても理解してくれる部分はありますが、グローバルでは通用しません。さらに、海外の人は物事に白黒つけたがる傾向にあるため、「相手に何をしてほしいか」を正確に伝えないといけません。

そこで今回は基本編ということで、「自分の意志を伝え、相手に動いてもらう」ことを意識した英語コミュニケーションについて学んでいきましょう。


■お話するポイント

・自分が「相手に何をして欲しいか」を、整理しよう
・「やって欲しいこと」の優先順位が高いものを支持するための英語交渉術
・お互いが気持よく交渉できた、と思わせる交渉の締め方

スライド資料

世界で通用する、相手に行動してもらうための英語交渉術【実践編】

2014年12月16日公開

45min.

■英語で自分のやってほしい事を相手にお願いする方法

この授業では、「英語で交渉する」をテーマにお話しします。

日本人同士のコミュニケーションならば、阿吽の呼吸があったり、暗黙の了解があったりと、言葉を交わさなくても理解してくれる部分はありますが、グローバルでは通用しません。さらに、海外の人は物事に白黒つけたがる傾向にあるため、「相手に何をしてほしいか」を正確に伝えないといけません。

そこで今回は実践編ということで、基本編で学んだ「自分の意志を伝え、相手に動いてもらう」ための3つのポイントを意識して実際の交渉の様子を皆さんでチェックしましょう。交渉シーンを想定したVTRを見ながら、ぜひ皆さんも声に出して英語のシャドーイングを行って下さい。

■お話するポイント

・自分が「相手に何をして欲しいか」を、整理しよう
・「やって欲しいこと」の優先順位が高いものを支持するための英語交渉術
・お互いが気持よく交渉できた、と思わせる交渉の締め方

スライド資料

【仕事に活きる英語】英語圏で契約を行う際に覚えておきたい基本

2014年12月10日公開

60min.

アメリカを始めとする欧米諸国は、契約社会と言われています。仕事上の問題として、契約関係のもつれから裁判沙汰になったり、弁護士を通してクライアントとやりとりしたりすることもしばしば起こります。家の契約など日本にいる時以上に慎重に契約を取り交わす必要があります。

そこで、今回の授業では、なれない英語での契約を取り交わす際に、注意しておきたいチェックポイントをお伝えします。


■お話する内容(予定)

  • 契約の流れや覚えておきたいフレーズを知ろう
  • 契約書を読む時のコツ
  • 契約時によく使う用語のご紹介

インターナショナルに活躍するためにも、英語圏での契約にも対応できる英語力を身に付けましょう!

  • 自己紹介&アジェンダ
  • 02:19
  • POINT1:契約の流れとフレーズを知ろう!
  • 04:28
  • よく使うフレーズを覚えよう!①〜③
  • 04:30
  • よく使うフレーズを覚えよう!①〜③:解説
  • 03:15
  • よく使うフレーズを覚えよう!④〜⑥
  • 02:35
  • よく使うフレーズを覚えよう!④〜⑥:解説
  • 01:25
  • POINT2:契約書を読む時のコツ1
  • 04:45
  • may, must, shallを意識して読もう
  • 00:37
  • 実際にどんな形で契約書が書かれるかをみてみよう!
  • 04:53
  • POINT2:契約書を読む時のコツ2
  • 04:15
  • POINT2:例文
  • 02:42
  • POINT3:契約で使う用語を知ろう(Chapter 〜)
  • 04:06
  • POINT3:契約で使う用語を知ろう(Scope of work 〜)
  • 02:40
  • QUESTION!:5つのHERE~に下の意味を当てはめてください。
  • 05:10
  • Q:日本によくある「甲」や「乙」に該当する英語表現ってあるでしょうか?
  • 01:30
  • Q:契約時によくやらかす誤解や間違いはどんなものが多いでしょうか?
  • 01:22
  • Q:英語の契約文書に対しては英語で書くほうがbetterなのでしょうか?
  • 00:53
  • Q:契約でShall~と書いていれば、結局契約書にサインした人は~をしなければならないのでしょうか?
  • 01:30
  • Q:ペナルティの文章もMayとかMustとかShallが付いているものなのでしょうか?
  • 00:38
  • Q:株式会社〇〇(以後、貴社)みたいな表現もないのでしょうか?
  • 01:22
  • Q:契約書の英語を勉強するのにオススメのサイトや書籍、勉強法などあったら教えて下さい。

スライド資料

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ