12/6(Fri)

今日の生放送

はっとり あやせ

服部 彩世

デザイナー 兼 トランスレーター

長野県出身。高校卒業後、テキサスに渡り、英語とインテリアを学ぶ中アメリカ文化と英語を身に付ける。 デザインの勉強をさらに深めるため、NYの州立大学であるFashion Institute of Technology インテリア学科に編入。  帰国後、インテリアデザイン事務所で勤務。 退社後、長野の野菜や食品を扱う会社でデザイン、プロデュース業務を行う傍ら、フリーとしてビジネス通訳業務を請け負い、海外とのデザイン関係、通信関係、機械関係などのプロジェクトをサポート中。

服部 彩世

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

※本授業は、小林あつし先生の体調不良により、担当の先生を知夏七未(ちなつ ななみ)先生に変更の上お送りいたします この授業では、「英語を使って海外で仕事をしていきたい」という人達に向けて、全く英語を勉強していないというところからでも英語に親しみながら「ビジネスにおける日常会話」における基本的な英語表現をシチュエーション別にたくさん覚えていただくことを目的としています。 「日本語→英語」「英語→日本語」というように頭の中で翻訳するのではなく、シチュエーションに合った英語のフレーズがスムーズに聞き取れる/話せるようになるまで、何度も反復しながら習熟していきましょう!

■英語で自分のやってほしい事を相手にお願いする方法 この授業では、「英語で交渉する」をテーマにお話しします。 日本人同士のコミュニケーションならば、阿吽の呼吸があったり、暗黙の了解があったりと、言葉を交わさなくても理解してくれる部分はありますが、グローバルでは通用しません。さらに、海外の人は物事に白黒つけたがる傾向にあるため、「相手に何をしてほしいか」を正確に伝えないといけません。

自分の英語力をテストしよう! この授業では、8月から行ってきたグローバルビジネスパーソン学部の授業でお話してきたシチュエーション別におけるビジネス英語表現を、おさらいします。 過去の授業を受講されてきた方は、自分がどれだけの英語表現を身に付けているかを試す機会に。今回はじめて受講する方は、抜き打ちテスト的に。基本的な英語表現を、どの程度話せるかぜひ挑戦してみてください! 【知夏先生が過去に開講した授業例(下記授業はあくまで一例です】 1-1.現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(初対面での対話) 1-2.現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(アポイントで使うフレーズ) 1-3.現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(ミーティング) 1-4.現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(仕事を英語で頼む場合) 1-5.現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(仕事を催促する場合) 1-6.現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(情報共有の時に使うフレーズ) ※その他の授業については、こちらの知夏七未先生ページよりチェックしてみてください ※どの英語表現が出るかは当日まで秘密です ※授業内容は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください

グローバル化が進む中で、国内外を問わず様々な国籍のビジネスパートナーと仕事をする機会は、今後ますます増えていきます。 国が違えば、価値観の違いから仕事の進め方やコミュニケーションの取り方などにも違いが出てくるため、トラブルになってしまうこともしばしばあります。 そこでこの授業では、仕事で多国籍チームに配属、所属した際の、プロジェクトを成功させるためのコミュニケーションのコツについてを、【日本人の視点】と【外国人の視点】の2つの視点からお話しします。 第1回目の今回は、IT企業の海外事業部で多国籍なメンバーが集まるプロジェクトのリーダー経験がある福田愛子さんをゲストにお呼びし、ダンサーやモデルでもあり、ビジネス英語講師も務める知夏先生と英語翻訳者として活躍する彩世さんの3人で、【外国人の視点】からプロジェクト成功のためのコミュニケーションのコツについてひも解きます。 授業を通して、プロジェクトを成功させるポイントに加え、プロジェクトを運営していく上で覚えておきたい実践的な英語表現もお伝えしますので、今まさにグローバルチームで仕事を薦めている方も、これから仕事をしていきたいと思っている方も、ぜひ受講してみてください。 ※授業内容は予告なく変更される可能性がございます。 ■全2回の連続授業 第1回 多国籍チームでのプロジェクトを成功させるグローバルコミュニケーション術【海外で働く日本人の視点】 第2回 多国籍チームでのプロジェクトを成功させるグローバルコミュニケーション術【日本で働く外国人の視点】

こちらは、英語で仕事をしたいビジネスパーソンに向けた、【ビジネスコミュ力を高める英語の感情表現】シリーズです。 この授業では、「感謝する」「謝る」「褒める」「叱る」といった4つの感情を英語で正しく表現するためのコツや表現について学べます。

流暢な英語が話せなくても世界と仕事はできる 仕事に活きる英語をシチュエーションごとに学ぶコースです。 グローバルビジネスに挑む際に完璧な英語は必要ありません。 仕事で英語を使うけれど苦手意識のある方、英語を使って仕事がしたいと考える方、 適切な英語表現をこのコースで学んでいきましょう。 コース内容 授業は以下のビジネスの流れに則って進みます。 ・ビジネス英語の心得 ・メール/電話 ・挨拶/自己紹介(お客様対応 ) ・プレゼンテーション ・交渉/契約 ・仕事を円滑に進めるコミュニケーション ・会議 ・会食(オフィスの外での仕事の人との過ごし方) 今回の授業 ビジネス英会話の学習を始めるにあたって、覚えておきたい学習の心得を先生に語っていただきます。

流暢な英語が話せなくても世界と仕事はできる 仕事に活きる英語をシチュエーションごとに学ぶコースです。 グローバルビジネスに挑む際に完璧な英語は必要ありません。 仕事で英語を使うけれど苦手意識のある方、英語を使って仕事がしたいと考える方、 適切な英語表現をこのコースで学んでいきましょう。 コース内容 授業は以下のビジネスの流れに則って進みます。 ・ビジネス英語の心得 ・メール/電話 ・挨拶/自己紹介(お客様対応 ) ・プレゼンテーション ・交渉/契約 ・仕事を円滑に進めるコミュニケーション ・会議 ・会食(オフィスの外での仕事の人との過ごし方) 今回の授業 ビジネス英会話の学習を始めるにあたって、覚えておきたい学習の心得を先生に語っていただきます。

仕事に活きる英語をシチュエーションごと学びます。 この授業では、顔の見えないコミュニケーション、メール・電話での英会話について学びます。ジェスチャーや表情がない分難しい英語表現のポイントを学んでいきましょう。

ビジネスにおいて英語を使う機会があるが、英会話に苦手意識がある方を対象に、英語を使ったビジネスをシチュエーションごとに学びます。プレゼンテーションの心得と技術、交渉と契約という、仕事を受注する、発注する際に密接に関わる場面の英語表現を学びます。 流暢な英語が話せなくても世界と仕事はできる 仕事に活きる英語をシチュエーションごとに学ぶ授業です。 グローバルビジネスに挑む際に完璧な英語は必要ありません。 仕事で英語を使うけれど苦手意識のある方、英語を使って仕事がしたいと考える方、適切な英語表現をこの授業で学んでいきましょう。 授業内容 授業は仕事の流れに則って進みます。 ・メール/電話 ・挨拶/自己紹介(お客様対応 ) ・プレゼンテーション ・交渉/契約 ・仕事を円滑に進めるコミュニケーション ・会議

担当の授業一覧 全20授業

無料公開中 多国籍チームでのプロジェクトを成功させるグローバルコミュニケーション術【海外で働く日本人の視点】

第1回 多国籍チームでのプロジェクトを成功させるグローバルコミュニケーション術【海外で働く日本人の視点】(60分)

2015年1月20日放送

グローバル化が進む中で、国内外を問わず様々な国籍のビジネスパートナーと仕事をする機会は、今後ますます増えていきます。 国が違えば、価値観の違いから仕事の進め方やコミュニケーションの取り方などにも違いが出てくるため、トラブルになってしまうこともしばしばあります。 そこでこの授業では、仕事で多国籍チームに配属、所属した際の、プロジェクトを成功させるためのコミュニケーションのコツについてを、【日本人の視点】と【外国人の視点】の2つの視点からお話しします。 第1回目の今回は、IT企業の海外事業部で多国籍なメンバーが集まるプロジェクトのリーダー経験がある福田愛子さんをゲストにお呼びし、ダンサーやモデルでもあり、ビジネス英語講師も務める知夏先生と英語翻訳者として活躍する彩世さんの3人で、【外国人の視点】からプロジェクト成功のためのコミュニケーションのコツについてひも解きます。 授業を通して、プロジェクトを成功させるポイントに加え、プロジェクトを運営していく上で覚えておきたい実践的な英語表現もお伝えしますので、今まさにグローバルチームで仕事を薦めている方も、これから仕事をしていきたいと思っている方も、ぜひ受講してみてください。 ※授業内容は予告なく変更される可能性がございます。 ■全2回の連続授業 第1回 多国籍チームでのプロジェクトを成功させるグローバルコミュニケーション術【海外で働く日本人の視点】 第2回 多国籍チームでのプロジェクトを成功させるグローバルコミュニケーション術【日本で働く外国人の視点】

【ビジネス英語力テスト】シチュエーション別の英語表現、あなたは何問解けますか?

第1回 【ビジネス英語力テスト】シチュエーション別の英語表現、あなたは何問解けますか?(60分)

2014年12月23日放送

自分の英語力をテストしよう! この授業では、8月から行ってきたグローバルビジネスパーソン学部の授業でお話してきたシチュエーション別におけるビジネス英語表現を、おさらいします。 過去の授業を受講されてきた方は、自分がどれだけの英語表現を身に付けているかを試す機会に。今回はじめて受講する方は、抜き打ちテスト的に。基本的な英語表現を、どの程度話せるかぜひ挑戦してみてください! 【知夏先生が過去に開講した授業例(下記授業はあくまで一例です】 1-1.現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(初対面での対話) 1-2.現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(アポイントで使うフレーズ) 1-3.現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(ミーティング) 1-4.現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(仕事を英語で頼む場合) 1-5.現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(仕事を催促する場合) 1-6.現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(情報共有の時に使うフレーズ) ※その他の授業については、こちらの知夏七未先生ページよりチェックしてみてください ※どの英語表現が出るかは当日まで秘密です ※授業内容は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください

現場ですぐに使える!活きたビジネス英会話(ケーススタディで学ぶ)

第7回 現場ですぐに使える!活きたビジネス英会話(ケーススタディで学ぶ)(60分)

2014年9月1日放送

この授業では、「英語を使って海外で仕事をしていきたい」という人達に向けて、全く英語を勉強していないというところからでも英語に親しみながら「ビジネスにおける日常会話」における基本的な英語表現をシチュエーション別にたくさん覚えていただくことを目的としています。 今回の授業では、「英語が使われるビジネスの現場におけるケーススタディ」として、色々なシチュエーションを授業中にご紹介して、クイズ形式で、「どのように対応するのが正解か?」「こんなときに失敗しそうなことは?」などを皆さんと一緒に考えていければと思います。 この授業では、「現場ですぐに使える!活きたビジネス英会話」カリキュラムの復習回として、過去6回の授業で習ったシチュエーションごとの英会話表現を、すべて通しでケーススタディを行います。 みなさんも、これまで覚えてきたビジネス英語表現を思い出しながら、すぐに声に出して言えるようにしましょう! ■ この授業で学べること ・英語を使ったビジネスの様々なシーンでの適切なフレーズ ・海外で仕事をするときに起きそうな問題 ■ こんな人にオススメ ・英語で仕事をするときの予行演習をしておきたい ・英語のスピーキングの前に色々と知識を入れておきたい

現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(情報共有の時に使うフレーズ)

第6回 現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(情報共有の時に使うフレーズ)(40分)

2014年8月28日放送

この授業では、「英語を使って海外で仕事をしていきたい」という人達に向けて、全く英語を勉強していないというところからでも英語に親しみながら「ビジネスにおける日常会話」における基本的な英語表現をシチュエーション別にたくさん覚えていただくことを目的としています。 ■今回のテーマ:「社内のコミュニケーション」 職場の中で英語が使われるという機会は、海外でビジネスをしていこうとする皆さんにも必ず訪れるでしょう。ビジネスの基本としてコミュニケーションは仕事を円滑に進めていくためにも欠かせません。 この授業では「メンバーへの共有」という点に焦点を当てて頻出フレーズを覚えていきましょう。 定時ミーティングや日報などで、メンバーに仕事の進捗やクライアントの状況を報告するという状況で使えるフレーズを覚えていきましょう。ビジネスパーソンとして恥ずかしくない仕事の進捗についての共有する際に使えるフレーズを覚えていきましょう。 授業にて行うロールプレイングでは、出来る限りネイティブスピーカーが話すスピードで聞き取れるまで何度も反復演習します。 「日本語→英語」「英語→日本語」というように頭の中で翻訳するのではなく、シチュエーションに合った英語のフレーズがスムーズに聞き取れる/話せるようになるまで、何度も反復しながら習熟していきましょう!

現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(仕事を催促する場合)

第5回 現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(仕事を催促する場合)(40分)

2014年8月27日放送

この授業では、「英語を使って海外で仕事をしていきたい」という人達に向けて、全く英語を勉強していないというところからでも英語に親しみながら「ビジネスにおける日常会話」における基本的な英語表現をシチュエーション別にたくさん覚えていただくことを目的としています。 ■今回のテーマ:「社内のコミュニケーション」 職場の中で英語が使われるという機会は、海外でビジネスをしていこうとする皆さんにも必ず訪れるでしょう。 ビジネスの基本としてコミュニケーションは仕事を円滑に進めていくためにも欠かせません。 この授業では「催促の方法」という点に焦点を当てて頻出フレーズを覚えていきましょう。 ビジネスの現場においては、スケジュール通りに仕事が進まないことも少なくありません。その時に、メンバーやクライアントに催促をしなければならないこともあるでしょう。また、仕事をきちんとしてもらうためにきちんと頼むという状況も想定できます。 そんな、ちょっと言い出しづらい状況に使えるフレーズを覚えていきましょう。 授業にて行うロールプレイングでは、出来る限りネイティブスピーカーが話すスピードで聞き取れるまで何度も反復演習します。 「日本語→英語」「英語→日本語」というように頭の中で翻訳するのではなく、シチュエーションに合った英語のフレーズがスムーズに聞き取れる/話せるようになるまで、何度も反復しながら習熟していきましょう!

現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(仕事を英語で頼む場合)

第4回 現場ですぐ使える!活きたビジネス英会話(仕事を英語で頼む場合)(40分)

2014年8月21日放送

この授業では、「英語を使って海外で仕事をしていきたい」という人達に向けて、全く英語を勉強していないというところからでも英語に親しみながら「ビジネスにおける日常会話」における基本的な英語表現をシチュエーション別にたくさん覚えていただくことを目的としています。 ■今回のテーマ:「社内のコミュニケーション」 職場の中で英語が使われるという機会は、海外でビジネスをしていこうとする皆さんにも必ず訪れるでしょう。ビジネスの基本としてコミュニケーションは仕事を円滑に進めていくためにも欠かせません。 この授業では「仕事を頼む」という点に焦点を当てて頻出フレーズを覚えていきましょう。 日本と海外では、仕事の頼み方と頼まれ方は習慣が異なるため、海外での仕事の頼み方を知ることで、円滑に仕事を進めるための心の準備をしていきましょう。 授業にて行うロールプレイングでは、出来る限りネイティブスピーカーが話すスピードで聞き取れるまで何度も反復演習します。 「日本語→英語」「英語→日本語」というように頭の中で翻訳するのではなく、シチュエーションに合った英語のフレーズがスムーズに聞き取れる/話せるようになるまで、何度も反復しながら習熟していきましょう!